ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

兵庫県立美術館 ムンク展

2008年1月31日(木) 晴時々曇 13658歩

 昨夜から久しぶりに娘が戻ってきている。義母の調子が芳しくないので、なるべく一緒にいてもらった方が安心なので、戻ってきなさいとは言わない日々が続いている。実際、病院に行ったり、不動産手続きのときもこちらが付き添えないときは、娘がよくやってくれている。我が娘ながら優しいいい子に育ったものだと感心する。

 今日はお互い時間があるので、午後に六甲アイランドの家具売り場に行きたいという。MOVIX六甲もあるので、ついでに映画でも見ようかと思うのだが、調べてみるとこの時期どうしても見たいという映画はなさそうである。そこで思いついたのが、ムンク展。高校同窓会新年会のときに、館長のO君から無料招待券を2枚もらっていたので、それに行くことにする。

 その前に、今日で期限切れになるJALのクーポンがあったので、伊丹空港まで「ろくべえ」号で飛ばして、羽田までのオープンチケットを購入。有効期限は90日。ということは4月末までは使える。そういえば、このところ飛行機にも長いこと乗っていないなと思う。天気もいいので屋上デッキに上がり、六甲と雲の写真を撮る。
e0083517_23435591.jpg

 昼過ぎに家に戻り、今度は電車で美術館に向かう。一昨年の5月に東山魁夷の展覧会に行って以来の兵庫県立美術館詣でとなる。

e0083517_23504632.jpgムンクといえば、「叫び」のイメージがあまりにも強いが、今日は解説のボイスレコーダーを借りて観たので、ずいぶんわかりやすかった。よく見ると内面的な訴えのある絵が多いなとあらためて思う。
e0083517_23512857.jpg いくつか気に入った絵があったが、印象的だった一つがこの「声・夏の夜」という女性の絵。ムンクの最初の恋人であった人妻らしい。白い服の描き方が繊細で、月の光に輝く絹のイメージだ。

e0083517_2352855.jpg 結構堪能して、帰りに最近出来たらしいと言うHAT神戸を少し散策。マクドで休憩することにするが、なかなかいい雰囲気のマクド店であった。
e0083517_23543710.jpg目まぐるしく変わるお天気であったが、夕方の雲はなかなか迫力があった。

by yellowtail5a01 | 2008-01-31 23:58 | 家族・交遊 | Comments(4)
Commented by SHIN at 2008-02-01 07:14 x
そうそう、あしたここでギュラ夫妻の無料コンサートがあり、わたしは撮影班に指名されています。
Commented by yellowtail5a01 at 2008-02-01 20:05
へえ、美術館でクラシックコンサートですか。なかなかおしゃれですね。
何時からですか。
Commented by SHIN at 2008-02-01 20:49 x
14時からです。

確か予約も不要です。
美術館のイベントに書いてました。

よかったら来てください♪
Commented by yellowtail5a01 at 2008-02-02 00:08
了解です。ちょっと確約は難しいけど時間撮れそうだったら
覗いてみますね。