ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:マリンワールド( 269 )

2017年11月12日(日) 晴 

確か前回乗ったのは九月だったか。マネージャの職場後輩女子が四人ゲストで華やいだセーリングとなったのを記憶する。その後はOB/OG会や各種の同窓会・OB会が集中し、ヨットには行けなかった。

もっとも台風が連続でやってきてセーリングどころではなかった模様である。皆さんもひと月振りとのこと。まずは台風対策で補強していたロープ類の解除、畳み込んでおいたドジャー(風防)やビミニトップ(パラソル)を付けなおさないといけない。

艇は全く無事だったが、対策が不十分だった艇は帆がボロボロに破けたり、係留ロープが切れて損傷を受けたのもあったらしい。当艇も揺られて冷蔵庫の中がひっくり返っていたようで、いったんは開いたが二度目は引っかかってドアが開かなくなった。

少しだけ見学というHさんがアナゴのお土産を持ってきてくださり、そのアナゴを冷蔵庫に入れた後、ロックしてしまったので大騒動となる。Hさんは、見学だけということだったが、せっかくなので最短コースを機走でぐるっと回って初体験をしていただく。

Hさんをお見送りをした後、沖に向かうが、揺れる艇内キャビンでは作業も捗らず、今日は対策解除とあとはアナゴ酒盛りということになる。
e0083517_03214136.jpg
誠に立派な肉厚のアナゴ。日本酒が合いそうだが、今日は午後にコーラス練習が控えているので、日本酒は諦めスパークリングワインを少しいただくに留める。

一時半頃には解散となり、慌てることなく三宮に向かう。このところボイトレ指導者の先生がお休みなので、自主練習が続いている。新春懇親会が近づいてきたが、「この街で」と「芭蕉風」は大分仕上がってきた。

グループのテーマソングにしようと毎回取り組んでいる「デカンショ節」の仕上がりがなかなかである。



by yellowtail5a01 | 2017-11-12 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年10月10日(火) 曇 

三連休明けの出勤日。お天気はパッとしないし肌寒い。しかも朝からJR須磨駅で人身事故とのことでJRは大混乱。幸い阪急・山陽電車は、振り替え輸送で大混雑ではあるが、遅れることもなく会社に着く。JR組は軒並み遅い目の出勤となる。

昼間の業務は忙しすぎもせず、暇すぎもせず、快適に過ごさせてもらう。週に一日、コンプライアンス関連の情報を調べたり、相談に乗ったり、自分よりはるかに若い皆さんと仕事をできるのはありがたい。

夜は、ヨットキャプテン贔屓のお店の12周年記念ということで、いつも忘年会では貸し切りでお世話になっているママの顔を見るために四人で訪ねる。記念ということで週初めの早い時間なのに、お客が入れ替わり立ち代わり。長居は無粋と思われ九時半にはお開き。

明日の朝の出発便がめっぽう早いので、これは助かる。シャンペン(スパークリング)の栓を抜く音が時折景気よく店内に響く。
e0083517_02004590.jpg



by yellowtail5a01 | 2017-10-10 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年9月23日(日) 晴 

いいお天気に恵まれて幸いである。今日は、ヨットのマネージャの職場同僚四人を招いてのゲストセーリング。迎えるクルーは五人。ゲストはある一流商社の女性社員。20代から40代にまたがっているが、艇の平均年齢がぐっと下がる。

四人からワインを差し入れていただいたので、ハーバーを出て帆を上げて、先ずはシャンパンで乾杯。次に差し入れの赤ワインを皆で美味しくいただく。
e0083517_23365891.jpg
風はあまりないが、いいお天気なので、神戸港に向かう。ポートアイランドのガントリークレーンもほとんど休んでいる。
e0083517_23371057.jpg
係留禁止のようだが、短時間なら許されるだろうとの判断で、モザイクの南の岸壁に係留。
e0083517_23375187.jpg
海は穏やかだが、やはり揺れている。マネージャが奮闘して作ってくれたランチタイムとなる。
e0083517_23372496.jpg
腹いっぱい食べて、飲んでから帰路につくことにする。川崎重工のドック、三菱重工のドックに潜水艦が係留されている。点検か修理かはわからない。
e0083517_23382594.jpg
神戸空港の西側を大回りして、帰りは西からの追い風に乗って西宮にむかう。慣れないジェネカーを揚げて風を掴む。
e0083517_23384725.jpg
ジェネカーが膨らむとグッとステージ感が良くなる。ゲストの女性を一人づつモデルに見立てて撮影会となる。新西宮YHに帰ってくる頃には徐々に陽も傾き、銀波が美しい。
e0083517_23390883.jpg
後片付けをして、フルーツをいただいて解散となる。恒例の全員記念写真。
e0083517_23405187.jpg
折からオレンジ色の夕焼けが、秋分の日翌日のエンディングを演出。
e0083517_23392711.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-24 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年9月18日(月) 晴 

