ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:友人・交遊( 314 )

2006年7月14日(金) 快晴雷雨快晴

 結局徹夜をしてしまう。正味8時間程かかったが、丁寧にやることができたと思う。だらだらとパソコンで遊んでいて未明を迎えることはしばしばあるが、目的を持って集中して徹夜したのはいつ以来のことであろうか。

 仕上がったのでやれやれで少し仮眠。二時間ほど寝て8時には起きる。メールで送らなければならないし、その前に誤字脱字のチェックをするには少し頭を休ませた方がいい。純情きらりを見ながら片付け、メールで送り出せば完了。自由な時間が訪れる。いい天気なので南光町に向けてのソロツーリングもありだが、さすがにこの睡眠不足で居眠り運転しては怖いので自重する。

 九時からは相場観察とするが、昨日の米国市場の下落を受けて東京も軟調。昨日は安ー高ー安という富士山のような推移だったが今日はいかがなものか。ソフトバンクが安値更新中で冴えないが、6月末で建て玉は全て整理したので動じない。もちろん上がってくれるに越したことはないが、期日もないし金利もないので焦ることはない。しかし、ボーダフォンの動向は見えない。大きなリスクを背負って転がり落ちているのかも知れない。

 庭に出ると本当に夏の気配。入道雲と空のコントラストがいい。こんな日は近所のプールでもいいから行きたいものだ。子供が小学校を出てからと言うものいわゆるプールには行っていないのではないか。フィットネスの屋内プールか海外のホテルの屋内プールくらいだ。今度屋外プールやビーチに行けるのはいつのことだろうか。

孫が生まれて連れて行く時が来るまで待たなければならないのか。娘よ、就活もいいけど早く結婚して孫を抱かせてくれー(笑)。本音でもある。動機は不純かも知れないが。

 ところが午後には一天俄に掻き曇り、雷雨に見舞われる。ピアノの練習には近所迷惑でなくて好都合かも。二週間ぶりのレッスンに行くが、進歩がない。いつも遠慮してタッチしているのが良くないのであろう。もっと強くと指導を受ける。

 夜は久しぶりに前の会社の飲み会メンバーとの食事会があったので梅田に向かう。もう退職してかれこれ10ヶ月が経つが本当に長い10ヶ月だった。自分だけかと思っていると現役の皆さんにとってもこの一年は長く感じるらしい。やはり、組織が変わり、人の異動が、職場が変わったりすると長く感じるようだ。自分の場合はこれからの一年が長く感じるのか、だんだん短くなっていくのか。長く感じられるような生活がいいと思う。
by yellowtail5a01 | 2006-07-14 23:59 | 友人・交遊 | Comments(3)
2006年7月7日(金) 曇

 久しぶりにぐっすりと眠り、朝は爽快。8時半頃には大崎の会場に到着しないといけないので7時半には起きてチェックアウトする。場所もわからないので取りあえず大崎駅に向かう。

e0083517_3221711.jpg 大崎といえばソニーの垢抜けしないビルくらいしか記憶がなかったが、ずいぶん立派になっている。駅の東側(山手線の内側)に立派なビルが続き、その中に今日の目的のO社のオフィスもある。場所の見当がついたので途中のファーストフードで朝食を摂る。ホテルがくれた日経新聞もゆっくりと目を通す。


 やがて時間になりO社のオフィスに向かう。14階の見晴らしのいい会議室。派遣元のEI社のO氏はすでに来ておられた。事務局である。かなり感じのいい女性(人事担当なのだろう)が来て、コーヒーを持ってきてくれる。9時きっかりに今日の受講者の二人が登場。米国で買収した会社にCEOとCFOとしてまもなく赴任される方らしい。

 少人数の方がある意味やりやすい。しかも社長候補と言うこともあり、非常にシャープな方で質問もどんどん出てくるので、時間が足りないくらいである。結局、休憩もなしで3時間ぶっ通しの講義となる。ほとんど疲労感はない。ビルの食堂街に案内されて昼食が済むと後は「自由だ~!」。♪ 出張イズ フリーダム。犬井ひろしのメロディが自然に湧いてくる。

