ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:自然・季節( 328 )

2017年4月10日(月) 曇

 今日は月に一度の十三歌会。短歌ではない。ボイストレーニングを兼ねたこの斉唱会に通い始めて一年が過ぎた。皆勤ではないが、精勤は間違いない。おかげさんで楽譜もほぼ揃ってきた感がある。

 12時に終わって仲間とランチダベリングをして帰途に就く。十三駅前の老舗饅頭屋で皆さんはぼた餅を買われるが、一人で食べるのも重いので自分はやめておく。キンツバや酒蒸し饅頭も有名だが、余り食指が進まない。
e0083517_13184722.jpg
 昼下がりに夙川に戻ると相変わらずの花見遊山客が多い。駅より南の桜は視ていなかったので、少し散歩する。圧巻は公民館に行く前の川面に垂れ下がった枝が見事な一本木。
e0083517_13190054.jpg
 片鉾池畔の桜も大きく育ち見応えがある。
e0083517_13194159.jpg
 帰り道、羽衣橋からあらためてお気に入りの一本木を眺む。
e0083517_13195810.jpg
 帰り道の八重桜は、例年ならば満開の頃だが、やはり遅れているようだ。
e0083517_13200710.jpg
 一輪だけ開花しているのを見つけホッとする。
e0083517_13201958.jpg
 

by yellowtail5a01 | 2017-04-10 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年4月9日(日) 雨のち曇 

 格別の予定のない日曜日。いつも通り起きてサンマ定食的朝食をいただく。定番の納豆、みそ汁、出汁巻たまご、作り置きのほうれん草お浸し、小松菜お浸し、白斑。それに最近加えたのが、長芋とメカブ和え。オクラも入れるといいらしい。納豆も一緒に和えるというアドバイスもあったが、納豆だけは別建てにするのが自分には合っているようだ。

 先日録画しておいた「アナ雪」をコマーシャルを飛ばしながら観る。映画館で観た時に気の付かなかった細かい点もわかり、観てよかった。象徴的に出てくる手袋、エルサの感情によって変化する背景色など。それと何よりも封切の時にはっきり気づけなかったのは、背景にあるLGBT容認の思想か。

 音楽も封切の時は、耳珍しいものだったがそれ以降何度も耳にして馴染んでいる耳で聴くとまた情感も入り込むのがわかる。

 雨もすっかり上がったので、夕方に散歩に出かける。満地谷浄水場の通り抜けもそろそろ終わり。光は悪いがレンズを向ける。
e0083517_03142415.jpg
 浄水場に向かう上り坂も好きなプロムナードの一つである。
e0083517_03144414.jpg
 横の公園ではブルーシートを広げての小宴会。お花見はやはりこれである。
e0083517_02503808.jpg
 満地谷の桜は夙川公園の桜より早かったらしい。由来が書かれている。
e0083517_02494870.jpg
 満地谷を後にして夙川公園に向かう。間違いなく今日がベストの満開である。
e0083517_02512331.jpg
 人出も予想通り多い。
e0083517_02510599.jpg
 房の先まで開花し、しかもまだ花弁はあまり散っていない。
e0083517_02492552.jpg
 やがてこれが花吹雪になり、花茣蓙、花筏になっていくのであろう。昼間に来られるのは木曜日くらいなので、ちょうどその頃に石垣が花びらで埋まっているのを期待する。
e0083517_02514463.jpg
 最後に自分的穴場としている紅枝垂れ桜の様子を観に行くとちょうどいい頃合い。満開には少し早いが、今年のベストとしよう。
e0083517_02521087.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-04-09 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年4月5日(水) 晴

 何度か来ている大崎界隈。日帰り三時間仕事となる。2時から5時なので、どこかに寄るにしても中途半端な時間帯なので、一時間だけ早い目に行って昼食の後、周囲の桜並木を見物。駅を降りた時から歩道橋から桜並木を見下ろす。
e0083517_01030831.jpg
 下から見上げるのもまたよし。モダンな都会の桜風景を狙える。
e0083517_01033020.jpg
 満開近くに見えるが、アップで観察すると六分咲きというところか。房のうち蕾が半分弱残っているのが多い。
e0083517_01040675.jpg
 目黒川はもう少し上流の中目黒が都内でもトップクラスの桜名所にあがっているが、この辺りは静かで落ち着いている。
e0083517_01043438.jpg
 人出の多いお花見スポットもそれはそれで魅力のある部分もあるが、ここら辺りのように静かに花を愛でられるのも情緒に溢れている。
e0083517_01044612.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-04-05 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年3月22日(水) 薄曇り

お彼岸も過ぎ、桜開花情報が聞こえてくる季節になったが、まだ肌寒い。白い木蓮の花が咲くこの季節は、春の訪れを一番感じる貴重な時だと思う。一年の中で一番好きな一週間にいてる気がする。

