ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

古き良き尼崎の路地を行く

2007年6月25日(月) 晴 13265歩

 朝一番、営業部長からの相談事。品質やPL責任に係わる問題であるが、現実的解決策を導くのは実に難しい。法律や企業倫理の建前だけでは通用しないし、かといって法的なリスクや倫理的リスクを背負い込むくらいなら商売を落としてしまった方がいいのははっきりしている。

しかし、一方、リスクの過剰防衛になっては、商売はどんどん減ってしまうのも現実である。バランスがとれていて且つ竹を割ったような明快さと安心感を与えられるような法務見解を出せればいいのだが、と自分の未熟さを痛感させられる。

 総務課長が新任の人に交代したばかりで、総会後の変更登記は二人三脚での対応となる。取りあえず資料の準備ができたので法務局の尼崎支部に行く。窓口は親切な女性の登記官。ほぼ目処がつく。法務局との往復は自転車。会社の社用車を借りる。総務課長は自前の自転車で、地元の人なので裏道をスイスイと案内してくれる。

 表通りでは見られないような庶民的な風情を満喫できる。コンデジを持ってくるべきだったと悔やまれるが、一応勤務時間中なのでそこは自重すべきであろう。歩いたら小一時間かかるところだが、タクシーでも20分かかるので、ここでは雨でなければ自転車が一番パーフォーマンスが良さそうだ。
by yellowtail5a01 | 2007-06-25 23:36 | 仕事 | Comments(1)
Commented by Dr.K at 2007-06-26 10:02 x
「リスク管理」これは、私の本能です
幼少時「この子は長持ちしない」と医者に言われた母が
3つ子の魂式に私を育てたので染み付いたのでしょう
お陰さまで、これはヤバイというのは第六感が働きます