ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:トレード( 19 )

2011年8月8日(月) 晴

 心静かに月曜の朝を迎えるが、以前のように信用のポジションを沢山持っていたら、夜も眠られず重い気持ちで月曜の朝を迎えたに違いない。日本の朝のニュースは、S&Pの米国債格下げのニュースもやっているが、通常のニュースの中の一つというタッチ。欧米のメディアはdegradeの対策報道一色。

 大暴落はいずれにしても被害甚大だが、信用の買いポジションは一銘柄だけ逃げ遅れているが、その被害は最悪になったとしても限定的。サブプライムショック、リーマンショックの時は夜も昼もパソコンの前に釘付けにならざるを得ない修羅場の日夜が続いたが、その点は幸か不幸か今回は落ち着いて眺めることができる。

 今週は、水曜日が仕事の面での最大イベントになりそうだ。トップの交替、法改正を受けて年に一度の輸出管理会議が午後。午前に思わぬ別依頼が入り、土山の会社での講師仕事。その出来不出来によって、今後の受注可否がかかっているので、「絶対に成功させて欲しい。」とプレッシャーをかけられているが、身の丈以上のことはできない。自分のベストを尽くすしかない。
by yellowtail5a01 | 2011-08-08 23:59 | トレード | Comments(3)
2010年6月8日(火) 曇 12913+α

 少し溜まっていた家事関連の用事を済ますことにする。それと今日はなるべく歩くという
ことに主眼をおき、クルマ、バイク、自転車は使わないこととする。まずは、市役所の夙川
分室、次に西宮芸文センター、ACTAのジュンク堂。本当はその後は阪神西宮に戻る予定
だったのだが、探していた本がジュンク堂で見つからなかったので、阪急で梅田に出る。

 まずは成城石井に寄り、生パスタを求めるが、先日のテレビ放映以来品切れ状態で、入荷
してもすぐに売り切れるとのこと。入荷したら並べているので、早い時間にまたお越し下さい、
と丁重な対応だが、早い時間に梅田まで行けるかって、と内心思う。かわりにカッペリーネと
フェットチーニを買って帰る。

 紀伊国屋で同じく韓国法務事情の本を探すが、ほとんどない。かわりに中国の契約法に
関する本を、昔から馴染みのS弁護士が濃い内容で出されていたので、触手を伸ばす。
自分で買ってもいいのだが、せっかくだからEICO社で買ってもらいたいものである。ついで
にTIMEの最新号をゲットして、次々回の教材探しのネタ本とする。

 それからヨドバシカメラに寄り、CDやDVDの書き込みソフトとプリンタの補充インキが切れ
かけているのでそれを購入する。i-phoneコーナーに寄り、i-pod時のシャッフル停止の
方法とメールでの全員返信方法を尋ねる。前者は無事解決したが後者は何らヒントも得られ
なかった。

 阪神電車で西宮に戻り、ソフトバンクショップで家内の携帯の機種変更手続きを試みるが
お目当ての機種の在庫がなく、取り寄せとなる。テクテク歩いて三菱東京UFJのATMで現金
を下ろし、郵便局本局で未配達となっていた書留便を受取り、その足でさくら夙川駅に寄り、
来週月曜日の新幹線チケットを購入。最後はCOOPに寄って食材をゲット。一通りの予定計
画を全てクリアでき、やれやれである。

 ずいぶん歩いた気がするが、それでも万歩計を見ると現時点で12913歩。二万歩くらい
歩いた気になっていたがとんでもない。それでも道中黄色い花を見つけるたびに写真を撮り
ようやくキンシバイとヒペリカム・カリシナム(orビヨウヤナギ)の違いをレンズに収めることが
できた。意識をしないとこの違いはわかりにくい。

e0083517_22593177.jpg こちらオトギリソウ属のキンシバイ。

e0083517_230399.jpgこちらが、同じくオトギリソウ属のヒペリカム・カリシナムかひょっとしてビヨウヤナギ。雄しべがグラスファイバー状になっているのが前者との決定的な差である。

 大阪駅界隈はながらく工事が続いているが、来春にはグランドオープンらしい。そのイメージ
図が載っていたので、すかさずチェックする。
e0083517_2304819.jpg

by yellowtail5a01 | 2010-06-08 23:04 | トレード | Comments(8)
2008年1月6日(火) 曇のち晴 約7000歩