 午後は二部構成。昼下がりは大学時代の友人であるTと目黒で1時に待ち合わせ。晴れたら白金台の庭園美術館に行こうと言うことにしていた。目黒駅から歩いて10分もかからないのにすごい緑地だ。但し、街の喧噪は聞こえてくる。これは京都の御所や二条城と違うところか。美術館の方がちょうど端境期だったので庭園を散歩
する。さすがにシロガネーゼとおぼしきヤンママ達が小さい子供を連れて公園でゆったりと昼下がりのお喋りを楽しんでいる。

e0083517_3232585.jpg 大して広くもないので一通り園内の屋外作品や庭園を見学した後は涼しい場所に移る。時間もないので目黒駅前のハーブ喫茶へ。やがて4時になり、Tと別れる。少し時間があるので、今晩の宿舎である清美荘というビジネスホテルにチェックインすることにする。目黒から品川に戻り、そこから歩いて北品川に向かう。どう考えても品川の南方向にあるのに、何故北品川なのか。


 10分も歩くと北品川に着くが、清美荘の場所がわからない。夜ならもっと大変であったであろう。携帯のサイトから地図を呼び出し、北品川駅を起点に地図通り行くと行き着いた。駅から2,3分。料金は3900円。前金でチェックインする。何とも云えない場末のビジネスホテルだが、掃除は行き届いて不潔感はない。部屋は3畳。布団とテレビとエアコン以外は何もない。寝るだけなら別に問題はないが。

 テレビを見たりしてゆっくりするが5時半になったので京急で一駅、品川でJRに乗り換えて新橋の烏森口につくと6時10分前。3分ほどするとN君に声をかけられる。で、会場の小さな魚料理屋さんに向かう。取りあえず付きだしと枝豆をあてにビールで乾杯。やがてS君、TM君、TN君と全員揃う。ビール、日本酒をチビチビとチャンポンしていたが、途中で焼酎のボトルに切り替えピッチが上がる。

e0083517_324958.jpg 二次会はカラオケボックスへ。銀座にでも行けば散財するところであったが、駅前のボックスと言うことでやれやれ。記憶はあまり繋がってはいないが、何曲か唄って10時半頃にお開き。宿舎に戻ると目覚ましもかけずに浴衣に着替えて眠ってしまったようだ。

by yellowtail5a01 | 2006-07-07 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2006年7月4日(火) 薄曇

 夕方仕事から戻ってきてCOOPに買い物に行っていると携帯が鳴った。どうせ裕子から「○○が切れているからついでに買ってきて」だろうと思ってポケットから取り出すと小学校の友人のN君からであった。5年ほど前にゴルフに一緒に行って以来か。近所に住んでいるので歩いてすれ違ったことはあったが。確か、彼も早い目に退職して次の仕事を考えているというのを聞いたことがある。

 またゴルフの誘いかなと思って電話を受けると、「ちょっと時間あるか?」とのこと。「今、COOPで買い物中だけど全然いいよ」と電話を切るとやがてひげ面になったN君が現れた。

 ちょうどいいのでCOOPの向かいの喫茶店に行こうとする。ここのオーナーがBMWオーナー(バイク)で一度お店に行こうと思っていた矢先である。ところが、7時閉店とのことでもう閉まりかけていた。諦めてスペイン流BARのタパタパタパスに入ると、こちらは開店直後とあって他に客はいない。アリオリポテトとイワシの酢漬けをあてにビールで乾杯。

 で、話というのはN君が始めたゴルフグッズの通販ショップを手伝ってくれないかということであった。そういえば尼崎テクノランドで2年ほど前に会ったときもゴルフパートナーのおっちゃんと懇意でずっーと試打をして客寄せに協力してるんかい、と思ったことがあった。今にして思えば本業にするつもりだったのだ。

 「当面はちょっと難しいけど、俺に役に立てるちょっとしたことくらいならできるかも」と率直なところを返事しておいた。自分のビジネスプランをしっかり持っていて海外展開の絵も描いているのはちょっと羨ましい。

 これからいろいろな友達も第二の人生として新たな勤め先だけでなく自分で起業したり、それこそ飲み屋のオーナーになる奴が出てきたりしたら楽しいだろうなと思う。その中で自分は5年後、10年後何をやっているんだろうと頭の中をスキャンするが、明確なイメージは出てこない。
by yellowtail5a01 | 2006-07-04 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2006年6月28日(水) 晴

 今日は前の会社の株主総会。一斉開催日の明日ではなく一日前倒しで、しかも京橋のホテルにて開催。これまでも社員株主として出たことはあるが、OB株主として出るのは初めて。遊び8、仕事2の割合でお世話になったO原先輩と大阪城公園駅で待ち合わせて一緒に出席する。

