ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ガーデニング( 63 )

2017年10月24日(火) 曇 

朝から家内の通院アッシーがあったので、その帰りに甲子園のコーナンに足を伸ばし、パンジーの仕入れに行く。@78円の苗は、台風の風で煽られたのか、苗に生気がない。諦めようかと思っていると、奥の方にあった@128円の苗はしっかりしている。

15株必要なので、約750円予算オーバーだが、今年の冬は意外に早い可能性があるので、早く植え込んで根を定着させないと厳寒期までにしっかり育たない可能性がある。

ついでにチューリップの球根を九球買って、パンジーの間に植え込む。三月にもなれば葉が現れ、桜の頃にはパンジーの合い間から頭を上げて開花する予定。パンジーとチューリップのカラーコーディネーションを考えたつもりだが、どんな結果になるか楽しみだ。

衝動買いしたのは、ダイモンジソウの紅鶴。何年か前に神戸市立植物園で購入したダイモンジソウが今年になってようやく開花し、感動を覚えたものの、その後急速に衰弱し殆ど枯れてしまった。酷暑が原因か。そこに500円弱で苗を見つけたので、即購入。

蕾が付いているので、とりあえずこの秋には咲くのであろうが、来年に咲かせる自信はない。目の行き届く書斎の机の上に置くことにする。
e0083517_00234694.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-10-24 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2017年7月13日(木)晴 

 気になっていたゼラニュームの挿し芽。プランターの際に挿しておいたものが大きくなってきたのでポリポットに挙げないといけないなと思いつつ放置していたが、ようやく着手できた。多少面倒な作業だが、これ以上大きくなると根も張ってしまい収集が取れなくなりそうである。
e0083517_10335555.jpg
 ポリポットに根が定着したころには嫁ぎ先を探さないといけない。夕食は何にしようかと迷うが、COOPに立派な舌平目が並んでいたので、即決する。正価のものと赤札のが混在している。迷うところだ。確実に今夕戴くのなら安い方がいいが、万一持ち越すと気持ち悪い。結局正価のを二枚ゲット。

 予定通り夕食とすることができやれやれ。よく考えると明日は外食予定。選択肢は今夜しかなかった。春先にも一人で作ったが、その時のレシピはシンプルに薄力粉のみのムニエル。今日は少し変化をつけて、薄力粉の後ときたまごに浸けてからパセリ入りパン粉。ちょっとフライに近づく感じか。結果的にはシンプルの方がよかったと思う。
e0083517_09351008.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-07-13 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2016年9月23日(金) 薄曇り

 連休明けの火曜日は台風16号直撃の恐れからあっさりと出勤をパスしてしまった。その振替で出勤する。同僚に「台風はどうだった?」と尋ねると、「肩透かしでしたね」とのこと。まあ、年寄りは無理をしないということで許されるであろう。

 晩夏とは思えないほど海上の見晴らしがよくて気持ちがいい。小豆島が近くに見える。最高峰と見えるのは星ゲ城山であろう。標高816メートルとあるので、六甲山よりは低いが摩耶山より高い。
e0083517_23241844.jpg
 明石海峡大橋方面もよく見渡せるが、こうしてみるといかに海上の浮遊物が多いことか。垂直に仕掛けが垂れ下がっているだけと思わるので、走行にはそれほど支障はないと思われる。
e0083517_23240618.jpg
 南東の角に行くと潮通しがよさそうである。ここに釣り人が集まるのがわかる。
e0083517_23242860.jpg
 ベイトフィッシングもあれば、ルアーフィッシングもある。
e0083517_23243762.jpg
 昼下がりにこの近所の友人からメールがあり、月下美人が咲きそうだからあげる、とのこと。断る理由はないので最寄りの駅でいただく。
e0083517_23250792.jpg
 
一時間半ほどして帰宅すると、月下美人がちょうど咲いた。
e0083517_23253924.jpg
 初めて実物を見るが、8時過ぎに咲いた花は日付が変わるころにはもう萎れかける。
e0083517_23254983.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-09-23 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2016年5月24日(火) 晴のち曇

 自分の予定としては午後二時に歯医者の予定があるだけだが、家内が半年ぶりの外反母趾のフォロー通院で武庫川の大学病院に通うというので、送り届ける。

 歯医者までの空き時間を有効活用すべく、コーナンに寄ってパンジーの後のプランタープランをイメージする。夏場はやはりペチュニアが良さそうだ。ただペチュニアと言っても一株75円のものからサントリーの一株300円超の高級品種まで選択肢が多い。今日のところの一番候補は、大株仕立てのサフィニアマックスか。
e0083517_23285451.jpg
 サフィニアでも他の選択肢もあるので、今日のところはイメージ作りで終える。

