ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:自然・季節( 328 )

2016年12月31日(土)晴

年末近くまで仕事が入ったり、予期せぬ母の入院でバタバタした年末だったが、平穏に大晦日を迎えることができた。今日の役割は、主に玄関から外回りの整頓と掃除。

ポーチ付近に並べている鉢物が無造作に増えていて、鉢の間には落ち葉がいっぱい散乱。鉢をすべて移動して清掃にかかる。季節外れのアジサイやカシワバアジサイは、いったん軒下に移動する。

手入れをしていてあらためて目についたのは、ダイモンジソウ。数年前に神戸市立森林植物園で見つけて買ってきた株だが、大きくもならず、花もつけず、でも枯れもしないで生き残ってくれている。
e0083517_23073592.jpg
ガーデニングを趣味の一つと自認する者として、ぜひ花を咲かせたいものである。

今年の春先から二階の窓際バルコニー用として通販で買ったゼラニュームのカリオペ。ダークレッドという品種は、旺盛な生命力で挿し芽でずいぶん増やすことができたが、ローズスプラッシュというピンク系の株は、なかなか芽が伸びず挿し芽もままならない。

それでも8号鉢に植えた株は、順調に育ち冬にも花を咲かせてくれている。この花の色は捨てがたい。
e0083517_23074656.jpg
おせち関連の当番のお煮しめ、出汁取りは昨夜のうちに済ませておいたので、母の様子を見に行ったあとは、大晦日にしては比較的のんびり過ごさせてもらう。

振り返ってどんな年だったのだろう。大きな変化はなかった。強いて言えば、コーラスという新たな趣味が増え、カラオケが減ったということか。それと、11月以来の膝の痛み。これだけは早急に解消したいものである。


by yellowtail5a01 | 2016-12-31 23:29 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月30日(金)晴

昨日は自室の整理に終日を費やしたが、今日はおせち料理材料の買い出し、ニトリでマット類の買い物、コーナンで寄せ植え用の葉ボタン。コーナンの苗売り場はほぼ終わっていたが、帰り道の花屋さんで一応素材は揃った。

今年は娘夫婦は元旦に戻ってくる予定だが、お祝いは家でするとしても夕食は外食予定。息子が戻ってくるのは10日頃になりそうなので、おせち料理は例年の半分の量を目安とする。

市内で一番品揃えのいいスーパーマルナカに午前中に行く。さすがにいろんなものが揃っていて、お買い物リストの品が全部揃う。とりわけ、海老が気になっていたが、元気な活けのクルマエビがてんこ盛り。大分県の姫島産と思っていたが、宮崎産だった。まあ、大同小異。
e0083517_20454050.jpg
帰りに母を見舞うが、スヤスヤと眠っていた。痰のからむ音も少し減ってきたようで、ちょっと安心する。予断は許さないが年末年始はクリアできそうな気がする。

by yellowtail5a01 | 2016-12-30 20:57 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月18日(日) 晴のちうす曇り

 膝を中心として右脚が不調。そんなことをブログに書いていたら親切な友人がいるもので、二人の中高友人からの助言。一つは、病院より鍼灸院の方が効くとのこと。もう一つは、同窓生で市内の病院の院長をしている友人に優れた整形外科医を紹介してもらうこと。

 取りあえずはとっかかりが良さそうで初体験となる針を試すことにした。武庫之荘にある個人の方だが、世間話をしながら6㎝の針を15本ほど太ももから膝まわり、足首にも打ってもらう。挿入時の痛さは全くないが、射しこんでいくと筋肉がどんよりと重さを感じる。不思議な感触であった。

 これが効いたのか、駅までの帰り道は少し楽になった気がする。夕方に再度梅田に向かう。グランフロントでいろんなセミナーを開催しているナレッジキャピタルの無料セミナー、梅田で星を観測とあったので速攻申し込むと予約できた。

 これを誘ってくれたヨット仲間のH氏は昨日で予約していたようなので、別の仲間に声を掛けて参加。結果、夕方から出ていた淡い雲が邪魔してか、確認できた星は、金星、火星、アルタイル、ベガ、デネブくらい。

