ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

早い目の忘年会兼送別会

2008年11月8日(土) 雨のち曇

 昨日は多少時間があったので早い目にに予習を完了しておけばよかったのだが、いつもの悪い癖で家事にかまけて、サラッと見ただけで先延ばしとなる。夜は飲んでしまったらとてもその気になれない。その分、朝から辞書と首っ引きで格闘する。相変わらずのアメリカの大統領選を下敷きにした記事で、”The Fall of American, Inc."というNewsWeek誌の記事であった。

 今となってはオバマ氏の圧勝ということで、やや新鮮味に掛けるがどうしても記事の選択が1ヶ月先行することになるので、このような時事問題におけるタイムラグはいかんともし難い。TIMEのどうしようもなく難解な記事に比べると幾分気が楽なところもあるが、皆さんの豊富な知識や解説を聞きながら読むと理解は深まる。自分がどれだけ貢献できているのかは自信のないところであるが、WMD(weapon of mass destruction)等が出てくると皆さんの明るくないところなので、得意げに解説を試みる。

 記事の主旨としては、レーガン大統領以来進めてきた「小さい政府」、「減税による景気拡大」といった路線が、こと金融危機問題において破綻したというところか。国際社会において築いてきたアメリカというブランドが威信を失ってしまった、とのこと。新大統領がこれをどう回復していくのかが大きな課題ということである。

 4時間掛けてなんとか最後まで購読完了。あとは、お楽しみの忘年会。いくら何でも早すぎるが、古いメンバーの一人が東京に引っ越しされるのが勤労感謝の日とあって、今日に繰り上げての宴会である。宴会といっても芦屋川駅のすぐ北東のThaisというフレンチレストラン貸し切りで勉強会より多い20名が集う。

 初めからワインで行ったために白・赤と料理に合わせてついついグラスが進みお開きの頃にはすっかり出来上がってしまう。値段の割にはお料理はなかなかのものでいいパーティになったと思う。

 「ノルウェイサーモンと天使のエビ」と名付けられたスターター。「どこのエビなの?」とウェートレスの若いお嬢さんに尋ねると、「ニューカレドニアです。」と、即座に自信に満ちた表情で返事が戻ってきた。なるほど、うまいネーミングをするものだと感心する。
e0083517_2285881.jpg

by yellowtail5a01 | 2008-11-08 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)