ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:家族・交遊( 346 )

2017年4月18日(火) 薄曇り 

 土曜日に続いての外出日。以前から申し込んでいた芸文センターでのワンコインコンサートにどうしても行きたいのとお彼岸に行けなかったお墓参りをしたいとの理由で外出許可を取っているとのこと。ドクターの許可が出ているので、まあ断れないが我儘な患者と思われても仕方あるまい。

 こちらは来週の講義のテキスト作り、今週末の英語会の予習等で気ぜわしいが、まだ週初めなので黙って付き合うことにする。結局二往復することになるので、クルマを運転している時間が片道一時間半としても合計6時間。

 買っておいたはずのチケットを捜しにいったん家に戻るが紛失していることを発見。じゃあ仕方ないねと持ち掛けるが、芸文センターに電話して当日券が残っていることを確認されると付き合わざるを得ない。
e0083517_00524784.jpg

 若手のビオラ奏者とピアノのコンサート。ヴァイオリンのような華やかはないし、チェロのような落ち着いたしっとり感もないので、注目していない楽器。曲目はイギリスをフィーチャーしてエルガー、ブリテン達の難解な曲が多い。一時間だから集中しておれるが、二時間なら眠ってしまいそうだ。まあ、それでも美しい音色、旋律、日頃馴染のないジャンルに接することができた。

 日頃の病院料理が味気ないとのことで、昼はガーデンズでとんかつ、夕食は千里中央のお寿司屋さんがいいとのこと。少々食べ過ぎの気もするが、これを楽しみにしていたようなのでとても説得しきれない。お墓参りはその合間に寄る。

 お寿司屋さんのある千里中央セルシーに久しぶりに行く。新婚以来の七年間、子供たちが小さかった頃、毎週のように週末はここに来て過ごしたことが思い起こされる。30年ほど前のことだ。あんなに賑やかだったセルシーも老朽化し、閑古鳥が啼いている。
e0083517_00215030.jpg
 平日だから余計にそうなのかも知れないが、計画ではセルシーは潰し、やがてマンション群に変貌するらしい。昔と違い、モノレールが開通して空港にも近く、御堂筋線で梅田や難波にも近いというロケーション。ディベロッパーの視点ではそれが正解なのだろう。
e0083517_00212004.jpg
 子育て時代の思い出がいっぱい詰まったこの景観も消えるのかと思うと寂しい。その昔、セルシープールというのがあり、近所の北千里市民プールに比べると入場料が高かったが、よく子供を連れてきたものだ。目の保養度に抜群の差があったのが懐かしい。そのプールもとうに廃止されているようである。
e0083517_00225095.jpg
 思いがけずノスタルジック、感傷的セルシー探訪となってしまった。
 

by yellowtail5a01 | 2017-04-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年4月4日(火) 晴 

 絶好のゴルフ日和だが、入院先のドクターの外出許可が下りたとのことで、別の科の受診のために西宮の病院への送り迎え。朝の8時過ぎに家を出て帰ってきたのが午後9時過ぎ。久しぶりに一緒に回ることになっていた同伴パートナーの先輩には申しわけないが、ドタキャン連絡は入れておいた。

 前回は、入院日が約半年ぶりのバトルラウンドにかち合い、ドタキャンしたばかり。キャンセルフィーもばかにならないが、こればかりは諦めざるを得ない。もちろん、皆さまご理解くださり、「奥さん大事にせなあかんよ。」と優しい言葉を掛けていただくのだが・・・

 途中待ち時間に少し空き時間があったので、クルマで満地谷、夙川公園をドライブして車窓越しの花見に付き合う。日曜日とは打って変わって咲き初めており六分咲きくらいの木が多い。
e0083517_03373235.jpg
 まあ、自分は毎日のように何らかのお花見もできるが、家内にしたら今年唯一の花見機会なので、嬉しいのであろう。得心して落ち着いてくれればいうことないのであるが。

 幸い脳外科での診察結果は心配した異常がないことがドクターから説明され、本人もホッとしたようであった。

 

by yellowtail5a01 | 2017-04-04 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年3月31日(金) 雨

 鬱陶しい雨の月末、期末。クルマで娘宅に向かうが、道路は大渋滞。いつもなら1時間あれば行けるところが倍くらいかかってしまう。アッキーに会うのも久しぶり。またまた成長のあとが確認される。それは、語彙が豊富になっていること、言葉のキャッチボールが格段に進化している点である。

 よく考えると一人で来るのは初めて。つい年末くらいまでは、ジィジバァバという単語が定着し、バァバがいないときでもジィジバァバと呼ばれて困惑したものだが、今日会うと、「バァバは?」と尋ねられる。完全に分離して認識されるようになったものと安堵する。
e0083517_12020050.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-03-31 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年3月23日(木) 曇

本来であれば約半年ぶりのバトルラウンドを予定していたが、急遽家内が入院することになったので、ドタキャンし朝から入院準備の手伝い。早く目が覚めたので6時過ぎからテレビを視ていると、階下から叫ぶ声が聞こえ、慌てて降りかけると頭頂から血を流した家内がいた。なんでもトイレに行こうとしたときにふらついてこけた時に家具の角に頭をぶつけたようである。

一瞬救急車を呼ぼうかと思ったが、血まみれではあるが、傷は浅そうである。近所のかかり付けの内科医で応急処置を頼めば大丈夫そうなので、開診の時刻に行くと想像通りの応急処置をしてもらい一段落。