 昨日に始まった2009年の東京マーケットは、年末年始の間に自分の予想に反して強含みだった海外市場の勢いを借りて順調な滑り出しである。シャープがやけに調子がいい。液晶の価格下落、国内外での競争法違反による多額の課徴金、持株の評価損などでBSは相当痛んでいるはずだが、ソーラーバッテリーが環境という視点で見直されてか、今日はストップ高となった。

 円も急激に安くなり輸出関連が総じて回復傾向にあるが、このまま円安方向に向かうとも思えず、円高に反転すると輸出関連株はまたもや下げることになるのであろう。1月21日のInaugurationに向けてどう動くのか、そしてその後のオバマ政権の政策にマーケットがどう反応するのか様子を見てみないとわからない。例年ならば「節分天井、彼岸底」という格言に沿った動きが多いが、今年はどんな展開となるのか。

 用事があったので自転車で出掛けようとすると、後ろの車輪がぺちゃんこ。空気入れで入れても全く入らない。ひょっとしてナイフでいたずらでもされたのかと思うが、見てみると後輪タイヤのゴムがボロボロ。仕方なく自転車を押しながら20分歩いて購入店に持って行く。

 すっかりおじいちゃんになったオヤジさんに見てもらうと、やはり後輪タイヤを交換するしかないとのこと。4500円かかる。新しい自転車を買っても8000円くらいのママチャリがあるので、タイや一本で4500円は高いな、と思うがオヤジの勧めに従う。安物は材質が悪いから全然長持ちしないとのこと。

 阪神大震災の時にナショナル自転車の新品を買ったのが今の自転車である。14年近く乗っていることになる。物心ついて以来、自転車は6台目であるが、よく考えれば14年も乗った自転車は初めてである。一番気に入っていたのは、中学に入学したときに買ってもらったスピードメーター付きの自転車だったが、大学の時に駅前で盗られてパア。少年時代から大人になるまで世話になったがそれでもせいぜい8年くらい。それに比べると今のは長く愛用している。

e0083517_3115549.jpg修理の間、時間があったので自転車屋さんの近所を散歩するとそこは冬枯れの寒々しい情景であった。By Lumix FX07
by yellowtail5a01 | 2009-01-06 23:59 | トレード | Comments(0)
2008年10月6日(月) 曇のち晴

 金曜夜の神戸ジャズストリート前夜祭、土曜日のヒーリングコンサート、日曜日のジャズ界ウェディングパーティと続き、圧倒的な量の生演奏を浴びるように聴き、お酒もご馳走もいただき、好きな写真も撮りまくりの週末であったが、中身の濃い時間が過ぎさると「祭りの後」といった空虚感が漂うものである。

 会社に出ていると打ち合わせ、メール対応、電話対応、資料作り等で忙殺されているとそのような空虚感も忘れているが、ふとゆっくりした時間があると疲れと眠さと空虚さが襲ってくる。

 とはいってもアメリカに端を発した金融危機が世界を駆けめぐり、米議会で金融再生法案が可決されたのが材料出尽くしとなったのか、またまた暴落傾向。眠さも吹っ飛ぶような凄まじさである。ブラックマンデーの再来にならなければいいが。
by yellowtail5a01 | 2008-10-06 23:59 | トレード | Comments(0)
2008年9月30日(火) 雨

 驚愕のニュースで目覚める。金融安定化法案を米議会が否決したとのニュースが繰り返し流される。まさかのまさかであるが、これも仕組まれたシナリオなのだろうか。ダウの歴史的大暴落を受けて日本マーケットも最大下げ幅で下落か、とおもいきや、ほぼ寄り底の展開となった。