 家内の帰宅が昼過ぎにかかりそうなので、昼食当番を引き受ける。ベランダに設けたハーブプランターも育ってきたので、バジルとイタリアンパセリを使うことを主眼に置き、タコとトマトのリングイネに決定。
e0083517_19071397.jpg
 調理用に使った白ワインを飲みたいところだが、午後2時の歯医者を考えるとここは自重する。その歯医者の方は、来週がとりあえず完成となりそうだ。保険が効く範囲だが、まとまった出費になりそうである。

 今日の処置は簡単に終わったので、庭の手入れ、購入した苗の植え付けなどガーデニングアフターヌーンとする。二階の出窓に春先に植えたゼラニュームカリオペダークレッドはよく育ってきた。花穂も次々と上がってきてイメージした形に近づきつつある。
e0083517_19070023.jpg
 先日届いた同じくカリオペのピンク系を6号鉢に植える。こちらは将来的には8号鉢くらいの大株仕立てにしたいものである。
e0083517_19074718.jpg
 昨日届いた苗は、香りばんまつり。けったいな名前である。二週間ほど前に近所のガーデニング友達のおばさんから教えてもらった木。とりあえず6号鉢に植え込んだが、大きく育つと楽しみである。
e0083517_19073488.jpg
 去年通販で購入したカシワバアジサイも、今年になって立派な花を咲かせてくれている。
e0083517_19072392.jpg
 アーモンドの苗は、8粒とも発芽したのだが、一番最後に発芽したのはなぜか枯れてしまった。同じ条件なのに何がまずかったのか。それでも後の7粒は今のところ順調に育っているので、見守りたい。
e0083517_19075739.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-24 23:51 | ガーデニング | Comments(0)
2016年5月17日(火) 晴

 何もない火曜日だが、家内の通院集中日。午前に近所で二か所、夕方に大阪市内。アッシーご奉公の合間を縫ってやるべきこと、やりたいことがいくつもある。

 初夏のハンギングバスケットのイメージは固まっているのだが、肝心のベゴニセンパフローレンスの苗が今年に限って乏しい。医院の待ち時間の合間にロイヤルホームセンターを覗くと、案の定数株おいているだけ。諦めて帰ろうとしていると、入荷があったようだ。

 大きな箱に四箱も入ったので、一番乗りで苗選びをする。一鉢に14株目安で二鉢分を仕入れる。家に帰った早速植え付けを始める。緑葉の赤、ピンク、白、銅葉の赤とピンク。5種類の苗をスリット式ハンギングバスケットに配色する。
e0083517_08450565.jpg
 しばらく養生して一鉢は娘のところに届ける予定。くす玉のようなバスケットに仕上がることを期待する。
e0083517_08451315.jpg
 今日しなければならないことは、木曜からの予備校同窓会ゴルフに備えて白浜往復のジパング切符を買うこと、ゴルフバッグを宅急便で送ることだ。クラブを送る前に上ヶ原ゴルフセンターで80球の練習をする。クラブを握るのは一カ月ぶり。興味の対象がゴルフからコーラスにシフトしているのを自覚する。
e0083517_08452029.jpg
 予備校同窓会は四人きりだし、ゴルフは口実で年に一度前の日から集まって美味しいものをいただいて、旧交を温めワイワイと騒ぐのが目的なのでスコアはどうでもいい。

 しかし、来週の小学校同窓会コンペはダブルぺリアとはいえ賞金を懸けた競技でもあるし、なんといっても元マド四人もいるので、無様な姿は見せられない。白浜は格好の練習ラウンドと思って気楽に回りたい。


by yellowtail5a01 | 2016-05-17 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2016年4月12日(火)晴

 肌寒いがいいお天気。朝から歯科医の予約を入れており出向くが待合室は結構混んでいる。今日の処置はかなり大掛かりになりそうだったので、ちょっと気後れする。歯並びの悪い下前歯四本を抜いたり削ったりすることになると先生から言われていた。

 他の予定がなかったので今日に予約を入れていたが、思い直す。明日は南二見出勤なのでまだいいが、その後は東京に移動して木金と初クライアント二社を訪問。もし東京で痛み出しても困るし、処置中の不細工な仮の歯で人前で喋るのもいかがなものかと思い直し、二週間後に再予約することにした。

