ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:友人・交遊( 328 )

2006年10月12日(木)曇

 10月1日の甲子園での中日戦が雨で流れ、今日がその代替日。K君からチケットを送ってもらい行くことにしていたが、巨人の馬鹿がいち早く中日の優勝を確定させてしまった。なんで阪神に勝って中日にあっさり負けるんだよっ!って怒鳴りたくなる。セリーグを盛り下げている第一級戦犯は巨人に間違いない。

 とはいうもののもし今日マジック1で迎えていたらそれはそれで大変だったと思う。勝てばいいが負ければ暴動が起こるかも知れない。応援に気合いは入らないが、平常心で試合を眺めることができるのはいいことかも。

e0083517_1553841.jpg おまけに甲子園での最終試合とあって、引退予定の片岡の先発出場はじめ、今岡、桧山、矢野が代打で現れ、林、藤本も姿を見せる。ピッチャーも安藤、ウィリアムズ、球児と豪華リレー。完封こそ逃したが、14安打の圧勝。優勝とは関係なかったが大変気分のいい試合を最後まで見ることができた。

 試合終了後は選手全員でのファンへの感謝の挨拶と片岡の引退イベントがあった。2塁打も打ってエラーもなく有終の美を飾った感がある。大勢のファンの前で引退試合を行えるのは幸せなことだと思う。
by yellowtail5a01 | 2006-10-12 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2006年9月30日(土)晴

 ゴルフも英語もない土曜日。久しぶりに朝寝をしてしまう。起きると10時。義母は消防署の手続きのために吹田市に出かけたようである。娘がハワイ旅行の幹事になっているのでその応援で三宮に出向く。ついでに前から言っていた眼鏡を買いに行くことにする。

 眼鏡の相場は5万円くらいと思っていたが、ALOOKという若者向けの店ではレンズ付きで5000円から8000円強のものが揃っている。もっともレンズのグレードを上げるとどんどん高くなる仕組みであるが、UVカットと汚れにくい処理を合わせて4200円アップ。これなら苦にならない。

 店員は角張ったシャープなものを進めてくれるが、自分としてはジョン・レノン張りのまん丸か少し楕円形のあっさりしたものをイメージしていた。最初に行ったALOOKでは好みのものがなかったが、二軒目ではいい感じのがあった。まん丸では文珍師匠の様になるので諦め楕円形で行く。度数は進行していないようで、特に左の目は裸眼で0.8なので矯正しないことにした。右目は0.6だったので軽く矯正して両目で1.2とする。これならゴルフでも使いやすそうである。

 疲れたのでイタリアンの店で小腹を満たしてHISに。格安のハワイツアーもあるが、そこそこのホテルに泊まるとJTBと大差はない。しかし、あちらこちら行くのも大変なので、HISでフライトの押さえにかかる。まず、大丈夫であろう。

 家に戻って、すぐさま西宮北口へ。高校同窓のY君の院長就任とT君の帰国並びに同病院への再就職を祝っての有志の集いである。14人が集まり、旧交を温める。お互いそういう年になってきたのか、自分が会社を離れ同窓に愛着を感じるようになったのか、高校同窓生との交流の機会が従前に比べて増している。やはり多感な年頃をともに過ごしたという連帯感、利害関係のない気楽さが心地よいのか。関東組は、軽井沢一泊のゴルフコンペとか。

 関西にしても関東にしても、何かに付け幹事役を引き受けてくれる輩が沢山いるのが、色んな集いを継続しているものと思われる。関東組の連中の大半は会社を引いてももう関西には戻ってこないと思われるが、それはそれでまた楽しい。両方のコンペに参加できると思うと楽しいものである。
by yellowtail5a01 | 2006-09-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2006年9月24日(日)晴

 火災対応はひとまず休憩させてもらって、今日は予定通りのゴルフとジャズ。ゴルフは前回調子よかったので、その勢いで常連メンバーとの対決、と意気込んでいったが、46-47の93。悪くはないのだが、ニギリのライバル3人のうち二人は俺以上に絶好調。特にK氏は38-40の78だ。いくらハンディキャップをもらってもシングル級の腕前には完敗。

 今日は2組のちょっとしたプライベートコンペで、法務部門の懐かしいメンバーともご一緒する。10月のコンペでは優勝候補の一角と自負していたが、どうやらこれは不参加になりそう。色々日程調整がされていたS社向けの研修講師日程がその土曜日で固まった。ここは涙を飲んで仕事優先とせざるを得ない。せっかくのホームコースでのビッグコンペに参加できず残念である。

