ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

長い道のりを無事帰還する

2008年11月2日(日) 霧のち晴のち曇、一時雨

 昨夜の食後、談話室にあるパソコンを借りて、写真を取り込んでブログ更新できるかと試したところ、携帯で撮った写真を自分のメールアドレスに送り、Webmailでログインして受け取った画像をPCにコピーして、ブログに取り込むとうまくいけた。

 それを片付けた頃、遅く着いた同宿の皆さんも談話室に集まってきて、情報交換となる。バイク組が自分を入れて三人で静岡の人、京都の人。30代半ばか。クルマで福島からやってきたという人も同じくらい。電車で旅しているという横浜のお父さんは50代後半。翌日の行き先に話が盛り上がる。

 仕事を終えたペアレントも参加し、結局坂本峠の雲海と四十八滝の紅葉がベストと言うことになる。この辺りは盆地で天気のいい冷えた朝は霧で閉ざされることが多いらしい。「少し山に昇ると雲海が見られるよ」とのことだったので、それに決定して二段ベッドに引き上げる。11時前にベッドにはいるのは滅多にないので寝付けるかと心配したが、疲れていたのかすんなり寝てしまったようだ。

e0083517_945089.jpg 7時の朝食後、すぐに荷物をまとめ三台のバイクで雲海スポットである坂本峠を目指す。途中までは気温2度で震え上がるが、霧越しに太陽の姿が見え始めるとあっという間に青空の世界が広がる。この瞬間はなかなか感動的だ。おかげで飛騨盆地の雲海を満喫できる。

e0083517_911593.jpg 次は四十八滝。同宿の皆さんとは別々に行動するが、滝巡りの途中で順次また再会。ブナや楓の落葉樹の種類が多く、絢爛豪華な紅葉を楽しめる。但し、滝の写真には三脚が必携である。手振れ防止はISO調整や手振れ防止レンズでまず気にならないが、水の流れを優しく撮ろうとすると、スローシャッターが不可欠で、10分の一秒以下ではさすがに手振れも気になり、三脚が欲しいところである。。

 滝を堪能したあと天生峠(あもうとうげ)を越えて白川郷に向かうが、白川郷についた途端、道路は大渋滞。いくらバイクでもこの狭い道路での渋滞はすり抜けられない。しかも、昨夜の情報で白山スーパー林道は二輪の通行禁止、とのことだったので、帰りのルート選択が大きく制約される。ここで撮影は打ち切り、一路家に向かうことにする。時に時刻は13時半。国道156号を北上するが富山県に入ったところで高速を利用。

 途中いきなりの雨でカッパを着たり、雨宿りをしたりで相当なロス。雨の高速を避け、福井県に入り今庄辺りでどっぷりと日が暮れたところで地道に変更。ゆっくり行けばいいかと気楽に山に向かったが、真っ暗な峠越えはなんと恐ろしい。

 ヘッドランプしか頼りにするものがなく、カーブの先が見えない。しかも、ヘルメットの風防も昼間は気にならないが、対向車のライトを受けると汚れが乱反射してほとんど見えなくなる。なんとか前を走るクルマを見つけてはその軌跡をイメージしてついて行くのが一番わかりやすい。幸い雨は上がったので滋賀県に入ってからは快走。帰着は10時となった。二日間の走行距離は約800kmとなった。写真は整理の上、またヤフーのアルバムにでも整理しておきたい。
by yellowtail5a01 | 2008-11-02 23:59 | 旅行・出張 | Comments(11)
Commented by るぅ at 2008-11-03 11:00 x
すばらしい景色ですね!!!これまでみたミッチの写真の中で
今回が一番好きです♪

