ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

オバマ大統領の財政政策

2009年2月14日 (土) 晴 8887歩

 一年中で最も寒い季節であるべきバレンタインディなのになんというこの暖かさ。静岡の清水では26度強まで気温が上昇したとのこと。2月の厳寒期に異常気象という他はない。当地でも恐らく昼間の気温は20度を超えて4月下旬か5月並ではなかったであろうか。半袖の人もいた。

 今日は英語日とあって、午前は予習、午後は勉強会。テーマは二つ。前半は、オバマ氏のとるべき財政政策について。経済の専門家の先生が選んだ記事だ。しかし、取っつきはいい。あまり難解な構文や単語が出てこないので、内容をじっくりと掘り下げることができる。

 これまでの小さな政府志向から、増税してでも国としてやるべき医療や教育、極貧層救済などについては、政府が主体的にやり、官民のバランスの取れたパートナーシップをどう築くかが鍵となるというのが、基本的な論旨であったように思う。とにかく、この危機的状況のアメリカの経済、社会が持ち直さないことには、日本もまた大変なことになるのは火を見るより明らか。世界中の期待がオバマ大統領に寄せられている。

e0083517_2363455.jpg大型公共投資により、経済を活性化するのも重要な政策。Photo from TIME magazine Jan. 19, 2009

 パートⅡは、ガザ攻撃にまつわるイスラエル情勢。こちらは基礎知識に乏しく、しかも英語も難解な部分が多い。
 
by yellowtail5a01 | 2009-02-14 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
Commented by SHIN at 2009-02-16 03:11 x
今回は光と影特集ですね。
ほんとにいつでもポケットにいれれるコンデジは便利です。
Commented by みっち at 2009-02-16 20:25 x
光と影はこのブログのテーマですが、日曜のハーバーは文字通り
光と影の絵になりました。