ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:仕事( 484 )

2006年7月18日(火) 雨

 雨は益々ひどくなっていくようだ。家を出るときに少し小降りになり、カッパなしで行けそうだったので「ろくべえ」通勤とする。帰りも雨だろうが、まあカッパがあれば大丈夫だろうと高をくくるが、カッパは通勤用リュックからタンクバッグに移したままであった。後の祭り。夕方も運良く雨が上がってくれるのを祈るしかない。

 インターネットで全国の天気をみると特に岐阜県北部の雨は強烈だ。とても今日も捜索は再開できないのだろうかと思うと胸が痛む。現地まで行っておられる奥様や関係者のお気持ちを察すると本当に辛い。

 木曜日に輸出管理説明会の第一弾として、設計課長全員に集まってもらって該非判定中心にやるので、ポンプ事業部のO課長と打ち合わせをする。うまく行けばいいのだが。設計課長には前回、顔見せだけはやっているので少し気は楽である。会議終わってから場所を移しての懇親会もあるというので、楽しみである。
by yellowtail5a01 | 2006-07-18 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2006年7月13日(木) 晴

 E.I.社から頼まれた在宅業務の納期が迫り、落ち着かないが昼間の職場で内職仕事をするわけにはいかない。格別の急ぎの仕事はなかったが来週から始まる社内説明会に備えての資料作成にかかる。新しい局面を迎えることになりそうだ。

 夕方、定時で帰宅し集中して一気に片付けようと考える。夕飯も簡単に済むようにしかもちょっと贅沢にということで阪神西宮のエビスタに行って阪神百貨店の寿司を購入。COOPと比べると五割方高い値付けだと思うが、よく吟味すればコストパーフォーマンスの良さそうなものもある。選択の幅が広いのがありがたい。立派な鉄火巻きと穴子づくしの組合せで1000円強。悪くない。

 阪神の駅前にバスを改造した店舗がいくつかあるのだが、合い鍵作成が一つの目的だった。「ろくべえ」の鍵は2セットもらっていたのだが、片割れの行方が不明。いつも使っている鍵もどんなことでいずれかのズボンのポケットに紛れ、いざというときに出てこない可能性がある。クルマの前に止めておいた日には、バイクもクルマも使えなくなってしまう。合い鍵は420円でものの2分でできてしまった。恐ろしい気もする。

 食事も済んで、さて取り掛かろうとするとなんといつもよりメール着信が多い。しかも、返事をしておきたいのが多い。おまけにブログのコメント欄にもいくつか。優先順位からすれば納期の迫った仕事が先決なのははっきりしているのだが、そこが自分の弱いところ。ついついメールの返事やブログのレスに時間を費やす。で、本格的に仕事に向かいだしたの10時過ぎ。最悪、貫徹だぁ~!
by yellowtail5a01 | 2006-07-13 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2006年7月11日(火) 晴

 前回の出勤日が木曜日でいつも通り4日間を空けての出勤だが、ずいぶん飛んでいるような気がする。木曜日は実質半日勤務だったし、昼からは経産省の講演、終わってからは社長以下とプチ宴会。その足で東京に向かい、講師、散歩、宴会・カラオケと充実した週末を過ごしたせいであろうか、一週間くらい間が空いたような気がする。

 輸出管理コンプライアンス規程の方が一段落したせいか、少し気が抜ける。気が抜けると睡眠不足がたたっているのか眠くなる。特に時間的制約のない翻訳などしていると眠くて眠くて仕方がない。やはり、時間のない中、切羽詰まった状態で知恵を絞り、文章を書き、人と応対しているときが一番充実する。

 昼間に緊張感がないと家に帰ってからもダラダラと過ごしてしまいがちだ。このような日は、たまには息抜きできていいのかも知れないが、ありがたくない。毎日をどう自分で緊張感を高め、面白くするかが充実した生活の基本のようだ。
by yellowtail5a01 | 2006-07-11 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2006年7月6日(木) 曇

