ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:友人・交遊( 337 )

2007年3月14日(水) 薄曇り

 初めてT社で海外赴任者講習を行う。T社といえば、繊維並びに化学品関係の名門企業。少し緊張する。出だしは少し堅い感じであったが、ケーススタディに入る頃からいつものペースで乗っていける。普段より少し長い三時間半の講義であったが、自己採点ではまずまず75点の出来。

 5時に終わったので、梅田界隈をブラブラして帰る。世の中は、ホワイトデー。現役時代はそれなりに義理チョコが集まり、その倍返しないし三倍返しのホワイトデーグッヅを選ぶのも年中行事としての楽しみであったが、会社を卒業してからというもの義理チョコも激減。お返しに悩まなくて済むのは楽であるが、寂しいものである。これからはそのような毎年を過ごすのかと思うと、人生の先行きに暗雲が立ち籠めているような気がする。

 やや切ない気分で東梅田のヤマトに立ち寄る。夕方に東梅田に一人で通りかかると素通りは出来ない。何の変哲もないビールスタンドだが、一人でフラッと行けるところがいい。誰と話をするでもなく、ボーッと美味しいビールとドイツ系料理を楽しむのがいい。最近はキャリアウーマンとおぼしき女性がカウンターで独りで飲んでいるのにも、よくお目にかかるようになった。なんかかっこよさを覚える。
by yellowtail5a01 | 2007-03-14 23:59 | 友人・交遊 | Comments(3)
2007年3月9日(金) 晴

 確定申告が大詰めになってきたので、資料を集め、トレードの年間実績を集計したりで忙しいが、東京市場も気になる。NYも戻してきているので、今日も期待できそうと見ていると、寄りつきこそ元気良かったが、反応はそれほどでもない。ここのところ元気の良かった新日鐵をはじめとする金へんメーカーが渋い動き。他の内需関連も朝高のあとは伸び悩みの様相なので、取りあえず利の乗っている間にいくつか手仕舞いを試みる。

 いつまでもかじりついているわけにも行かないので、後場の途中で取りあえず整理した資料で税務署に行く。今日中に申告までするつもりだったが、「経費明細をしっかり作らないと税金が多くなりますよ」と親切な係官に励まされ、持ち帰ることにした。

 その途中で、今行っている会社の人から電話があり、4月から東京に転勤する総務部のメンバーの送別会を急遽今晩することになったとのこと。ゴルフの練習日であるが、お世話になった人の送別会をパスするわけにはいかないので、二つ返事で出席することにする。

e0083517_255780.jpg 途中、昨日申し込んださくら夙川駅の現場確認をしていく。もう10日もしないうちに営業開始だというのにまだショベルカーで作業中。道路も穴ぼこだらけ。間に合うのかという気もするが、それはそれで突貫で仕上げるのであろう。桜の開花も早いだろうから、3月18日というのは時機を得た開業日であろう。それにしても、駅舎の屋根は凝ったデザインで目を引きそうだ。波をイメージしているようだが、何ともなまめかしい曲線である。


e0083517_2555099.jpg 送別会は、野郎ばかりで立花の庶民的な鍋のお店で貸し切り状態。週末ということもあり、皆さん大いに盛り上がる。特に同年代か少し上の連中のパワーがなかなか凄い。週2日の変則勤務であるが、一年経って大分仲間入りできた気がする。
by yellowtail5a01 | 2007-03-09 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年2月22日(木) 晴後曇

 昨日、ほとんど外出せず静養したおかげで、ずいぶん楽になった。「ろくべえ」はやっぱり時期尚早ということで、電車で行くが、鼻水と涙の量はグンと減った。やっぱり風邪だったのかなと少し安堵するが、まだ花粉症の疑いは晴れない。今まで無縁で来られたのがラッキーということかも知れない。

