ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

最悪のピアノデビュー 指はブルブル、頭の中は本当にまっ白

2006年7月30日(日) 快晴

 運命の日がやってきた。朝から繰り返し、アドリブとエンディングを中心に最後の仕上げをする。そして、正午に出発。暑い日差し。今日は何があってもいいようにJRで行く。

 会場のJust In Timeは西元町の便利なところ。表通りではないがヤマハ音楽教室と目と鼻の先である。余裕を持って到着するが結構もう集まっている。知っている顔はないので適当に空いているところに座る。テーブルでの同伴は初老の夫妻が二組。年配の方のKご夫妻の方はどうやらご主人が弾かれる様子。50代とおぼしきMご夫妻の方は奥さんが弾かれるようである。初対面だが同じ境遇の身で席に着いたときから親しく話が弾む。お互い出番を前にハラハラドキドキの状態。

 出演者は全部で24人くらい。3グループに別れており最終組だと思っていたが2番目のグループであった。SHINちゃんが法事帰りの忙しい中応援に駆けつけてくれた。ありがたい。

 ビールも飲まず待っていたが、いつになくトイレが近くなり第一グループと第二グループの間の休憩時間にトイレに並ぶ。結構混んでいて並んでいるうちに第二グループのトップバッターの人が始めた。どうやら次が自分の順番だった。そしていよいよ出番。楽譜を広げてピアノの前に。グランドピアノの蓋の隙間からドラムの北村先生の顔がよく見える。

 スタートで躓く。で、それは気を取り直して、「もういっぺんお願いします」ということで再スタートするが、ああ、ダメだ、こりゃ。出だしの何でもない自信のある部分で指が震えて思うように動かない。アドリブではとても耐えられないと確信する。ますます頭の中は真っ白。案の定、アドリブで完全に「ここはどこ、私は誰」という心境になる。戻るに戻れない。本当はどっからでも入ればプロの先生方は合わしてくれるのだろうけど、完全に自信喪失前後不覚。とにかくアドリブとサックスソロをやり過ごして主旋律に戻らなければお手上げ。

 どのくらい時間が経過したのかわからないが、北村先生の合図で何とか戻ることができた。とにかく早く終わって欲しいと祈る気持ち。結局、あれだけ集中特訓したエンディングも着地決まらず。それでも最後の鍵盤を叩き終わると、暖かい拍手。終わったんだ。全くの冷や汗ものだったが何故か汗は出なかった。先生からマイクを向けられると勝手に喋っている自分がいる。別人が喋っているような気分。

 ミスはいっぱいするだろうとは覚悟していたが、想定の範囲を遙かに下回る最悪のデビューとなってしまった。正直悔しいし、自分が腹立たしい。SHINちゃんも慰めてくれたし、隣に座っていたMさんの奥さんも「スイング感がよかったですよ」と言っていただいたが、返す言葉もない。なんともはや試練のデビューとなった。今日はもうこれ以上思い出したくもないというのが正直なところである。
 
by yellowtail5a01 | 2006-07-30 23:59 | 音楽 | Comments(7)
Commented by みっち at 2006-07-31 00:21 x
SHINちゃん、今日は本当にお忙しいところ駆けつけていただきありがとう。せっかく来てもらったのに肩身の狭い思いをさせてしまってごめんね。でも、同テーブルの皆さん始め心優しい人たちに囲まれてなんかいい感じでした。今日は悔しかったけど次は頑張るから懲りずによろしくお願いします。今日のは当然ご招待ですからお気遣いなく。その代わりといったら何ですが、写真の方よろしくお願いします。先生にもプリントして渡しておきます。今日は本当にありがとうございました。
Commented by SHIN at 2006-07-31 01:34 x
みっち、
きょうはお疲れさんでした。
ジャズにはちゃんとなっておりましたのでご安心ください。
わたしに比べたら10倍すごいです!

お写真、送りました。
ブレ対策で、ISO100のAEをかなり下げています。
(-2.0EVくらい。かなり暗いです)
ヒストグラム処理すれば1発で元に戻るかと思います。
もし補正ができない様でしたら、わたしのフリーソフトで手動でやってみますので、連絡ください。
Commented by tetsu at 2006-07-31 21:21 x
デビューおめでとうございます。緊張感がヒシヒシと伝わってきました。皆さんの優しさが逆に辛いのも分かります。悔しいと思われる気持ちが次のステージへの活力なのでしょうね。

次回の発表会にはSHINさんとともに「みっちさん(piano)」を撮りに行かせて頂きたいと思います。SHINさんのHPで見させて頂いた晴れ姿は、もう立派な「ジャズピアニスト」でした♪
Commented by SHIN at 2006-07-31 22:37 x
そうしましょ!
今回は実家に帰っていたので重い一眼レフは置いて行きました。
次回はみっちの晴れ姿、撮らせて頂きますね!
Commented by さっこら at 2006-08-01 00:32 x
師匠は耳が肥えているから絶対うまくなれると思います。
「ジャズピアニスト」の第一歩、おめでとうございます。
Commented by みっち at 2006-08-01 23:26 x
tetsuさん、ありがとうございます。次回までには性根を入れ替えて練習に励みたいと思います。「ジャズピアニスト」は今は見てくれだけですが、来年、来年より再来年。2010年には人前で弾けるようになるのが目標です。
Commented by みっち at 2006-08-01 23:36 x
さっこらさん、優しいお言葉ありがとうございます。まだ、充分立ち直れていないけど、もし耳が多少肥えていたとしても指が存分に動き、裏拍の効いたリズムを取れないとジャズにならないことを痛感しています。そのためにはやはり絶対的な練習時間が必要です。とにかく、心を入れ替え頑張ってみます。