しかしながら、夜に山越えは・・・!
わたしも以前真っ暗な山を車の助手席で越えたことがありますが、
それでも前はほとんど見えなくって怖かったですよー。
歩きでもモーターものでも、日暮れ前に山中を出る、というのは
わたしが最優先で守っていることでもあります。。。
やむを得ないときは仕方ありませんが、慣れないところなら特に
どうかお気をつけて、楽しく安全な旅をお楽しみくださいね。
Commented by SHIN at 2008-11-03 13:12 x
みっちさん
お疲れ様でした。
ゆっくり休んで、きょうはのんびりしてください。
Commented by fundmoneyじゃん at 2008-11-03 13:44 x
みっちさんのブログを見ていると私も旅に出た気分になりました。
でも、ご無事でなによりです。
旅先では携帯から自分のPCに送るという方法があるんですね。勉強になります。
Commented by ue at 2008-11-03 15:33 x
素晴らしい雲海です!苦労してそこに行った者しか味わえない感動が伝わってきます。旅先でも苦労してブログ投稿をしていただいたおかげで、大いに楽しませていただきました。
悪条件でのバイク・ソロツーリング・・聞いていてヒヤヒヤしました(笑)
Commented by みっち at 2008-11-03 20:02 x
皆さん、励ましありがとうございます。

るぅさん、今回は。写真を撮るための移動手段としてバイクを使って
いるのか、バイクでツアーするための口実として写真を撮っている
のか、ときどき自分でも混乱することがありましたが、多分どちらも
同じくらいの重みかな、というところです。

SHINちゃん、やっぱり風景写真もいいものですね。今回、雲海に
接してあらためてそう思いました。そうなると望遠系が欲しくなって
来ます。

じゃんさん、私にとって旅と言える旅は久しぶりです。じゃんさんは、
しょっちゅう温泉巡りをしておられるのでたまには温泉レポートもお願い
します。(笑)

ueさん、ご心配をお掛けして申し訳ありません。Dr.Kからも「メチャを
するな」とお叱りを受けそうです。でも、一人旅にはバイクとユース
ホステルの組合せが最高だなと今回もつくづく思いました。病みつきに
なりそうです。
Commented by SHIN at 2008-11-03 20:52 x
望遠系、70-200mmF2.8は重さと言い、値段と言いきついでしょうねえ。
APS-C専用ですが、EF-S55-250mmISが設計も新しいのでいいとは思います。
EF-S18-200mmは最新ですが、200mmでは不足することがしばしばあるので心配です。

わたしは今週は学園祭の撮影にEF100-300mm使用しましたが、フィルム時代のものとはいえ、思ったより性能のいいレンズですね。

Photogenic KOBEの11/2の女の子の写真、300mmで撮影しましたが、髪の毛も一本一本写りますからね。
これは中古で18000円くらいでした。
ISはないですが、USMとマウントが金属なのが誇りです(笑)
Commented by みっち at 2008-11-04 02:45 x
SHINちゃん、望遠コメントありがとうございます。マウントは頼りなさ
そうですが、55-250mmがコンパクトで使い勝手がいいかなと
思っています。
Commented by Dr.K at 2008-11-04 08:23 x
ミッチ!
無事帰還、おめでとうございます
冒険少年に説教は無用ですネ!
Commented by SHIN at 2008-11-05 06:33 x
みっちさん、EF-S55-250mmISなら文句なし。
250mm端で手持ちで1/15秒でも5m先の文字を写してブレていませんでしたからすごい性能です。
Commented by みっち at 2008-11-05 07:23 x
Dr.K、今回は最後の夜間山道走行以外は怖い目にも合わず
安全快適なツーリングでしたが、さすがに福井から滋賀に抜ける
夜の峠越えは、「ヤバイかも」と不安がよぎりましたが、「無茶したら
あかんで」という先生の顔が出てきて、無理をしないように心がけて
走りました。日頃のお説教の効果でしょう。ありがとうございます。
Commented by みっち at 2008-11-05 07:26 x
SHINちゃん、手持ちでどこまでブレを防げるかはカメラ、レンズと
あとはホールディングや息の使い方のテクニックかなと思われ
ます。1/10秒なら滝もそれなりに撮れそうな気がします。