 3月彼岸の頃に東京ビッグサイトで輸出管理の生物化学兵器に特化した講習会があったので部長に「これ行ってもいいですか」と打診しておいたところ、稟議に架けるということになり、OKで決裁が下りた。ありがたいことではあるが、社長の決裁条件に「受講後報告会を開催し、関係者に伝えること」と入れられた。報告書を作って関係者に回しておくつもりであったが、会議設定となるとやや面倒である。しかし、今更後にも引けないので、やってみるしかない。

 夕方は前の会社の組合OB会。年末にもやったところであるが、今回は事務局の計らいで格安料金でニューオータニホテルでの料理と飲み放題ということで、風邪気味の体に鞭打って出席。組合OBで仕事は現役という人が多く、会議の関係等でドタキャンもあったようである。20名弱の出席者はいつもより少ない。しかし、そのうち本社支部OBの元支部長、元書記長が5人出席してOBの中では最大勢力。地元ということもあるが、現役時代とは変わって足腰の強さを誇れる。

 しゃべって飲んでいるうちに鼻水も止まり、調子があがってきたので二次会に参加。本社の4人とお世話になった事務局の二人。京橋のスナックというと場末の養老院というイメージがあったが、なかなか気楽でくつろげるお店であった。京橋ではあまり行く機会はないと思うが、覚えておこう。
by yellowtail5a01 | 2007-02-22 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年2月14日(水) 東京、雨

 久々の東京出張。10時15分に浜松の貿易センタービルに出頭せよとのことだったので、伊丹から本年初乗りのJALで行く。時間的には新幹線でも変わらないのだろうけど浜松町なら飛行機でもいいという気持ちで行く。8時半伊丹発のJAL機は完全に満席。JAL株も少しは上昇するのかなという予感がする。

 K社に着いて定刻通りの講義開始。海外赴任者対象と言うことであったが、米、欧、アジア、中国に赴任予定の人、20人くらいが受講生。それに法務担当重役と法務部長もオブ参加しているので少しプレッシャーを感じる。しかし、人数的にはこのくらいが一番やりやすい。気持ちよく3時間の枠を使うことができた。受講生の反応がいかなるものか気になるところではある。

 2時半過ぎに終わったので午後の活動開始。あいにくの雨、というか暴風の様相の東京であるが、まずは横浜に向かう。横浜在住の大学時代のクラスメイト、Tちゃんを呼び出し、MM21に案内してもらう。

e0083517_1492937.jpgランドマークタワーの最上階のスカイラウンジで、仕事の後の緊張感をビールでほぐしながらの四方山話であっという間に黄昏れを迎える。窓から見下ろすインターコンチホテルと観覧車がいかにもMM21的である。

 次の予定は、高校同窓会ゴルフコンペの幹事団打ち合わせ。関東と関西でそれぞれ年に二度ほどコンペをやっているが、春に初めての試みである合同コンペを開催することになっている。

e0083517_1532752.jpg東西の幹事プラス有識者が集まり、ビール、熱燗、焼酎を煽りながらの企画会議となった。話は行きつ戻りつつであるが、最終の新幹線までにはほぼ企画がまとまり、意義ある飲み会となった。

 暴風雨で新幹線も止まるんじゃないかと心配したが、お開きとなった9時半頃には雨も風もすっかりやんで、心配なく最終のぞみで帰ることができた。長い一日であったが、本年でもっとも中身の濃い一日となった。
by yellowtail5a01 | 2007-02-14 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2007年1月26日(金) 晴

 昨日苦労して完成したオランダ版の研修資料に基づく講師の仕事がいよいよやってきた。火曜日の中国向けといい、一からの資料集めを伴う講義がかち合ったので、資料はぎりぎり滑り込みであったが、泣き言は言えない。11時過ぎに家を出て阪急で石橋へ。タクシーで程なく目的のD社に到着する。

 171号線のこの辺りは、大学一年の時に免許を取って以来数え切れないほど通っているが、こんなところにこの会社の入り口があったとは知らなかった。予定通り、13時からスタートする。赴任予定の方と欧州室のスタッフ人事課長と担当の方がも出られ、合計5人。

