ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:友人・交遊( 342 )

2017年10月27日(金) 晴 

朝から歯医者さんの定期検診。昨日の同窓会でも話題になった歯の手入れの重要性。二ヶ月に一度の定期検診はこの歳になると重要なのであろう。

帰り道見かけた保育園の園児お散歩風景。12人の幼児に4人の保母さんが付いている。保育料も高くつくことだろうと思われる。しかし、保母さんの給与は安いのであろう。
e0083517_01104147.jpg
政治家は口を揃えて美辞麗句を語るが、本気はあるのかと娘の姿がオーバーラップする。

今日は、基本的にはフリーなのだが、明日の英語の予習が重い。しかし、その合間を縫って、英語仲間で絵を描いている人の作品発表会。一緒に観に行く仲間と三人で、先ずは芦屋ランチ。一番安いランチだが、お店の雰囲気はいい。
e0083517_01110017.jpg
オードブルの後は、スープかパスタ。パスタを選ぶ。
e0083517_01111805.jpg
メインは明石鯛のバルサミコ風味ソテー。食事をしながら会話は弾む。女性二人のマシンガントークにはついて行けないが、他愛ない話題の中で、少し考えさせられるテーマがあった。
e0083517_01112708.jpg
Kさんの心情として、最近このようなコミュニティ、そこでの集い、会食の機会がとても貴重に思われるとの感想。日々いろんな会合に顔を出すと新たな出会いもあるのだが、打ち解けるまでにはある程度の時間が必要。

現に今日集まった三人も、出会った当時からの仲良しというわけではなかった。五年、十年と月に一度同じ会合に集う中で、気心の許し合える仲間となれる。

人生の残された時間を考えると、そうそういつまでもコミュニティを拡大できるわけではない。今築いているコミュニティの大切さが実感されるという結論に三人で落ち着いた。

その中で、同窓会というのは時間を飛び越えて懐かしいコミュニティにワープできるので、やはり貴重な機会であることも意見が合う。

デザートとコーヒが付いて納得のランチとなる。芦屋市民センターの三階の展覧会場で、作者の解説付きで一通り回る。Yさんの技量も年を重ねるごとに上がっていることを実感する。
e0083517_01113958.jpg
「橋」というテーマで、Yさんが倉敷の橋を描いた作品が光っていた。

by yellowtail5a01 | 2017-10-27 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年19月22日(日) 雨 

いよいよ台風21号が接近してきて、雨は上がりそうにもない。ひょっとして今日のOB会は中止という連絡がくるかと思ってメールボックスに注意しているが、連絡なし。10時半開場ということなので、9時半には家を出る。

駅に向かう途中に投票所があるので、投票を済ませていく。結果は予想されているので虚しいが、安倍批判票を入れる。野

党の離合集散でわけがわからなくなっているが、数年前に駅前で朝立ちをしていたH候補と話す機会があり、まともな応対だったので、この選挙区の中では唯一応援しようかなと思う候補である。

産機は、確かに自分が一番脂ののっていた30代後半から40代前半を過ごし、小さい社内分社ではあったが、トップからの信頼も得て、また若い部下にも恵まれて一番身を入れて仕事をできた時代である。

深夜残業、土日返上の苛酷な労働環境だったが、全く苦に思うことはなかった。その当時に真剣勝負でやり合った仲間、傷を舐め合った仲間が沢山いる。本社の法務部門とはまた違った懐かしい絆がある。

出席者185名とのこと。そのうち、顔と名前が一致するのはせいぜい三分の一。その中で、ある程度時間を取って喋ったのは25人だった。お互い知っているだけであればその倍は行けたと思うが、やはり気心相通ずるものがないと苦しい。
e0083517_03043304.jpg
以前はたまにしか参加しなかったこの会だが、懐かしさ以外に別の目的ができた。それは、OB会運営のノウハウを参考にすることである。去年から、出席者リスト、会計報告を含むプログラムレジュメを法務部門OG・OG会にも取り入れた。

この会も参加費@\5,000で豊中駅前のシティホテルで頑張っているが、繰越金の減少に歯止めがかからず、来年から会費値上げの宣言がなされた。法務部門もそろそろ限界か。

by yellowtail5a01 | 2017-10-22 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年10月21日(土) 雨 

台風21号接近で秋雨前線が刺激されて終日の雨模様。出かけるのも億劫なところだが、今日は待ちに待った奇妙で貴重な会合。二年前にひょんなことから男女四人の会が成立し、お互いに相手三人のうち二人は旧知の仲で、一人とは初対面というものだった。