あとは入院道具準備を手伝い、荷物を積み込みクルマで病院に向かう。二度目の入院となる病院だが、遠いのが難点。道路事情にもよるが一時間半をみておかなければならない。午後一杯かかって、入院に先立つ検査、診察、諸注意事項、事務手続きを終えると夕方となる。

なんとなく重い気分で国道171号線を戻る。心象風景を象徴するような西の空。
e0083517_03372298.jpg
予定では五月末頃に退院とのことだが、それまでまた一人暮らしとなる。慣れていると言えば慣れているので不安はないが、規則正しい生活を心がけたいものである。 

by yellowtail5a01 | 2017-03-23 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年3月19日(月)晴

母のお墓参りに二人で行く。いつもより少しお花をはり込み、キリスト教流儀で讃美歌も歌いつつ祈りを捧げる。クリスチャンでもない自分がそうするのも違和感がないわけではないが、クリスチャンである家内はすっかり仕切ってくれる。
e0083517_02330041.jpg
千里山の家内の両親のお墓参りまでする時間はなかったので、それは延期し苦楽園でお蕎麦をいただいて帰る。午後の飛行機の時刻が迫り、慌てて伊丹に向かう。羽田から横浜に入り、姉夫婦と会い夕食を共にする。親がいなくなった今、兄弟の絆は以前以上に大切だと思う。

明日の仕事に備え、九時頃にお開きとして泉岳寺に向かう。最近何かと話題のアパホテルが今晩の宿。泉岳寺のアパホテルに泊まる。屋上露天風呂が最大の魅力。
e0083517_02331409.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2017-03-20 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年3月17日(金) 晴

朝から夜まで病院二カ所、医院二カ所を回ることになる。いろんな検査を受ける本人も大変だろうけど、あっちに行ったりこっちに行ったり待たされるのも結構辛い。読みかけの本を読んだり、週刊誌に目を通したりして退屈を凌ぐ。

夕方に最後の大阪市内の医院を訪ねた時はちょうど夕焼け。ゴチャゴチャした大阪のど真ん中もシルエットになると捨てたものではない。
e0083517_01162841.jpg
時間の経過とともに夕焼けの色も深まっていく。
e0083517_01163552.jpg
ラジオで大相撲中継に聞き入るが、実況中継も耳だけだと状況がわからない。野球ならかなりわかるのだ。雰囲気と結果だけはわかるので、それはそれでありがたい。稀勢の里が横綱らしい相撲を取っているようなので、率直に嬉しい。
e0083517_01164440.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-03-17 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月28日(火)晴

いろいろと変化の多かった二月も今日でおしまい。母を送ったことで5歳くらいは歳を取ってしまったような気分である。今日は娘と孫に会う癒しの一日。母の前夜祭の時にも会ったが、バタバタしていてほとんど遊べなかったので、今日は存分に遊ぶ。

ジィジはどうやら砂場遊びの友となっているようだ。風もなく、いいお天気なので近場の公園に出向く。CX-5を家に忘れ、スマホを娘宅に忘れたので仕方なくガラケーのカメラで撮るが、解像度が低くて物足りない。
e0083517_01055920.jpg

娘宅に戻って、持ってきたイチゴとケーキをいただく。バァバはイチゴのバァバになりつつあるようだ。
e0083517_00465987.jpg

閑話休題、気になっていたイカナゴ漁の解禁日は3月7日に決定したようだ。今年は禁漁という噂もあったがとりあえずは大丈夫そうである。三月七日以降は忙しくなりそうだ。そのためにも確定申告はそれまでに片付けておきたいものである。

by yellowtail5a01 | 2017-02-28 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月26日(日)晴

葬儀社のサービスで葬儀後の事務手続きのカウンセリングというのがあるので、兄と二人で訪ねる。目的はきっと後の香典返しの営業や手続代行の営業目的だろうと覚悟していたが、意外に営業抜きで親身になって相談に乗ってくれるのでありがたい。

二時間くらいいろいろ教えてもらい、まだまだやるべきことがあることを痛感する。先日西宮ガーデンズで衝動買いしたルピナスともう一つの紫花。早く植え替えないといけない。
e0083517_18040747.jpg
こちらの名前はメモしておくべきであった。
e0083517_18042087.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-26 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月19日(日)晴

身内の親戚が集まっている間に納骨式まで済まそうということで、11時に墓地に集合。簡単な礼拝をして、お墓の下に骨を埋める。やがて土に返って行くのだろう。
e0083517_00391761.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月18日(土) 晴

10時半から告別式ということで、9時に葬儀会館に出向く。昨夜の前夜式に来ていただいた方もあるが、今日のために来てくれる親戚、ご近所の方で席はほぼ満席となる。母も喜んでいることと思われる。

しかし、事務局担当としては昼食の数が足りるのか、余り過ぎることはないのかが気になる。失礼にならないように親戚の従兄妹に尋ねる。母方の親戚四人は、体調が不調ということで告別式ですぐ帰るとのこと。父方の親戚の一部も体調を理由に早く帰りたいとのこと。無理は言えない。

注文していた料理の数が四っつも余ることになるので、母が親しくしていたご近所の参列者に強引に声を掛けて焼き場への動向、精進上揚げの昼食に巻き込む。牧師先生にも声を掛けて参加いただく。

おかげで、余りは一つのみとすることができた。一つは影膳として母の写真の前に置く。


by yellowtail5a01 | 2017-02-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)