ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

株主総会

2006年6月28日(水) 晴

 今日は前の会社の株主総会。一斉開催日の明日ではなく一日前倒しで、しかも京橋のホテルにて開催。これまでも社員株主として出たことはあるが、OB株主として出るのは初めて。遊び8、仕事2の割合でお世話になったO原先輩と大阪城公園駅で待ち合わせて一緒に出席する。

 凄くでかい会場。超大型のプロジェクションスクリーンが5基も設置されている。まるでOB会総会の様相で懐かしい人に次々と会う。もっとも同世代の皆さんはまだ現役で、一年先輩のK井さんは総会の元締め役として、陰で仕切っておられる。組合の同志でもありやや先輩のT脇氏も一緒にやや緊張した面持ちで配置されている。万が一、ややこしい系の総会屋が現れたときには活躍されるのであろう。

 総会は2時間弱に及んだが終始スムーズに流れた。社長も交代され、あらたな歴史が刻まれていく。会社が少し遠くなったような気がした。

 総会後はO原さんと共通の知人であるK本さん(再就職支援でお世話になっているが、たまたまO原さんと水戸時代の同僚だったとのこと)と知財の遊び仲間の現役、S井君と四人で昼食。S君には申し訳ないが、昼真っからビールで乾杯。

 昼食後、S君のオフィスによるとこれまた懐かしい仲間が一杯。釣りの師匠のM尾さん、仕事でまた組合役員時代にも人総責任者として苦楽を共にしたG園さん、入社以来同期格のY田さん、後輩のK出君。しばし、タイムスリップして談笑。なんだかんだ言いながらいろんな人の近況の情報交換など短時間でやっている。

 いい時間になったので皆さんに別れを告げ、帰る。O原さんとK本さんはカラオケに行ったようである。水戸組で楽しんでください、と別れ、家に戻るとハングルの宿題がまだできていなかった。辞書で単語を調べるだけなのだが、焦るとうまく行かない。なんとか完成して「ろくべえ」にてぶっ飛ばすと3時1分前に到着。

 クラスの人数がまた増えて、いつの間にか12人になった。どこまでものにできるのか自信はないが、継続の価値は充分感じる。一人では励みにならないが、一緒にやっている人が辞書を速く引いたり、単語をよく覚えていたりすると俄然競争心が湧いてくる。これが大事なんだ。
by yellowtail5a01 | 2006-06-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
Commented by SHIN at 2006-06-30 05:05 x
そうなんですよね。
先生が優秀だから語学が早く習得できると言うより、ライバルの存在なんですよね。
これは人生のすべての事に言えるのかも知れません。

わたしの英語クラスでもときどきリスニングがありますが、私より耳がいい人がいるので、「くやしい~」と思ったりします。
それも知ってる単語の組み合わせなので、くやしさ百倍です。
もう、CNN、BBC聴きまくるしかありません。
Commented by みっち at 2006-07-02 00:21 x
SHINちゃん、賛同コメントありがとう。「良きライバル」って本当に大切だよね。でも、CNN、BBC聴きまくりとは凄いですね。時間は限られているので無理しすぎないように!