台風一過の三連休最終日。ヨットの台風対策解除及び軽く三人で近隣セーリングを企図する。しかし、台風はとうに通過したものの、15ノットくらいの南風が吹いており、無理はせず機走のデイクルージングとする。

今回の台風対策は、ハーバーのプロに依頼したもので、いつもより簡略版。自分たちでするとちょっとたいそうにやり過ぎているのかなと思う。プロの対策、ロープの処理を写真に撮って今後の参考にする。
e0083517_21065189.jpg
昨夜、珍しく日本酒を多飲し、頭が重い。しかも、台風一過とはいえ波が荒くて二日酔いに波に煽られると船酔いしそうな気分。酔い止め薬を久しぶりに飲んでおく。キャプテンは、ラットを握っていたら酔わないから握りなさい、とのことでオートパイロットも使わず、ラットを握らせてもらう。

おかげで、波の荒い中、酔うこともなく六甲アイランド沖界隈を機走で周遊する。
e0083517_21071161.jpg
前回はバッテリー上がりで外に出られなかったが、バッテリー交換も完了していて、快適なクルージングとなった。次の日曜日には、四、五人のゲストを招いてのセーリングななので、そのための準備もできて、今日は三人だけだったが集まることができてよかった。


by yellowtail5a01 | 2017-09-18 21:10 | マリンワールド | Comments(0)
2017年9月10日(日) 晴 

今年は家内の不調、負傷もあり、夏のヨット遠征には全く参加できなかった。久しぶりにクルー四人で短時間セーリングの計画がまとまり、9時半に阪神西宮に集合。

出航準備も整え、さぁエンジン始動というところで、ずっこける。エンジンがかからない。いろいろ計器を調べるとエンジン用のバッテリーが上がっているようだ。もう7年も経過して、これまで交換していなかった上、このところ一ヶ月弱放置していたので上がってしまったのであろう。

バイクなら押し掛けやキックスターターで何とかなるが、ヨットはどうにもならない。出航は諦め、ポンツーンで海風を感じながらの酒盛りとなった。海風とは言え蒸し暑いので、クラブハウスに移動して涼しいところで飲食をしようという案もあったのだが、珍しい光景を目撃してしまう。

洋上では時々お目にかかる海上保安庁の船がハーバー内まで入ってきた。緑の外洋艇が追いかけられてきたようである。顛末を観察すべく遠くからウォッチする。
e0083517_22543454.jpg
キャプテン得意の推理によると、密輸容疑で追いかけてきたのに違いないということになるが、停止命令を無視したために追いかけられてきたのかはわからない。海保の職員が数名降りて来て、押し問答しているようである。これが気になり、双眼鏡で様子を伺いながらの酒盛りとなる。
e0083517_22544947.jpg
一時間以上たっても収まる様子はないので、マネージャと二人でP5ポンツーンの現場まで様子を見に行くことにした。立ち止まって聞き耳を立てるわけにはいかないので、通行人を装って聞き耳を立てる。断片的な聞き取りによると、船舶登録か所有者との関係、免許の関係か。「警察には・・・」という声も聞こえてきたので、それなりの取締り対象なのであろう。
e0083517_22550313.jpg
結局よくわからないままCarat艇に戻る。とうにお昼を過ぎてランチタイム。艇が動いているか動いていないという差異はあるが、スパークリング、ビール、ウィスキーを飲みながらダベリングということでは、大同小異。ご近所のオーナーさんとの談笑も交え、午後三時頃には解散。

ハーバー前の公園は昼下がりを楽しむ家族連れがのどかに見える。
e0083517_22590437.jpg
テント持参のカップルが膝枕。これはわけはなく羨ましい。
e0083517_22553143.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-10 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年8月6日(日) 晴 

大阪の最高気温が38度とのこと。今夏で一番暑い日が広島原爆の日となった。阪神西宮に9時集合で遠征準備。といっても水タンクの補給や燃料補給、ハーバー事務所に届いているワインの積み込み、その他飲料の調達と積み込みで大した作業ではない。
e0083517_19024787.jpg
それよりも手間がかかったのは明日にでも直撃しそうな台風5号対策。何とか作業を終了すると汗びっしょり。クラブハウスでシャワーを浴びて、遅い目の昼食とする。

例年楽しみにしている夏遠征だが、今年ばかりは家内の負傷もあり、自重することにする。急遽暇になった盆休みをどう過ごすか。エアコンの効いたリビングでソファに寝そべって高校野球観戦か。それももったいない気がする。

by yellowtail5a01 | 2017-08-06 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年7月15日(土) 晴 

 今日は純粋なクルーとしてのヨット参加。クルー仲間の二人が属する文具業界での昭和25年生まれ組の会の皆さんのイベントでヨットにご招待。人数制限ギリギリだが、事前準備と皆さまを送り届けた後の回航要員として参加する。