 終了後、風呂で汗を流して急いで門真に向かう。中国自動車道は快調であるが、西宮北を過ぎた辺りから大渋滞。時間はどんどん経過し不安になる。もし遅刻すれば今日一緒に大ホールのコンサートを予定している4人のチケットが遅れることになる。そうなれば非難囂々は避けて通れない。

 宝塚を越える辺りで流れが出てきてホッとする。あとは守口まで近畿自動車道を乗り継いでいくと古川橋に着いたのは4時半であった。駐車場もすぐに見つかり会場に向かう。途中、駅前のカフェでさっこらちゃんを見つけ甲子園のチケット代金を払う。ホール到着4時40分。4人ともロビーで待っていてくれていた。ジャズストリート仲間にニューメンバーも加わり、楽しいジャズナイトのスタート。せっかく一眼デジカメを持ってきていたのだが、スイッチを入れても動作しない。何のことはない、SDカードをパソコンの中に入れたまま。これではせっかくのデジカメも無用の長物。

 門真のルミエールホールの出し物は、甲南高校のジャズバンド、西山満(B)、竹田達彦(D)、木畑晴哉(P)、鈴木央紹(Ts)、TOKU(男性Vo&Tp/Fh)、それと我等が前重英美(Vo)、スペシャルゲストが日野皓正という顔ぶれ。5時から8時過ぎまでという結構長いステージであった。

 英美ちゃんはデビューの時に守門ボーカルクィーンとしていきなり日野皓正と競演して以来、彼女のジャズシンガーとしての道がスタートしたものである。4年くらいになるのであろうか。ついこの間のことのようにも思えるが、その時と比較すると素晴らしい成長ぶりである。今日はMisty一曲だけであったが、研ぎ澄まされた心に染み入るMistyであった。

 逆に日野皓正は以前の方が良かったように思われた。アドリブもいいのだが、適当過ぎるような気もした。それとどうしても馴染めなかったのがTOKUという人。自己顕示欲の固まりというかナルシストというか、演奏や歌の実力はともかくとして金を出して聴きたいと思うアーティストではない。鈴木央紹、竹田達彦、木畑晴哉はさすが関西を代表するアーティスト。目立ちはしなかったが演奏、人物ともに好感度アップ。

 終わってからは門真市駅に移動して沖縄料理居酒屋でダベリング。残念ながらクルマなので飲めない。最初にビール小グラスで乾杯しただけであとはひたすらウーロン茶。飲み会に行って酒を飲まない人の心境はこんなものかと飲み助のOさん、Mさんを見ていると羨ましい限り。

 久しぶりに若い連中、女性陣と話をしていると実に楽しいし、学ぶところも大きい。
by yellowtail5a01 | 2006-09-24 23:59 | 友人・交遊 | Comments(5)
2006年9月14日(木)晴~曇

 ずいぶん涼しくなった。半袖ワイシャツから長袖に替え、その上にライダージャケット着て走るとちょうどいいくらいの快適さだ。いまだにTシャツ一枚でスクーターに乗っている輩もいるが寒くないのかなぁ。

 東京出張のフォロー事項や火曜日にいなかった反動か相談案件も多く、てんてこ舞い。余儀なく手当の付かない残業となるが、ヒマよりもてんてこ舞いの方が面白いし充実感もある。やっぱり長年の仕事人間の性が抜けきっていないのだ、と嬉しいような哀しいような・・・

 ここのところブログ友達も徐々に増えてきて面白い。それとmixiも今日に初値が付く予定だったが高値気配で値が付いていない。やはりそれだけ世間の注目を集めているということであろう。mixiに漂うひとときも息抜きとしては上質な時間である。

 で、知り合いの方のブログを読んだりしていると晴男さんや雨女さんがいるようで面白い。本当に晴男や雨女は存在するのだろうか。ゴルフ仲間のueさん(最近は写真仲間、ライブ仲間にも成りつつある)は、自他共に認める晴男である。一方、ライブ仲間のさっこらちゃんは、自身の雨女度をそのブログに綴っているところが興味深い。