 凄くでかい会場。超大型のプロジェクションスクリーンが5基も設置されている。まるでOB会総会の様相で懐かしい人に次々と会う。もっとも同世代の皆さんはまだ現役で、一年先輩のK井さんは総会の元締め役として、陰で仕切っておられる。組合の同志でもありやや先輩のT脇氏も一緒にやや緊張した面持ちで配置されている。万が一、ややこしい系の総会屋が現れたときには活躍されるのであろう。

 総会は2時間弱に及んだが終始スムーズに流れた。社長も交代され、あらたな歴史が刻まれていく。会社が少し遠くなったような気がした。

 総会後はO原さんと共通の知人であるK本さん(再就職支援でお世話になっているが、たまたまO原さんと水戸時代の同僚だったとのこと)と知財の遊び仲間の現役、S井君と四人で昼食。S君には申し訳ないが、昼真っからビールで乾杯。

 昼食後、S君のオフィスによるとこれまた懐かしい仲間が一杯。釣りの師匠のM尾さん、仕事でまた組合役員時代にも人総責任者として苦楽を共にしたG園さん、入社以来同期格のY田さん、後輩のK出君。しばし、タイムスリップして談笑。なんだかんだ言いながらいろんな人の近況の情報交換など短時間でやっている。

 いい時間になったので皆さんに別れを告げ、帰る。O原さんとK本さんはカラオケに行ったようである。水戸組で楽しんでください、と別れ、家に戻るとハングルの宿題がまだできていなかった。辞書で単語を調べるだけなのだが、焦るとうまく行かない。なんとか完成して「ろくべえ」にてぶっ飛ばすと3時1分前に到着。

 クラスの人数がまた増えて、いつの間にか12人になった。どこまでものにできるのか自信はないが、継続の価値は充分感じる。一人では励みにならないが、一緒にやっている人が辞書を速く引いたり、単語をよく覚えていたりすると俄然競争心が湧いてくる。これが大事なんだ。
by yellowtail5a01 | 2006-06-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2006年6月6日(火)晴

 6月に入ってからと言うもの毎日いいお天気だ。それなりに暑くなってきたのでライダージャケットなしでワイシャツとビジネススラックスで「ろくべえ」通勤。涼しくて快適だが万一転倒でもしたら血だらけになりそう。慣れた道だから大丈夫という慢心と「事故は慣れた道で起こる」というバイク店主の教訓が交錯するが、涼しさには代えられないというのが本音だ。

 昼間は今策定中の規程の抜本的改訂に没頭。1988年秋に初めてコンプライアンスプログラムに向き合ったときのことが彷彿としてくる。18年前のこと。長いようだがほんのちょっと前のことのようにも思われる。そうこうしている間にも、個別の相談などもあったりして気分転換。夕方から会議室で新しい案件のヒアリングをしているといつの間にか7時前。部屋に戻ると一緒に会議していた主任一名を除いて無人のオフィス。少し調べ物をしてオフィスを出ると黄昏時分である。

 昼間にある友人から「電車男」見たいからDVDに落としてくれーというメールを受け取る。ダビングするのが面倒くさくて、でもHDDからは消去したいということで慌てて見たのである。だが、面白かっただけに消去するのももったいないかなと思っていた矢先だ。二つ返事で、OK。

 それはいいのだが、シリーズドラマをダビングするのは面倒である。速攻モードのダビングが使えるのはまだいいのだが、録画時から時間の経過した古いヤツは何故か速攻モードが使えない。ならばリアルタイムの録画になるが、何時間かかることやら。しかもPブランドのDIGAのメニュー機能が不満だ。タイトルを探すのにめっぽう手間がかかる。11回のシリーズを普通にダビングしようとすれば合計何100回ボタンを押さねばならんのだ。

 で、マニュアル本を引っ張り出し、「なんとかならんのかい」と機能を調べているとプレーリストの作成というのがあった。夏場の録画だったので野球中継の自動延長で前の番組が30分録画されている日が何日かある。目的のドラマはちょん切れることなく収まっているところは評価できるが、ダビングには余分である。プレーリスト機能を使うとずいぶん効率的に編集できる。ついでにCMカットもしたいのだが、これをプレーリストでやるには手間がかかりすぎる。

