ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:自然・季節( 325 )

2010年1月12日(火) 曇時々雨 8820歩

 年明け早々からいろんなイベントが目白押しだった2010年だが、戎っさんも終わり
急に落ち着いてくる。正月気分の華やいだ気分が急にしぼんでくるような感じは、物心
のついた頃から毎年正月明けに感じるアンニュイ感。祭りの後はいつもそんなものだ。

 重苦しい空模様も気分を滅入らせるが、JALの法的整理が決まった週明けとあって
JAL株が紙切れ同然になったのもメランコリーの一因。逃げ遅れた分がパァになった。
これまで不採算路線になることがわかりながら地方空港を開港し、国交省が無理矢理
JALに運行強要してきた責任を棚に上げて、従業員OBも株主も一定の責任があると
厚顔に口にする首相の映像を見ていると、無性に反感を覚える。

 秋口以来、民主党の政策には評価すべき部分もあると思った時期もあったが、ここに
来て外交政策もわけが分からないし、CO2排出削減策と中途半端なガソリンの暫定税
率廃止騒動や高速料金無料化の矛盾、今日報道されていた健保の制度変更方向も
詳細は不明ながら納得できないことが多い。

 まあ、愚痴っていても始まらないが、昨年の政権交替は少なくとも政治に対する国民
の関心を取り戻させた点においては評価ができるものと思われる。この国にとって、また
自分にとって何が正義かを見つめていきたいものである。

 戎っさんには結局昨夜も近くに用事で行ったついでにちょっと顔を出したので、三日間
皆勤ということになった。やはり福娘の写真と屋台風景は年中行事として記録に留めて
おきたいと思う。Photo:CANON EOS40D 17-85mm f4-5.6

福笹売り場で目の合った福娘さんに声を掛けて、ちょっとアップでお願いする。
e0083517_152185.jpg

飾り物屋さんの声は賑やかだ。だが、買う人は少ない感じがするのは不況感のせい。
e0083517_438642.jpg

e0083517_1531287.jpg

いろんな屋台がでているが、若いテキ屋の皆さんが頑張っているなと感じた今年の戎っさんであった。
by yellowtail5a01 | 2010-01-12 23:59 | 自然・季節 | Comments(7)
2010年1月1日(金) 晴 5166歩

 かくして新しいディケードにはいった。昨日までの慌ただしさからすっかり時間の流れが
緩やかになった。年越しパーティから朝帰りの娘を9時に一旦起こし義母を加えた四人で
新年のお祝い。息子は夜まで戻ってこないのが最近のパターンとなった。

 年賀状を受け取り、返事を書くべきものを書いてポストに入れるとあとは自由時間。寒い
が、バイクにでも乗ろうかと思うがお屠蘇が抜けきっていないので腹ごなしの散歩に出か
ける。そういえば去年は、義母と家内の三人で初詣に近所の神社に出かけたが、今年は
二人とも外に出る気配がない。娘も出勤したので、一人で阪神西宮駅から西宮神社に行っ
てみる。

 重たい一眼はおいて愛用ののCX-1をポケットに入れていく。ワイドからマクロ、200mm
の望遠までほぼオールマイティで便利なのだが、やはり重たいデジ一のビューファインダー
を覗いて、カシャッと音の出る方が撮っているという感じがするのは否めない。特に福娘に
レンズを向けたときのインパクトが決定的に違いそうだ。

 十日戎の時には、重くてもデジ一で再挑戦をしたいと思う。

e0083517_23583669.jpg
つい先日までクリスマス用の大きなベルが白色LEDで飾られていたのが、ちょっと手抜きの
えべっさん案内に代わっている。二週間弱なので安上がりにしているという感じだ。

e0083517_23591271.jpg
まだ出店は少ないが、ときどきフォトアイを刺激する光景がある。ここでも一歩踏み込むには
デジ一が必要だと思う。

e0083517_23595185.jpg去年はこの場所で、岩崎宏美風美少女に出会い、声をかけて撮らせてもらったが、今年はその彼女は見あたらなかった。ちょっと違うけどそれなりに絵になる福娘に御神酒を注いでもらう。

e0083517_002846.jpg夕方になりお屠蘇も御神酒も抜けたので、初打ち練習に尼テクに向かう。今年もお世話になりそうな練習場だが、あいにくの強風向かい風で今日は今ひとつ練習にもならなかった。

by yellowtail5a01 | 2010-01-01 23:59 | 自然・季節 | Comments(10)
2009年12月17日(木) 晴 3688歩

