ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年9月25日(月) 晴 

彼岸を過ぎて少し暑さが戻ってきた感じだが、真夏日に比べるとずいぶん過ごしやすい。昼休み散歩の海岸線でも釣り人が増え、実際に釣りあげているところを目撃。サビキ釣りでの小鯵だろうから別に珍しいわけではないが、ここで釣り上げた瞬間をレンズに収めることはまずないので、貴重な瞬間ではある。
e0083517_06183921.jpg
今日は結構いろいろなことが起こり、朝から忙しい。夕方までには予定業務を片付け、帰路につく。東二見駅に送迎車が到着するのは午後5時48分頃と決まっている。今日の夕日は日没寸前。ということは来週はもう地平線の下に沈んでいるということか。
e0083517_06184719.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-25 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月23日(日) 晴 

いいお天気に恵まれて幸いである。今日は、ヨットのマネージャの職場同僚四人を招いてのゲストセーリング。迎えるクルーは五人。ゲストはある一流商社の女性社員。20代から40代にまたがっているが、艇の平均年齢がぐっと下がる。

四人からワインを差し入れていただいたので、ハーバーを出て帆を上げて、先ずはシャンパンで乾杯。次に差し入れの赤ワインを皆で美味しくいただく。
e0083517_23365891.jpg
風はあまりないが、いいお天気なので、神戸港に向かう。ポートアイランドのガントリークレーンもほとんど休んでいる。
e0083517_23371057.jpg
係留禁止のようだが、短時間なら許されるだろうとの判断で、モザイクの南の岸壁に係留。
e0083517_23375187.jpg
海は穏やかだが、やはり揺れている。マネージャが奮闘して作ってくれたランチタイムとなる。
e0083517_23372496.jpg
腹いっぱい食べて、飲んでから帰路につくことにする。川崎重工のドック、三菱重工のドックに潜水艦が係留されている。点検か修理かはわからない。
e0083517_23382594.jpg
神戸空港の西側を大回りして、帰りは西からの追い風に乗って西宮にむかう。慣れないジェネカーを揚げて風を掴む。
e0083517_23384725.jpg
ジェネカーが膨らむとグッとステージ感が良くなる。ゲストの女性を一人づつモデルに見立てて撮影会となる。新西宮YHに帰ってくる頃には徐々に陽も傾き、銀波が美しい。
e0083517_23390883.jpg
後片付けをして、フルーツをいただいて解散となる。恒例の全員記念写真。
e0083517_23405187.jpg
折からオレンジ色の夕焼けが、秋分の日翌日のエンディングを演出。
e0083517_23392711.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-24 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年9月23日(土) 晴 

第四土曜日は恒例のダブル英語勉強会の日。タイムの方は二時間だが、なかなか骨のある記事が二つ。どちらもFeminism関連の記事。選者は長老格の女性。姿勢も言葉遣いも矍鑠として、会の仕切りとなると一層その男前度が上がる。

Glass Ceilingというのはよく聞くフレーズだが、Bronze Ceilingはタイトルを見ただけではわからなかった。アメリカには公園や道路脇に歴史上の人物のブロンズ像が多数建立されているが、そのほとんどが男性で、実在女性の像は非常に少ないらしい。

ニューヨークのセントラパークには22の銅像があるが、そのうち女性は不思議の国のアリス、シェイクスピアのジュリエット、マザーグースの三つだけで実在女性の像はゼロ。女性の銅像の比率をまずは30%にしようという運動が起こっているらしい。女性だけでなくマイノリティの銅像も増やそうとのことである。
e0083517_23360593.jpg
後半のユニーク英語の方は、北朝鮮の核兵器、弾道ミサイルの脅威に対して、我々はどう身を守るか、そのためには自分は、政府は何をすべきかという難しい話題。まあ、こんな機会でもないと頭の中を整理する機会がないので、それはそれで意義のあるディスカッションになった。

# by yellowtail5a01 | 2017-09-23 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年9月22日(金) 曇りのち雨 

娘がSOSを出しているような気がするのと、孫に会いたいのと、どちらが優勢なのかわからないが、今日は朝からお手伝いをしに行くという名目で、早朝から娘宅に向かう。生後一か月の孫娘は、寝ているとおとなしいが、泣き出すと抱っこしないと収まらない。

二歳半を過ぎた長男は、ずいぶん聞き分けもできているが、エネルギー旺盛で遊びたくて仕方がないようである。自分が行って貢献できるのは、まず元気盛りの男の子の遊び相手。気に入ってくれているようで、次から次へとおもちゃやパズルを持ってきて、遊ぼうという。

その間に、娘は洗濯や掃除を心置きなくできるようで、それなりに役に立っているようだ。孫娘がむずかり出すと、抱っこしてあやすと取りあえずは大人しくなる。それなりに感謝されているようだ。

娘は家をあけられないので、近所のジャパンに水のボトルやお茶、コーヒーのボトルをクルマで買い出しに行く。アッキーが一緒に付き合ってくれるのはいいが、必ずお菓子の要求があるので、一番欲しいもの一つを選びなさいと指示すると、ちゃんとわかって選んでくれる。

孫達と娘と一緒に過ごせるこの時間は至福の幸せな時間。来週もまた来る約束をする。敬老の日に用意してくれたカードと肩叩き券をもらって、アッキーに肩を5,6回叩いてもらう。「また来てね」との可愛い声に送られて、昼下がりに帰路につく。
e0083517_00054722.jpg
210円の高速料だけで、非常に効率的なルートを発見し、機嫌よく走っていたのだが、高速から43号線に入ると制限時速40km。わかってはいるのだが、お宮参りのことについて助手席の家内と議論しているとついついいつものアラート感を喪失。

気が付くとバックミラーに覆面パトカーがサイレンを鳴らしていた。なんでこんな高速道路並みの二車線高架道路が40km制限かと文句を言いたくなるが、26kmオーバーを突き付けられると仕方がない。反則点数3点でせっかく返り咲いたゴールド免許が三年後にまたブルーに逆戻り。