 結局、前半6回分と後半5回分に分け、これをEPモードでDVDに落とすと2枚に収まることがわかった。後は付き添うわけにも行かないので夜中のうちに5時間かけて焼くことにする。CMカットはダビングの詳細設定モードで指定するが、これがうまく機能したためしはないので、期待薄。画質の劣化とCM入り堪忍です。チャピターも入らないかも知れないので、見るのが大変だと思うけど、まあそこのところは私的利用の限界ということでよろしく。
by yellowtail5a01 | 2006-06-06 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2006年6月4日(日)晴

 夕方に売布の会という高校の学年縦断的、宝塚地区的会合があるとのことで、その幹事役のK涛君から誘われていたので参加する。実は同じ会のゴルフ会の方には去年の秋に参加したがその時は人数も少なかった。

e0083517_0212360.jpg 阪急で宝塚駅まで行き、歩いて武庫川を渡る。そこに若水というホテルがあり、今日の会場だ。前の道は4月に二度ほど「ろくべえ」にて通り過ぎている。さすがに今日は講演会の後、宴会があるので運転は自重する。同期が一番人数が多く、今日の出席者の中でも6人と最大派閥。5年先輩に当たる学年がその次に多い。他の学年は一人ないし二人。何故かかたまるものだ。

 しかも今日は奥様同伴歓迎ということで講師の方の奥方も含め女性が八人。うち同期の奥様が3人とここでも最大勢力。やはり世話役をいとわないK涛君、M島君、I井君らの献身的貢献が同期の結束を強くしているものと思われる。関東は関東で関西以上の結束力があるみたいで、いい集団に属せてありがたい。

 第一部の講演は元阪神タイガース球団社長の三好氏。同氏は高校は灘のご出身だが、先輩の方とのつながりが色々あるようで、ご夫婦で参加いただき、タイガースの軌跡について興味深い裏話を聞かせてもらった。本当は村上ファンド関連や阪急との統合についての裏話なども期待していたが、こちらの方はどうも遠慮されたようである。まあ、やむを得ない。

 学年が違うと殆ど接点がなく、ゴルフでご一緒した先輩以外は初対面の人ばかりであるが、何人かの先輩、後輩の皆さんとも親しく懇談させていただく。自己紹介でバイクとジャズについて少し触れたので、ジャズを切り口に話の弾む場面が結構あった。5年先輩の方二人とK涛君の四人で六月中に神戸のライブハウスに行こうと話がまとまった。Photo:記念写真 by PentaxOptio
e0083517_0215680.jpg

 このホテルの特徴として展望露天風呂というのがあるので、宴会がお開きになった後、温泉に浸かる。塩分を含んだ泉質で、八階の露天風呂からは武庫川越しに北の方がよく見える。お湯の温度が熱すぎずぬるすぎずで心地よい。しかも緩やかに吹き抜ける風が涼やかで最高である。先輩、後輩数名と一緒になるが、露天風呂に行くと別グループの温泉好きのグループと温泉談義に花が咲く。東北や信州のお勧めの温泉をいくつか教えてもらったのでいつか行ってみようと思う。
by yellowtail5a01 | 2006-06-04 23:59 | 友人・交遊 | Comments(8)

2006年5月17日(水)雨

 今日の予定は4部構成。10時に前の会社の本社を訪ね、輸出管理関連の書籍を見せてもらうことにする。久しぶりにJRの快速に乗ると、中高の同窓、S藤君に会う。ここのところ正月の新年会では顔を合わしていないので5年ぶりくらいか。大手商船会社勤務だったが関西の子会社に最近転籍したとのこと。順当な道なのであろう。同期もサラリーマン連中はだんだん次のステージに移りつつある。

 本社には昨年九月末に退職前の挨拶を兼ねて訪問して以来、7ヶ月半ぶり。本社勤務時代の延べ20年はともかくとして、現場時代の延べ13年の間、永くても1ヶ月以上本社訪問がなかったことはなかった。ずいぶん新鮮な感じだ。

 セキュリティが厳しくなった昨今でもオールパスのカードをもらっていたので、どこでも気にせずに行き来できたが、今日はまず外の保安事務所で来訪カードをもらわないといけない。そして受付で名乗りをしてロビーで待つ。やがて面会者のH室長とS主事が降りてきてくれ、ロビー脇の会議室に案内される。いつの間にか沢山の会議室や面会テーブルが用意されている。

