ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:仕事( 490 )

2017年9月19日(火) 薄曇り 

台風が運んできた南の熱い空気が漂っているようだ。それでも、いっときの灼熱地獄からは解放され、昼休み散歩もそこそこ快適になってきた。釣り人も賑わっている。
e0083517_00573594.jpg
沖では、乗合船が盛況。太刀魚かアジ狙いか。タコの季節は済んだものと思われる。自分としてはアオリイカかカワハギ釣なら参加したいところである。
e0083517_00572136.jpg
のどかな海上の雰囲気を味わいつつ、午後の業務に就くがさほどの緊張感はなく一日を過ごす。いいことか、よくないことか。やはり緊張感の高い日の方がいいと思われる。

帰りは、東二見から新開地までは山陽特急。新開地からは阪急特急に乗り換え。お好みの席に座り、阪急三宮に。空席争奪戦が興り、冷ややかに見ていたが、目の前に一歳児を抱えたヤングママが自分の前に立つ。

これは堪らない。隣に座っている若者たちは、全く無視の様相なのでいたたまれず、ヤンママに席を譲る。ちょっと躊躇されたが、どうぞどうぞというと素直に座ってもらえてホッとする。

見るからにいい歳をこいたジジイがヤンママに席を譲るのは、近隣の傍若無人の若者には気分の悪いことかもしれないが、自分としては目の前に子供を抱っこしたヤンママが立っている前で、平然と座っているのはどうにも我慢ならない。ついつい娘に置き換えてみてしまう自分がいるなと自覚する。

by yellowtail5a01 | 2017-09-19 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月13日(水) 晴 

先週に続き、水曜日の東京出張。少し涼しくなってきたので余裕があれば、信州に一泊でもして初秋を感じて帰りたいところだが、明日は久しぶりの孫娘対面の日。相変わらずの日帰りとなる。

いつも通り新横浜から横浜線に乗り換え、八王子から中央線で新宿方面に一駅、正午に豊田駅に着く。通い出した数年前は、駅前にはマクドとか吉野家のようなファーストフード店しかなかったので、八王子で途中下車して、駅ビルや少し離れた人気店を探して昼食をいただいたものだが、数年前からイオンモールができてからは、もっぱらそのフードコートのお世話になっている。

午前中に産機時代の同志だったM氏が講義をしているので、一緒に昼食をいただくという選択肢もあったが、七月に会ったときにフードコートでご一緒したが、お互い時間的に忙しないので、今日はパスして、一人でそそくさといただく。
e0083517_00203672.jpg
この手のフードコートは、最近のモールでよく見かけるが、ここのはなかなかレベルが高いと思う。少なくともエキスポシティのと比べると大きさではともかく質的には断然優れていると思う。

もっとも今日はフードコートはやめて長崎ちゃんぽんのリンガーハットの通常店にする。先月来たときに冷製チャンポンを頼んで、結構良かったので、今日はキクラゲチャンポンのスモールをいただく。
e0083517_00202308.jpg
スープの味が抜群で、お値段は約600円。量的にもちょうどいい軽い目の昼食となる。結局M氏とはフードコートですれ違った結果になったことを営業担当者から聞いた。後で電話をして事情を説明しておく。また、ゆとりのある時にご一緒したいものである。

営業担当者の話によると、「今日はクライアント社の研修責任者である部長が聴講されると思いますのでよろしくお願いします。」とのこと。以前にも何度か聴講され、鋭い質問が飛んできたり、研修内容にも注文が多い部長さんなので気が抜けない。

結果的にはご挨拶をしてしばらく聴講されていたがすぐに退室されたので、信頼いただいているのだろうと解釈する。まあ、その部長さんのチェックに耐えて、永らくリピート注文をいただいているので、ありがたいことである。

熱心な受講生二人ともほぼ期待した通りのやり取りをできて、今日も無事終えることができた。丸一日仕事で報酬額を考えるとボランティアとは言わないが、時給計算すると物足りない面もあるが、毎回前途ある若い人と緊張感をもって交流できる機会は貴重である。

帰りの車窓は秋が深まり、富士山を仰ぐ新富士駅辺りはもう夕暮れ時。
e0083517_00205040.jpg
午前は曇っていたが、夕刻はスッキリ晴れて富士山撮影もできた。
e0083517_00210798.jpg
静岡県西部にかかる頃には空は茜色。十分秋の空を感じることができる。
e0083517_00214272.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-13 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月6日(水) 曇~小雨 

通いなれた大崎のクライアント会社に日帰り出張。まだ胸の疼きもあるし、夏場の疲れもあり、なかなか前後の予定を入れる気力が湧いて来ない。早くとんぼ返りしても何もいいこともない今日この頃だが、まっすぐ帰ることにする。