 先日も思ったが、赴任予定者本人よりも周辺の人の方が熱心というか関心が高いようだ。依然、東京の会社赴任予定者2名だけ対象にしたこともあるが、どちらがやりやすいのだろう。講師の立場からはよく頷いてくれる周辺スタッフの方がいる方が話し甲斐があるが、聞いている方としてはどちらがいいのかわからない。

 時間配分も考えたつもりだが、どうしても後半の時間が少なくなり最後は駆け足になってしまう。ここはいつもの反省点である。終わってからも15分ほど質疑等で懇談して失礼することにする。引き受けた当初はどうなることやらと思っていたが、なんとか治まった。受講者の評価は気になるところである。

 JR伊丹までタクシーを飛ばし駅に着くとちょうど同志社前行きの快速が来るので飛び乗る。後ろの方の車両に乗ったので尼崎に停車したときに前の車両に移動すると、なんとよく見た顔の人が乗っている。高校同窓のM弁護士。1月3日の新年会で二次会まで飲んでいたところであるが、こんなところでばったり会うのは奇遇としか言いようがない。4月の関東関西合同同窓会ゴルフでの健闘を誓って分かれる。

 京橋に着いたのが5時過ぎ。元部下のS君の歓送会は7時スタートなので時間はたっぷりある。OBP、IMP辺りの誰かを引っ張り出して7時までの時間一杯やるか、とも思うが時間が少し中途半端なので、断念する。代わりに昨日、駐車場の割引券欲しさに衝動買いしてしまった「華麗なる一族」を読み始めることにする。テレビドラマの方でも解説はくどいほどされているが、小説の方はさすがにより詳しい。

 ほどよい時間になってきたので会場のOne'sという広いフロアのレストランへ。案の定まだ誰も来ていないが、やがて他のテーブルも順次埋まっていき、我がグループのメンバーも三々五々集まってくる。S君は30歳なったところであるが、思うところあって退職して、法科大学院で勉強し直す決意をしたとのこと。有為の人材流出で残念であるが、その決断には敬意を表したい。この上は、自身の夢を確実に叶えられることを切に祈る。

e0083517_1122952.jpg半導体時代の懐かしい面々が集まり、退職以来初めて顔を合わす若手諸君とも会えて嬉しい。今日の幹事は、インターン生の時に10日ほど職場を共にしただけのK君であったが、このような会を設定し声をかけてくれて感謝。退職して一年4ヶ月が過ぎているが、違和感なく戻れるのはありがたい。
by yellowtail5a01 | 2007-01-26 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2007年1月25日(木) 晴

 昨夜から引き続き、オランダ法制の調査とそのまとめに取りかかり、ほぼ徹夜となってしまう。明け方にはようやく一通り完成したので、2時間でも寝ようとベッドに転がり込む。7時の目さましでいったん起きるが、寒気がして頭痛もある。

 このまま無理をすると夜の新年会までもたないかもしれないと思い、今日の午前中はあきらめることにする。8時過ぎに再度起きて、会社に電話。午後には社長を交えた検討会議が予定されていたのでそちらには間に合うように行きますと伝える。了承を得て再度気持ちよく寝る。

 昼前に作成資料を再度見直してEI社の方にメールで転送して会社に向かう。実際、頭の芯が痛んだが会議を終える頃にはすっきりしてきた。1時間ほど残業しないと片付かなかったが、6時半に飛び出すとちょうどタクシーがいたので、それに飛び乗って立花駅へ。目的の伊zakayaという梅田東通りのお店には集合時刻の1分前に到着。

 第二期本社時代の職場の仲間有志で細々と続いている飲み会である。今日は、Nさんという新人登場。大学の学部の後輩でもあり、尊敬しつつも畏怖していた海外部門の先輩の奥様でもある。在職中は飲み会でご一緒する機会はなかったが、今頃このような機会に恵まれるとは感動ものである。幹事をやってくれているM君、Hさん、いつも顔出ししていくれるMさんには頭が下がる。忙しい中駆けつけてくれたKさんとも久しぶりであるが、時を忘れてはしゃげるのが楽しい。
by yellowtail5a01 | 2007-01-25 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年1月21日(日) 曇