三回目を迎え、全員が旧友のような雰囲気となり、ニックネームで呼び合えある気の置けないお喋り会となっている。遠方から参加するメンバーの来阪時に合わせ、今日に会合を設定。今日のテーマは、ディープな大阪とお洒落な大阪というテーマ。自分はディープな方のランチ会を担当する。

ディープといえば、ミナミになるが、さらに足を伸ばしジャンジャン横丁の串カツ、だるまに案内することにする。「二度漬け禁止やで」という癖のありそうなお店だ。
e0083517_03030102.jpg
元祖店は、カウンター八席のみで土曜日だと一時間待ちとのことだったので、広いお店のジャンジャン店にする。幸い待ち時間なしで入れた。パン粉がキメ細かく、ソースの味もあっさりしていて、思っていたより優美な食べ物である。
e0083517_03024890.jpg
昼前からビールもいただいてほろ酔い気分。さすがに大阪らしく、呼び込むときの「いらっしゃいませー」から一転して、店員には「食うたら出ていけ」オーラが蔓延している。外に出ると、なるほどお店の前には雨の中、長蛇の列ができていた。

店を追い出され、傘をさして動物園のオーバーブリッジを渡って大阪市立美術館に向かう。一週間前からちょうど開催中のウォルトディズニーアート展を鑑賞。
e0083517_03210971.jpg
戦前に生まれたミッキーマウス、ドナルドダック、ダンボから直近の「モアナと伝説の海」までが年代を追って展示されている。小学校時代に学校で観た記憶のある映画「白雪姫」や大人になってから観た「101匹ワンちゃん大行進」、そして「美女と野獣」、「ライオンキング」、「アナ雪」、「モアナ」へと繋がる。

観ていないタイトルも沢山あり、機会があればまた観てみたいものである。美術館南のオープンスペースが芝生となり、緑が美しい。しかし、雨が激しく周辺にできているカフェに飛び込み、美術館内を歩き疲れた脚を休めつつ、お喋りタイム再開。

6時予約のディナータイムにはまだ少し時間があるので、その後は天王寺のジャンカラに流れ込む。1時間半は四人では少し短い目だったが、余韻が残る程度でちょうどいいのかも知れない。シニア割引を使えばリーズナブルなお値段。

夕食は、相棒がセットしてくれた北浜でのお洒落なレストラン。こちらも2000円少々でカジュアルコースをいただける。
e0083517_03031521.jpg
カルパッチョオードブルに始まり、サラダ、パンアソート、パスタ、肉料理、デザートにコーヒーがついてワインなどの飲み物込みでこの値段とはお値打ちである。

台風も接近しているようで雨脚が強くなってきたので、北浜で解散とする。11時半から8時まで、学生時代と現在を行ったり来たりワープしながらのお喋り全開で、今回もネーミングにふさわしい会合となった。この会が末永く続くことを祈る。

by yellowtail5a01 | 2017-10-21 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年10月7日(土) 小雨のち曇

この会が始まったのはいつの頃か。今回が第18回なので、スタートは2000年ということか。その頃はまだ現役だったので声が掛かれば出る、かからなければ出ないということが続いたが、2005年に定年退職してからはOBとして毎年出ている。

いつからか世話役に引き込まれ、当初は記念写真要員として、撮影班を先輩から引き継いだが、いつの間にかどっぷりと嵌り込み、去年からは司会進行役も仰せつかることになった。どうも苦手である。

もっと気楽に参加したいが、第一回から第十六回まで仕切ってこられた先輩のご苦労を考えると、今は若手トロイカ体制で事務局を運営しているので、まだ楽をさせてもらっているのであろう。

開会宣言から乾杯に至るまでの儀式が、司会として一番緊張するところだが、乾杯から懇親に入ると気が楽になる。
e0083517_01513249.jpg
あとは、ホテル側の希望通り定刻でお開きにできるかがポイント。当初考えていた通りには行かなかったが、ほぼ予定通りに閉会をできてヤレヤレの一日となった。自分より若手の参加者が男女含めて、増えてきたのが心強い。

by yellowtail5a01 | 2017-10-07 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年9月21日(木) 晴 