春には美しい大崎辺りの目黒川沿いの桜並木だが、早くも黄色い葉が混じり、秋の到来を予感する。
e0083517_01264641.jpg
ゲイトシティ大崎もなんか懐かしい拠点になってきた。四季の大崎を味わいたいものである。
e0083517_01265579.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-06 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月4日(月) 晴 

爽やかなお天気で、掛川のゴルフはさぞ快適だったと思われるが、悔やんでも仕方ない。体調を戻すことが最優先である。明日に予定していた出勤日を元に戻し、今日は南二見出勤。

このところ蒸し暑くて、昼休みの海岸散歩も敬遠していたが、今日は爽やかな風が戻り、空気の透明感も秋を思わせる。このところほとんど見えなかった小豆島もかなりはっきり見えるようだ。寒霞渓を抱く最高峰星ヶ城山も確認できる。
e0083517_04035628.jpg
最近、夏バテという訳でもないのであろうが、何となく体が重い。ネットでいろいろ見ていると、イミダペプチドという物質が体力回復に役立つとのこと。何千キロも飛んでいく渡り鳥の元気の元らしい。鳥の胸肉に多く含まれているとのこと。

ということで、今日の夕食は久しぶりの鳥料理とする。胸肉というと少しパサパサした感じがあるが、それを補うレシピがあったので、それに従う。
e0083517_04042063.jpg
このところ肉料理といえば牛肉が主体で、たまに豚肉をいただくくらいで、鶏肉はとんとご無沙汰であった。今後はバランスを取った肉食に鶏肉も加えて行こうと思う。
e0083517_04043029.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-04 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年9月1日(金) 晴 

今日はインプットの日。国際仲裁に関する無料セミナーがあったので、午後から堺筋本町に向かう。会場の産業創造館には何年か前に来たことを、ビル正面の象徴的なモニュメントを観て思い出す。
e0083517_01000454.jpg
セミナーの内容は、実に単調で講師が文字ばかりのパワーポイントで淡々としゃべるだけなのだが、皆さん真剣に二時間半集中している。やはり、これはコンテンツが優れているからなのであろう。
e0083517_01001464.jpg
久しぶりに勉強をした気になって、家路につく。阪急梅田で立ち飲みのプレモルに寄って気持ちよく帰る。夙川に着くと西の空は一面のうろこ雲。このまま秋のモードに入ってくればいいのだが、まだ暑さはぶり返すことであろう。
e0083517_01004207.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-01 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月28日(月) 薄曇り 

朝夕は少し暑さの質が変わってきたかと思いきや、やはり真昼の空気は暑い。週一勤務となると太陽の傾きの変化が大きいと感じる。

今日の帰り、東二見駅で特急待ちをしているときに、胸の疼きの相談をするために、このところお世話になっているM病院のY院長に電話相談する。症状をざっくばらんに説明すると、「それは日にち薬しかないな」とのこと。「痛いんならゴルフは控えておいた方がいいけど、そんなときにいいスコアが出ることもある。力まないからね。」との助言。

ずいぶん気が楽になった。すでにキャンセルした二つのコンペは見送るとして、その次のバトルラウンドをどうするかである。特急がホームに入ってきたが、電話しながら乗車するわけにもいかないので、三分後の普通に乗る。発車の頃には用件は終わり、滅多に乗らない山陽電車の普通に乗る。

明石で特急に乗り換え。ホームで待っていると阪神電車の特急車両がやってきた。日頃は見かけない風景なのでレンズに収める。
e0083517_00532073.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-08-28 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月17日(木) 薄曇り 

一週間ぶりの出勤は今年の春からの新常態ではあるが、今日はちょっと感じが違う。要は社員の人全員が七連休明けでの出社なのである。先週は水曜日に出社したが、それから今日まで業務は止まっていたことになる。メールや審査案件もほとんどなく時間が止まっていた感じである。

バタバタすることもなく、ゆったりとCISTECジャーナルに目を通したりでインプットの時間をありがたく享受させていただく。

東京はずいぶん雨の日が続いているようだが、関西は夕立はあるものの暑い夏日が続く。夕方、帰り道に建石筋と阪急神戸線の交差点から北を望むと、積乱雲。雲の中で稲妻が時々光っているが、音は聞こえてこない。三田か篠山辺りなのだろうか。
e0083517_22353889.jpg
昨日のハゲイトウの記憶の源泉を確認しようと本箱を漁ると、保育社のカラーブックスが出てきた。春夏編と夏秋編があった。後者の表紙に赤いハゲイトウがあった。きっとこれがずっと脳裏に残っていたのであろう。昭和41年刊なので中三か高一の頃に入手したものだ。
e0083517_22361006.jpg
物持ちがいいのは、いいことなのか。そろそろ整理していくことも必要だなと思われる。


by yellowtail5a01 | 2017-08-17 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月10日(木) 曇 