 幸いお天気は申し分なく、風もやや強い目の16ノットくらい吹いている。昨夜の深酒がたたって体調は万全ではなかったが、無事役割を果たせたようである。
e0083517_00175960.jpg
 平均年齢66歳くらいのシニアゲストが7名だったが、酔う人もなく無事予定通りの快適セーリングを終えることができた。
e0083517_00182019.jpg
 送り届け先は、南芦屋のベルポートハーバー。初めての着岸だが、ハーバーのか係員の態度も横柄でいい感じではない。バカでかいエキシブの建物も景観破壊の何物でもない。
e0083517_00184043.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-07-15 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年7月9日(日) 曇りのち雨 

 先週に続いてセーリング予定だが、天候不順で朝から雨がパラつき、艇を出すのは控える。台風3号の対策をしていたので、その解除をすることと夏遠征の打ち合わせが今日の主たる目的。キャプテン以下、クルー4人が集まり遠征計画の確認となる。
e0083517_19563002.jpg
 高知方面への外洋遠征プランもあったが、途中参加のしやすさも考慮されてか、瀬戸内海クルーズとなる。強いて目玉といえば、村上水軍の記念館訪問というところか。用意されたスパークリングと白ワイン、昼食材料はヨットハーバーのオーナールームにていただくこととなる。オーナーズルームのベランダから西を望むと、エクシブの建物が完成に近づいており、新たな景観を作り出しつつある。
e0083517_19565533.jpg
 昼過ぎに解散となり、バスにて阪神西宮に向かう。バス停近くのヒペリカムの植え込みにセミの抜け殻を発見。まだ梅雨の真っ最中なのに大丈夫なのという感じ。湿度が高いと羽根が乾ききらないのではないかと、老婆心ながら思う。
e0083517_19570362.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-07-09 19:57 | マリンワールド | Comments(0)
2017年7月2日(日) 晴 

 このところ外食宴会飲み会が続いていたので、のんびりしたい日曜日。キャプテンは不在だが、クルー四人の都合が合い、大阪湾デイセーリングとなる。新西宮ヨットハーバーのゲストバースには、巨大なヨットが停泊。
e0083517_01491948.jpg
 釣られて観に行くと白石康次郎氏のSpirit of Yukoh号。今日、明日とセミナーやパーティが予定されている。本人も近くにいてご挨拶をする。
e0083517_01465134.jpg
 それにしても巨大なヨットである。幅も広くてよくこんな大きな船を一人で外洋を休みなく操縦できるものだと感心させられる。
e0083517_01481989.jpg
 お天気は上々で、適度な風もあり、大阪湾を南下する。行く当ては特にない。
e0083517_01494903.jpg
 沖合ではレースを開催中で、邪魔にならないように気を遣いながらコースを取る。
e0083517_01501947.jpg
 雑節の半夏生に当たっているので、マネージャはタコの蒲鉾やタコ天を持ってきてくれた。スパークリングでの乾杯の後は、冷酒となり、これがよく回る。ラット担当のH氏に全てを任せ、しばし後の三人はシエスタタイム。心地よい揺れに任せて微睡むひと時は、至福のひと時。
e0083517_01505046.jpg
 陽も傾きかけたので、帰港を目指しつつ遅い目の昼食。冷えた冷ややっこにはウィスキーの水割り。
e0083517_01512301.jpg
 唐揚げとサラダも用意いただき、ありがたくいただく。
e0083517_01515496.jpg
 港に戻り、後片付けをしてクラブハウスへ。シャワーを浴びるとスッキリする。合流したキャプテンとマネージャは白石氏のパーティに出席とのことで、我々はバスに帰路に就く。バス停近くに見事なアガパンサス群落。これが今年の見納めになるであろう。
e0083517_01523366.jpg


by yellowtail5a01 | 2017-07-02 23:59 | マリンワールド | Comments(2)
2017年5月28日(日) 晴 

 昨年11月に膝の調子を崩してからなかなかヨットに参加できず、正月も集まったが雨にたたられ、新年会で終わってしまった。その後、こちらも母の不幸があったりで、なかなか参加できなかった。

 GWの遠征には参加できたが、久々にのんびりのデーセーリングを楽しむことができた。爽やかなお天気で、風は冷たいくらい。南西の風が適度に吹いており、絶好のセーリング日和である。
e0083517_19111372.jpg
 空気が澄んでいて、六甲山、神戸から淡路島、和歌山、泉南、大阪市内方向までどちらを向いても遠望できる。
e0083517_19134482.jpg
 絶好のシーズンでディンギーのレースや大型レース艇、プレジャーボートも見られ、大阪湾は賑やかである。
e0083517_19103592.jpg
 午後に予定のあるメンバーもあり、昼過ぎに戻ってきて軽くランチして片付けて解散。
e0083517_19104761.jpg
 ほろ酔い気分でバスにて家路に向かう。いつの間にかヒペリカムの黄花が目に着く季節になった。五月もいよいよおしまいか。
e0083517_19092775.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-05-28 23:38 | マリンワールド | Comments(0)