 自分自身のゴルフにおける天気の記憶で行くと、不思議に晴れが続くシーズンと雨に祟られるシーズンがあるのは事実である。短期間を取れば雨男の時もあれば晴男の時もある。で、総じて自分はどうかというと、やはり晴男だと確信している。長いスパンで見れば野外活動頻度や季節が同じような状況であれば確率的には、誰しもそれほど差はないはずだが、晴男と思う人もいれば、他人にはあまり言わないが雨男だと思っている人もいるようだ。。

 では、なぜ自分は晴男だと思ったり、雨女だと思うのだろうか。偏見と独断を恐れずにいわせてもらうと、自分が晴男晴女と思う人は、よく言えば楽天的、悪くいえば自己中、淡泊。反対に雨男雨女と思う人はよく言えば控えめだが芯が強い、悪くいえばネガティブ思考といえよう。

 おそらく晴男は晴れた日や雨に見舞われた日のうち、雨の日のことは都合良く忘れ、晴れた日の記憶のみが心地よく残る。雨男は、その逆で悔しかった雨の日の恨み辛みがいつまでも鮮明に記憶に残っているのではなかろうか。

 血液型でいえば、晴男晴女はB型とO型、雨男雨女はA型と見た。AB型は不明。さてさて、みっちの仮説は当たっているでしょうか。ちなみに私は産まれて以来のO型です。
by yellowtail5a01 | 2006-09-14 23:59 | 友人・交遊 | Comments(6)
2006年9月8日(金) 晴

 日曜日のBクラス月例会に備えて特訓ラウンドをしようと目論んでいたが、結局キャンセル待ち案内の電話連絡はなく、諦める。ちょっと残念。少し時間ができたので、朝からデイトレを覗く。米国株式の軟調を受けて弱含みでスタートするが、午後からぶり返す。NECを658円で仕込みダメ元で665円で売り注文を出していたが、昼間に気を抜いている間に出来てしまった。携帯電話に約定通知が入って、慌ててパソコンを覗くと、NECは後場に急騰して670円を超えている。もっと稼げていたのにと悔やむが、贅沢はいけない。短時間で少しでも稼げたことを喜ぼう。

 娘が帰ってきたのでスニーカーを買いにララポートに向かう。ASBEという靴専門店とヨーカ堂を比較していたが、後者の方が安いのがあったというので、そちらにする。目的は達成したので、たこ焼きを食べに行く。たこ焼き一皿をつまみながら、就活の意向を少し話す。家ではなかなか話す機会がないが、外に出た方が話し易いようである。

 せっかくの機会だったので夕食も一緒にしたかったが、一年ぶりの旧友との飲み会を予定。六時前に慌てて飛び出す。今から33年前に入社したときの実習仲間である。S君とK君。仕事での接点は殆どなかったが、同期生として三十年来の家族ぐるみの親交のある数少ない友達。お店を予約していなかったので花金の7時前ではなかなか開いているお店がない。結局、沖縄料理の店で10時頃まで粘る。

e0083517_3324993.jpg 二人ともまだ会社に残っているが、遅かれ早かれ卒業目前。同期がどんどん卒業していくと遊び仲間が増えそうで楽しみであるが、みんなが隠居生活をするとは限らない。S君は大学時代ヨット部だったので、卒業して東京から関西に戻ってくれば、ヨットを教えてもらえると思っていたが、本人は「ヨットはもうする気ない」とのつれない返事。まあ、誰か見つかるだろう。しかし、ヨットはまだ先の楽しみに取っておこうと思う。

e0083517_3342122.jpg 中途半端な時間に一次会が終わったので、二次会の場所を物色するが、気楽に飲めそうな場所は閉店時間。ウロウロして何軒目かにパギークラブというジャズライブハウスに行き着く。入ったことはあるが飲むのは初めて。初めて聴く女性ボーカルがラストステージをやっていたが、かなり空いている。雰囲気は悪くない。今度はもう少しリサーチをしてから来たいところである。

by yellowtail5a01 | 2006-09-08 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2006年8月13日(日) 快晴

 この夏休み二回目のゴルフ+宴会。ゴルフの方はロータリーゴルフでのBクラス月例競技会。先月も出たが、先月はスコアメイクが難しいすずらんコースであったが、今回は回数の多い藤桜コース。前回はすずらんで102くらいだった。そして、一昨日すずらんで94。となると今日の藤桜は88くらいでもおかしくない。