 おかげで朝から自由時間となり、名残りの桜を求めて久しぶりに六兵衛号で京都の山奥に行こうかと思うが、家内からアッシー要請が入り、近所の医院に送る。バイクは車庫から出してスタンバイしたのだが、モタモタしている間にテンション下落。この時期にやっておきたいガーデニング懸念事項の方に心が傾く。

 ハーブコーナーの移設と出窓プランターの土準備、ついでにトマト用の大鉢の土造り、先日衝動買いしたグロリオサリリーの球根の植え付けといろいろすることがある。GWの空いた日でもいいのだが、前倒しで準備はしておきたい。

 去年購入したカシワバアジサイ、去年は殆ど花が付かなかったが、今年は立派な蕾が膨らんでいる。
e0083517_00322616.jpg
 ハーブ園プランターは台所から遠い出窓から移設し、台所近くのバルコニーの外側に小ぶりのプランターをひっかけることにした。とりあえず45㎝のミニプランターを二つ用意し、バジル、パセリ、イタリアンパセリ、パクチー、三つ葉を植え込む。

 一番使用頻度の高いバジルは、必須。トマトにオリーブオイルとバジルのみじん切りがあるだけで気分はイタリアン。ペペロンチーニパスタの飾りにはピッタリ。
e0083517_00313793.jpg
 パセリも使用頻度が高い。みじん切りにすることが多く、パスタ類やアサリのワイン蒸しには不可欠。
e0083517_00320848.jpg
 イタリアンパセリは飾りに使うことが多く、必須ではないが、いつでも使えると思うと精神的に落ち着く。冬になればキアゲハの幼虫の餌にもなる。
e0083517_00315417.jpg
 パクチー(または香菜、コリアンダー、インサイ)は、自分専用。使うとすれば年に二、三度食べたくなるトムヤンクンの時くらいだが、必要不可欠。阪神百貨店に行けば売っているが、近所では入手不可能。植えておくと安心感がある。パクチーを使う中華料理やタイ料理レシピの拡張を図りたい。
e0083517_00321687.jpg
 三つ葉は冬のメニューに使うことが多いが、にゅうめんや吸い物にちょっと浮かせたいときに便利。だが柔らかい葉をいつも収穫できるとは限らないのが辛いところ。
e0083517_00314772.jpg
 あとあればいいと思われるのは、大葉。緑のシソの葉である。年中重宝するが、ちょっとだけ欲しい時に身近にあると助かる。もう一つプランターを増設して大葉は確保したい。

 大葉以外にあれば便利なハーブ類は何だろう。あと二種類は追加できそうである。鷹の爪はすぐには使えないが来年用に一本植えておいてもいいかも。
e0083517_01121751.jpg
 いずれにしても台所からすぐ近くになったので、以前よりも使いやすくなる。これを機に家内も使ってくれたらいいのだが・・・

 これで道に面した出窓のプランターは、南面、西面ともすべて真っ赤なゼラニューム(カリオペ)で飾れそうである。しかし、苗はこれから挿し芽で用意しないといけないので、気の長い話になりそうである。七月の声を聞く頃には何とかなっているだろう。 

by yellowtail5a01 | 2016-04-12 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2015年6月12日(金)曇のち晴

 昨日からサントリーレディスの本戦がスタートしたが、さすがに雨模様なので見送る。ネットでリーディングボードをチェックするが、優希ちゃんは鳴かず飛ばず。成田美寿々プロはぶっちぎりの様で楽しみである。

 今日はいいお天気になりそうなので、観戦を考えたが悪いことに通販で注文していた水草セットが今日届くことになった。水草だけなら平気なのだが、おまけでコケ取用のミナミヌマエビがついているというので、待ったなし。

 このセットだけでは少し中途半端なので、午後にアミーゴに出向き、追加の水草とコケ取スネール、同じくコケ取のオトシンという小型ナマズを投入。
e0083517_10533618.jpg
 三月に起こった60㎝水槽破損事故の翌日に緊急避難用にゲットした30㎝水槽もこれで少し恰好がついてきた。二か月もすれば水草も繁茂し、神秘的な情景が見られるかもしれない。

 垣間見るリーダーボードでは、優希ちゃんは相変わらずの鳴かず飛ばずだったようだが、予選通過のカットラインはクリアできたのよかった。成田美寿々、藤田光里が10アンダーで並び、それを追う選手もイ・ボミ、笠りつ子、堀琴音など土日も目が離せなくなりそうだ。

by yellowtail5a01 | 2015-06-12 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2015年5月11日(月) 晴