交通機動隊の若い警部に言われるまま切符を受領し、帰り道に郵便局で罰金18,000円の支払いを済ませる。午前の楽しい孫タイムが吹っ飛び、テンションダダ下がりとなる。

# by yellowtail5a01 | 2017-09-22 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年9月21日(木) 晴 

10月7日の法務部門OG・OG会に向けた最終の世話役会、ホテル側との打ち合わせを行う。なんとか会費据え置きで実現できる目処がたった。

本番まで二週間強あるので、万全の準備で臨みたいものである。散会後、飲み会もやっていたが、今日は皆さまそれぞれご都合があるようで、二次会は流れる。思ったより早くさくら夙川駅に着くと、折からの夕空。夕暮れが早くなったものだ。
e0083517_00150943.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-21 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年9月20日(水) 薄曇り 

久しぶりに何の予定も入っていない日が巡ってきた。気になっている家事、溜っている各種世話役活動の事務局ワーク、英語の予習もあるがそれはちょっと後回し。

まずは洗濯もの干しと取り入れたもののたたみ。クリーニング店への持ち込みとできたものの持ち帰り。お気に入りのスラックスのほつれがあったので、近所の修理店を探し、依頼する。1080円とは高い気がするが、家内は「無理無理」とのことなので、大枚はたいて依頼する。

寄せ植えが生い茂ってきたので、その剪定も気になっていたが一番気になっていたのは、去年の今頃友人からもらった月下美人の挿し芽。8枚挿しておいたのがどんどん枯れて、残ったのは二株のみ。鉢上げにする。根はしっかりと張っており、心強い。二株を深鉢に移植して、倒れないように朝顔用の行燈で支える。
e0083517_21404947.jpg
母がまだ兄貴宅にいて、水遣りもできた元気だったころに買ってきて植えたミヤギノハギ。立派に育って、開花の時期を迎えている。喜んでくれた母の笑顔が脳裏に蘇るが、今は思い出のみ。庭には、母の思い出がいっぱい詰まった花が今も生きている。
e0083517_21405956.jpg
各種事務局ワークも家にいると捗る。その一は、法務部門OG・OG会の準備。明日が世話役会なので、メールが飛び交う。その二は、松下同期会の復活ゴルフコンペ。迫ってきたので、組合せを決めて案内状を発送する。なんとか8名集まり幸先の良いスタートを切れそうだ。

その三は、大学クラス会の東西ゴルフ。四人だけなので気楽だが、その後の宴会の案内。ゴルフメンバー以外への案内が遅れていたので片付ける。その四は、11月初旬の小学校同窓会ゴルフと翌日の同窓会。こちらは大枠は決まっているが詰めがまだできていない。頼りになる世話役メンバーがいるので、こちらは安心感がある。

気になっていた熱帯魚水槽の水補給や破れた網戸の補修準備、なんやかんやと効率的に作業が進んだ一日に感謝。

# by yellowtail5a01 | 2017-09-20 22:01 | ひとりごと | Comments(0)
2017年9月19日(火) 薄曇り 

台風が運んできた南の熱い空気が漂っているようだ。それでも、いっときの灼熱地獄からは解放され、昼休み散歩もそこそこ快適になってきた。釣り人も賑わっている。
e0083517_00573594.jpg
沖では、乗合船が盛況。太刀魚かアジ狙いか。タコの季節は済んだものと思われる。自分としてはアオリイカかカワハギ釣なら参加したいところである。
e0083517_00572136.jpg
のどかな海上の雰囲気を味わいつつ、午後の業務に就くがさほどの緊張感はなく一日を過ごす。いいことか、よくないことか。やはり緊張感の高い日の方がいいと思われる。

帰りは、東二見から新開地までは山陽特急。新開地からは阪急特急に乗り換え。お好みの席に座り、阪急三宮に。空席争奪戦が興り、冷ややかに見ていたが、目の前に一歳児を抱えたヤングママが自分の前に立つ。

これは堪らない。隣に座っている若者たちは、全く無視の様相なのでいたたまれず、ヤンママに席を譲る。ちょっと躊躇されたが、どうぞどうぞというと素直に座ってもらえてホッとする。

見るからにいい歳をこいたジジイがヤンママに席を譲るのは、近隣の傍若無人の若者には気分の悪いことかもしれないが、自分としては目の前に子供を抱っこしたヤンママが立っている前で、平然と座っているのはどうにも我慢ならない。ついつい娘に置き換えてみてしまう自分がいるなと自覚する。

# by yellowtail5a01 | 2017-09-19 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月18日(月) 晴 

台風一過の三連休最終日。ヨットの台風対策解除及び軽く三人で近隣セーリングを企図する。しかし、台風はとうに通過したものの、15ノットくらいの南風が吹いており、無理はせず機走のデイクルージングとする。

今回の台風対策は、ハーバーのプロに依頼したもので、いつもより簡略版。自分たちでするとちょっとたいそうにやり過ぎているのかなと思う。プロの対策、ロープの処理を写真に撮って今後の参考にする。
e0083517_21065189.jpg
昨夜、珍しく日本酒を多飲し、頭が重い。しかも、台風一過とはいえ波が荒くて二日酔いに波に煽られると船酔いしそうな気分。酔い止め薬を久しぶりに飲んでおく。キャプテンは、ラットを握っていたら酔わないから握りなさい、とのことでオートパイロットも使わず、ラットを握らせてもらう。

おかげで、波の荒い中、酔うこともなく六甲アイランド沖界隈を機走で周遊する。
e0083517_21071161.jpg
前回はバッテリー上がりで外に出られなかったが、バッテリー交換も完了していて、快適なクルージングとなった。次の日曜日には、四、五人のゲストを招いてのセーリングななので、そのための準備もできて、今日は三人だけだったが集まることができてよかった。