 よく晴れているともう少し見えるとのことだったが、梅田で星観はしょせん無理な話。冬の澄んだ空気の夜に播磨や丹後の望遠鏡もある施設に星好き人間で星観ツアーをしたくなってきた。中央のビルの上にかすかに捉えたのが金星だ。
e0083517_02254908.jpg
 このセミナーの狙いは、星観を出汁にしてナレッジキャピタル活動の紹介だったようで、無料だった意味が後でわかった。グランフロント北館を中心に一階から九階まで案内してもらったので、隠しエレベーターの存在や静かな屋外庭園も知ることができて、それなりの価値はあった。
e0083517_02252275.jpg
 コミュニケーターという案内役の二人の若い女性が親切だったので、悪い印象はない。
e0083517_02262459.jpg
 星の解説をしてくれた右のサンタ帽の彼女は宇宙物理学専攻とのこと。話し方も風貌もリケ女。グランフロント北館の吹き抜けは、クリスマスムードが盛り上がっていた。
e0083517_02264301.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2016-12-18 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月8日(木) 晴

 昨夜は少々飲み過ぎて、ホテルで風呂に浸かった後はテレビも見ずにバタンキュー。おかげで朝の目覚めがいい。7時前に朝食を澄まし、早い目に目的地に着こうと品川駅山手線ホームに向かう。

 驚かされるのは階段の入場制限。凄い人出である。ホームドアがいち早く設置された理由を理解できる。
e0083517_22480502.jpg
 お隣の大崎駅は品川駅ほどではなかったが、やはり人で溢れかえっており、エスカレーターに長蛇の列を待たなければならない。

 仕事の方は9時から12時まできっかり3時間で無事終わり、自由の身となる。どこに行くべきか迷うが、都内の紅葉名所としてトップに出ていた桜ケ丘公園を目指す。時季遅れは覚悟の上である。
e0083517_22482782.jpg
 まだ十分紅葉は残っていた。京王線の聖蹟桜ヶ丘という駅で降り、バスで記念館前という停留所で下車。公園の一番高いところなので、後は下り坂主体。明治天皇がしばしば下向されたらしい。その名残の記念館らしい。
e0083517_22484075.jpg
 通路・階段を下っていくと公園らしいスペースに至る。途中、いかにも武蔵野の雑木林というイメージの山を下る。
e0083517_22490348.jpg
 下りきると下のバス停。しばしの時間を惜しんで、名残の紅葉を撮りまくる。
e0083517_22492951.jpg
 なぜかこの辺りの紅葉は色あざや。
e0083517_22493953.jpg
 山の斜面は、樫系の樹木の黄葉が枯葉前最後の色合いを誇っているようだ。
e0083517_22500033.jpg
 名残の楓はけなげに赤を残してくれていた。
e0083517_22502268.jpg
 中にはいまだグラデーション途中という奥手もいる。
e0083517_22503986.jpg
 武蔵野の秋を堪能して羽田空港で一服休憩の夕食。ビールとつき出しセットを注文するが、夕食としては物足りないので牡蠣のアヒージョを追加。これは家でも再現できそうである。
e0083517_22510117.jpg
 牡蠣が主役だが、ブラウンマッシュ、ミニトマト、レモン薄切り少々、イタリアンパセリの飾り。これは家でも真似できそうである。アヒージョ用の小皿が欲しいところである。

by yellowtail5a01 | 2016-12-08 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月5日(月) 晴

 何事もなかったかのように月曜を迎え、何事もなかったかのように出勤。平穏な心境で勤務日を楽しむ。空が美しいのがいい。
e0083517_22391958.jpg
 釣り人達ものんびりと竿を出し、時折小鯵が釣れている。平和な昼下がり。
e0083517_22391138.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-12-05 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月1日(木) 晴

 早いもので12月に入る。仕事の方も年末から年初にかけて内部監査のシーズンとなる。去年は本社移転のタイミングの関係で大幅に後ろにずれこみ、期末ギリギリとなってしまった。今年は遅くとも一月末までには仕上げたい。

 山陽電車、阪急電車を乗り継いで帰ってくると、最寄りの夙川駅前に忘れていたサプライズ。毎年12月頭にクリスマスツリーが飾られる。ああ、今年も暮だなぁと思い知らされる。
e0083517_00544978.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-12-01 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年11月28日(月) ほぼ晴れ

 早いもので去年の今頃、尼崎の立花から明石の南二見に職場が引っ越してちょうど一年。海にはずいぶん近づけた。四季折々、日々それぞれの海の表情、空の表情、空気の澄み具合などを、昼休み散歩で楽しませてもらってきた。

 今日の空と海は、おそらく初めての表情。いわゆる天使の架橋が現れた。
e0083517_03081866.jpg


by yellowtail5a01 | 2016-11-28 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年11月24日(木) ほぼ晴れ

 休み明けの出勤日、といってもあまり実感はないが、急に寒くなってきたので今年初めてオーバーコートを着て出勤することとなる。それでも、昼休みに海岸に出るとそれほど寒いわけでもない。ただ、南西から吹いてい来る風が強い。