三日連続の仕事日となると少しきつい。68歳になったと意識すると結構なジジイになったものだと、今までになかった感触がある。子供の頃、近所にいた隠居の爺さんたちも60代後半が多かったのだろうけど、実に「お爺さん」達だった気がする。その域に少し近づいてきたのかも知れない。

といっても一昨日と今日の仕事の大半の時間は移動時間。今日は恵比寿なので、品川から乗り換えてすぐ。ずいぶん楽である。タイムを読む会のテキストの予習をするには、新幹線タイムは絶好の機会なのだが、今回はちょっとした行き違いがあり未入手。駅の売店で本を眺めていると「応仁の乱」の新書が平積みされていたので、トライする。

しかし、ついついウトウトしてしまい展開が遅い。せっかくこの前テレビでの特集番組を視て関心を寄せていたが、本が面白くないのであろう。車窓は珍しく大阪から東京までどんよりした曇り空。富士山も見えず、東京に近づく途中の気になっていた風景にレンズを向ける。

新横浜から品川に向かう途中見た川。雲が低くて視界が悪い。鶴見川か。
e0083517_15444685.jpg
前から気になっていた高層マンション群は武蔵小杉。東急線と新幹線がほぼ並走しているとは気が付かなかった。
e0083517_15450133.jpg
やがて多摩川河川敷のゴルフ練習場。曇とはいえ暑いと思うが練習している人がいる。
e0083517_15450943.jpg
この景色を見ると間もなく品川到着という目印である。
e0083517_15451657.jpg
一昨日の日野、八王子に比べるとマシな気がしたが、屋外を歩くと汗が吹き出す。それでも屋外を歩く時間があまりないのが救いである。仕事中はビル内で冷房がよく効いて快適であった。寄り道する元気もなく、まっすぐに帰路につくと7時前には新大阪に帰着。お盆休み前の帰省客が多くごった返している。
e0083517_15454353.jpg
帰って夕食の献立を考え、買い物に行って、キッチンに立つのも面倒な気がして、駅弁を二つ買って帰ることにする。

by yellowtail5a01 | 2017-08-10 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月9日(水) 薄曇り 

月曜日は台風5号を用心して休むことにし、今日に振り替えたのだが、空振りだったかなと悔やむところがないわけでもなかったが、結局月曜日は午後二時に全社員に帰宅命令が出たようだったので、いい判断をしたことと思う。やはり警報は尊重するのが正解だろう。

台風がもたらしたものは、暑い空気か。さすがに昼休み散歩もちょっと外に出たが、暑さに閉口し、海岸写真を撮ったらすぐに涼しいオフィスに戻る。結構青空ではあるが、空気が湿っていて明石海峡大橋も全く見えない。珍しい光景である。
e0083517_00163832.jpg
夕方になると空模様が怪しくなり、蒸し暑さが残る。盛夏はまだ始まったばかり。この先いつまでこの暑さと闘うことになるのか。東二見駅から仰ぐ空も変な雲が支配していた。
e0083517_00164966.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-08-09 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月8日(火) 曇りのち晴 

初めてのクライアント様ではないが、研修責任者が変わり、熱血カリキュラムを検討中ということで、いろいろ注文が寄せられ、その第一回ということでテストされているような気分。八王子からさらに中央線とバスを乗り継ぎ、時間のかかる日野市の会場まで行かなければならない。

結果的には、台風5号は日本海に通り抜け、新幹線の遅れは皆無だった。それでも長浜辺りは相当な被害があったらしい。車窓から見る長良川も水かさが増し、日頃とは異なった様相である。氾濫まではいかないが、岐阜県を直撃しておれば危なかったかも。
e0083517_06563293.jpg
木曽川になると幅が広いのか、それほどの水かさでもなかった。
e0083517_06564334.jpg
日野市に着くと快晴。快晴はいいが、蒸し暑さは半端ではない。ジャケットは一度も袖を通すことなく汗だくで会場に着く。やや緊張気味のスタートとなったが、マイペースを取り戻し、無事講師を終えることができた。

乗り換えの八王子は夕方でも灼熱地獄。冷房の効いた車内に入れるのが救いである。
e0083517_06565731.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-08-08 23:59 | 仕事 | Comments(0)