 午後は経済産業省の輸出管理セミナー。社長以下総務部長、営業本部長、貿易課長、輸出管理責任者の課長と合計5人で出席予定。午前中に済ませるべき課題が色々あり、てんてこ舞い。時間がないと仕事は捗る。久しぶりにちょっとまとまったレターの翻訳をするが、法律面、技術面が混じりやはり楽しい。出来映えはともかくとして結構テンポ良くできたので満足感がある。

 昼休みが終わるか終わらないかのタイミングで中之島公会堂に向かう。入社以来何度か行っている場所である。若い頃は労働組合の集会で何度か行っている。やはりセミナーのようなもので行ったこともあるし、直近では異色ピアニスト小川理子ちゃんの特別リサイタルで行ったのが2,3年前か。

 経産省のお役人の話は単調といえば単調であるが、以前と違うところは資料が文字ばかりではなく、パワーポイントで図表化されているところが大きな相違点である。これはここ数年の変化であろう。おかげで退屈もせずに最後まで集中することができたように思う。

 終わってからどうするのかと様子を見ているとどうやら全員で一杯飲みに行くような気配。社長もどうせ奢るのなら「よっしゃ、みんなご苦労さん、今日は俺のおごりや、ついてこい!」くらい言ってくれたらみんなの士気も上がるのだが、技術屋さんなのかその辺りのメリハリは物足りない。仕事では非常にメリハリのついた方なのだが。

 結局ヨドバシの8階のキリン系のビヤホールでご馳走になる。アルコールが回るとやはり色々と話が弾み面白い。日頃は聞けないようなそれぞれの方の話や、社内の噂話も色々飛び交い参考になる。時々は「ろくべえ」をおいて電車で通うことも必要だ。

 2時間強、ワイワイと宴会状況となるが一次会で見切りを付け東京に向かうことにする。品川まで殆ど爆睡。さすがに飲み過ぎたのか11時前に品川プリンスでチェックインすると、外に出る元気もなく、電気とテレビを付けたまま眠ってしまう。
by yellowtail5a01 | 2006-07-06 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2006年6月27日(火) 晴

 梅雨が一服で晴れたのはいいがめっぽう暑い。出社するとデスクの上に分厚いA4の封筒がある。社長からだ。少し遅れた分、どうやら日曜日にチェックしてコメントをいっぱい書かれたようだ。英語も素晴らしいし、仕事もめっぽう早いし、メールも早いし、本当に凄い。

 こちらもそれに応えなければならないという気持ちになり、指摘点や検討を求められた点は一通り答えを出して、残業時間に食い込んだが、メールで返しておく。限られた時間というのは緊迫感がある。

 オフィスを出る頃には日も傾き、夕闇直前の山手幹線を西へ。空気は暑いが走ると涼しく感じる。なんだかんだで結構疲れたので、「飯を何とかしてくれ~」と裕子に訴えるが、反応なし。今更腹を立てるようなことでもないのかも知れないが、何かむかついて切れる。取りあえず家を出て、近所の店で喰おうかとも思うが、久しぶりだし梅田にでようかな、と逡巡しながら自転車を走らせているとJR西宮へ。

 せっかくだから取りあえず梅田へ。ディアモールのうどん屋に入る。量はそれほどいらないが、ちょっとはまともなものを喰おうとぶっかけうどんに生ビール。生き返った感がある。ひとまず腹ごしらえはできたので、地下街を歩いていると、不意に後ろから声をかけられる。なんと知財権本部にいたY田氏。もう60歳は超えているはずだが昔と変わらず、髪も黒々。懐かしく、しばし立ち話。

 「いっぱい行きましょか」、と声をかけるが、もう出来上がっているみたいで、「いや、せっかくやけど明日早いんで今日は帰りますわ。」との返答。確か大津の方のお住まいだった。こちらも社交辞令的に言ったまでだが、少し寂しい。で、足は自然と新地の方に向かう。ちょっと一杯のつもりで最近ご無沙汰のスナックの扉を開けると客はいない。まあ、火曜日の九時半といえばそんなものか。4月にOBの先輩方と行って以来。