# by yellowtail5a01 | 2017-09-18 21:10 | マリンワールド | Comments(0)
2017年9月17日(日) 曇のち雨 

今日の午後にも台風18号が近畿直撃の予報が出ていたので、今日の午後に三宮で予定していたコーラス練習会は、一昨日に中止の連絡が来ていた。昨日にヨットグループのマネージャから電話があり、芸文センターの定期演奏会のチケットが台風のために一枚空きができたんだけどいかが、とのお誘いをいただいた。

日曜日の予定がフリーになっていたので、もちろん二つ返事でOKさせてもらう。
e0083517_01095754.jpg
全く初めてのジャンルの「トゥーランガリラ交響曲」という壮大な曲。オンド・マルトノという初めて観る楽器をフィーチャーした現代音楽で、度肝を抜かれた感じである。
e0083517_01101157.jpg
約80分間で10楽章ぶっ通しの演奏で、終わった後は拍手喝采だが、なんか不思議な気分は否めない。良かったかどうかと評価を問われるとどう答えていいのか何とも言えないが、全く新しい交響曲のジャンルを体感できたのは、貴重な機会であった。

キャプテンの顔で、終演後一緒に楽屋に佐渡さんを訪ね、握手する機会を得たのは嬉しい限りである。一緒に行ったメンバーと佐渡ファミリーとの記念写真も撮らせていただき、台風18号のおかげで、まさにタナボタの一日であった。
e0083517_01104060.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-17 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年9月16日(土) 雨 

前々から画策していた旧国際契約部のOB会。自分の松下キャリアの原点のメンバーである。個々にはそれぞれ接点があり、定年後も会う機会があるが、その中核的存在のW尾氏とは約20年振り。80才の大台を越えられているが、お元気な姿を目の当たりにしてホッとする。結婚式では仲人をお願いしたものだ。

京橋の中華料理店でランチを共にし、昔話に花が咲いた。来年も参加者を広げて実現したいものである。
e0083517_02442753.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-16 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年9月15日(金) 晴

台風が西から接近してきているが、雨は土曜から、嵐は日曜日となっているので、安心して産機の研究所のOB会コンペに参加を決意。胸の痛みは徐々に良くなっては来ているが、ドライバーもアイアンも思い切り振ろうとすると胸筋に違和感がある。

ドクターからも「かえって力まずにいい結果がでるかも」と勇気づけられていたので、それを信じて恐る恐る回ることにする。幸いパターには全く影響はないようである。
e0083517_10333137.jpg
確かにドライバーは、振り回せない分、安定感があったような気がする。もっともドラコンホールではそれでも力んだようで、ボールは左OBに消えた。苦労したのはフェアウェイウッドとパター。

アプローチは、ミスも何度かあったがきっちり寄る場面があった。しかし、パターが最悪。1メート強のバーディチャンスも逃してしまう。胸の痛みが原因で大叩きしたと言い訳にしておいたが、内容からみると大叩きの原因は別のところにあったのかも知れない。

前回の8月頭には今年初めての80台をマークして気分良かったが、今回は106の元の木阿弥。15しかもらっていないハンディでは、ブービーもとれずBBメーカーで終わる。10月から11月にかけて、楽しみの同窓会ゴルフが続くので、調子も上げていきたいところである。

# by yellowtail5a01 | 2017-09-15 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年9月14日(木) 晴 

出産後退院してからというもの、嫁ぎ先実家でお世話になっていたので、訪問は遠慮していたが、思ったより早く自分たちの家に戻ったようだ。お義母さんもアッキーの時と比べ、疲れが出るのかも知れない。

肝心の朱理ちゃんは寝てばかりで、あやしようもなく、せいぜい泣いたときに抱っこしてあげれる程度である。抱っこすると泣き止む。まあ、楽しみはこれからに取っておこう。
e0083517_00151157.jpg
アッキーは七月末にエキスポタウンに一緒に行ったことが印象的だったらしく、よくなついてくれる。妹ができて、ママのアテンションが妹に向かっている時間が多くなったのが気になっているのか、ママへの甘えも以前より強くなった気がする。

ジィジに対する接し方も少し変化があるような気がした。自分の方に注目してほしいというオーラを感じる。人間とはまさに三つ子の頃から社会的存在だと思われる。近所のスーパーに一緒にお買い物に行ったり、パズルをしたり、さんざん遊び倒して昼下がりには、静かになる。
e0083517_00151921.jpg
一番心配なのは、娘。一人で両方を同時に相手するのは大変なようだ。朱理ちゃんは泣き出したら待ったなしだし、アッキーはアッキーで今までと同じように、あれして、これしてと要求を突き付けてくるとのこと。

ここはジィジの出番か。毎日は無理だが、暇な日も少しは増えてきたので、できることがあれば役に立とうと思う。

# by yellowtail5a01 | 2017-09-14 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年9月13日(水) 晴 

先週に続き、水曜日の東京出張。少し涼しくなってきたので余裕があれば、信州に一泊でもして初秋を感じて帰りたいところだが、明日は久しぶりの孫娘対面の日。相変わらずの日帰りとなる。

いつも通り新横浜から横浜線に乗り換え、八王子から中央線で新宿方面に一駅、正午に豊田駅に着く。通い出した数年前は、駅前にはマクドとか吉野家のようなファーストフード店しかなかったので、八王子で途中下車して、駅ビルや少し離れた人気店を探して昼食をいただいたものだが、数年前からイオンモールができてからは、もっぱらそのフードコートのお世話になっている。

午前中に産機時代の同志だったM氏が講義をしているので、一緒に昼食をいただくという選択肢もあったが、七月に会ったときにフードコートでご一緒したが、お互い時間的に忙しないので、今日はパスして、一人でそそくさといただく。
e0083517_00203672.jpg
この手のフードコートは、最近のモールでよく見かけるが、ここのはなかなかレベルが高いと思う。少なくともエキスポシティのと比べると大きさではともかく質的には断然優れていると思う。

