ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

韓国語クラス、打ち上げ

2007年3月7日(水) 晴

 昨年の5月からスタートした韓国語クラスが、今日で終了。当初は5ヶ月のつもりであったのが、10月以降も継続してなんとかさぼりながらも一年間続いた。しかし、どれだけの成果があったというのであろうか。少なくとも授業に出ている2時間弱は、集中しているが、予習・復習は最低限のやっつけ仕事。これでは定着しない。「一年間勉強してきました」というにはあまりにもお粗末。

 他のメンバーの思いも似たようなものがあるのか、結局四月以降も先生にお願いして継続することになった。やめるか継続するか、少し迷ったが、今のままではあまり中途半端。継続することにした。12人くらいのメンバー中、男は年輩のSIさんと二人きりで、お互い頑張りましょうといっていたのが、今日最終確認すると「こられなくなりました」とのこと。だからといって、こっちまで辞めますとはともいえないので、予定通り継続することにした。

 昨年5月にスタートしたときは10名だったが、秋に二人抜け、今回オリジナルメンバーがまた4人抜けるので、最初からのメンバーは、4人になってしまった。あとから編入してきた人が8人くらいいるが、あとから来た人は皆さん上手である。

 終業打ち上げは、クラス終了後、国道2号沿いの韓国料理店でささやかに開催。韓国人のお店だが、前回の心斎橋と異なり、日本語が達者なので注文も日本語で全て済み、その意味での緊張感は少ない。今日でお別れの人、次学期もご一緒する人、かすかな無常観と時の流れを感じる。

 それにしても年配のメンバーがどんどん抜けていくので、ひょっとしたら次のクラスでは最長老になりそうだ。嫌だけどこれからだんだんそのような状況が増えていくのかも知れない。
by yellowtail5a01 | 2007-03-07 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)