 ハーレム状態でいいのだが、みんなグラスを持ってくるのでボトルがどんどん空いていく。安いボトルにしておいて良かった。山崎の15年でも入れていたらたまったものではない。マスターもママも元気そうでゴルフの話、株の話、ピアノの話、バイクの話と話題は尽きない。

 あまり一人で来ることはなかったが、こんな夜は心が安まる。クラシックピアノの先生をやっているMちゃんがジャズピアノも始めたみたいで、弾いてもらう。さすがにうまい。基礎がしっかりしているというのは羨ましい限り。ジャズピアノをやり出して2ヶ月くらいとのことでまだまだノリという点では不満もあるが、指の動きには脱帽。大化けしてくれたらいいなと素直に思う。
by yellowtail5a01 | 2006-06-27 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2006年6月20日(火)晴

 今取り掛かっているコンプライアンス体制確立の一環である輸出管理の規程、細則類を取りあえず仕上げる。考えてみれば産機に転勤したときは何でも自分でやったものだが、それでもKさんという有能な女子社員が付いていてくれていろいろ手伝ってくれたし、やがては輸出管理関係は殆ど彼女が創意工夫してやってくれた。その後は部下も徐々に増え、任すことを覚えた。以後、本社に戻ってからも半導体に移ってからというもの、常に有能な部下に取り囲まれ、大概のことは部下が案を作ってくれて、それにああだ、こうだと修正指示を出すことに慣れていた。

 ところが今回は入力を手伝ってくれる人もいないので、ワードやエクセルを使っての帳票作りも一から十まで全て自分でやらなければならない。ワード・エクセルのマニュアルを見ながらの作業で、アイデアを練っている時間よりも票のレイアウト修正に費やす時間の方が長い。作り上げる楽しみというのはあるが、週二日という限られた時間内でやるのは辛い。といって、家に持ちかえってやり出せばキリがないので、緊急の場合を除いてそれはしないようにしている。

 結局、夕方7時半くらいまでかかってしまったが一式をセットにして関係者に送付完了。やれやれである。この仕上がり具合がこのところプレッシャーになっていたのは否めない。
by yellowtail5a01 | 2006-06-20 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2006年6月10日(土)晴

 久々の研修講師の仕事が午後に入っている。相手先は2月と同じY社で場所は宝塚。昨日からあらかじめ送られていた受講生の事前アンケートや教材を眺めてそれなりの話の組み立てを頭の中で整理していたが、朝からおさらいの意味で再整理にかかる。

 午後1時から4時までという時間帯としては最悪の割り当てであるが、受講生参画部分を増やすことによりなんとか居眠り受講生がでないようにできるか。前回と教材は同じであるが、話す順を少し変えることにする。法ジャンルごとにパワーポイント一枚でエッセンスをまとめているのだが、これはどう考えても聴いている方は退屈であろう。これと冒頭の法務センスチェックテストと完全リンクしてしまうことにした。

 結果的には、これは良かったようだ。時間の配分が厳しくなり、後の契約演習の時間が短くなってしまったが、テーマを毎にテスト、回答、説明を集中させることにより、食いつき度は前回よりも良かったようである。前回は主任クラス、今回は課長クラスという問題意識の差もあるかも知れないが、質問も活発に出てやり甲斐感があった。

 宝塚ということもあり背広ネクタイ姿でヘルメットを被って「ろくべえ」で行く。何故か宝塚方面は何度か走っており快適ライドである。すり抜けも自然にできるようになっている。無理はしないように心掛けているつもりなので、それほど危険は感じない。

 ところが、帰り道でちょっとしたヒヤリがあった。片側一車線の道でクルマの左側のスペースが結構空いている。原付でなれている人は走行中もどんどんそこを抜けていく。こちらは、車が流れているときは車線のど真ん中を堂々と走り、信号待ちで渋滞したときに左スペースを使ってすり抜けていくことにしている。ところが、クルマが止まっているときにクルマの間からいきなり歩行者や自転車が道路を横断して来ることがある。のろのろ運転でもクルマが動いているときは横断者はいないが、「止まっているときこそ危ない!」これは今日の教訓である。
by yellowtail5a01 | 2006-06-10 23:59 | 仕事 | Comments(2)
2006年5月30日(火)晴

