ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

七夕ジャズライブ

2008年7月7日(月) 晴 10714歩

 通常出勤日。出張が続いたのでそのレポートまとめで忙殺される。夕方になると身も心もお疲れ気味。それでも、娘が休みで戻ってきていたので、夜は腕を奮おうと適当に切り上げて家に向かうが、電話をしてみると夜は友達と外食とのこと。家内もさほど食欲がないとのことなので、買い物して帰るのも面倒くさくなり簡単に外で済ますことにする。

 どこで食べようかと思案するが、ふと思い出したのはピアニストの絵理ちゃんがNY旅行から戻ってきて帰国記念ライブがあるのを思い出す。会場は北野坂下のデイバイデイ。ここはあまり食べる場所ではないようなので、安上がりに腹ごしらえをしていくことにする。

e0083517_87597.jpg7時半過ぎにお店に入りお気に入りのカウンター左端席につく。ファーストセットが始まる頃にはかなり埋まってくる。絵理ちゃんよりNY土産のチョコの配給。皆さん嬉しそうに食べていた。

e0083517_875111.jpgベース宮本直介さん、ドラムス田中ヒロシさんという存在感の濃ゆくて渋いメンバーをバックに、絵理ちゃんのピアノが始まる。NYから昨日戻ってきたということはあまり練習の間もなかったと思うが、NY帰りと思って聴くとなんとなくNYテイストを感じる。アルトサックス(確か浅井さん)は22才の若手だったが、本格的だ。

e0083517_810101.jpgシニア層が多い中、ずいぶん若い美男美女カップルが入ってきた。珍しいなと思って見るとなんのことはない、江閲子さん夫妻である。旦那とは去年の京都ゆかた撮影会以来か。まさに七夕かも。セカンドセットでは、江閲子さんの飛び入りもある。

 カウンターで隣合った初老の紳士と話をしていると、共通点だらけ。これまでにどこかで袖をすりあわせているはずだ。「SONEのピアノ前席でSHINさんと話したことがある」とのこと。Oさんという方だが、ジャズの造詣が深く出没箇所は大体オーバーラップしているようだった。江閲子さんのトアステ出演の時には、スタジオの客席にいるところをテレビで放映され、あとで知り合いから冷やかされたのとこと。「SHINさんのブログのファンです。」とも言っておられた。「ミッチさんですか、いや見たことがありますよ」とも。世の中狭い。
by yellowtail5a01 | 2008-07-07 23:59 | 音楽 | Comments(4)
Commented by SHIN at 2008-07-08 22:52 x
世の中狭いですねー。。。

わたしもいろんなとこで初対面の方から「SHINさんですか?いつもブログ見てます!!」といわれます。

どうやらミュージシャンを検索していてわたしの写真サイトを見つけるようです。
Commented by みっち at 2008-07-09 09:17 x
ホント、世の中狭いなぁと思いますが、ひょっとしたら「この世界」が
狭いのかも知れませんねぇ。
Commented by SHIN at 2008-07-09 22:20 x
そうですね、多分この世界が狭いだけなんでしょう。
でも適度に広くて狭くて、いい感じです(笑)

それにしてもえみこさんと会うとは、不思議なご縁です。
大事にしたいです。
Commented by みっち at 2008-07-10 09:23 x
バッタリ遇ったというのは、えみこさんとは2回目です。去年の秋に
昼間センター街で出会い頭というのがありました。その他は、本当に
滅多にないです。もっとも神戸のライブハウスは、狭い世界のよう
なので、バッタリというのにビックリしなくなりました。