 アジア各市場も同様の展開となっていることを考えると、早急に米国は何らかの形で金融安定化法案を含む対策を打ってくると見込んでいるのであろう。或いははたまたさらに悪材料を出してきて、下落に拍車をかけようとしているグループがあるのか。いずれにしても恐ろしい世界であることを改めて痛感させられる。

 
by yellowtail5a01 | 2008-10-01 02:18 | トレード | Comments(2)
2007年8月17日(金) 5682歩

e0083517_814749.jpg 気温は朝からぐんぐん上がり、午後にはなんと室内記録更新かと思われる40度オーバー。温度計の針が振り切り状態まで行く。

 それでも、家事はこなさないといけないので、掃除、洗濯、買い物、炊事と頑張るが、家の中とCOOPへの買い物ではとうてい万歩は行かない。三重の「メタボ7人侍」のニュースもあったので、あえて追加の散歩はパスすることにする。

e0083517_845262.jpg 一方、気になっていた東京市場は、昨夜のNYの小康状態とは関わりなく、寄り付きから下がる一方。後場ではさすがに真っ青になり、背筋がゾクゾクしてくる。こんな強烈な下げは、いつ以来のことであろうか。報道では7年何ヶ月ぶりとのことだが、ITバブル崩壊の時以来と言うことか。このような事態も想定して、安全策を万全に施してきたつもりだったが、ここまで一日で動くとは想定の範囲外だった。大引けでは、不覚にもとうとう一年ぶりの追証発生。

 金銭的にもショックであるが、自分の未熟さに対する情けなさでがっかりと来る。まあ、命まで持って行かれたわけではないが、「光と影」のうち、影が大きくなったことだけは無視できない事実である。
by yellowtail5a01 | 2007-08-17 23:59 | トレード | Comments(8)
2007年8月16日(木) 晴 11203歩

 会社は今日が夏休み明け。世の中はまだ半分は夏休みのようであるが、電車に乗ると通勤客もチラホラ。それにしても朝から暑い。歩いて会社に着くともう汗でびっしょり。通勤時の桜並木は相変わらずセミの大合唱である。

 心なしか鳴き声の勢いが少し落ちてきたようである。ジャワジャワジャワジャワという高らかな声から、ジュルジュルジュルジュルというアイドリングのような鳴き声が多くなっている。空から何が落ちてきたんだ、と乾いた音の方を見やると、クマゼミが成仏している。夏の終わりは近い。

 それにしても、米国のサブプライムローン問題を端に連鎖しているこの世界同時暴落はどこまで行くのか。早い目にポジションを減らして去年の轍を踏まないように対応してきたが、このまま続くと静観しておれないことになる。個別企業リスクは分散できても、相場全体が崩れるときのリスクヘッジは、簡単にはとれないことをあらためて知る。

 この暑さが早く和らいで欲しいのも実感であるが、相場の寒さも早くピリオドを打ってもらいたいと願う真夏の夜である。
by yellowtail5a01 | 2007-08-16 23:59 | トレード | Comments(0)
2007年7月10日(火) 雨時々曇 10481歩

 日経平均が年初来というか2000年5月以来の高値更新ということで、マーケットの方も気になるが、自分のポートフォリオは3月をピークにそれ以降は裏目裏目で恨めしい。買った株は下がり、売った株は騰がる。それがこの世界の常なのであろう。

 このジャンルでの唯一の明るい話題は、ボーイング787の好調で35%を日本が引き受けているという重工株に少し光が差してきたことか。このような材料は知らなかったが、6月の中頃に何となく仕込みたくなり、仕込んだのであるが、時期尚早だったのかそこからジリジリと下げて、まさに臥薪嘗胆の思いであったが、今日一日で仕込んだ価格をクリアした。終値811円だが、ここから四桁を目指して頑張ってもらいたいものである。

 それにしても久々のトレードネタとなったが、夢の実現にはやはり先立つものが頼り。初心に戻ってコツコツとでも増やしたいものである。夢の実現に欲しいもの?取りあえずはキャノンに乗り換えか。その次の夢はBMWバイクへの乗り換えだな。
by yellowtail5a01 | 2007-07-10 21:04 | トレード | Comments(5)
2007年3月27日(火) 雨

 天気予報通り今日は雨。実質新年度入りした相場を眺めるが、冴えない動きだ。権利落ち文の下げはやむを得ないが、その分を埋めるどころか午後には弱含み。暴落ではないが弱々しい動きだ。いくつかの銘柄で配当を取るようにしておいたので、それらが今日下がらなければいいがと思っていたところ、朝の早い時間はいい感じ。しかし、その後は続かない。昨夜のNY市場の軟調さが尾を引いているのであろう。

