ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:友人・交遊( 337 )

2017年9月16日(土) 雨 

前々から画策していた旧国際契約部のOB会。自分の松下キャリアの原点のメンバーである。個々にはそれぞれ接点があり、定年後も会う機会があるが、その中核的存在のW尾氏とは約20年振り。80才の大台を越えられているが、お元気な姿を目の当たりにしてホッとする。結婚式では仲人をお願いしたものだ。

京橋の中華料理店でランチを共にし、昔話に花が咲いた。来年も参加者を広げて実現したいものである。
e0083517_02442753.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-16 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年8月15日(火) 晴のち夕立

のんびりとしたお盆休みであったが、いよいよ終わりかけとなる。挿し芽を増やしていたカリオペの苗を近しい人にお譲りしというか強引に押し付けているかもしれないのだが、前々から持っていきますよと言っていた友人に手渡すことができた。

引き受けていただけるだけでもありがたいのだが、珍しいイタリアビールがあったから飲んでみてとのこと。嬉しいサプライズ。
e0083517_05260799.jpg
そうなると今夜の夕食はイタリアン。ハーブプランターのバジルが生い茂ってきているので、ジェノベーゼパスタに即決。バジルの葉をプロセッサーで処理するのは何年振りかの二度目。松の実やニンニクも隠し味で混ぜ込む。
e0083517_05252868.jpg
付け合わせサラダはカプレーゼ。
e0083517_05254758.jpg
久しぶりにイタリアンな夕食を楽しむことができた。今日もお友達に感謝である。

by yellowtail5a01 | 2017-08-15 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年8月11日(金) 晴 

毎年この時期に設定する大学のクラス会。教養部時代のフランス語クラスの会合が続いている。昔は誰かが世話役をやってくれていたのだが、いつからか自分が世話役になったようである。

いくつかエポックメイキングな年の同窓会は記憶にあるが、何年何月何日にどこで誰が集まったかの記憶、記録はない。明確に覚えているのは2001年。新地のお店でセットアップしながら直前で下血し、胃潰瘍で入院した2001年の夏季休暇。当日携帯電話に連絡をもらい、屋上で皆さんとお話しし、お見舞いやら冷やかしやら、トークしたのは覚えている。

2006年以降は、ブログに記録を留めているので、ある程度分かる。記念写真を掲載していると、どの店でやったか、誰が参加したかが一目瞭然であるが、抜けている年も多い。わかっていながら今日も記念写真を撮るの失念していた。一次会の支払い・会費徴収と二次会の予約交渉が交錯し、すっかり忘れていた。世話役もいいが、だれか相棒を決めたいものである。

一次会は川西のLe Sud Chesapeakというフランス料理店。飲み放題付のコースで6000円程度というのは、ありがたい。スターターの前菜はサーモンに野菜・フルーツをあしらったもので、なかなかのもの。
e0083517_03173815.jpg
メインは、ブイヤーベース、ラグードゥブッフ(牛肉の赤ワイン煮)、牛フィレステーキから選択ができる。あらかじめメールで確認したところ、ブイヤーベース3人、牛フィレステーキ2人、ラグーが6人となった。みくらべるとどれも美味しそう。自分はラグーを選んだが向かいのHさんのブイヤーベースとトレードを申し込み、そちらも試食させてもらう。
e0083517_03175077.jpg
11人中、8人が恒例の二次会カラオケに流れ、一時間半を歌いまくる。古い曲が主体だが、グリー部や混声合唱団をやっていたメンバーもあり、予約がジャンジャン入る。延長も考えたが、歳のことも考え10時前にはお開きとする。
e0083517_03180880.jpg
男声デュオ、女性デュオもあり、盛り上がる。
e0083517_03584274.jpg
自分としては新しい曲として「この街で」を披露するが、少し受けた気がする。来年はカップルで歌ってくれることを期待する。


by yellowtail5a01 | 2017-08-11 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年8月4日(金) 晴のち曇のち夕立ち 

