ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年 09月 09日 ( 1 )

2017年9月9日(土) 晴 

やっつけ仕事の予習だったが、一応昨夜に完成したつもりであったが、なかなか手ごわい記事であった。
e0083517_04422294.jpg
Hate in Americaというカバーストリーで、いろんな人が寄稿しているようである。四時間コースなので、それにふさわしい長さで選ばれたと思われるが、手ごたえのある記事であった。

英語表現もさることながら、バックグラウンドとしての米国の歴史、歴史に残っている人物、象徴的な事象、それらを描いた小説や映画。そういったことを理解できていないままこの手の記事を理解しようとするには無理があるように思われる。第二次世界大戦前には、ナチシンパの集会が盛大に行われていたようで、それが今のネオナチスに繋がっているのだろうか。アメリカはわかりにくい。
e0083517_04423174.jpg
南北戦争では北軍が勝利し、奴隷解放を進めてきたアメリカだが、白人至上主義、KKK、ネオナチス、オルトライトなど南部連合時代に憧憬を持つ少なからぬ白人がいるということのようである。トランプのAmerica first、Great Again といったスローガンがそれに符合する。

トランプアメリカがこの先どの様にこれらの国内の分断問題、経済・通商政策、喫緊の課題としての対北朝鮮を中心とした安全保障政策、ハリケーン被害を含めた環境対策など、課題山積の状況をどう乗り切っていくのか。北朝鮮の脅威を目の当たりにし、アメリカの核の傘に頼らざるを得ない我が国の今後は、大いに議論しなければならない時を迎えている。

自分が生きている間は、まあそれほど急激なパワーバランスの変化は起こらないかも知れないが、孫が成人する20年後、彼らが働き盛りの40年後、そして老年期を迎える60年後には、どのような状況になっているのか。考えるだけで心がすさむ。いいシナリオはないのだろうか。

まあ、いろいろ考えさせられた四時間の勉強会だったが、終わってからは、芦屋駅近くに新規開店した鳥貴族で二次会。14名の参加を得るのは最高記録。
e0083517_05405976.jpg
多少窮屈ながらも席を用意いただき、適度に飲んでたらふく食べて@1500円というのはありがたい。もっとも、来月にはオープニングキャンペーンが終わるので、少し高くなりそうである。
e0083517_05413076.jpg



by yellowtail5a01 | 2017-09-09 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)