 懐かしい皆さんのいる居室を訪ねて、「いやー、お元気そうですね」とニコニコと声をかけて回りたいのはやまやまだが、なんせセキュリティの元締め部署と同居だけにそうも行かないようだ。CISTEC発行の各種ガイダンス類の実物を閲覧させてもらうのが目的だったので、その目的は十分達成できた。有難いことである。本代くらいたかが知れているが、10万円近く出して購入してから「これはいらなかったんじゃないか」となると辛い。これで自信を持って購入要請ができる。

 昼食もSさんにお世話になる。食堂横ではゴルフ仲間のKさんにばったり。巡回バスに乗って帰ろうかと思うが、次回はいつ来られるかわからず、せめて一人くらい顔を見せて帰ろうと思い、同期会A級幹事であり組合時代の盟友でもあるI上君に携帯連絡する。コーヒーをご馳走になりながらの情報交換。バスは乗り遅らしたが、やはり友達と会うと心が安心感で満たされるような気持ちになる。

 ハローワーク出頭の時刻が迫りつつあったが、当初の予定通りヨドバシカメラに寄り、2階の写真コーナーで28日の大撮影会の予約切符を購入。今年で何回目であろうか。いつもと違うのは、一人ではなく、SHINちゃんも一緒に行けそうなので切符を二枚購入する。

 いそいで地下のパソコンソフトコーナーへ。家計簿ソフトは10年来「てきぱきマム」を使ってきたが、最新バージョンの試供品をダウンロードして使ってみるとやたらアニメーションが出てきて、うるさくて仕方がない。「機能本位でなるべくシンプルなソフトはどれですか」と店員さんに相談するとESSEパソコン家計簿というのを薦められた。値段も2000円弱と手頃。使えるかどうかは使ってみないとわからないが試してみようと衝動買い。

 慌てて西ノ宮にとって返し、雨の中を自転車でハローワークに向かう。2時から2時半が出頭時刻なので大丈夫。2時15分に到着。急いで申告書を作成するが、直接来たので印鑑をもってくるのを忘れた。家に取りに帰ってもいいのだが雨の中の往復は正直言ってあまりに鬱陶しい。窓口女性にその旨相談すると「本人確認できれば結構です」とあっさりOK。今日も極めてスムーズに行った。ハローワークの皆さんは10月に初めて行ったときこそ感じ悪い人もいたが、その後は本当に皆さん親切でありがたい。

 家に戻ると2時35分。3時からのハングル教室2回目に遅刻するわけにはいかない。着替えもせずスーツ姿のままで教科書を詰め込んでレッツ号で飛ばす。この雨では「ろくべえ」にはきつい。というかレインウェアを着たり車庫から出したりという手間を考えると時間がもったいない。駐車料金はかかるが、ビル前の有料駐車場はこの時間なら空きスペースがありそうなので、雨の日はクルマが楽ちんだ。余裕で間に合った。

 前回は生徒8人であったが、一人男性が増えて9人。もう一人くらい増えたらちょうどテーブルが埋まる感じだ。新人さんは、参加者の女性のご主人でややご年配だが、男性生徒が増えたので心強い。今日も沢山のことを習ったが、今のところ大丈夫。ゲーム形式やクイズ形式も取り入れてのレッスンなので1時間半が楽しくあっという間である。レッスン後に質問コーナーがあるのだが、結局全員座ったままなので100分授業のようなもの。いい先生、いいグループに巡り会えた。

 帰りがけに国際交流協会と同室にある女性センターに立ち寄る。大学の同窓であるKさんに毎週会えるのも楽しみの一つである。立ち話の世間話であるが、この春から長男さんが俺と入れ代わりで某電器会社に就職。新入社員研修の様子がDVD化されており、興味深く見ているらしい。これまた昭和48年春の自分の姿とオーバーラップし感無量。

 その間も雨脚は強まるばかりで、夜の甲子園での日ハム戦は絶望的。一緒に行く約束をしていた小学校・高校の同窓生で親友のS桑からのメールで「中止決定」とのこと。まあやむを得まい。チケットは払い戻しなので忘れないように早い目にいかないと。せっかく、4月初旬早々にI村さんから回してもらったいい席だっただけに実に残念だ。
by yellowtail5a01 | 2006-05-17 23:59 | 友人・交遊 | Comments(3)

2006年5月14日(日)晴

 OB会兵庫西支部総会、神戸ジャズウォーク、母の日の三本建て。9時過ぎに家を出て阪急電車で三宮へ。電車で神戸に行くのはずいぶん久しぶりである。すっかり神戸は「ろくべえ」の庭になっていたからである。しかし、今日は支部総会もジャズウォークもアルコール抜きではあり得ないので、電車にする。