 新春恒例の、といっても今年で2回目であるが、懇親会に出席する。夙川駅に特急が停車するようになってからというもの、三宮方向には特に便利になった。時計で計ってみると11、2分で三宮に到着だ。途中岡本にしか停車しないので気分的にもずいぶん楽である。

e0083517_3194618.jpg11時に生田神社会館に集合であったが、40分も前に着いたので、コーヒーショップでカフェラテをゆっくりいただいた後、生田神社にお参りをしてから会場に向かう。いずれにしてもOB会では最年少組で上はもう90歳に届こうかという大先輩もいらっしゃるので、早い目に入って、挨拶すべき人には早い目にこちらからしておこうと20分前に会場入り。

 地区単位のOB会は、知り合いが少ないのが難点だ。職能単位や事業場単位であればもっと懐かしい人に大勢会えて楽しいのであろうが、今の仕組みは細分化された地区割制である。この利点は門真や京橋に出向かなくてすみ、神戸で済むことである。会社では先輩だった方がOB会には新入会員として入ってくるのも変な気分だ。

 参加者は80名強であったが、実際にダベリングをしたのは、産機関係2名、本社関係5名、海外関係3名くらいか。たまたま隣に座り会わせた方ともお話をするが、何か共通点がないと話が続かないものである。

 ご馳走をいただき、昼間から飲み放題で音楽もあり、抽選会もありとそれなりに退屈しない趣向が凝らされている。去年は、終わってから産機関係者で二次会に喫茶店に行ったが、K氏は支部の委員にもなられ、今日は懇親会の後役員会があるとのことでパス。他の人とお茶する手もあったが、なんとなく一人で彷徨いたいという衝動に駆られ、まっすぐソネへ。

 1000円で一杯飲みながら昼下がりのジャズを聴けるというプログラム。かなり満員盛況である。ちょうど2時過ぎからのファーストセットが始まったばかりであったが、いい席は空いていない。初老の格好いいおじさんと奥様とは思えない上品な女性が座っているテーブルに相席をお願いすると快くOKいただく。なんかいい感じである。演奏はピアノトリオ+トロンボーン、後で女性ボーカルが合流。

e0083517_3913100.jpg どこかで見たことのあるボーカルさんである。荒削りな部分もあるがパンチ力のある歌い方で少し惹かれる。セカンドセットも残ろうかと思うが、1000円なら惜しくはないと席を立つ。ちょうどボーカルさんと出口で一緒になったので声をかけると、この清谷莉絵さんというのは、ジャズオントップでよく歌っているとのこと。「去年の3月3日にひょっとして出てませんでした?」と尋ねると何人かのボーカリストの一人で歌っていたとのこと。世の中狭い。

 多少後ろ髪を引かれるが、ソネを後にして北野坂を上る。散歩がてらルミックスを片手にぶらぶら、北野坂へ。街角写真を何枚か撮る。e0083517_311977.jpg山本通で見かけた木製のわんこ。結構リアルティに富む。

e0083517_3125079.jpg山本通とトアロードの交差点。わかりやすい通りの名称の表示がなされている。

e0083517_3151492.jpg泉南ナンバー、和歌山ナンバーのツーリンググループ。この後、どでかいハーレーオヤジも続く。

by yellowtail5a01 | 2007-01-21 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2007年1月3日(水) 曇

 午後から例年恒例の高校同窓会。芦屋の竹園ホテルの3階、同じ部屋で毎年同じようなメンバーが集まり、近況報告大会。一年は短いようで長い。今年は珍しいメンバーが参加する。一人は、バスケット部で高校の二年余、ともにレギュラーとして頑張ってきたK君。大手ゼネコンを退職して今はソウル暮らし。大学の2回生くらいに岡本でバスケットの同窓パーティで会って以来か。38年ぶりくらいだが、すぐに昔に戻る。春には是非ソウルを訪ねたいものだ。