もっとも今日はフードコートはやめて長崎ちゃんぽんのリンガーハットの通常店にする。先月来たときに冷製チャンポンを頼んで、結構良かったので、今日はキクラゲチャンポンのスモールをいただく。
e0083517_00202308.jpg
スープの味が抜群で、お値段は約600円。量的にもちょうどいい軽い目の昼食となる。結局M氏とはフードコートですれ違った結果になったことを営業担当者から聞いた。後で電話をして事情を説明しておく。また、ゆとりのある時にご一緒したいものである。

営業担当者の話によると、「今日はクライアント社の研修責任者である部長が聴講されると思いますのでよろしくお願いします。」とのこと。以前にも何度か聴講され、鋭い質問が飛んできたり、研修内容にも注文が多い部長さんなので気が抜けない。

結果的にはご挨拶をしてしばらく聴講されていたがすぐに退室されたので、信頼いただいているのだろうと解釈する。まあ、その部長さんのチェックに耐えて、永らくリピート注文をいただいているので、ありがたいことである。

熱心な受講生二人ともほぼ期待した通りのやり取りをできて、今日も無事終えることができた。丸一日仕事で報酬額を考えるとボランティアとは言わないが、時給計算すると物足りない面もあるが、毎回前途ある若い人と緊張感をもって交流できる機会は貴重である。

帰りの車窓は秋が深まり、富士山を仰ぐ新富士駅辺りはもう夕暮れ時。
e0083517_00205040.jpg
午前は曇っていたが、夕刻はスッキリ晴れて富士山撮影もできた。
e0083517_00210798.jpg
静岡県西部にかかる頃には空は茜色。十分秋の空を感じることができる。
e0083517_00214272.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-13 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月12日(火) 雨のち曇りのち晴 

気に入っている十三歌会のある第二週は、火曜日出勤に振り替えて久しい。今日は朝から雷雨が暴れているらしい。長い路線が繋がっているJRは遅れる可能性大。しかもこんな日に限ってJR通勤となる。

いつもの阪急・山陽で行けばいいものだが、たまたま先週の東京出張時の乗車券がさくら夙川から明石までの分が残っているのと、明日の東京出張の乗車券が明石からにしているので、今日は往復ともJRでさくら夙川―明石間が只で乗れる。いつものコースと金額差にして700円位のものだが、ここは節約。

滋賀方面から来る新快速が駄々遅れということで、芦屋から明石までの快速電車は満員の中立ちっぱなし。豪雨の朝ということでまんが悪かった。

東二見に着くころには、雨もすっかり上がる。昼休みも雨の兆しはなく散歩に行ける。いつになく鳥たちのざわめきが目につく。上空を飛んでいるのは鳩の群れか。
e0083517_00045643.jpg
海の上では、カモメやウミウが低空飛行している。きっと、水面下にイワシがいるのだろう。
e0083517_00051091.jpg
そんなわけで、今日は鳥の写真シリーズとなった。使い古しのRICOH CX-5 で飛ぶ鳥を写せるのはありがたい。
e0083517_00052536.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-12 23:59 | 写真 | Comments(0)
2017年9月11日(月) 薄曇りのち小雨 

月に一度の十三での歌の練習会。今日のF先生は、いつも以上に気合が入っているようで、結構高い音程を含む情熱的な歌で攻められるので、結構疲れる。若い(?)自分でも疲れるので、80代、90代の参加者の皆さんは大変だろうと思うが、皆さんお元気。

八月は、相棒のN氏と二人だけだったので画策を講じてF先生を喫茶店に拉致することに成功したが、今日は六人が揃ったので一緒にお喋りランチタイムとなる。サンマのコンフィ定食。コーヒー付きで1000円でお釣りがくるのはありがたい。

朝のニュースワイドショーの「あさチャン」でやっていたバズグルメという究極の手抜き料理。その一つに、みたらし団子の豚バラ肉巻というのがあった。十三といえば喜八洲総本舗。キンツバと酒蒸し饅頭、みたらし団子等で有名老舗。4本買って帰ることにする。その場で炙って甘辛いタレを絡ませて一本90円。

夜に試してみると、確かに超簡単。味付けの加減を考える必要がないのがいい。フライパンの上で焼くだけ。油もいらないし、串を摘かめるのでトングも菜箸も不要。テレビ出演者が絶賛していたほど感動的な味かどうかはわからないが、調理時間(5分)、コスパ(@\150)は素晴らしい。
e0083517_01231008.jpg
バズグルメというのは、投稿に対して多くのイイネがつくSNS用語らしい。他にも超簡単フレンチトースト、丸ごとタマネギ、無限キャベツも紹介していたので、また試してみたい。ご関心のある方は、このURLからレシピを見られると思います。

もう一つの料理は、面倒くさい調理だが、昨日エビスタの阪神百貨店で安くゲットしたアワビでお刺身。小ぶりだがお刺身用。こちらは塩もみから貝殻外し、肝の処理、身の飾り切りと道具も必要だが、これはこれで楽しい。ま、サザエの刺身に比べるとまだ簡単である。
e0083517_01232306.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-11 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年9月10日(日) 晴 

今年は家内の不調、負傷もあり、夏のヨット遠征には全く参加できなかった。久しぶりにクルー四人で短時間セーリングの計画がまとまり、9時半に阪神西宮に集合。

出航準備も整え、さぁエンジン始動というところで、ずっこける。エンジンがかからない。いろいろ計器を調べるとエンジン用のバッテリーが上がっているようだ。もう7年も経過して、これまで交換していなかった上、このところ一ヶ月弱放置していたので上がってしまったのであろう。

バイクなら押し掛けやキックスターターで何とかなるが、ヨットはどうにもならない。出航は諦め、ポンツーンで海風を感じながらの酒盛りとなった。海風とは言え蒸し暑いので、クラブハウスに移動して涼しいところで飲食をしようという案もあったのだが、珍しい光景を目撃してしまう。

