ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2005年 10月 16日 ( 2 )

2005年10月15日(土) 雨 影&光

 この前にグレートブルーに裕子と行ったときに、マスターの安藤さんから
「よかったら来たら」とパンフレットをもらったチャリティジャズの日だ。1000円
だし、なかなかのアーティストも出るので、ぜひ行こうと思っていたが、裕子は
どうするのかなと様子を伺いながら、木曜に録画した二つの新しいテレビドラマ
を朝から観る。

 最初は「熟年離婚」で渡哲也と松坂慶子の平家コンビがいきなり初回から
辛らつな応酬である。正規定年と早期定年の違いはあるが、他人事とは
思えず、入り込んでしまう。裕子も同様のようである。交わす言葉も少ないが
「俺は子供の参観日や運動会や文化祭はほとんど行ったよな」とドラマとの違い
を強調したりするが、本質はどうもそこではない。夫が自分の価値観を押し付け
続けてきたことが、妻として耐えられなかったのだ。この点については、俺自身も
全く自信がない。子供からもそのような非難を受けたこともあるし。裕子は特に
コメントしていなかったが、心中どのような思いで観ていたのであろう。これから
の展開が気になるところである。もう一つのブラザービートは、軽い気持ちで
観られたが、継続してみる気になるかどうか、次回くらいで判断しよう。

 結局、「熟年離婚」の重い空気もあったせいか、裕子もチャリティジャズに
行きたいということになった。神戸国際ホールは、何年か前に綾土智絵を聴きに
行って以来だ。神戸の主だったライブハウスの経営者がジャズCity委員会という
のを構成していて、その宣伝もかねてということなのだろう。その姿勢には好感が
持てる。リーダーはレストラン曽根の小曽根実さんのようだ。

 客筋はかなり高年齢であるが、途中からは比較的若い人もちらほら来ていた。
ジャズの裾野が広がりつつあるのだろう。神戸のプロとアマチュアバンドとが
交互に演奏した感じであるが、なかなかよかった。甲南高校ブラスアンサンブルは
先週末に神戸女子大の体育館で聞いたのと同じメンバー、同様の選曲であったが
さすが国際ホールの音響効果のせいか、より洗練されていた。

 なんといっても秀逸は、安藤トリオと北浪良佳(YOSHIKA)だったな。それと
初めて聞いたのだけどエリーズという北野坂のライブハウスのオーナーシンガー
と思しき、エリーさんも迫力があった。金髪に染め、派手な感じだったが遠目では
年齢不詳。でも、低いハスキーな声には年輪を感じさせるものがある。

PHOTO:チャリティコンサートパンフとプログラム

e0083517_2185696.jpg

by yellowtail5a01 | 2005-10-16 02:20 | Comments(0)
2005年10月14日(金) 曇 光

 引き続き資料整理。今日は本箱に取り掛かる。まあ、よく溜め込んだものだ。
大学卒業以来32年間、一度も開いたことのない書籍も沢山ある。記念に取って
おくほどのものでもないので、基本的に古い本は捨てるという方針で、一旦本箱
から出して取り分ける。捨てる前にもう一度見てどうしても捨てきれないものだけ
例外的に残すことにしよう。

 9月17日に奈良のドリームランドであった富士フィルムの撮影会の写真中
ベストショット数点を選び、モリタカメラのご主人と相談する。結局、フラメンコから
1点、水着ポートレートから1点を選びプリントしてもらう。連続入選してくれると
うれしいところだが、今回はちょっときつい感じがする。

 午後、京都での用事を済ませ、梅田に向かう。久々の本社支部執行部の同窓
会である。M岡、F田両書記長が俺の歓送のために企画してくれた。東京からも
参加してくれる人もあり、ありがたいものである。20年の時間をタイムスリップして
夜執(夜の執行委員会)のことが、まざまざと目に浮かぶ。みんな多少年相応に
ひねた面はあるかもしれないが、中身は昔のままである。

 両書記長が当時の写真を支部事務所から借りてきてくれて、プロジェクターで
映してくれたおかげで、ますます当時の記憶が鮮明に蘇ってくる。今と時代が
違うといえば違うが、本当に組合活動ならではのチャレンジングな取り組みを
やってきたものだと思う。先代支部長のK山さん時代のメンバーも加わってい
ただき自分にとってはまさに7年間の組合役員時代を通した顔ぶれに祝ってもらい、
こんなに幸せなことはない。出席できずにメッセージを送ってくれた同士の皆さんに
も厚く御礼申し上げたい。

Photo:全員集合写真
e0083517_15185.jpg

by yellowtail5a01 | 2005-10-16 01:52 | Comments(0)