 もう一人は、製薬会社に行ったS君。相変わらず色黒で口がでかい。これまた30余年振りだが、全く違和感がない。東京、福岡と渡り歩いてきたようだが、西宮に戻ってきたとのこと。ゴルフの腕前はなかなからしいので、是非近々お手合わせ願いたいものである。

 一次会の後は、同ホテルの9階のバーで二次会。今回の趣旨は、去年の夏に穂高で無念の滑落で命を落としたF君を偲ぶ会。奥様と長女、三女が合流して下さる。それぞれF君の思い出を語り、時間は40年前にタイムスリップ。

 誰しも命に限りある訳だから、これからそのようなことも増えて来るのであろう。早く逝くのもいやだが、同窓会の最後の一人になるのも寂しすぎる。誰かが最後の一人に残ることになるのであろうが、誰かはわからない。そう考えると生きている間に、納得のできる有意義な人生を全うしたいと痛感する。F君、天国で安らかに眠り給え。
e0083517_2146272.jpg
by Lumix FX07
by yellowtail5a01 | 2007-01-03 21:57 | 友人・交遊 | Comments(2)
2006年11月11日(土) 雨

e0083517_2343639.jpg 夜来の雨で朝早く目覚める。出かける頃には雨はほぼ上がったようであるが、昨日と天気が逆にならなくてよかった。途中、チャリンコで通りかかった雨上がりの公園は落葉樹の紅葉が進んでいて、しっとりと美しい。思わず寄り道をして写真に収める。

 今日はIMPビルの朝日ビアレストランで昼から法務OB・OG会。多くのOB・OGの皆さん、現役の皆さんと久しく懇親する。

 例年ならば門真にある会社施設でやるので、毎年同じような雰囲気記で、去年と一昨昨年、その前と何が違うのかというと殆ど区別が付かないものであるが、今日はOBP/IMPのアサヒビールレストランが会場ということで、眺望も料理もよかった。

 OG関係では新メンバーの参加もあり華やかな感じはあったが、男性陣の新メンバーは一名のみ。それも先輩。少し勘が狂う。それでも産機OBが増えて、心強い。帰りにはにしむら珈琲でお茶をする。そこに、Hさんも合流して輸出管理パーティとなる。記念写真をパチリ。来年の再会を約す。
e0083517_2304222.jpg


by yellowtail5a01 | 2006-11-11 23:06 | 友人・交遊 | Comments(0)
2006年10月12日(木)曇

 10月1日の甲子園での中日戦が雨で流れ、今日がその代替日。K君からチケットを送ってもらい行くことにしていたが、巨人の馬鹿がいち早く中日の優勝を確定させてしまった。なんで阪神に勝って中日にあっさり負けるんだよっ!って怒鳴りたくなる。セリーグを盛り下げている第一級戦犯は巨人に間違いない。

 とはいうもののもし今日マジック1で迎えていたらそれはそれで大変だったと思う。勝てばいいが負ければ暴動が起こるかも知れない。応援に気合いは入らないが、平常心で試合を眺めることができるのはいいことかも。

e0083517_1553841.jpg おまけに甲子園での最終試合とあって、引退予定の片岡の先発出場はじめ、今岡、桧山、矢野が代打で現れ、林、藤本も姿を見せる。ピッチャーも安藤、ウィリアムズ、球児と豪華リレー。完封こそ逃したが、14安打の圧勝。優勝とは関係なかったが大変気分のいい試合を最後まで見ることができた。

 試合終了後は選手全員でのファンへの感謝の挨拶と片岡の引退イベントがあった。2塁打も打ってエラーもなく有終の美を飾った感がある。大勢のファンの前で引退試合を行えるのは幸せなことだと思う。
by yellowtail5a01 | 2006-10-12 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)