ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

連日の講師は疲れる

2006年10月21日(土) 快晴

 絶好のゴルフ日和。本来であれば前の会社の部門のコンペで、それもホームコースでのコンペとあり、優勝のチャンスもあったはずなのだが、後からEI社の研修講師の仕事が入ってきた。やはり仕事優先にせざるをえない。

 行き先は高槻のS社。その研修センターが少し高台のいい環境にある。人事の責任者も垢抜けた感じでいい。受講者に執行役員の人も入っており、なんか反応がいい。比較するのはどうかと思うが、昨日と今日と連続で同じことを話しているのだが、レスポンスは全く違う。この会社はもっと発展するのだろうと直感的に思う。

 休憩時間に人事の人が紹介したいといってきたので名刺を交換すると、20代の若い女性。法務部員だという。「学生時代にトレイニーでお世話になったんですよ」 一瞬、えーっと思ったが記憶が蘇ってきた。当時本社の法務本部で教育担当のO君とKさんがてんてこ舞いで、インターン生に資料のコピーとファイリングばっかりさせて学生とその教官から不評を買ったということがあったが、その時の張本人だったようだ。

 法務の人が出ていると振りやすい。休憩後は何かと彼女にも意見を求め、リラックスムードでできる。昨日より色んな意味でずいぶん楽しい研修ができたと思う。

 昼食も用意いただき、一時前に失礼する。その足で日本橋へ。以前はパソコン関係では上新のテクノランドやソフマップ、OAシステムプラザ、カメラ関係ではナニワカメラによく行ったものだが、ヨドバシカメラが梅田にできてからはパソコンについてもカメラについてもミナミまで行く必要がとんとなくなった。

 ところが今日のお目当てはアマチュア無線機器とアンテナである。機器を今買うわけではないが、下見はしておきたい。そうなるとやはり日本橋ということにある。歩き回って何軒か通信機器の店を見つけたが、昔とは様変わり。表通りには殆どない。もう少し開発したいものである。

e0083517_1829553.jpg
 帰りに吉本興業の前を通りかかるとたこ焼き屋さんに行列。FXで一枚撮る。せっかくなのでディスプレーモードを換えて高撮り設定。つまりカメラを頭より高いところに差し出し、人の頭を越えて撮るときに便利なように、液晶を下から見上げたときにはっきり見えるようにするモード。慣れれば使い勝手のいい機能の一つになりそうだ。
by yellowtail5a01 | 2006-10-21 23:59 | 仕事 | Comments(3)
Commented by ue at 2006-10-22 19:40 x
脚立に上ったような写真ですね、そんな写真が撮りたくなるようなカメラなんです。
 このまえ、ミドリ電化で我が愛機のFX-01と比較してみました。シャッター間隔がとても早いです。高感度モードのISO32でライブハウスでもOKと思います。
Commented by SHIN at 2006-10-22 21:55 x
私は密かに、コンパクトカメラのトレンドとして、
(1)手ブレ補正、高感度
(2)28mm~23mm
(3)超ローアングル、超ハイアングル
(4)赤外線撮影モード→18才以下使用禁止
(5)F1.0搭載→ポートレート用
(6)無限枚数撮影
(7)360度広角撮影
(8)シャッターチャンスを時間を遡って撮影
(9)1億画素CMOS搭載
(10)シャッタースピード1/100,000秒(超高速撮影)
などがここ10年で実用化すると考えています。
Lumixはレベル3まで来ましたね。
Commented by みっち at 2006-10-23 00:15 x
ueさんのおっしゃる通り。脚立を持ち歩かなくてもいい、というか脚立写真を撮りたくさせる機能ですね、この液晶切り換えモード。

SHINちゃんが在職中に是非そのようなドリームコンデジを開発してください。赤外線モードの必要性はよくわかりませんが・・・(笑)