ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:家族・交遊( 342 )

2017年3月19日(月)晴

母のお墓参りに二人で行く。いつもより少しお花をはり込み、キリスト教流儀で讃美歌も歌いつつ祈りを捧げる。クリスチャンでもない自分がそうするのも違和感がないわけではないが、クリスチャンである家内はすっかり仕切ってくれる。
e0083517_02330041.jpg
千里山の家内の両親のお墓参りまでする時間はなかったので、それは延期し苦楽園でお蕎麦をいただいて帰る。午後の飛行機の時刻が迫り、慌てて伊丹に向かう。羽田から横浜に入り、姉夫婦と会い夕食を共にする。親がいなくなった今、兄弟の絆は以前以上に大切だと思う。

明日の仕事に備え、九時頃にお開きとして泉岳寺に向かう。最近何かと話題のアパホテルが今晩の宿。泉岳寺のアパホテルに泊まる。屋上露天風呂が最大の魅力。
e0083517_02331409.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2017-03-20 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年3月17日(金) 晴

朝から夜まで病院二カ所、医院二カ所を回ることになる。いろんな検査を受ける本人も大変だろうけど、あっちに行ったりこっちに行ったり待たされるのも結構辛い。読みかけの本を読んだり、週刊誌に目を通したりして退屈を凌ぐ。

夕方に最後の大阪市内の医院を訪ねた時はちょうど夕焼け。ゴチャゴチャした大阪のど真ん中もシルエットになると捨てたものではない。
e0083517_01162841.jpg
時間の経過とともに夕焼けの色も深まっていく。
e0083517_01163552.jpg
ラジオで大相撲中継に聞き入るが、実況中継も耳だけだと状況がわからない。野球ならかなりわかるのだ。雰囲気と結果だけはわかるので、それはそれでありがたい。稀勢の里が横綱らしい相撲を取っているようなので、率直に嬉しい。
e0083517_01164440.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-03-17 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月28日(火)晴

いろいろと変化の多かった二月も今日でおしまい。母を送ったことで5歳くらいは歳を取ってしまったような気分である。今日は娘と孫に会う癒しの一日。母の前夜祭の時にも会ったが、バタバタしていてほとんど遊べなかったので、今日は存分に遊ぶ。

ジィジはどうやら砂場遊びの友となっているようだ。風もなく、いいお天気なので近場の公園に出向く。CX-5を家に忘れ、スマホを娘宅に忘れたので仕方なくガラケーのカメラで撮るが、解像度が低くて物足りない。
e0083517_01055920.jpg

娘宅に戻って、持ってきたイチゴとケーキをいただく。バァバはイチゴのバァバになりつつあるようだ。
e0083517_00465987.jpg

閑話休題、気になっていたイカナゴ漁の解禁日は3月7日に決定したようだ。今年は禁漁という噂もあったがとりあえずは大丈夫そうである。三月七日以降は忙しくなりそうだ。そのためにも確定申告はそれまでに片付けておきたいものである。

by yellowtail5a01 | 2017-02-28 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月26日(日)晴

葬儀社のサービスで葬儀後の事務手続きのカウンセリングというのがあるので、兄と二人で訪ねる。目的はきっと後の香典返しの営業や手続代行の営業目的だろうと覚悟していたが、意外に営業抜きで親身になって相談に乗ってくれるのでありがたい。

二時間くらいいろいろ教えてもらい、まだまだやるべきことがあることを痛感する。先日西宮ガーデンズで衝動買いしたルピナスともう一つの紫花。早く植え替えないといけない。
e0083517_18040747.jpg
こちらの名前はメモしておくべきであった。
e0083517_18042087.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-26 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月19日(日)晴

身内の親戚が集まっている間に納骨式まで済まそうということで、11時に墓地に集合。簡単な礼拝をして、お墓の下に骨を埋める。やがて土に返って行くのだろう。
e0083517_00391761.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月18日(土) 晴

10時半から告別式ということで、9時に葬儀会館に出向く。昨夜の前夜式に来ていただいた方もあるが、今日のために来てくれる親戚、ご近所の方で席はほぼ満席となる。母も喜んでいることと思われる。

しかし、事務局担当としては昼食の数が足りるのか、余り過ぎることはないのかが気になる。失礼にならないように親戚の従兄妹に尋ねる。母方の親戚四人は、体調が不調ということで告別式ですぐ帰るとのこと。父方の親戚の一部も体調を理由に早く帰りたいとのこと。無理は言えない。