最近は週一出勤が定着してきたので、昼休み散歩で観る瀬戸内、明石海峡の雰囲気も見るたびに異なるような気がする。今日は沖合に珍しく帆走するヨットを発見。肉眼では何人乗っているのかも確認できなかったが、RICOH CX5の望遠機能を最大限発揮して撮るとシングルハンドの様子が分かった。
e0083517_10384851.jpg
どこに向かう艇なのだろうか、と気になるものである。この辺りは漁業の仕掛けが地雷原のように広がっている海域だ。ここにスイスイ入ってくるというのは地元のヨットマンか。

by yellowtail5a01 | 2017-03-22 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年3月16日(木) 薄曇り

約10日ぶりの出勤日となる。期末とあり、何かと気ぜわしいものがある。今期中に済まさなければならない業務に忙殺される。

昼休み、久しぶりに見る播磨灘の風景。早朝から昼まではイカナゴ新子漁の漁船が殺到していたであろうが、昼にはもう終わったのであろう。
e0083517_01581594.jpg
これという船は見当たらない。のどかな光景としては、岸壁でテントを張っての宴会中のグループ。歓声が聞こえてくる。
e0083517_01582560.jpg
すっかり陽も長くなり夕景を楽しめるが、気温は真冬並みである。
e0083517_01583463.jpg
 
 


by yellowtail5a01 | 2017-03-16 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年3月6日(月)曇

雨模様の週明けを覚悟していたが、降っていないのは助かる。コートを着て出るかマフラーだけで済ませるか、微妙なこの時季。寒い目の外を歩く時間より暖かい電車の中で過ごす時間が圧倒的に多いので、コートはやめる。

この二見界隈の海も明日からイカナゴ新子漁が解禁され、漁船で賑わうことであろう。その前の静けさか。ワカメ漁の漁船が勤しんでいる。
e0083517_05093982.jpg
はっきりしていなかった次年度の勤務形態がほぼ決まる。週に1.5回のペースで永らく来ていたが週1回にペースダウン。案件がかち合うと時間が足りなくなるだろうが、それはその時に調整すれば何とかなるであろう。
  


by yellowtail5a01 | 2017-03-06 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年2月27日(月)晴

朝から快晴で気持ちがいい。近所の郵便局情報では、28日にイカナゴの試験漁があるそうな。大方の予想では去年に引き続き今年も不漁が予測されているようだ。まあ、キロ2000円までなら許容範囲と考えておこう。

近くの海岸ではワカメを採る人がこの季節多い。
e0083517_01240691.jpg
水も温んできたようで、春の海全開の模様である。
e0083517_01244140.jpg
水面に近づくと少し風景も変わる。遠く明石海峡大橋を望む。
e0083517_01242077.jpg
西は姫路方面。家島群島も近くに見える。
e0083517_01242975.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-27 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年2月6日(月)晴のち雨のち晴

昨日は終日の雨だったが、一夜明けて清々しい朝の空気。膝の調子もずいぶんよくなり、スタスタと駅に向かう。全く完ぺきというわけではないが、足を引きずる感じはなくなった。

いつも通りの行動パターンであるが、昼休みに海岸線に出ると今日は強風。釣り人もいなければ遊漁船もプロの漁船も見当たらない。時化なのであろう。西風に煽られて海面には大きなうねり。珍しい光景である。
e0083517_23202899.jpg
風上を仰ぐと白波が立ち始めている。「この世界の片隅に」に象徴的に出てきたすずが描いた「波のウサギ」が思い出される。
e0083517_23203958.jpg
アニメの絵はウサギだった。
e0083517_23363728.jpg


by yellowtail5a01 | 2017-02-06 23:38 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年1月26日(木)晴

昼休みに久しぶりに海岸散歩をすると、ヤングカップルの釣り人。ママは赤ちゃんを胸に抱っこしての探り釣。大きなガシラが釣れて夕飯になればいいと思う。さて、つれるのだろうか。
e0083517_01151727.jpg
帰社時の空も大分明るくなり、東二見駅についても西の空は残照が残る。
e0083517_01153679.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-01-26 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年1月13日(金)晴

寒くて震え上がるが、いいお天気が続く。朝はコートを着て、マフラーをして手袋をしても震え上がったが、昼休みには陽光のおかげで風さえ避ければ散歩に十分。膝の具合も少し良くなりつつあるようで、海岸散歩は厭わなくなった。

小豆島の見える東南角まで行くと、姫路港を出港して南に向かう自動車運搬船。形が美しいとは思えないが、日本の輸出産業の象徴のようで頼もしい。
e0083517_01425588.jpg
南西の風が強くて波が荒いが、ウサギやヒツジが跳ねるほどではない。
e0083517_01430785.jpg
冬至からまだ一か月も経たないが、日の入りは確実に遅くなってきている。東二見駅に着いた時点では残照が残っていた。
e0083517_01431703.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-01-13 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)