 しかし、なかなか思うようには行かないものである。一緒に回ったNさんはもちろんいつもの仲間で楽しくできたし、初対面の二人である40台のMさんも同年代くらいのFさんも気のおけない連中である。天気もいいし、風もそれほどないし、スコアを悪くする理由は何も見あたらない。ところが、結局52と48でグロス100。N氏にも負けるし、踏んだり蹴ったり。最大の原因はアイアンショット。左に引っかけて自滅というパターンが多い。OBこそなかったがショートで6というのが二度もあった。今後の対策を練り直さなければならない。

 日中の気温がかなり上がりバテ気味。なんとかホールアウトして露天風呂に浸かり、水風呂で火照った身体を冷やすと生気が戻ってくる。入賞の可能性も全くないので、風呂の後はN氏に別れを告げて即家に帰る。大学のクラス会に出かけるまでには少し時間があったのでNEC主催の女子ゴルフを観る。大山しほが頑張っている。ビールを飲みながらソファに寝転がっていると居眠り。大山の18番の優勝ロングパットで目を覚ますと17時を過ぎている。

 慌てて着替えて家を出る。身体は気怠く今夜は途中でダウンするんじゃないかという予感もする。夙川で発車間際の電車に飛び乗ると階段を駆け上がった反動か汗が噴き出す。ますます、しんどくなってくる。やがて梅田に着くと午後5時50分。遠目にK代さんが一人いるのが目に入る。亭主のK君はどうしたのと尋ねると旭屋書店からお初天神の会場に直行とのこと。

 次に電話があり、出ると中高大とずっと一緒のK井君。同じく会場に直行とのこと。メール着信があったので見ると国史専攻だったN村君より、「まだ豊中辺りなので先に行っておいてくれ」とのこと。6時ジャストには関東組含めた伊丹勢三人組(伊勢丹ではない)が到着。そして梅田で迷子になったY手さんから電話。すぐ近くに来ていたので迎えに行く。ということで5人の美女を引き連れて阪急梅田からお初天神に向かう。

 娘が教えてくれたHotpepperというグルメサイトで見つけた「四季の味、町屋カフェお初天神店」に着くと直行した二人がすでに着いていた。飲み物が出た頃に遅れてきたN村君も到着。全員集合でお料理と飲み放で旧交を温める。ちょうど一年ぶりだが、見た目には変化はない。あるとすれば自分がヒゲと髪型が変わっているかも。急な入院で今日参加できなかったK君に電話をして一人一人順番に励ます。来年は是非元気な姿を見せてくれ、と皆で念じる。

 9時に中締めとして二次会に行くことにする。去年もジャズに行ったので「また聴きたい」との声が多く、気分を良くしてNS5に行く。5階まで上がってみると電気が消えている。盆休みなのだ。じゃあ、別のところに行ってみようかと近くのペギークラブに移動するとここも看板の照明がついていない。少し焦りが出て8人入れそうなところを頭の中で検索すると、少し高くてもロイヤルホースしかない、ということで電話してみると、今晩はジャズならぬフラメンコとのこと。第二ステージが始まったところと言うことだったのであわてて向かう。

 なんとか滑り込み、エキゾチックなギターの調べと唄、そして踊りを楽しむことができた。なんとか幹事として責任を果たせたようでホッとする。会費的にもまずまずの線で治まったようである。
e0083517_9463112.jpg

by yellowtail5a01 | 2006-08-13 23:59 | 友人・交遊 | Comments(4)
2006年8月11日(金) 快晴

 前の会社の夏休み初日ということもあり、いつものメンバープラスアルファでロータリーゴルフでのコンペ。本社主体で秘書室系が3人、法務系が2人、人事系が2人、総務系が2人、海外系が1人、OBが2名の12名3組。女性も二人混じっている。

 先週に引き続きのすずらんコースであるが、なかなか好調である。アウト9ホールはトリプルなしの49。パットの調子が悪かった割には大崩しないで済んだ。午後のインはトリプルも出るがパーも結構拾うことができて45。グロス94はすずらんコースでは自分の最良スコアである。後半からアイアンの切れが良くなりパーオンが増えたのが良かった。

 ダブルペリアの戦績では3位に入賞。会費見合いが賞金として戻ってくる。K氏、A氏とのニギリも今日は勝てただろうと思ったのだが、敵もさるもの、A氏には辛うじて後半は勝てたが、K氏とはトータルチャラ。壁は厚いことを実感。それなりに気分良く家に帰る。