 台風6号が接近中とのことだが、今日はまだ大丈夫。バイクにて通勤となる。風が心地よい季節になってきた。冬物ブルゾンもおさらばで快適通勤。

 金曜日に出勤したばかりだったので、ややゆったりモードであったが、日ごろできていないことを探して下ごしらえをしたりしていると夕刻になり、そこから少し忙しくなる。

 それでもほぼ定時には閉店し、帰宅の途に着く。明日の新幹線切符を買いにさくら夙川に寄って帰ると結構いい時間になる。

 土曜日に英語仲間のKさんと連れもって帰った時に芦屋市民センターの植え込みを通った時に、「前回はツツジが満開だったのにすっかり終わってしまいましたねぇ。一か月後はアガパンサスが満開でしょうね。うちにもこんなしっかりしたアガパンサスがあればいいのだけど」と一人ごちると、「うちにいっぱいあるわよ。明日庭師に整理してもらうところだから、よかったらどうぞ」とKさん。

 渡りに船で、今日の夕方にいただきに上がる約束をしていた。家に戻ってホッとしているとそのことはしばし放念していたのだが、携帯メールが届く。

 いそいそと仁川まで車を飛ばし、まだ暗くなる前にお邪魔することができた。一株とお願いしていたのだが、庭師の方が気を利かせて、立派な株の集団を鉢にまで植え付けてくれたようだ。Kさんは、「私が留守にしている間に勝手にやってくれた。」といっていたが、きっと配慮してくれたのだろう。

 ありがたく頂戴してポーチ脇に飾る。株分けした後は二年くらい花が付かない可能性があるそうだが、一か月後に一本でも花芽を付けて、清々しい青紫の花が咲いてくれたら嬉しいなと少し期待する。
e0083517_22232418.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-05-11 22:36 | ガーデニング | Comments(0)
2015年3月31日(火)春霞

 昨日の後半は書ききれなかったので、少々続きを。醍醐寺を後にして宇治市街の方に南下し、ネットで見つけたもう一つの桜名所、宇治市植物公園に寄る。まずは蝶というレストランで遅い目のランチをいただく。雰囲気は六甲山高山植物園のレストラン、エーデルワイスに似ている。
e0083517_22135392.jpg
 腹ごしらえをして、まずは桜エリアに赴く。
e0083517_22144708.jpg
 夜は今日までライトアップしているというご自慢の枝垂れ桜。樹齢はそれほどでもなさそうだが、美しく咲き誇っている。ここは植物公園というだけあってほとんどの樹木にラベルが用意されていて、名前と簡単な解説がある。一番気になったのは、ジンダイジアケボノという調布市の深大寺植物園オリジナルの桜とのこと。見た目の区別は難しい。
e0083517_22152314.jpg
 それ以外にもいろいろな桜の木が植えられていて、学習になる。もう一つ気になったのは、サクラ‘アーコレード'というイギリスでの交配種。
e0083517_22163939.jpg
 近くで見るといっそう華やかなピンクが魅力的である。
e0083517_22165773.jpg
 公園内には、水が効果的に使われていて、豪快なカスケードや
e0083517_22171809.jpg
 味わいのある噴水もある。
e0083517_22180000.jpg
 早咲きチューリップも輝いており、
e0083517_22174226.jpg
 自分の大好きなハウチワカエデの木の下には自然の実生苗が育っている。土ごと持って帰りたいところだが、それはルール違反。自重する。
e0083517_22182064.jpg
 さらに温室の中は常夏モードで、見慣れない花に遭遇する。このヒヤシンスのような花は、ペトレアウォルビリスというメキシコ原産のつる性植物。藤色が上品である。
e0083517_22191177.jpg

 西日に映える赤い熱帯植物にも目を魅かれたが名前のチェックを怠ってしまった。
e0083517_22192765.jpg

 彫刻なども飾られており、足の便は悪いが、なかなかいいスポットである。混雑もなさそうなのでモデル撮影会をするなら最適と思われる。
e0083517_22194538.jpg


by yellowtail5a01 | 2015-03-31 23:59 | ガーデニング | Comments(2)
2014年11月7日(金) 晴

 パンジーの植え込み季節が過ぎつつあるのにまだ未着手だが、一足先に植え付けた鉢植えのビオラは順調に育っているようだ。植え込み直後には咲いていた花をすべて摘み取ったが、定植してからの開花が始まった。名前はわからないが、上品なトリコロール。
e0083517_01011775.jpg
 典型的な三色すみれ系。
e0083517_01012575.jpg
 バッタもいつの間に訪問者。日頃ほとんど使う機会のないMX-1だが、このようなマクロ撮影の時には大口径レンズが活きるようだ。
e0083517_01013443.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-11-07 23:59 | ガーデニング | Comments(0)