10月7日の法務部門OG・OG会に向けた最終の世話役会、ホテル側との打ち合わせを行う。なんとか会費据え置きで実現できる目処がたった。

本番まで二週間強あるので、万全の準備で臨みたいものである。散会後、飲み会もやっていたが、今日は皆さまそれぞれご都合があるようで、二次会は流れる。思ったより早くさくら夙川駅に着くと、折からの夕空。夕暮れが早くなったものだ。
e0083517_00150943.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-21 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年9月16日(土) 雨 

前々から画策していた旧国際契約部のOB会。自分の松下キャリアの原点のメンバーである。個々にはそれぞれ接点があり、定年後も会う機会があるが、その中核的存在のW尾氏とは約20年振り。80才の大台を越えられているが、お元気な姿を目の当たりにしてホッとする。結婚式では仲人をお願いしたものだ。

京橋の中華料理店でランチを共にし、昔話に花が咲いた。来年も参加者を広げて実現したいものである。
e0083517_02442753.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-09-16 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年8月15日(火) 晴のち夕立

のんびりとしたお盆休みであったが、いよいよ終わりかけとなる。挿し芽を増やしていたカリオペの苗を近しい人にお譲りしというか強引に押し付けているかもしれないのだが、前々から持っていきますよと言っていた友人に手渡すことができた。

引き受けていただけるだけでもありがたいのだが、珍しいイタリアビールがあったから飲んでみてとのこと。嬉しいサプライズ。
e0083517_05260799.jpg
そうなると今夜の夕食はイタリアン。ハーブプランターのバジルが生い茂ってきているので、ジェノベーゼパスタに即決。バジルの葉をプロセッサーで処理するのは何年振りかの二度目。松の実やニンニクも隠し味で混ぜ込む。
e0083517_05252868.jpg
付け合わせサラダはカプレーゼ。
e0083517_05254758.jpg
久しぶりにイタリアンな夕食を楽しむことができた。今日もお友達に感謝である。

by yellowtail5a01 | 2017-08-15 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年8月11日(金) 晴 

毎年この時期に設定する大学のクラス会。教養部時代のフランス語クラスの会合が続いている。昔は誰かが世話役をやってくれていたのだが、いつからか自分が世話役になったようである。

いくつかエポックメイキングな年の同窓会は記憶にあるが、何年何月何日にどこで誰が集まったかの記憶、記録はない。明確に覚えているのは2001年。新地のお店でセットアップしながら直前で下血し、胃潰瘍で入院した2001年の夏季休暇。当日携帯電話に連絡をもらい、屋上で皆さんとお話しし、お見舞いやら冷やかしやら、トークしたのは覚えている。

2006年以降は、ブログに記録を留めているので、ある程度分かる。記念写真を掲載していると、どの店でやったか、誰が参加したかが一目瞭然であるが、抜けている年も多い。わかっていながら今日も記念写真を撮るの失念していた。一次会の支払い・会費徴収と二次会の予約交渉が交錯し、すっかり忘れていた。世話役もいいが、だれか相棒を決めたいものである。

一次会は川西のLe Sud Chesapeakというフランス料理店。飲み放題付のコースで6000円程度というのは、ありがたい。スターターの前菜はサーモンに野菜・フルーツをあしらったもので、なかなかのもの。
e0083517_03173815.jpg
メインは、ブイヤーベース、ラグードゥブッフ(牛肉の赤ワイン煮)、牛フィレステーキから選択ができる。あらかじめメールで確認したところ、ブイヤーベース3人、牛フィレステーキ2人、ラグーが6人となった。みくらべるとどれも美味しそう。自分はラグーを選んだが向かいのHさんのブイヤーベースとトレードを申し込み、そちらも試食させてもらう。
e0083517_03175077.jpg
11人中、8人が恒例の二次会カラオケに流れ、一時間半を歌いまくる。古い曲が主体だが、グリー部や混声合唱団をやっていたメンバーもあり、予約がジャンジャン入る。延長も考えたが、歳のことも考え10時前にはお開きとする。
e0083517_03180880.jpg
男声デュオ、女性デュオもあり、盛り上がる。
e0083517_03584274.jpg
自分としては新しい曲として「この街で」を披露するが、少し受けた気がする。来年はカップルで歌ってくれることを期待する。


by yellowtail5a01 | 2017-08-11 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年8月4日(金) 晴のち曇のち夕立ち 

かねて約束していた案内状の発送日で、予定会場のレストランに12時半に世話役5人で集合し、往復はがきに宛名シールを貼り、一言メッセージを手分けして書く。どれだけ効果があるのか、手間がかかる割にくたびれ儲けになりそうな気はするが、一人でもその効果で参加してくれればいい。