洋上では時々お目にかかる海上保安庁の船がハーバー内まで入ってきた。緑の外洋艇が追いかけられてきたようである。顛末を観察すべく遠くからウォッチする。
e0083517_22543454.jpg
キャプテン得意の推理によると、密輸容疑で追いかけてきたのに違いないということになるが、停止命令を無視したために追いかけられてきたのかはわからない。海保の職員が数名降りて来て、押し問答しているようである。これが気になり、双眼鏡で様子を伺いながらの酒盛りとなる。
e0083517_22544947.jpg
一時間以上たっても収まる様子はないので、マネージャと二人でP5ポンツーンの現場まで様子を見に行くことにした。立ち止まって聞き耳を立てるわけにはいかないので、通行人を装って聞き耳を立てる。断片的な聞き取りによると、船舶登録か所有者との関係、免許の関係か。「警察には・・・」という声も聞こえてきたので、それなりの取締り対象なのであろう。
e0083517_22550313.jpg
結局よくわからないままCarat艇に戻る。とうにお昼を過ぎてランチタイム。艇が動いているか動いていないという差異はあるが、スパークリング、ビール、ウィスキーを飲みながらダベリングということでは、大同小異。ご近所のオーナーさんとの談笑も交え、午後三時頃には解散。

ハーバー前の公園は昼下がりを楽しむ家族連れがのどかに見える。
e0083517_22590437.jpg
テント持参のカップルが膝枕。これはわけはなく羨ましい。
e0083517_22553143.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-10 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年9月9日(土) 晴 

やっつけ仕事の予習だったが、一応昨夜に完成したつもりであったが、なかなか手ごわい記事であった。
e0083517_04422294.jpg
Hate in Americaというカバーストリーで、いろんな人が寄稿しているようである。四時間コースなので、それにふさわしい長さで選ばれたと思われるが、手ごたえのある記事であった。

英語表現もさることながら、バックグラウンドとしての米国の歴史、歴史に残っている人物、象徴的な事象、それらを描いた小説や映画。そういったことを理解できていないままこの手の記事を理解しようとするには無理があるように思われる。第二次世界大戦前には、ナチシンパの集会が盛大に行われていたようで、それが今のネオナチスに繋がっているのだろうか。アメリカはわかりにくい。
e0083517_04423174.jpg
南北戦争では北軍が勝利し、奴隷解放を進めてきたアメリカだが、白人至上主義、KKK、ネオナチス、オルトライトなど南部連合時代に憧憬を持つ少なからぬ白人がいるということのようである。トランプのAmerica first、Great Again といったスローガンがそれに符合する。

トランプアメリカがこの先どの様にこれらの国内の分断問題、経済・通商政策、喫緊の課題としての対北朝鮮を中心とした安全保障政策、ハリケーン被害を含めた環境対策など、課題山積の状況をどう乗り切っていくのか。北朝鮮の脅威を目の当たりにし、アメリカの核の傘に頼らざるを得ない我が国の今後は、大いに議論しなければならない時を迎えている。

自分が生きている間は、まあそれほど急激なパワーバランスの変化は起こらないかも知れないが、孫が成人する20年後、彼らが働き盛りの40年後、そして老年期を迎える60年後には、どのような状況になっているのか。考えるだけで心がすさむ。いいシナリオはないのだろうか。

まあ、いろいろ考えさせられた四時間の勉強会だったが、終わってからは、芦屋駅近くに新規開店した鳥貴族で二次会。14名の参加を得るのは最高記録。
e0083517_05405976.jpg
多少窮屈ながらも席を用意いただき、適度に飲んでたらふく食べて@1500円というのはありがたい。もっとも、来月にはオープニングキャンペーンが終わるので、少し高くなりそうである。
e0083517_05413076.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-09-09 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年9月8日(金)晴 

前回の公開講座は、確か一月末。寒い頃だったと記憶している。無料の公開講座の案内をもらったのは七月頃か。明日の英語の予習が遅れているので、公開講座はパスしようかなという思いも脳裏を掠めるが、ドタキャンはよくないなと思いなおし、六甲台に向かう。

テーマは難しそうで、「計算社会科学からの挑戦」というタイトル。面白くなければ途中で退席しようと思っていたが、要はSNSが社会にもたらす影響の研究会の発表であった。
e0083517_03432767.jpg
聴衆は、一部の学者や企業勤めの関係者、学生さんもいるようだが、大半は老人集団。FBやツイッター、ライン、インスタグラムと言われても自分も一応は使っているが、不慣れな世界。全く縁のない方も多かったのではと案じられる。
e0083517_03442850.jpg
どこまで役に立つ情報を得られたかわからないが、SNSの普及により社会が、人間関係が大きく変化していることはよくわかった。また、検閲や校正のない情報発信で、フェイク・ニュースがネット空間に溢れており、読む側がしっかりした基準を維持しないと混乱させられそうだ。
e0083517_03442068.jpg
それにつけても、発表者は皆さん若い。コーディネータ役の神戸大学経済経営研究所所長にしても50歳に行くか行かないかというところのイメージ。他のパネリストはもっと若い。早口で喋る若手研究者の発表を聴いていると、頼もしくもあり、頼りなくもあり。しかし、自分に同じような研究ができるかと考えると、ここはリスペクトせざるを得ない。

往きは昔懐かしい36系統のバスで正門まで行ったが、帰りは下りなので、ぶらぶら歩いて帰ることにする。正門横にできた新しい学生会館みたいなビルから望む大阪湾の景色はいい。神戸製鋼所の巨大煙突と関空タワーが重なる。今日は空気の透明感が抜群。
e0083517_03444363.jpg

教養時代に皆でよく一緒に帰った懐かしの径を下る。よく覚えていないが、道は50年前とほとんど変わっていない気がする。誰とどんな話をしながら駅に向かっていたのか。記憶は定かではないが、グループの顔ぶれは大体決まっていた。まさに緩やかなタイムスリップを味わうことができた気分。

e0083517_03451645.jpg


# by yellowtail5a01 | 2017-09-08 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)
2107年9月7日(木) 雨のち曇

胸の疼きが治っていれば、バトルゴルフに出走する予定だったが、まだ痛いし、こんな状態でバトルに臨めばどんな損害が出るかわからない。仲間の了承を得て落馬させてもらう。でも、この雨のなか皆さんは戦うことができたのだろうかと、ちょっと気になる。

