ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年 08月 14日 ( 1 )

2017年8月14日(月) 薄曇り 

ヨット遠征に参加していれば、欠席となっていた十三歌会だが、遠征をパスしたので参加できる。お盆の最中ということで、参加者も少なめ。F先生も今日は自宅教室もおやすみだろうから、お昼ご飯にお誘いするチャンス、との情報がN氏からあった。ダメ元でお誘いしようということになる。去年の10月にもそのようなチャンスがあったが、あっさり振られた。

ゴミ出しの関係で10分ほど遅刻して十三に向かう。いつも通る176号線の交差点だが、今日は先生と親しくお話しできるかと思うと、いつもの景色が輝いて見える。
e0083517_17240406.jpg
教室に入るといつも前よりに席を取るN氏が、入口に近い後ろの席を取ってくれている。あとでわかったことだが、深慮遠謀の下にこの席を選んでくれていた。遅刻したので、ボイストレーニングは十分できなかったが、シャンソン、ロシア民謡、メキシコの歌など国際色豊かな10曲を熱唱する。

12時過ぎに会が終わり、N氏に急かされてサッサっと教室を出てビル出口に向かう。N氏の指示に従い、降りてきた先生に声を掛け、昼食を誘う。「母と姉と梅田で昼食を一緒にすることになっているので、ゴメン」という反応。ところが、十三の駅に向かう道すがら、お母さんに携帯で連絡するとお盆行事でまだ京都にいるとのことで、梅田での昼食まで時間があるとのことで、十三の駅構内のパン屋さんでご一緒することができた。

先生は、昼食会があるのでお茶だけとおっしゃっていたが、小腹こなしにパンを一つ。こちらはしっかりサンドイッチをいただく。おかげで、音楽に関するいろんなお話を聞けたり、先生の生い立ちやご家族のお話も面白おかしく聞くことができ、楽しい昼食会となった。

それもこれもご紹介いただいたN氏のお陰。今日も友達のありがたさを痛感した良き日であった。

もう一つ嬉しかったことは、去年友人からもらった月下美人。花はその日で終わってしまったが、挿し芽をできないかと調べ、赤玉土だけの鉢に葉を8枚くらい挿しておいたところ、殆どは枯れてしまったのだが、いまだ二枚だけは緑で残っている。

そのうちの一枚には、土の中から芽が出てきているのを発見。これは間違いなく根付いたに違いない。花が咲くのは何年後になるのかは不明だが、時期を見て鉢に取り上げたい。うまく行けばもう一つの葉も根付いているかもしれない。
e0083517_17243621.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-08-14 17:49 | 音楽 | Comments(0)