かねて約束していた案内状の発送日で、予定会場のレストランに12時半に世話役5人で集合し、往復はがきに宛名シールを貼り、一言メッセージを手分けして書く。どれだけ効果があるのか、手間がかかる割にくたびれ儲けになりそうな気はするが、一人でもその効果で参加してくれればいい。

当日の段取りも大体打ち合わせ、三時過ぎには解散。帰りにビールでも引っかけるか、カラオケに行くという選択肢もあったのだが、誰も何も言わないので、西梅田でなんとなく解散。

5人のうち3人はカラオケ好きだが、後の一人はどうでもいい派、もう一人はカラオケ興味無し派なので、流れ解散となった。まあ、自分自身もコーラスを始めてからというものカラオケへの執着はなくなったのと、家内が家で待っているのと、明日の英語の予習の時間を確保したいという気もあって、二次会のなかったのが幸いなのだろう。

しかも、夕方には空の色がおかしくなってきた。84枚の往復はがきを西宮郵便局で投函して、帰ろうとすると南の空が黒い。雨の匂いがする。
e0083517_20221172.jpg
家に帰ってしばらくすると、雨が降り出した。かなりの激しい夕立。雷も近くに聞こえ、久しぶりのお湿りとなる。水遣りの手間が省けて助かる。

雨が上がったのを確認して7時すぎにCOOPに夕食を調達に行くと、西の空は怪しい色。台風5号の影響がもうこちらにも及んでいるのだろうか。
e0083517_20222788.jpg
変な進路をとるとこちらに向かってくるのかも知れない。そうなると日曜日のヨット遠征準備は、台風対策もすることになりそうだ。但し、12日から途中参加を目論んでいた夏遠征は、家内の不調を放ってはおけず、きっぱり断念することにした。

by yellowtail5a01 | 2017-08-04 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2017年7月30日(日) 曇 

6月初旬に十数年ぶりに集まった大学クラブ活動の同窓会。その時は、夜に別用があったので二次会には参加できなかったのだが、盛り上がった勢いで山村の古民家を買い取って自然と共存して暮らしているY君のところに集まり、BBQをしようという話が持ち上がったらしい。

七月になってメールで案内が来たが、日曜に集合して一泊して月曜解散とのこと。月曜は仕事日なので一泊は無理だが、日曜は何とかなる。日帰りでも大丈夫とたずねるとOKとのこと。古民家での暮らしに興味が湧き、参加させてもらうことにする。

本来は午後の集合だったらしいが、気を遣ってもらい有志で昼前に集まり、地元で有名な手打ち蕎麦のお店に案内してもらう。
e0083517_01300968.jpg
このお店も古民家だが、有名になっているようで駐車場はほぼ満車。ナンバープレートには京都や名古屋など遠方からも来ているようである。昨日は高槻で天ざるをいただいたので、人気の高そうななめこおろし蕎麦をいただく。
e0083517_01303954.jpg
蕎麦の固さ具合や色合いもよく、なめこもたっぷりでゆずの隠し味が美味しくて満足の昼食となった。山道をクルマで案内いただきY君の古民家に向かう。400坪の敷地に三つの棟があり、あとは菜園。かなり本格的な農業が営まれている。
e0083517_01311026.jpg
駅前のスーパーに買い出しに行き、肉の量で悩む。一人当たり200グラムでどうかいう意見もあったが、ちょっと少ないのではという意見が主流となり、@250グラムを調達。いったん戻って、榊原温泉近くのコミュニティ風呂で汗を流して戻る。さすがに源泉かけ流しでシャワーも源泉。

BBQの場所は、敷地の奥の見晴らしのいい空き地。七輪三つに鉄板と網を用意して、椅子やテーブルも運ぶ。
e0083517_01313927.jpg
男性陣は、力仕事、火おこし、女性陣は野菜を切ったりの分担は50年近く前のキャンプで鍛えた役割分担でお手の物。スムーズに準備が進む。やがて陽も傾き、ヒグラシのカナカナカナという哀愁を帯びた鳴き声を聞きながら山村の宴会が始まる。