午後は、葺合のコミスタ神戸で松愛会支部の合唱クラブの練習会。ちょうど近いので、その前に、この前空振りとなった兵庫県立美術館での「怖い絵」の展覧会に向かう。
e0083517_02025369.jpg
時間がそれほど取れないので、駆け足鑑賞となるが、相変わらず混んでいてそれほど早く動けない。それと解説がないと楽しめそうもないので、音声ガイドが必須と思い借りに行くと、ここはチケット売り場以上の長蛇の列。
e0083517_01380296.jpg
ようやくガイドをゲットして回り始める。完全に欧州の世界。底流にはギリシャ神話や旧約聖書の宗教観に基づく欧州の文化が流れているを痛感する。戯曲や文学にでてくる固有名詞は聞いたことがあっても、その内容に自分がいかに無知であることを思い知らされたというのが、率直な感想。

しかし、展覧会としては十分楽しませてもらった。印象的な絵画も沢山あった。やはり珠玉はポスターになっている「レディジェーングレイの処刑」であろう。まずその大きさに圧倒され、細部までの精緻な表現に圧倒された。しかも、16歳の若さで政争の狭間で処刑された彼女の物語に胸が痛む。
e0083517_01383791.jpg
他にもたくさんの怖くて魅力的な絵が沢山あった。ビールとジンの対比を描いた絵も目玉の一つなのであろう。幸せなビール党。
e0083517_01382619.jpg
そしてもう一つは、地獄模様のジン党。ジン好きの自分としては複雑な心境である。
e0083517_01381436.jpg
なんとか二時過ぎに一通り見終わり、合唱練習会場に向かう。美術館からコミスタ神戸は歩けば30分はかかりそうだが、タクシーならワンメーター少々。余裕で到着する。

新春懇親会での発表課題曲の「この街で」に注力する。なかなかハーモニーが響きあうというところまでには至らないが、いい曲なので来春までには何とかなりそうな気がする。

久しぶりに懇親会にも参加して、ほろ酔い気分で帰ってくる。


# by yellowtail5a01 | 2017-09-07 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)
2017年9月6日(水) 曇~小雨 

通いなれた大崎のクライアント会社に日帰り出張。まだ胸の疼きもあるし、夏場の疲れもあり、なかなか前後の予定を入れる気力が湧いて来ない。早くとんぼ返りしても何もいいこともない今日この頃だが、まっすぐ帰ることにする。

春には美しい大崎辺りの目黒川沿いの桜並木だが、早くも黄色い葉が混じり、秋の到来を予感する。
e0083517_01264641.jpg
ゲイトシティ大崎もなんか懐かしい拠点になってきた。四季の大崎を味わいたいものである。
e0083517_01265579.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-06 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月5日(火) 曇 

兵庫県立美術館でやっている怖い絵の評判がいいようである。アクセスが少し悪いので、昼下がりにバイクで訪ねてみる。なんとしたことか、チケット売り場に長蛇の行列ができている。この分では館内も相当な混雑と察せられ、今日は諦めることにする。
e0083517_01095874.jpg
18日までなので、最終日が近づくとますます混雑しそうだ。それまでに何とか観ておきたい。まあ、今日は久しぶりにバイクのエンジンを回して、バッテリーの充電もたっぷりできたので良しとしよう。
e0083517_01101446.jpg
夕食は、最近凝っているラーメン。今日は東洋水産のマルちゃんラーメン醤油味。インスタントでも、トッピングにこだわるとそれなりに美味しいラーメンとなる。
e0083517_01104880.jpg
ラーメンだけでは物足りないので、手羽先のカレー風味を作る。芦屋でいつもお世話になっているまさやの手羽先焼きが美味しかったが、カレー味がなくなって久しい。なら、自分で再現しようと思う。結果は75点。もう少し研究の余地がありそうだ。
e0083517_01105850.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-05 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)
2017年9月4日(月) 晴 

爽やかなお天気で、掛川のゴルフはさぞ快適だったと思われるが、悔やんでも仕方ない。体調を戻すことが最優先である。明日に予定していた出勤日を元に戻し、今日は南二見出勤。

このところ蒸し暑くて、昼休みの海岸散歩も敬遠していたが、今日は爽やかな風が戻り、空気の透明感も秋を思わせる。このところほとんど見えなかった小豆島もかなりはっきり見えるようだ。寒霞渓を抱く最高峰星ヶ城山も確認できる。
e0083517_04035628.jpg
最近、夏バテという訳でもないのであろうが、何となく体が重い。ネットでいろいろ見ていると、イミダペプチドという物質が体力回復に役立つとのこと。何千キロも飛んでいく渡り鳥の元気の元らしい。鳥の胸肉に多く含まれているとのこと。

ということで、今日の夕食は久しぶりの鳥料理とする。胸肉というと少しパサパサした感じがあるが、それを補うレシピがあったので、それに従う。
e0083517_04042063.jpg
このところ肉料理といえば牛肉が主体で、たまに豚肉をいただくくらいで、鶏肉はとんとご無沙汰であった。今後はバランスを取った肉食に鶏肉も加えて行こうと思う。
e0083517_04043029.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-04 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月3日(日) 晴

本来なら昼下がりに新幹線で掛川に向かい、高校の同窓での年に一度の東西ジョイントコンペに出る予定だったが、先月中旬からの胸の痛みが取れず、とてもクラブを振れる状態ではなく、あえなく断念。

近所のホームドクターからも同窓の院長先生からも、「日にち薬しかないな」と言われる。半月経っても疼きが減らなかったが、ここに来てようやく痛みが減ってきた。大きなくしゃみをすると、まだズキンと響くが、ちょっとした咳では痛みを感じなくなってきた。

お陰でゆったりした日曜日の午後を過ごす。昨日、高槻からの帰り道に寄ったパルヤマトで、購入したシチュー肉をタマネギと赤ワインに一晩漬けておいたので、時間をかけてビーフシチューに仕立てる。
e0083517_19351995.jpg
肉はある程度柔らかくなったが、とろっとろというところまではいかない。やはり圧力釜に頼らないといけないのか。