当日の段取りも大体打ち合わせ、三時過ぎには解散。帰りにビールでも引っかけるか、カラオケに行くという選択肢もあったのだが、誰も何も言わないので、西梅田でなんとなく解散。

5人のうち3人はカラオケ好きだが、後の一人はどうでもいい派、もう一人はカラオケ興味無し派なので、流れ解散となった。まあ、自分自身もコーラスを始めてからというものカラオケへの執着はなくなったのと、家内が家で待っているのと、明日の英語の予習の時間を確保したいという気もあって、二次会のなかったのが幸いなのだろう。

しかも、夕方には空の色がおかしくなってきた。84枚の往復はがきを西宮郵便局で投函して、帰ろうとすると南の空が黒い。雨の匂いがする。
e0083517_20221172.jpg
家に帰ってしばらくすると、雨が降り出した。かなりの激しい夕立。雷も近くに聞こえ、久しぶりのお湿りとなる。水遣りの手間が省けて助かる。

雨が上がったのを確認して7時すぎにCOOPに夕食を調達に行くと、西の空は怪しい色。台風5号の影響がもうこちらにも及んでいるのだろうか。
e0083517_20222788.jpg
変な進路をとるとこちらに向かってくるのかも知れない。そうなると日曜日のヨット遠征準備は、台風対策もすることになりそうだ。但し、12日から途中参加を目論んでいた夏遠征は、家内の不調を放ってはおけず、きっぱり断念することにした。

by yellowtail5a01 | 2017-08-04 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2017年7月30日(日) 曇 

6月初旬に十数年ぶりに集まった大学クラブ活動の同窓会。その時は、夜に別用があったので二次会には参加できなかったのだが、盛り上がった勢いで山村の古民家を買い取って自然と共存して暮らしているY君のところに集まり、BBQをしようという話が持ち上がったらしい。

七月になってメールで案内が来たが、日曜に集合して一泊して月曜解散とのこと。月曜は仕事日なので一泊は無理だが、日曜は何とかなる。日帰りでも大丈夫とたずねるとOKとのこと。古民家での暮らしに興味が湧き、参加させてもらうことにする。

本来は午後の集合だったらしいが、気を遣ってもらい有志で昼前に集まり、地元で有名な手打ち蕎麦のお店に案内してもらう。
e0083517_01300968.jpg
このお店も古民家だが、有名になっているようで駐車場はほぼ満車。ナンバープレートには京都や名古屋など遠方からも来ているようである。昨日は高槻で天ざるをいただいたので、人気の高そうななめこおろし蕎麦をいただく。
e0083517_01303954.jpg
蕎麦の固さ具合や色合いもよく、なめこもたっぷりでゆずの隠し味が美味しくて満足の昼食となった。山道をクルマで案内いただきY君の古民家に向かう。400坪の敷地に三つの棟があり、あとは菜園。かなり本格的な農業が営まれている。
e0083517_01311026.jpg
駅前のスーパーに買い出しに行き、肉の量で悩む。一人当たり200グラムでどうかいう意見もあったが、ちょっと少ないのではという意見が主流となり、@250グラムを調達。いったん戻って、榊原温泉近くのコミュニティ風呂で汗を流して戻る。さすがに源泉かけ流しでシャワーも源泉。

BBQの場所は、敷地の奥の見晴らしのいい空き地。七輪三つに鉄板と網を用意して、椅子やテーブルも運ぶ。
e0083517_01313927.jpg
男性陣は、力仕事、火おこし、女性陣は野菜を切ったりの分担は50年近く前のキャンプで鍛えた役割分担でお手の物。スムーズに準備が進む。やがて陽も傾き、ヒグラシのカナカナカナという哀愁を帯びた鳴き声を聞きながら山村の宴会が始まる。

肉の量は多すぎたようで余りが出た。最初に野菜、手羽先、ウィンナーを焼いたのが誤算か。結果的には@200グラムでよかった。やはり皆さん、歳をとってきたのだろう。
e0083517_01320972.jpg
皆さんはお泊りなのでいいが、こちらは帰りの近鉄特急の時間が気になり、8時過ぎで失礼することにする。青山町駅でピッタリの普通に乗れたが、名張駅で15分ほどの特急待ち。退屈せずに済んだのは、近くの花火大会。駅から打ち上げ花火を鑑賞することができた。
e0083517_01323945.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-07-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)