 夜は六甲アイランドのベイシェラトンという高級ホテルの和風レストランで高校時代の友達、N塚君(いっち)の帰阪にあわせて有志でミニ同窓会。メニューを見ると一流レートだったので一番安い定食を注文。それで約4時間個室を6人で借り切っての宴会。お店としては効率の悪い客だっただろうが、なにせ閑散としているからゆっくりと過ごすことができた。

 先月穂高で亡くなったF君の話になるとしんみりするが、57歳を迎え、人生をどう締めくくるのがいいかという遠大なテーマについても語り合う。この年になると人生の締めくくり方、すなわち死に方ということが気になってくる。
by yellowtail5a01 | 2006-08-11 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2006年8月10日(木) 晴

 いよいよ経営会議での輸出管理規程プレゼンの日。3時過ぎからの予定が案の定後ろにずれ込むが、3時半にはスタートできた。持ち時間は一時間であったが、用意したパワーポイントに沿ってほぼイメージしていたような説明ができたと思う。その後の質疑も結構出てきて結局終わったのは5時になっていた。

 幸か不幸か日経朝刊にニコンの元管理職が先端情報をロシア大使館付き駐在員に提供していたとか、凍結乾燥機の不正輸出を理由に商社の社長が逮捕されたというニュースが載っていたので、頂戴する。親近感の演出には役立ったが、調子に乗りすぎると「事件を喜んでいるんじゃないか」という批判が返ってきそうだ。

 終業後は、晴れて貿易課主催の食事会兼カラオケ。A課長とT主任がオリジナルメンバーなのだが、人選を任せておいたら設計課長のOさん、同じ部屋の人事担当のI主任という気の置けない男性陣、営業本部にいて7月に退職したOさん、4月以来一番近い席で何かとお世話をいただいたが7月から経理に異動してしまったKさん。さすがにいい人選。

 レストランさとで食事と放談会をした後は、カラオケボックスに直行。7人だがステージ付きの大きめの部屋を取っている。やがて、その理由がわかった。A課長はステージに上がるやいなや後ろ向きで腰を振りながら歌い始める。イントロが終わって振り付けよろしく振り向くとなんとかっこいいサングラス。なんか成りきっている、というかエンターテイナーそのもの。

 三日三晩はうなされると聞いていたT主任の、奥村チヨ「愛の奴隷」。これも噂通り凄い。ステージの上で成りきっている。目つきもいつもと違うし、振り付けも堂に入っている。こんな凄い芸人が揃っているとは凄い発見である。

 こちらにも順番が回ってきたので、持ち歌を入れてステージに立つが、振り付けがあるわけでもなくまるで罰ゲームで歌わされている心境である。前の会社でも何人かカラオケエンターテイナーはいたが、今夜の二人のなりきり振りはちょっと比較にならないなぁと思われた。貿易課の二人はノリノリで次から次へとステージを賑わせてくれる。誠に印象的なカラオケパーティとなった。
by yellowtail5a01 | 2006-08-10 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)

2006年8月9日(水) 晴

 台風7号は大きく東に逸れ、朝から快晴のいいお天気である。またまた暑い一日となる。よく考えれば今日はハローワークの出頭日。ところが求職活動は今月は一回しかやっていなかった。取り敢えず午前中に一度ハローワークに行き求人検索をする。業種ではなかなか出てこないので、業種指定なしでやると3000ページくらい出てきた。どんどんスクロールして月額報酬はどのくらいなのかと見ていると20万円前後が多い。高いのでは80万円くらいのもあるがいわゆるSEか。世の中厳しいな、と実感する。

 とりあえず求人活動の証明書はもらえたので一安心。家に戻って一呼吸入れて懸案事項に取り組む。前の会社のOB会ゴルフコンペは案内を出しておいたので、ボチボチと返事が戻ってくる。e-mailで案内した場合、着いているのかどうか、開封したかどうかがわからないので不安感が残る。今回、諸先輩に対してではあるが「受領確認をお願いします」の旨、書いておいたのが功を奏してか回答率が高い。

 大学のクラス会の準備も7月中旬からしていたのだが、こちらの方が意外とメールでの回答率が悪かったりして、電話でのフォローが多い。お店のの選択肢が多くて迷っていたが、ようやく絞り込み予約完了。皆さんに案内メールを出す。