肉の量は多すぎたようで余りが出た。最初に野菜、手羽先、ウィンナーを焼いたのが誤算か。結果的には@200グラムでよかった。やはり皆さん、歳をとってきたのだろう。
e0083517_01320972.jpg
皆さんはお泊りなのでいいが、こちらは帰りの近鉄特急の時間が気になり、8時過ぎで失礼することにする。青山町駅でピッタリの普通に乗れたが、名張駅で15分ほどの特急待ち。退屈せずに済んだのは、近くの花火大会。駅から打ち上げ花火を鑑賞することができた。
e0083517_01323945.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-07-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年7月1日(土) 薄曇り 

 三日連続の京橋となる。今日は、30代の七年間を過ごした組合活動時代の仲間との7年振りの同窓会。先輩、同僚、後輩、とそれぞれ思い出が凝縮した仲間たちである。昔のビデオや写真も紹介されて、若かりし頃の記憶が蘇る。

 長い会社生活の中で、一番純粋な気持ちで使命感に燃えることができた30代であったような気がする。当時、新入社員直後で無理やり執行委員に引っ張り込んだ二十歳そこそこのOちゃんが、今や部長として活躍しているなど、みんなそれぞれ輝いていて嬉しい。
e0083517_00491943.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-07-01 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年6月30日(金) 曇 

 梅雨らしいお天気だが、出掛ける頃には雨も上がりありがたい。今日は、10月7日に予定している法務部門OB/OG会の世話役会議で梅田に参集する。ヘッドのT野氏は体調が優れないので欠席、事務方筆頭のS子氏は所用で欠席。

 残った六人でプラニングを討議する。一番の重要事項は、会費の値上げを今年に実行するか、多少の繰越金を使いもう一年持ちこたえるか。難しい選択である。以前に比べると事務経費はかなり切り詰めてきているが、残るは往復はがき代をどうするか。ハガキの値上げもあり、馬鹿にならない。メールで済ませられるところはメールにしようということになる。

 メールにすると事務方を担当する若手三人(といっても67歳前後)の負担が増えそうだが、背に腹は代えられない。課題は山積しているが、7月中には案内状ないし案内メールを出さないといけないので、忙しくなりそうだ。

 梅田の会議が終わり、京橋に向かう。昨日のP社同期会に参加できなかった東京のK井君が、今日は大阪出張で来ているとのことだったので、京橋で一献傾けることにする。退職後、別企業の役員として7年目になるらしい。いろいろと違った世界の話を聞かせてもらう。若いころから同期としての付き合い。この歳になると一層有り難さを感じる。

 よく考えれば、昨日も京橋、今日も京橋、明日は明日で組合活動の本社支部時代の合同同窓会。三日連続の京橋というのも偶然とはいえ、奇遇である。
e0083517_00051730.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-06-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年6月29日(木) 曇 

 また株主総会の日が巡ってきた。今年は終わってからのお楽しみがある。昭和48年同期入社の集いを復活しようという企画。去年の総会でたまたま顔を合わせた本社配属以来の友人のS君にばったり会い、総会後京橋で昼食を共にしたのがきっかけとなり、来年も会おうということになった。どうせなら同期の連中に声を掛けて、昔よくやった48会を復活しようということになった。