 南の空には暗い雲が立ち込めていて、写真を撮るには絶好のチャンス。
e0083517_01000435.jpg
 空気も澄んでいて家島、小豆島はもちろん徳島方面まで山が見える。
e0083517_01004952.jpg
 風が強くて防波堤の上を歩いていると吹き飛ばされそうなので、テトラポッドに降り立って風を避ける。
e0083517_01003224.jpg
 西の空は明るくこちらにも釣り人が投げ竿を出している。
e0083517_01011578.jpg
 さらに、東方面はというと青空模様で明石海峡大橋も久しぶりに見える。
e0083517_01012683.jpg



by yellowtail5a01 | 2016-11-24 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年11月4日(金) 晴れ

 予定がぽっかり空いた金曜日、家内は近くの公民館での英語サークルと歯科医通院。プラごみ担当を仰せつかるが、これは午後に収集車が来る。プラごみは本来きれいに洗浄されたリサイクルプラスティックだけのはずなので、カラスは来ないはずだが、洗浄が不十分だと突きに来るので、収集時刻直前に出すことが要求される。

 12時半には戻ってくることを約束して、九時過ぎに六兵衛号を駆り出し、久しぶりの六甲縦走コースで森林植物園に、今年第一号の紅葉探索とする。
e0083517_21440286.jpg
 定年退職時以来、何かのエッセイから得たのか持つべき趣味の四象限というのを意識してきた。軸は二つ。縦軸は一人でできることか、仲間とできること。横軸は屋外ですることか、屋内ですること。

 自分の活動傾向を振り返ると屋外で仲間とすることが多い。ヨット、ゴルフ、ツーリング、フォトウォーク等。次に多いのは、屋内で仲間と一緒にすること。英語会、コーラス、カラオケ、同窓会、落語鑑賞、ライブ鑑賞、美術館、その他。

 一方、一人で遊ぶ趣味は意外と少ない。野外系では、今日のようなソロツーリング、ガーデニング、散歩くらいか。屋内系では、読書、テレビ、パソコン、レコード鑑賞、オカリナくらいか。

 今日は、ソロツーリングと写真撮影の複合。紅葉撮影には少し早かったが、シアトル広場は今が盛り。台湾フウやカナディアンメープルの紅葉が真っ盛りであった。
e0083517_21433215.jpg
 楓の紅葉に合わせてくると、この辺りはいつも枯葉の世界だが、ユリノキの葉もまだ緑。二週間後には黄色から褐色に染まっているだろう。
e0083517_21453523.jpg
 この季節、ススキも見逃すことができない。シアトル広場東のススキがちょうど満開であった。
e0083517_21462455.jpg
 少し歩いて天津広場のナンキンハゼは、まだ時季尚早。やはり二週間後が楽しみだ。
e0083517_21474472.jpg
 紅葉銀座と言われる長谷池南の通りも二週間は早い感じ。でも今後の寒暖の状況によってはもう少し早く紅葉のピークが来るかもしれない。
e0083517_21483428.jpg
 長谷池に映る楓もまだ早い。
e0083517_21493483.jpg
 売店横のウリハダカエデもまだ緑。
e0083517_21501031.jpg
 ごく少数だが、すでに色づいている楓もある。
e0083517_21504815.jpg
 長谷池のリリーも適度に間引きされ、いい感じである。
e0083517_21514213.jpg
 風変わりな女流カメラマンを発見し、望遠モードで記録に留める。
e0083517_21522383.jpg
 大好きなハウチワカエデそろそろ色づき始めており、次回来た時には枯葉になっていそうな予感がする。
e0083517_21530772.jpg


by yellowtail5a01 | 2016-11-04 22:53 | 自然・季節 | Comments(2)
2016年10月26日(水) うす曇り

 週間予定の関係から変則勤務日で南二見に通う。このところ抜けるような見通しの秋の空だったのだが、今日は打って変わって暑くなり、春の海のような靄か霞か。いつもくっきり見えていた淡路島の島影もほとんど見えない。
e0083517_00263623.jpg
 コンクリート護岸壁をフナムシが走っている。フナムシといえばちょっと近づくと散るように逃げる虫だと思っていたが、ここの奴らはのんびりしているのかレンズを近づけても逃げない。
e0083517_00264667.jpg
 足が沢山あって昆虫ではないようだ。ネットで調べると等脚目に属するとのこと。あまり触れたいとは思わない生き物の一つである。


by yellowtail5a01 | 2016-10-26 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)