 明日の終業後からいよいよ夏休みモードに突入。まず、皮切りに木曜は現会社での有志食事会兼カラオケ暑気払い、金曜は昼はロータリーゴルフでの3組コンペ、夜は高校のミニ同窓会。土曜は真面目にTIMEを読む会と多分二次会。日曜がBクラス月例競技会に出た後、大学のクラス会。暑さに負けないようにかつ無理をしないで楽しみたいものである。

 金曜日に香里園シープレスで英美ちゃん、玲奈ちゃんの競演があるのに行けないのが少し心残りである。
by yellowtail5a01 | 2006-08-09 23:59 | 友人・交遊 | Comments(4)
2006年7月28日(金) 快晴

 やはり梅雨明けだ。朝から快晴。入道雲が美しい。こんな日に朝早く家を出て南光ヒマワリ畑に再挑戦したいところだが、日曜日に控えたピアノの発表会が気になってとても出かけられない。特に夕方から夜にかけて外出予定があり、帰宅は深夜になるので、昼間しか練習できそうもない。真夏の太陽が恨めしい。

 ピアノを弾いてみてはパソコンの前に来て相場の様子を眺め、行ったり来たり。昨日のニューヨーク市場は中途半端だったが、東京はよく反応している。ここのところ各企業の第一四半期の決算発表が続いているが、概ね良好のようである。特に電機が良くなってきたみたいだ。松下、シャープは以前から好調のようであるが、ここに来てソニー、東芝、NEC辺りも上方修正。そして三洋も黒字転換とのこと。キャノンはもちろんいいみたいである。下値不安は少し遠のいたと考えて良いものか。まあ、油断は禁物だが。

 昼下がりの暑い中、自転車でJR西ノ宮に向かう。久々の再就職支援センターの面談日。桜橋のES社に一ヶ月ぶりに訪問。担当のK氏とはジャズライブに行ったり、株主総会の後に一緒に飯に行ったりで、すっかりお友達モードになってしまった。釣りによく行っておられるようなので、一度ご一緒したいものである。

 6時から守口で支部長先輩のK山さんの退職送別会。ちょっと時間があったので、ES社から目と鼻の先にあるMr. Kelly'sを覗いてみる。入り口は黒いカーテンで閉じてあるが、中からパンチのある歌声が聞こえてくる。表のプログラムを見ると今日は北浪良佳さんが出演。ちょうどリハーサルの最中だった。入り口からは見えないので道路の方に回るとカーテンはなく丸見え。良佳ちゃんの真剣な眼差しが見えた。ファンドマネージャーさんは来る予定なのだろうか。

 淀屋橋までブラブラ歩いて京阪に。守口駅に行くのは多分一年ぶりくらいか。お店の場所がわからず駅のホームで電話をしようとしていると懐かしいH井さんに会う。組合の本社支部の執行部で一緒に過ごしたのはほんの一年のはずだが、なんか濃い関係だ。凝縮した思い出がある。もっとも麻雀でよく巻き上げられた記憶が強い。

 守口郵便局の近くと聞いたのでそちらの方に歩いていくと今日の主役のK山さんがウロウロしている。やはり場所がわからないらしい。三人で郵便局を探し当てるとすぐ近くに平三商店という魚屋さんがあった。e0083517_113182.jpg懐かしい仲間が順次集まる。当時の書記長をやっていたM岡氏が懐かしい写真をパソコンに取り込んでプロジェクターで壁に映す。忘れていた数々の場面が彷彿とする。

e0083517_1113778.jpg 途中、トイレに行こうとするとなんと別テーブルで懐かしい顔、顔、顔。本社時代にお隣さんだった渉外部の往年の仲間(といっても若手ばかりだが)がワイワイと盛り上がっている。しばし、こちらにも加わる。さすが守口だなぁと妙に感心。そういえばお店を探し当てる前に三洋の組合の本社支部長をやっておられたO原氏にもバッタリと会う。こちらは多分1988年以来だから18年ぶりか。それでも一瞬でお互いわかった。たまには守口界隈を歩いてみるものだ。

 K山さんも少しだけ早期定年退職組だ。だんだん仲間が増えると思うとこれまた楽しい。20余年の歳月をタイムスリップして昔に戻る。
by yellowtail5a01 | 2006-07-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(5)