# by yellowtail5a01 | 2017-09-03 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2017年9月2日(土) 晴 

二週間ぶりの家内の通院日とあり、午前7時40分に家を出て高槻の病院に向かう。途中結構混んでいたが、予約時刻の9時に余裕で到着。裏道を覚えてから時間を読めるようになったのが大きい。

夕方は、甲子園のアートスペース萌芽での絵画展とコンサートのコラボ。英語仲間の音楽好き友人二人に付き合ってもらい、コンサート前のダベリング会と萌芽タイムに付き合っていただく。

当初待ち合わせは西宮北口駅構内の広場だったが、ダベリング会場の席確保が大切ということで、KさんがHERBSに早く行って並んでくださるとのこと。待ち合わせ予定場所はミストが放たれなんとなく涼しい感じ。
e0083517_00483969.jpg

集合時刻午後4時前にHERBSに行って、Kさんがどのテーブルに座っているかを探すために店内に入ろうとすると、聞きなれたトーンの声で名前を呼ばれる。まだ、着席できずに列に並んでいるKさんを発見。

とても席を立つグループが見当たらないので、もう一つの喫茶店の丸福コーヒーに変更することにする。それでもそこそこ待たされるがN氏も現れ、話が弾む。一時間強だべった後は、甲子園口の萌芽に向かう。

大谷記念館で開催のボローニャ絵本原画展の共催で、アートスペース萌芽も原画展を開催中。原画と音楽コラボとパーティのイベントが始まる。
e0083517_00485523.jpg
出品者の一人、乾氏の絵画をバックに彼のバンドがビートルズのナンバーを演奏。
e0083517_00484732.jpg
その後は、正統派のクラシックトリオ。初めて聞く曲あり、聞きなれた曲有りの多彩なコンサートとなる。
e0083517_00491017.jpg
印象的だったのは、やはり聞きなれている曲。リベルタンゴと亡き王女のためのパバーヌが良かった。
e0083517_00490295.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-02 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年9月1日(金) 晴 

今日はインプットの日。国際仲裁に関する無料セミナーがあったので、午後から堺筋本町に向かう。会場の産業創造館には何年か前に来たことを、ビル正面の象徴的なモニュメントを観て思い出す。
e0083517_01000454.jpg
セミナーの内容は、実に単調で講師が文字ばかりのパワーポイントで淡々としゃべるだけなのだが、皆さん真剣に二時間半集中している。やはり、これはコンテンツが優れているからなのであろう。
e0083517_01001464.jpg
久しぶりに勉強をした気になって、家路につく。阪急梅田で立ち飲みのプレモルに寄って気持ちよく帰る。夙川に着くと西の空は一面のうろこ雲。このまま秋のモードに入ってくればいいのだが、まだ暑さはぶり返すことであろう。
e0083517_01004207.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-09-01 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月31日(木) 晴 

何はともあれ、ワールドカップの切符を手に入れることができヤレヤレ。今夜は日本中が盛り上がったことであろう。
e0083517_00182179.jpg
それはそれでめでたいことであるが、個人的にはいつゴルフを再開できるかが大いなる課題。九月頭の二つのコンペは、落馬連絡したが、翌週のバトルゴルフへの返答もギリギリの時期となった。果たしてクラブを振れるのかどうかわからないので、アコーディア甲子園に行って、恐る恐る振ってみることにする。
e0083517_00183487.jpg
振ることは振れるが、力が入らないのが頼りない。100球も打てなかったが、徐々に胸筋に痛みを覚え、ここは無理するとこではないと自覚。その次は九月中旬のコンペだが、それまでに回復できるかどうか。十月には、大事なラウンドが予定されているので、それまでには完治したい。
e0083517_00191045.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-31 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
2017年8月30日(水) 晴 

愈々八月も大詰め。息子はずっと寝ていて夕方に京都に向かう。しばしの対面だったが、元気に過ごしてくれていれば、それが何より。次に帰ってくるのはえべっさんの頃になるのであろう。

息子を送り出して、近所のドラッグストアに向かう。歯磨きがきれていたので、その調達が目的。途中、西田山公園を通ると親子のくつろぎの姿が見える。
e0083517_00222545.jpg
早くアッキーとあかりと一緒にこの公園で遊びたいものである。ドラッグストアの帰りに、電線が光っているのが目に着く。
e0083517_00232559.jpg
電線がこんなにに白いものとは知らなかった。光のなせる技か。再度西田山公園を通りかかるとバギーを押しているヤングママ。娘のイメージがオーバーラップする。
e0083517_00240074.jpg
夕飯は、マーボーナスと昨日に作った大根ホタテ、イカ大根、それにCOOPで太巻き寿司を組み合わせて簡単メニュー。マーボーナスはクックドゥの方が味がいいことが分かった。

10月末の土曜日に三宮北野坂ソネでの北浪良佳さんのライブに行くことが決まったので、予約がてらソネに向かうことにする。今晩は永年応援しているボーカリストの一人、阪井楊子ちゃんのユニット。
e0083517_00251058.jpg
京都のU氏が来ているかと探すが今日はいないようだ。
e0083517_00263086.jpg
楊子ちゃんといえば、So in love。3rdステージのトップで聴くことができた。やっぱりこれはいい。
e0083517_00254198.jpg
北野坂界隈もしばらく来ないと景観が変わっているところもある。新しいビルができているが、どうもシニアの自分には縁がなさそうなビルである。
e0083517_00243654.jpg
家に帰ってニュース番組を録画でみると、イギリスのメイ首相が初来日。
e0083517_00270453.jpg
EU離脱後にどのような日英関係を結んでいくのか。日本人のメンタリティとして、イギリスに対するリスペクトの感情は変わっていない気がする。
e0083517_00273479.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-30 23:59 | 音楽 | Comments(2)
2017年8月29日(火) 晴 

