ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2008年 11月 19日 ( 1 )

2008年11月19日(水) 晴 13505歩

 急激に冷え込んできたので、今年の紅葉も加速しそうである。この寒さがいつまで続くのかにもよるが、標高の高いところはなおさらピークが過ぎそうである。昼前から仕事関係で大阪市内に出る必要があったが、今日を逃しては悔やみそうだと思い、早朝の瑞宝寺公園を狙う。

 「ろくべえ」号で船坂峠越えをするが、手袋をした指がかじかんで痛い。こんなに冷えているとは思わなかった。トンネルを使えばよかったかなとやや後悔。寒いのが問題だが、連続カーブに垣間見る景色は捨てがたい。

 着いたのは八時過ぎだったので、まだほとんどお客は来ていない。カメラを担いだ同好のおじさんが二人ほどいるのみ。あとは清掃係のおじさん、おばさん。残念ながら太陽がまだ差し込んでこないのが辛い。九時前くらいになってようやく太陽光が木のてっぺん当たり照らし出す。

e0083517_2352317.jpg
色づき加減はちょうどいい頃か。まだ緑の木もあるが、これが色づく頃には今がピークの木の葉は散り染めていそうである。

e0083517_238381.jpg立派な紅葉は多いけれど、どう切り取るかとなるといつ来ても難しいものだと思う。

e0083517_2395217.jpg
切れ込みの深い大柄なもみじ葉である。カサカサする前に散っているのはもったいない。

e0083517_2412866.jpgこの公園随一の古木のようであるが、真っ赤な葉をつけているのは立派。何モミジというのだろう。名前が書いてあればなおいいのだが。

by yellowtail5a01 | 2008-11-19 23:59 | 写真 | Comments(2)