 ようやく五月らしい天候が続いている。本来はこのような天気が続かないといけない。おかげさまで通勤は快適である。昼間は一時から三時までの予定で主催会議があったが、時間延長になってしまい、あっという間に午後の時間が消えていく。

 それにしても会議室が禁煙でないというのは辛い。八人のメンバー中5人がヘビースモーカー。露骨に禁煙にしてくれとは言いにくいところもある。直属上司もそうだし、一番関係の深い事業部長と営業本部長もスモーカーだからである。女性の主任も会議メンバーだが妊娠していたり、乳児を抱えていたらどうなんだ、と問いかけたくもなるが、まあ、ここは少し静観。その代わり、窓全開、廊下とのドアも全開ということで、煙が籠もらないようにはしてもらっている。

 2時間半の間、殆ど一人で喋ったりホワイトボードに書いたりしていたので、結構疲れた。終業後は早々に切り上げ、ララポート甲子園経由で帰ることにする。昨日、購入したズボンの裾上げができているからである。途中、甲子園自動車教習所の近くを通ったので、ちょっと寄り道する。受付には顔見知りの事務員がいなかったので素通り。二輪コース近くのテーブルでコーヒーを飲みながら教習風景をしばし眺める。

 あれは冬のことだったが、今となっては何とも懐かしい。遠目でしかとわからないが、指導員はいずれもお世話になった連中のようである。生徒はおそらく2,3ヶ月単位でどんどん入れ替わっていくのに指導員は春夏秋冬頑張っているんだ。お仕事とはいえご苦労さんだなと思う。今、スラロームや一本橋をやったらうまく行くんであろうか。やってみたい気もするが、もしボロボロだったらかなり自信喪失になるであろう。

 帰り道、甲子園球場の横を通ると盛り上がっていた。クルマならラジオなりテレビでも観戦しながら帰られるが、バイクだと携帯での野球速報すら見ることができない。結果的には快勝で首位キープ。中日の動きが気になるが、巨人の三位転落は痛快でもあり、少し残念なところもある。
by yellowtail5a01 | 2006-05-30 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2006年5月23日(火)曇雨曇

 家を出る時点で降りそうで降っていない。助かる。しかし、会社に着いてからは雨が降り出し、午後はかなりの土砂降り。気も晴れない。社内の空気、特に総務の幹部の面々はまだ先週の50周年記念行事残務と疲れを引きずっているようだ。トップも挨拶回りが終わっていないのか、いつもなら間髪を入れずに返ってくるメールの返事も来ない。

 午後遅くになって新たな案件が舞い込んだりでバタバタとするが、夕方に依頼されたものはさすがに完結できない。6時を過ぎると雨もあがってきたようなので、適当に締めくくる。
by yellowtail5a01 | 2006-05-23 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2006年5月16日(火)曇

 朝から雨がぱらつきそうだが降ってはいない。これならレインウェアなしで行ける。しかし、途中やはりぱらついてきた。上はライダージャケットを着ているからいいがズボンはそのまま。ざーっと降ってくればびしょ濡れは間違いない。「なんとかもってくれー」と祈る思いで会社に到着。濡れずに済んだようだ。

 今日は八時半から創業50周年の記念式典。といっても実にシンプルであるが、永年勤続表彰もある。40年、30年、25年、20年、10年と続く。思わず前の会社での30回余に及ぶ式典の何回が瞼に浮かぶ。席に戻ると50周年記念社史と瓦煎餅の立派な箱が支給された。社員でもないのにありがたい。

 明日が外向けの創業50周年記念パーティということで、総務部内は朝からハイテンションモード。日頃は見かけない幹部の人々も明日の段取り打ち合わせで部屋への出入りが多い。みんなが殺気立っていて落ち着いて仕事もしづらいところもある。いつもの仕事の相手がそれぞれ明日の準備でかけずり回っている感じなので午後は開店休業状態。日頃目を通せないような資料を読んだりで今日は終了。
by yellowtail5a01 | 2006-05-16 23:59 | 仕事 | Comments(0)