襟裳岬通過ミサイル騒動で朝からニュース番組は、持ちっきりだが同じ情報ばかり何度も聞かされるのは苦痛である。CNNやBBCではどのように扱われているのかが気になる。CNNはテキサス沿岸部の台風被害情報ばかりで、見た限りではミサイル情報ゼロ。BBCは若干触れるが瞬間で詳細レポートはない。

まあ、そんなものであろう。日本のメディアも国内で豪雨被害があれば、それに掛かりきりになり、中東やアフリカで大変なことが起こってもほとんど無視。頭の上をミサイルが通過したというだけでは、殆どニュース価値はないのかも知れない。

今日は、広島で勤めている息子が夏休みで関西に帰ってくるというので、気合を入れて料理を担当。母の葬儀以来半年ぶりである。ポテトサラダは昨日に作っておいたが、メインを何するか。好物は牛肉なので、冬場なら間違いなくすき焼きだが、夏場なので暑苦しい。

ステーキも候補に上がったが、ミディアムレアにしてもO-157が心配されるこの時期、ポテサラとの組み合わせはいかがなものかと思われ、パス。手ごろな牛肉炒め(洒落た言い方をすればソテー、我が家では「ひきずり」で定着している。)がいいかなと思う。

近くのCOOPではいい肉は手に入らないので、パルヤマトに出向く。ここならかなりいい肉を、かなりリーズナブルな価格でゲットすることができる。息子の大好物の大根ホタテマヨネーズ和え、イカ大根の炊いたんもバタバタと準備する。

結婚の可能性は相変わらず皆無のようだが、元気で働いて、休みには京都のサーフィン仲間との再会を楽しんでいるようで、それはそれで良しとしたい。久しぶりに会ったので、熱帯魚水槽のメンテについて指南をしてもらう。このジャンルでは完全に師匠である。

パルヤマトで揃わなかった小物を買いに、夕方にCOOPに行く。玄関先のハゲイトウもしっかり定着してきたようである。
e0083517_04204462.jpg
西の空もどんよりとはしているが、このところ夕焼けがそれなりに美しい。
e0083517_04203470.jpg
おまけに上弦の月が南の空に。
e0083517_04201644.jpg




# by yellowtail5a01 | 2017-08-29 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年8月28日(月) 薄曇り 

朝夕は少し暑さの質が変わってきたかと思いきや、やはり真昼の空気は暑い。週一勤務となると太陽の傾きの変化が大きいと感じる。

今日の帰り、東二見駅で特急待ちをしているときに、胸の疼きの相談をするために、このところお世話になっているM病院のY院長に電話相談する。症状をざっくばらんに説明すると、「それは日にち薬しかないな」とのこと。「痛いんならゴルフは控えておいた方がいいけど、そんなときにいいスコアが出ることもある。力まないからね。」との助言。

ずいぶん気が楽になった。すでにキャンセルした二つのコンペは見送るとして、その次のバトルラウンドをどうするかである。特急がホームに入ってきたが、電話しながら乗車するわけにもいかないので、三分後の普通に乗る。発車の頃には用件は終わり、滅多に乗らない山陽電車の普通に乗る。

明石で特急に乗り換え。ホームで待っていると阪神電車の特急車両がやってきた。日頃は見かけない風景なのでレンズに収める。
e0083517_00532073.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-28 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月27日(日) 晴 

晴れ渡っていて嬉しい。しかも、先週までのうだるような暑さはいくぶん影を潜め、朝夕はいくばくかは心地よい暑さとなってきた。昨日の土曜日はいろんなイベントがかち合ってしまった。

一つは高校の同窓会総会。100回記念総会とあって同学年の皆さんがたくさん集まる予定で、関東からの参加者も少なからずいるようだ。

もう一つは、小学校同窓会関東分会の暑気払い会。金曜日に東京にいたので一泊して顔を出すことも考えたが、こちらはまた秋に三年振りの同窓会で会えるのでその時のお楽しみにとっておく。

やはり、今年は会長役を引き受けているタイムを読む会、それとユニーク英語勉強会とその暑気払い会を他のインフォーマル行事でパスするのは、いかがなものかと心の声が囁いた。

高校の掲示板を見に行くと、案の定写真入りで概要報告がなされていた。正確な参加者名簿や同期記念写真のようなものがなかったのが残念だが、そのうちにスナップ写真でもアップされたら顔ぶれがわかるであろう。

最近ご無沙汰だった高校同期の掲示板だったが、記事を少し遡ると中学時代同じクラスだった友人が、自宅の樹木の剪定中に脚立から落下し、ヘリで搬送されるという重傷を負ったとのこと。木地師として30年余丹波の方で活動しているというのは噂では聞いていた。

今回の負傷のため、制作活動への復帰は絶望的とのことで、工房に残っていた作品を集めて、芦屋で最後の作品展示会をするとの書き込みがあった。明日までとのことなので、時間が自由になる今日中にと慌てて芦屋に向かった。
e0083517_22324306.jpg
ギャラリーに着くと、奥様とお嬢さん、そして三田の木器というところで窯元をされているお兄さんが迎えてくださる。お仲間も何人か談笑しておられたが、自己紹介をして輪に入らせていただく。ご家族にはお気の毒でお掛けする言葉も見つからないが、記念に作品を一つ譲っていただくことにする。木彫りのお椀である。
e0083517_22320385.jpg
九月上旬には、高校同窓会の東西ジョイントゴルフコンペがあり、参加予定していたが、お盆に負傷した胸の骨と筋肉の痛みが未だに完全には引かず、咳をしたり、くしゃみをすると相当痛む。この状態ではクラブを振れそうもないので、幹事さんには落馬連絡をした。

そのすぐ後のもう一つの月例コンペも、落馬連絡をする。いつになれば、この胸の疼きは取れるのであろうか。もっとエモーショナルな胸の疼きであれば、甘んじて受け入れたいが、ただただフィジカルなこの疼きは、一刻も早く決別したいものである。




# by yellowtail5a01 | 2017-08-27 23:59 | ひとりごと | Comments(0)