ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

法律英語会盛況

2006年6月24日(土) 晴
 
 朝から気持ちのいいお天気。午前中に予習をして午後のTIMEを読む会に久しぶりに出席しようと思い取り掛かる。ところが、先週末に顧問を仰せつかっているEI社から翻訳依頼の打診があり、その資料がきたのでそちらを眺めるとそちらが気になる。PDFファイルで細かい文字なので読みづらいし、つぶれている文字も沢山あり、その解読を始めると結構面白い。

 以前、英語仲間のI橋さんも言っておられたが、「TIMEを読む会は予習に時間が取られてね、仕事で翻訳などやっているとTIMEまでやる気がでなくなる」といった趣旨でおっしゃっていたのが思い出される。その時は、ふーん、そんなもんかなと受け流していたが何かわかるような気がした。殆ど予習なしで参加できしかもその場で色々考え、聞き、話し、読む、という法律英語の方が気分的に楽だ。

 裕子が買い物に行く、行かないということもあり出るタイミングを失したのも出遅れた一因だが、結局タイムはパスして、三時からの法律英語だけ出ることにする。最近芦屋は「ろくべえ」のテリトリーなので二次会で飲めないのが辛いところ。しかし、今日は勉強会終了後にブルガリアから来ているメンバーのVさんのご家族の送別茶話会が予定されていた。先日、ご自宅のパーティにも招かれお世話になっているので、これだけは外せない。

 三時少し前に市民センターに着くとちょうどタイムを読む会が終わったところ。6、7年来同志Yさん、今の会長Sさんに顔を合わすと面はゆい。次回のテキストをUさんから多少のいやみ付きで戴く。このくらいのいやみは甘んじて受けざるを得ない。また、落ち着いたら出席させていただこう。

 法律英語の方はかなり盛況。定刻で12人、O弁護士がやや遅れて参上し合計生徒が13名。女性も5名と知る限り過去最高ではないか。テーマは環境保護関連の法律、訴訟。D先生の授業も熱が入っている。クラス全体の進め方も上手で、退屈させずしかも他では得られないような有益な知識をどんどん提供してくださる。そのうちに本当に行列ができるような勉強会になるのではと予感した。

 日本でいう趣味と英語のHobbyのニュアンスの違い。スポーツをするというときの動詞の使い方の違い。すなわち、go bowlingとplay tennis、do karateの違い。何となく自然に使い分けているが理論的に違いを考えたのは初めてである。

 予定通り、終了後は市民会館付属の喫茶店「業平」にてコーヒータイム。近々ブルガリアにもどるという奥様と生後間もないミヒャエル君も合流。大人数なのでテーブルが分かれてしまうが、心温まる会合であった。「ろくべえ」ということもあり、三次会のまさやのヤキトリパーティは失礼することにする。Photo:二次会メンバー by PentaxOptio 
e0083517_12363468.jpg

by yellowtail5a01 | 2006-06-24 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)