ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

多少頭は重いが出勤

2009年2月23日(月) 曇 9881歩

e0083517_0284456.jpg 雨上がりの鬱陶しい天気。六甲山に低い雲がまとわりついている。微熱のせいかなんかボーッとしているが、休むほどでもないので出勤とする。今週は今日だけなので持ち越せない案件もある。

 幸い雨のおかげで寒さも緩み、事務所は月曜だが暖房もよく効いて快適である。月曜朝礼では一目をおいているT主任の所感で知ったのだが、伊能忠敬は50才まで千葉で酒や醤油の醸造などの商いをやっていたが、50才で隠居した後、江戸に出て若い師範について一から天文学を学んだとのこと。地球の直径を計算するために江戸から蝦夷までの距離を計測することを思いついたとのこと。

 測量はそのための手段だったが、その正確性に幕府も着目してやがて国家的な測量事業として認定され、56才から70才くらいまでかけて全国の海外線を行脚。精度の高い地図を完成したという。わずか5分弱の朝礼所感だが、なにか勇気づけられるいい話であった。
by yellowtail5a01 | 2009-02-23 23:59 | 仕事 | Comments(0)