注文していた料理の数が四っつも余ることになるので、母が親しくしていたご近所の参列者に強引に声を掛けて焼き場への動向、精進上揚げの昼食に巻き込む。牧師先生にも声を掛けて参加いただく。

おかげで、余りは一つのみとすることができた。一つは影膳として母の写真の前に置く。


by yellowtail5a01 | 2017-02-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月17日(金)雨

午後二時に葬儀会場である山手会館に集合し、前夜式の段取りの打ち合わせ。葬儀社の担当女性は若いが、テキパキと進めてくれて安心感がある。
e0083517_23345962.jpg
想定していた参列者が集まっていただき、前夜式が始まる。約一時間、牧師先生のリードで進められる。7時過ぎに散会となるが、一番近しい親戚が残り通夜振舞いとなる。兄と姉と自分の息子、娘達の家族が集う。兄を頂点とする兄弟姉妹、子供世代の従兄妹会となる。子供世代が全員集まるのは初めてのイベントとなる。
e0083517_00394411.jpg
アッキーも遅くまで機嫌よく付き合ってくれ嬉しい限りである。こんな機会は、おそらくもう二度とないような気がする。
e0083517_23395569.jpg


by yellowtail5a01 | 2017-02-17 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月16日(木)うす曇り

いよいよ葬儀準備モードへの突入。何かと気ぜわしい。前夜式、告別式の参加人数の把握がなかなか難しいものである。通夜振舞いはアバウトなのでいいが、告別式の時の仏教でいう精進上げの料理の数の把握が難しい。足りなければ困るし、余ると無駄な出費になる。エイヤで多い目に注文するしかないような気がする。

大した準備ではないが、事務的な作業と兄姉との連絡確認で忙殺される。たくさんの用事を終えて帰路に向かうと夕焼け。明日からの三日間が忙しそうである。
e0083517_23343973.jpg



by yellowtail5a01 | 2017-02-16 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月14日(火)晴

父方の親戚への連絡と近所まわりの連絡は兄と姉から任されたので、朝から電話作戦。従兄妹連中も一部を除き、パソコン、メールに馴染まないので電話とファックスに頼ることになる。久しぶりに電話すると、皆さん親しく応対いただき、親戚というのもいいものだとあらためて思う。

いろんなコミュニティに属しているが、やはり血の繋がった従兄妹連中には特別な歴史の共有がある。従兄妹達の親世代、すなわち伯父さん、伯母さん世代では母が最後の生き残りだった。その従兄妹世代の大半が80代、70代後半になっている。皆さんにご参列いただけるのか不安もあるが、総じて女性陣はお元気そうである。

一応近しい親戚筋中心の家族葬としているので、ご近所、町内会へのご案内には神経を使う。幼馴染で町内の顔役の奥様に相談して、案内方法を決める。母が生前親しくお付き合いしていた方の詳細はわからないが、同世代の皆さまにはご案内した。難しいところである。

昼からは、家内が4年前の義母のお葬式の時に来た喪服が入らないというので、サイズアップした黒のドレスを買うことになる。無駄な出費と言わざるを得ないが、こればかりは仕方ないので、泣く泣く大枚はたく。

娘の家に届けるものがあったのでほんの30分ほど寄って、大阪市内の診療所に通院。アッシーも忙しい時は辛いところがある。それでもおかげで谷町から眺めるバラ色の空を撮ることができたのは、せめてもの幸い。
e0083517_22423867.jpg

そういえば今日はセイントヴァレンタインズディ。娘からと家内からの義理チョコが届く。本命も欲しいところだが、そこはグッと我慢。っていうかもらってもブログで公開できるわけもない。
e0083517_22510970.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-14 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月13日(月) 晴

午前中に病院関係の手続きを終え、午後は葬儀社との打ち合わせでくれる。故人の思いを鑑みて恥ずかしくない葬儀にしたい気持ちと、とはいっても予算管理もしなければならない狭間で悩みが多い。

それにつけても、ブログで公開してしまったのがよかったの、悪かったのか。ご近所には一部を除いては家族葬で通うそうと思っている。フェースブックを通じて多くの友人からお悔やみ、励ましのメッセージをいただき、感謝の極み。お一人お一人に返信はできませんが、お悔やみ、励ましメッセーッジをいただいた皆さまに心から御礼申し上げます。



by yellowtail5a01 | 2017-02-13 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)