ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

お墓参り


2006年8月14日(月) 快晴

 今日は実家の墓参り。6月に父の35周年忌をしたところであるが、盆ということで兄貴夫妻とその娘のJ子とその娘のM央、当方は家内と娘と自分で合計7人。10時に出発して暑い中の墓参り。出も、午後にかかるともっと暑いに違いない。さすがに高齢のおふくろには遠慮いただく。

 おやじの墓参りはキリスト教。兄貴がお祈りをしたり賛美歌を仕切ったりでいつも口をパクパクやっているだけ。別にアンチキリスト教というわけではないが、なんかしっくり来ない。せっかくのお盆でおやじも戻ってきているかも知れないのに、聖書の話だけでは物足りない。自分的にはやはり読経が故人との思い出や在りし日の面影を彷彿とさせる点では優れているような気がする。

 同じ墓地にある母方親戚のお墓もお参りして、般若心教を唱える。この役割はおふくろが来ていないので何故か家内の役割。大分元気になってきた証である。

e0083517_7243766.jpg 帰り道に回転寿司に寄って昼食をいただく。姪の娘のM央ちゃんが可愛い。近しい親戚とは言え、よその子である。これが自分の直系の孫であれば可愛さもひとしおであろう。
by yellowtail5a01 | 2006-08-14 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
Commented by SHIN at 2006-08-16 00:07 x
私は父の3回忌をみっちのピアノ発表があった日のAM中にして帰りました。
読経がありましたが何宗かよくわかりません。
お坊さんは近くのお寺から来ますので、宗派はそちらに合わせたのかも知れません。

とんぼ帰りでしたが父の形見のキャノンAE-1もらって帰りました。
昨晩、ヨドバシカメラから取説が来たとの連絡があったので、電池を入れて動くかどうか試してみますね。
Commented by みっち at 2006-08-16 15:00 x
そうでしたね、その節はお忙しい中ありがとう。僕も何宗がどうだというのはわかりませんが、自分のことは自分で決めておきたいなと思います。