 総会は予想していた以上でも以下でもなかった。記念講演も正直言って、それほどインパクトのあるものではなかった。憎めない感じの方ではあったが、話の中身があっちに行ったりこっちに行ったり、酔っぱらいの話を聞いている感じがしないでもない。要は、ミソ、豆腐、納豆のような大豆食品を毎日食べるとガン予防になり、免疫力を高めるためには笑うことがいいそうだ。それはよく理解できる。

 総会及びその後の懇親会は予定通りきっかり2時に終了。産機時代の仲間が四人揃ったので旧交を温めることができ楽しい。但し、このようなOB会の支部全体会議の意義はなんだろうと考えると、わからなくなる。懐かしい仲間との懇親、あらたな交流のきっかけ、一人でできない趣味の実践の場作り。それが、現在のような支部の地区割りでやるのがベストかどうかは疑問もある。いろんなコミュニティに参加するのが楽しいが、このような世界もあるということでいいのであろう。

 年かさのK藤さんが今日から地区役員になったのでおそらく、その後の予定もあったのだろう。今日のところは解散と言うことになったので、SHINちゃんから詳しい案内をもらっていたジャズウォークに行くことにする。二時半スタートの第二クールまで少し時間があったので、東急ハンズに寄り、母の日プレゼントを物色。目に留まったのが日傘。即決で91歳の実母と73歳の義母にそれぞれ柄を選ぶ。店員さんが相談に乗ってくれたので、それほど迷わず10分程で即決。

e0083517_1056087.jpg 一安心して、まずはアルトサックス奏者の鈴木久美子さんを訪ねて、Goodmanという東急ハンズの筋向かいのライブハウスに行く。全くの初めての場所であったが、こじんまりしていて感じがいい。On a clear dayに始まり数曲聴くが、最後のボヘミアの夜とかなんとかいう曲が新鮮だった。

e0083517_1057826.jpg 鈴木さんのプクンと膨らんだほっぺも相変わらず魅力的だ。ピアノの大石さんも美人ピアニスト。迫力は玲奈ちゃんに比べると弱いが、繊細な指遣いであった。ドラムの北村さん、ベースの井上さんは初めてだった。Goodmanの店内に架けてあったポスターの台詞が気に入った。それは、What is the life without love, whiskey & jazz.

e0083517_10591929.jpg 終わるとすぐに北浪良佳ちゃんに移動。SHINちゃんとは入れ違いか。BesinStreetというライブハウスは、一昨年の神戸ジャズストでバリトンサックスを聴きに行った記憶がある。店内は満員。ドアの外から並ばされたが、今日の会場17ヶ所の中でも良佳ちゃんは一押し。絶対外せないとの信念で粘り、なんとか店内に侵入。だんだん前に行き、良佳ちゃんが乗ってきた頃は、膝で前に進み写真も撮る。ピアノの高橋さんは先週のボーカルクィーンコンテストの時も前半を担当していたし、ソネでも何度かお見かけしているベテラン。ドラムは竹田さん、ベースは鷲見さんといういずれも大阪、神戸でよくお見かけする顔ぶれ。

e0083517_10595218.jpg 良佳ちゃんは、だんだん大物の雰囲気が出てきている。最後に歌ってくれたジャニーギターは特に良かった。シャンソンとしては若い頃から聴いているが、このジャズアレンジはラテンバージョンっぽくて本当に聴き惚れた。良佳ちゃんの表情も良かった。アンコールなしで終了。

 慌てて家に戻り、まず隣のおふくろにプレゼントの傘を届け、むずかる裕子をなだめたり脅したりして、名神をぶっ飛ばして千里山へ。義母ともゆっくり食事をしながらお話もでじきて、一応母の日イベントもこなせた、と思う。
by yellowtail5a01 | 2006-05-14 23:59 | 友人・交遊 | Comments(6)
2006年4月26日(水)曇

 夜に遅ればせながらの組合関係者による激励会が予定されていた。もう半年以上も前のことなのだが、年末に計画いただいていたのが、諸般の事情で会社の方で宴会自粛令が出ていた関係で遅れ遅れての開催となった。当初予定では、K上さんと俺の二名の予定であったが、本社支部の先代のK山さんもこの6月で少し早期の退職となったので三人まとめてである。