 結局、連絡がついて集まったのは8人。現役時代の最盛期には20人位集まった記憶があるが、復活第一回としては上々である。一人はちょっと早く退席したが、残った七名で記念写真。老けたと言えば老けたが、十数年前とのギャップはほとんどない。
e0083517_23315861.jpg
 総会の方は、例年と変わらず12時までの時間を質問に宛てて無事シャンシャンシャン。株価もこのところ上昇傾向で、可もなく不可もなくというところであろうか。
e0083517_23314790.jpg
 大阪城を見下ろすアサヒビール系のスカイレストランは、7月末で閉店とのこと。次にまた新しいレストランができるのかも知れないが、よく使ったお店が姿を消すのは寂しい。
e0083517_23321003.jpg
 三時前には皆さんと別れ、梅田から阪急で京都に向かう。五月末に訪れて空振りだった建仁寺の両足院の半夏生を見届けたい。着いたのは4時過ぎ。4時半で受付終了だったので、ちょうどいいタイミングであった。
e0083517_23332638.jpg
 あらためて半夏生の花、葉をじっくりと味わうことができた。
e0083517_23321947.jpg
 なるほど半化粧というのも頷ける。
e0083517_23325029.jpg
 穂状の花はいかにも控えめで、受粉のために昆虫を呼ぶために葉が白く変色し、花のように目立つようになった自然の摂理が伝わってくる。
e0083517_23324183.jpg
 それにしても花見小路はすっかり外人通り。中国語、韓国語、スペイン語、英語が主流で、日本語が聞こえてくるのは稀であった。
e0083517_23333533.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-06-29 23:48 | 友人・交遊 | Comments(2)
2017年6月17日(土) 晴

 朝一番は、先日退院した病院での外来診察で、午前九時に着くように家を出る。午後に小学校同窓会の世話役会を予定しているので、11時半には帰宅しなければならない。主治医のM先生のカルテ処理が遅れ気が気ではない。取りあえず処方薬は出たので、費用支払いは火曜日にあらためることにして、強引に帰宅に向かう。

 名神高速を使えば一時間弱で帰ることができるので、大枚950円を覚悟して高速で帰宅する。ゆっくりする間もなく着替えて家を出る。何人かのメンバーとは二月の新年会、四月のゴルフ及びゴルフ前夜祭で会っているが、久しぶりに会える人もいて嬉しい。

 今年になって見つけたカサ・ラ・パボーニ。1時から5時半までパーティスペースで、食事して、飲んで、会議して、だべって、カラオケをしてお開きとなる。
e0083517_23354443.jpg
 六月初旬になくしたCX-5が警察に届けても出てこないので、そろそろ決断の時。ヨドバシカメラで現物を確認したので、LumixのDMC-TZ90をアマゾンで発注していたが、帰宅すると届いていた。
e0083517_23332703.jpg
 これからのフォトライフがどう変わっていくのか、我ながら楽しみである。P社関連の会合でカメラを取り出すときには、遠慮しなくていいところが隠れたLumixのメリットである。

by yellowtail5a01 | 2017-06-17 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2017年6月15日(木) 晴 

 午前中に芸文センターでのコンサートは、家内が申し込んでいたもの。アッシーを兼て付き合う。ソプラノ歌手とピアノ伴奏のユニットで、格別聴きたいというほどのものではなかったが、行けば行ったでそれなりの感動はある。特に後半のオペラからの選曲は、聴き応えがあったように思われる。平日の芸文センターワンコインコンサートは、阪神間の老人憩いの場のような感じ。
e0083517_01034524.jpg
 来月の「フィガロの結婚」に向けて全力投球のようである。
e0083517_01050290.jpg
 いったん家に戻ってソーメンをいただき、夕方の組合OB会に備える。営業部門主体のOB会であるが、気が付けば組織変更の荒風の中で、組織として残っているのは我が本社支部のみ。東京や近畿の営業所支部に比べると弱小支部だったが、今となっては核になってしまった。現役の委員長を二次会で励ます。
e0083517_00570930.jpg
 夕方のOBP37階からの夕日を楽しむ。日ごろ使っていないPENTAXを持ち出すが、重すぎる。新しいLUMIXが発売になったようなので、久しぶりにLUMIXに回帰することも検討したい。
e0083517_00565304.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-06-15 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)