ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

六月例会無事完走

2007年6月26日(火) 曇のち晴 5557歩

 天気予報では、曇のち晴とのことだったのでそれほど心配はしなかったが、それでも目が早く覚める。7時なのに外はそれほど明るくはない。しかし、8時頃からは日差しも感じられまずは一安心。幹事なのでせめて集合時刻の30分前には着くようにと8;30分には準備万端整えて出発。

 ところが、無線機が全然受信できない。信号待ちのたびにあれこれ確認するが、様子が変だ。門戸厄神のオーバーブリッジを越えたところで、アンテナロッドを付けるのを忘れたことに気付く。もう一度家に戻っても集合時刻には間に合う時間なので、一大決心でUターン。

 慌ててアンテナを取り付けて再出発。時既に8時50分。最短ルートということで名神に乗る。自然にアクセルをふかし、145kmまで記録。もう少し大丈夫そうだったが、そこは自重する。前回130kmが限界かと思ったが、いったん145を経験すると130が余裕になってくるから不思議だ。

 豊中から阪神高速に乗り継ぎ伊丹空港の集合場所に到着したのは9時10分。余裕の到着ではあるが、他のメンバー4人は案の定皆さん揃っておられる。遅れたわけではないのだが、幹事が一番最後になってしまったことは、やはりばつが悪い。

 無線のテストをするとバッチリOKなので、いざ出発。初めての先導車を務めるが、いきなりトラブル発生。当然皆さん、ついてきていると思ったのだが、気がつくと2台の姿が見えない。しかも、こちらは5車線のうちらに入ってしまったので、停車するわけにも行かず、かなり行ったところで道端に停車して、無線で確認。空港の出口で待っているとのこと。

 もう一度空港に戻って再スタート。やれやれ、無線がなければどうしようもない状況である。まあ、最悪携帯電話もあるが、走りながら喋るためには無線でなければとても無理である。その後は、下見で確認しているコースなので、順調。京都と兵庫の県境で少し霧雨に遭遇した以外は、天候的には全く問題なし。

 るり渓、デカンショ街道。陶の郷、東条湖、つくはら湖、六甲縦走を予定通りこなして、3時に宝塚で解散。途中、方向指示器を出すのが遅いことや急停止、最終車の確認など、先輩諸氏からいろいろ指導が入る。ソロで走るのとは全然違う。バックミラーを見ている時間が非常に多くならざるを得ないし、無線の活用も重要だ。

e0083517_418895.jpg
 初めての世話役としては、70点くらいの及第点をもらえたようである。六甲の高山植物園の喫茶店エーデルワイスでソフトクリームを食べて、神戸のメンバーと別れる。その時の記念写真である。

e0083517_419838.jpg夜は、阪急六甲北のMaidenVoyageで今橋正江さんのライブがあったので、SHINちゃんとカメラを持って応援に行く。会場はそれほど広くないが、20台前半の若者ぎっしりで熱気ムンムン。音楽アカデミーの生徒、卒業生のバンドが3組登場。ジャズではないがオリジナル有り、ポップスありで音楽的にも楽しめる。正江ちゃんのエレベ姿が格好いい。


 そういえば、今日26日は自分の誕生日だった。とうとう58才になってしまった。50台もあと僅か。さすがに60台になったら見える景色も変わってくるのだろうな。50台にしかできないことがあればしっかりやっておきたい。
by yellowtail5a01 | 2007-06-26 23:59 | バイク | Comments(2)
Commented by SHIN at 2007-06-27 05:59 x
昨日はダブルヘッダー、大変お疲れ様でした。

上の記念写真も大変すばらしいですね。

女流ベーシスト正江さんはかっこよかったですね。
惚れ直しました。

60を過ぎてからでも何か新しいことにチャレンジしてください。
50代のうちに基礎を固めるところはきっちり。
ジャズピアノと写真はあと2年で完成させましょう!
Commented by みっち at 2007-06-27 09:24 x
SHINちゃんこそ仕事、ライブのダブルヘッダーお疲れさまでした。
本当に若者の世界に迷い込んでしまった感じがありましたが、
元気をもらった感じがします。昼間のツーリングの平均年齢が65才
くらいで自分が最年少、夜の平均年齢は22才くらいで、自分が
おそらく最長老。このギャップが面白い一日でした。