ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2007年 05月 05日 ( 1 )

2007年5月5日(土) 晴

 GW中、唯一格別のスケジュールを入れないでおいた子供の日。子供が帰ってきたら最優先で一緒に遊ぼうと思っていたが、昼になってもいずれの子供も戻ってくる気配がない。家内も出かける気配もない。自分が子供だった頃、子供達が子供だった頃、背比べをして柱に印を付けた頃が、無性に懐かしい。

 この機会に知り合いの息子さんが、芦屋で作品の展覧会をやっているというので、「ろくべえ」にて訪ねることにする。阪急芦屋川の西北であるが、道路が狭く、上り坂もきつい。こういうところでの大型バイクの取り回しには気を遣う。坂道でのUターンは、倒す確率が高いので道路の脇に駐めてあとは徒歩にて目的の会場を探す。

 閑静な住宅街の中に会場の小洒落た老人ホームを見つける。ライダーブーツをスリッパに履き替えロビーに入ると、息子さんがいた。抽象画のオンパレードである。今までに見たことないジャンルの絵画というか平面作品である。本人から丁寧な解説を聞き、だんだんその意とするところがわかってくる。

 このような芸術家として身を立てるには、なかなか大変だと思うが、和風のようで未来的な不思議な作品群なので、いつか大きく開花すればいいなと思った。コンデジを持って行ったのだがメディアの入れ忘れで撮れない。携帯で気に入った写真を撮るが、やっぱりうまく撮れなかった。以前に別の会場で展覧会をしたときのポスター写真をもらっていたので、それを引用します。

 5月13日まで山芦屋町9-18にあるアクティブライフ山芦屋という老人ホームのロビーで展示会が開催されているので、抽象画に興味のある方は一見の価値有り、かな。悠久の時の流れをイメージしているらしい。
e0083517_1472681.jpg

by yellowtail5a01 | 2007-05-05 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)