ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

身体の節々が痛くて、だるくて

2007年4月10日(火) 晴

 昨日、久々のロングツーリングとなり、半日で300km強走ったのが堪えたのか、身体のあちこちの筋肉が悲鳴を上げている。まあ、心地よい疲れといえばそうなのだが、もう少し身体を鍛えておかないと本格的なロングツーリングには不安だ。

 特に高速道路走行時の風圧は相当なものだ。90km/hくらいなら全く平気だが、そこから10km/h上がるごとに状況が相当変化する。100kmもまだ大丈夫。110kmになるとヘルメットに受ける風圧で横を向こうものなら一気に首に掛かる力が増す。120kmが限界点か。帰りは130kmに挑戦したが、身体に受ける風圧で車体ごと浮き上がってしまいそうな感じがした。

 「ろくべえ」と同じW650で170km/hまでは行けると豪語している人の記事を読んだことがあるが、これは信じられない。また、100km越えの高速走行中に減速しようと後輪ブレーキを少し踏むと、簡単にスリップするような錯覚(?)を覚えた。「ろくべえ」のような風防もなく、接地面積の少ない細タイヤのマシンでは100kmまでとするのが安全だ。

 仕事の方は、相棒の主任が入院中で少なくとも4月いっぱいは無理のようなので、ややロードがかかってきている。今週は火、木に加えて金の午前も出勤とする。只働きという訳ではないのでそれはそれでありがたいが、それが常態化するのも考え物である。しばらくは緊急事態として受け止めておこう。

 夕方、遠方の友より、こちらに来ているとのメールをもらったので、夜桜見物の約束をする。あれだけ賑やかだった夙川公園も、テキ屋が全て撤収しており、若干のグループが駅に近いところで宴会をやっている他は静かである。散り染めと言うにはまだ早く、まだまだ夜目にも美しい。たこ焼きとビールでもと思っていたが、屋台がないので苦楽園で焼鳥屋に入る。モルツプレミア生と不二才という芋焼酎のロックを少々。桜もいいが遠方より来たる友と酌み交わす酒も亦楽しからん哉。
by yellowtail5a01 | 2007-04-10 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
Commented by Dr.K at 2007-04-12 09:07 x
桜も友も長く楽しみましょう
バイクの130Kmは?????
「なにすんねん」との声が聞こえてきそうです
Commented by みっち at 2007-04-12 12:42 x
Dr.K、ご心配かけて申し訳ねぇ。確かに生死の狭間で運転しているという感じがありましたね。このバイクではもうやりません。