 そのお陰か久しぶりのOB会ということか集まりがよく合計27人も出席。かつてない盛況である。現役の三役役員、組合OBで会社現役の面々、組合OBかつ会社OBだが別会社に再就職している方の3パターンに大別される。自分は再就職というほどのこともしていないので特殊例かも知れない。もっとも再就職組も週に3日勤務というパターンが多いから週2日も3日も変わらないと言えば変わらない。

 相変わらず皆さんよく喋る。年もそれぞれ20年くらい取っている。年の功か話の中身が昔より面白くなっている人が多いように思われる。本体会社の役員や子会社の社長をやっている人もいるし、それぞれ重責を担う役回りの人がばかりだ。

 若い頃に共通体験を持っている。それも普通の仕事とは少し違った苦労も喜びもあった組合活動という共通ベースがあり、今後それぞれ皆年を取っていく。どんな老後を過ごしていくのか今後ともこのOB会はその報告会になりそうである。
Photo:3A Members by PentaxOptio
e0083517_16304055.jpg


 いつもは本社支部OBの出席者は東京や近畿に比べて少ないのであるが、今日は最大勢力の7名が本社支部出身であった。ということもあり、自然に二次会に流れ京橋で夜遅くまで、盛り上がる。が、歌う歌は20年前と変わっていないところが面白くもあり悲しくもある。
Photo: Honsha Members by PentaxOptio
e0083517_16342059.jpg

by yellowtail5a01 | 2006-04-26 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2006年4月23日(日)

 よく考えれば今日は前の会社のOB会の新人懇談会だった。出席の返事を出していたが起きると九時過ぎ。開会は元町の県民会館で10時からだ。「ろくべえ」でかっ飛ばせば間に合う自信はある。しかし、朝から雨が降っていたようで路面は濡れている。この状態で阪神高速を時間を気にしながら走る自信はない。

 チャリンコで西ノ宮駅に行き、普通電車。芦屋で案内板を見るとラッキーなことに新快速が来る。これに乗れたので、元町に着くと9時50分であった。パルモア時代に歩き慣れた道なので迷うことはない。県民会館の地下会議室についたのが9時57分。定刻には間に合ったが席が一つだけ空いていた。諸先輩方はすでに席についておられた。肩身が狭いが遅れたわけではないので、でかい面をしてど真ん中の席に座る。

 兵庫西支部でさらに西宮西地区の所属ということになるらしい。同好会の紹介がそれぞれあってどれかに所属せよとのこと。要は後継の地区役員や同好会世話役人選のための面通しという色彩が強い。同好会は、歩こう会、グルメ会、カラオケ会、麻雀会、囲碁会、ゴルフ会など。現役時代のしがらみを引きそうな、しかも年寄りばかり、男ばかりの会なんてまっぴらごめんだというのが正直なところだが、囲碁は初心者として教えを請うにはちょうどいいかも知れないと思う。入るとしたらこれしかないなと思う。ゴルフも安くていいコースでできるなら行ってもいい。

 せっかくならフィッシング会、社交ダンス会、ジャズ会、カメラ会、ツーリング会、ヨット会、スキー会なんかがあって欲しいところである。もっともあったとしても行きたいと思うかどうかは別物だが。

 県民会館の食堂で簡単なランチとビールをいただき昼過ぎに解散。日曜午後の元町・三宮界隈をブラブラして途中センター街のナガサワに立ち寄る。組合時代の仲間が餞別でくれた資金で万年筆を買うことにしていたが延び延びになっていたので買うことにする。舶来(死語みたい)と国産をいくつも手にとって試してみるがやはり国産のペン先が馴染む。パイロットかプラチナか手作りブランドか悩むが、結局パイロットの中字に決定。これで美しい日本語が書けるのであろうか。

 その足でそごう百貨店に寄り、婦人服売り場を見て回る。家内が大きめサイズになっているのでその売り場を視察。まずまずの充実。但しお値段の方は神戸大丸とあまり変わらない感じ。駐車場の位置を確認して一旦家に帰る。

 むずかる家内を説得して再度三宮へ。阪神高速を使ってクルマで行くとあっという間である。昼にチェックしておいた売り場に行っていくつか試着するがなかなかこれというものはなさそうである。結構値も張るので無理をしないで、センター街の別の安い店で普段着を若干仕入れて帰る。まあ、それでも三宮に買い物に来れたのは
多少の進歩というものであろう。
by yellowtail5a01 | 2006-04-23 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)