ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

DIGAの操作に四苦八苦

2006年6月6日(火)晴

 6月に入ってからと言うもの毎日いいお天気だ。それなりに暑くなってきたのでライダージャケットなしでワイシャツとビジネススラックスで「ろくべえ」通勤。涼しくて快適だが万一転倒でもしたら血だらけになりそう。慣れた道だから大丈夫という慢心と「事故は慣れた道で起こる」というバイク店主の教訓が交錯するが、涼しさには代えられないというのが本音だ。

 昼間は今策定中の規程の抜本的改訂に没頭。1988年秋に初めてコンプライアンスプログラムに向き合ったときのことが彷彿としてくる。18年前のこと。長いようだがほんのちょっと前のことのようにも思われる。そうこうしている間にも、個別の相談などもあったりして気分転換。夕方から会議室で新しい案件のヒアリングをしているといつの間にか7時前。部屋に戻ると一緒に会議していた主任一名を除いて無人のオフィス。少し調べ物をしてオフィスを出ると黄昏時分である。

 昼間にある友人から「電車男」見たいからDVDに落としてくれーというメールを受け取る。ダビングするのが面倒くさくて、でもHDDからは消去したいということで慌てて見たのである。だが、面白かっただけに消去するのももったいないかなと思っていた矢先だ。二つ返事で、OK。

 それはいいのだが、シリーズドラマをダビングするのは面倒である。速攻モードのダビングが使えるのはまだいいのだが、録画時から時間の経過した古いヤツは何故か速攻モードが使えない。ならばリアルタイムの録画になるが、何時間かかることやら。しかもPブランドのDIGAのメニュー機能が不満だ。タイトルを探すのにめっぽう手間がかかる。11回のシリーズを普通にダビングしようとすれば合計何100回ボタンを押さねばならんのだ。

 で、マニュアル本を引っ張り出し、「なんとかならんのかい」と機能を調べているとプレーリストの作成というのがあった。夏場の録画だったので野球中継の自動延長で前の番組が30分録画されている日が何日かある。目的のドラマはちょん切れることなく収まっているところは評価できるが、ダビングには余分である。プレーリスト機能を使うとずいぶん効率的に編集できる。ついでにCMカットもしたいのだが、これをプレーリストでやるには手間がかかりすぎる。

 結局、前半6回分と後半5回分に分け、これをEPモードでDVDに落とすと2枚に収まることがわかった。後は付き添うわけにも行かないので夜中のうちに5時間かけて焼くことにする。CMカットはダビングの詳細設定モードで指定するが、これがうまく機能したためしはないので、期待薄。画質の劣化とCM入り堪忍です。チャピターも入らないかも知れないので、見るのが大変だと思うけど、まあそこのところは私的利用の限界ということでよろしく。
by yellowtail5a01 | 2006-06-06 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)