この3月の投資行動はなかなか落ち着いて無駄なく動いてきたとの自負があるが、一つだけ大失敗をしている。高配当に惑わされ、丸三証券を高いところで仕込んでしまった。年度末に向けて高配当期待で上がれば売りとの基本戦術を持っていたが、下げ気味だったので、じゃあ配当をいただいておこうかと中途半端な戦術になってしまった。全ては遅すぎたのだと思う。1月末頃にこのような戦術を立てておれば、その頃に仕込んだものを利を乗せて彼岸頃に処分できたはずだ。ちょうどそのような人の手仕舞いのお手伝いをしてしまった。案の状況は大幅下げ。当面の回復は困難だろうから、損切り必至。

それと株主優待狙いで行ったラウンドワン。ボウリングの練習を安くできればいいなと優待狙いで2月に購入したが、その時のチャートが示していたとおり、「落ちる探検をつかむな」の諺がぴったり。まあ、一単位だけだから大したことはないが、無念なり。4月になればまたいい風が吹くかも知れない。それまではおとなしく雌伏の時になりそうである。

e0083517_639923.jpg娘の誕生日だったので携帯にメールを入れておいたところ、夕方になって返事が来た。今日の就活は終わったようだが、今晩はおばあちゃんが料理を作っているのでそちらに帰らないといけないとのこと。「じゃ、ケーキくらい食べようか」と梅田で会うことにする。ヨドバシカメラの上の方のスイーツ街に行く。

e0083517_6411711.jpg火曜日の4時半頃というのにその広いケーキ屋さんには行列が出来ている。値段はすこぶる高い。ケーキが1000円前後、飲み物が750円くらい。ハーブティをオーダーすると値段だけはあるかなという視覚的にも美しいティーが出てきた。高くても混むところは混むものだと感心する。まあ、せっかくの誕生日だからいいか。家でツマガリのバースデーケーキを買ってきても3500円は下らないし・・・結局お茶とダベリングだけして梅田で別れる。

e0083517_6455747.jpg娘を見送り、ぷらりと一人で東梅田の方に行く。JALの優待割引券がいつの間にかたまっていたのだ。有効期限が5月末に迫っているので、使いきれいない分を金券ショップに持って行くと一枚1900円で引き取ってくれた。適正価格なのか安いのかはわからない。それでもプチリッチな気分になり、ヤマトのカウンターで生ビール一杯引っかけて帰ることにする。外は相変わらずの小雨模様。明日はゴルフの予定だが天気予報通り晴れるのであろうか。
by yellowtail5a01 | 2007-03-27 22:40 | トレード | Comments(0)
2007年3月6日(火) 晴

 天気も回復し、今日も暖かいだろうと踏んでコートなしで出勤する。朝は問題なかったが、少し調べ物が残り、会社を出たのが7時過ぎになったが、ずいぶん冷える。こんなに冷えるのなら先にいってくれ~といいたくなる。

 仕事の合間に東証の状況が気になり、チラチラと垣間見るが、ドル円も日経平均も好ましい方向に動いており、ホッとする。昨日打診買いした銘柄も3勝1分というところか。27日以来の下落による損失を取り戻すところまでは行かないが、少し一息付けるところまで回復したのは、精神衛生上いいことである。

 まあ、それにしても投資家というか投機家、或いは相場師、トレーダーというのは、心の安まる時がない生業なのだろうと察する。心まですり減らすのは、人生もったいない気がする。趣味に毛が生えた程度に楽しみながら儲けられれば、それが一番と思うが、そんな甘いものではないような気がする。

 相場金言に、「相場に度胸はいらない」という格言がある。技術と経験が最も重要ということらしい。ちなみに、昨日の大暴落で買い向かうには度胸がいる。達人にとっては、それは度胸ではなく必然と映るのであろうか。いくら技術があっても神様ではないから、明日のことはわからない。そうなると、やはり確率を信じて賭にいく要素が相場にはあるのではないかとも思われる。

 上に動くのか、はたまた奈落の底に向かうのか、しばらく目を離せない状況が続きそうである。
by yellowtail5a01 | 2007-03-06 23:59 | トレード | Comments(2)