 寒さには強いはずの自分だったが、今日の寒さには閉口する。外出する気にもなれず、日長
引きこもりを決め込む。それにしても年末に向けてやるべきことが有り過ぎる。今日はたまたま
空いていたので、消えてしまった住所録データを去年の年賀状や転居通知を引っ張り出して
きて入力を始める。ピッチは上がらず、何とか半分を超えたところで休憩。残りは、また空き時間
を見つけて入力しよう。

 日中は10度ほどあった外気温も夕暮れには急速に落ち込み、窓の外に張り付けた温度計は
4℃を示している。これが、夜更けには1℃になってしまったから堪らない。明日から週末にかけ
て一段と寒くなるとのことだが、出かける気にもならなくなってくる。

e0083517_0505218.jpg

by yellowtail5a01 | 2009-12-17 23:59 | 自然・季節 | Comments(6)
2009年11月9日(月) 晴 10826歩

 先日の健康診断の結果、やはり歩くことが大切だということを再認識し、「ろくべえ」号通勤は
しばし諦め、極力歩くことに徹することにした。おかげでゴルフに行かなくても一日一万歩を越え
ることができる。

 仕事の方は今週木曜日にちょっとした大会議を設定しているので、その準備が必要だが、やや
のんびりムードで過ごせるのはありがたい。昼休みには界隈の秋色風景を撮るべく、昼食後すぐ
に飛び出し、CX-1タイムとなる。

e0083517_291059.jpg 桜の紅葉は楓より三週間は早いようである。黄色から赤のグラデーションが桜紅葉の真骨頂である。

 身近なところにもいろんなモチーフはあるものだ。e0083517_293558.jpg

 それほどきれいな川でもないのだが、それなりに写真を獲りたくなる光景もある。e0083517_2101597.jpg

 この小川には沢山の鯉が棲み着いている。鯉が泳ぐとなかなか美しい波紋ができる。
e0083517_2104889.jpg

by yellowtail5a01 | 2009-11-09 02:59 | 自然・季節 | Comments(6)
2009年10月27日(火) 晴

 いいお天気なので、ちょっと「ろくべえを走らせたくなり、神戸市立森林植物園に向かう。
半年前まで神戸の病院に通っていた頃は、よく帰り道に植物園に寄り道をしたものだが、
病院を中断してからというもの、神戸に行く機会がグンと減った。西宮から向かうとすれば
最短コースはやはり六甲山縦走コースとなる。(Photo:RICOH CX-1)

e0083517_21453920.jpg日曜日にヨットで探検に行った六甲アイランド沖の埋め立て地は、海上から見ると陸地に見えたが、山上から見下ろすと周りができているだけで大半はまだ水溜まりである。


e0083517_21464294.jpg楓の葉は大半がまだ緑である。

「この実には毒があるので食べないでください。」との注意書きがあるが、見た目には美しい
グミのような実である。e0083517_214783.jpg

この植物園の中で一番好きな紅葉の一つ、ハウチワカエデ。今年は緑、黄色、赤を同時に楽しめる。e0083517_22574353.jpg

長谷池の周りの楓は紅葉している木、全く紅葉していない木と様々だが、この枝は、半ば
紅葉していて季節を感じさせる。e0083517_21474245.jpg

静かなトレッキングパスに、カサコソと落ち葉の落ちる音、ポットンというドングリが落ちてくる
音。秋の昼下がりの音である。
e0083517_21484462.jpg

e0083517_214953.jpgシアトルの森辺りは例年早く行かないと枯葉の世界となっている。今年は辛うじて間に合ったようだ。

モミジバフウという紛らわしい名前の木。フウというのが漢字で書くと楓となるだけにややこしい。
しかし、この木はマンサク科で日本の楓とは全く違うらしい。e0083517_21492530.jpg

e0083517_21494853.jpgこれは天津の森にあるタイワンハゼ。いつもタイミングが遅れて枯葉を見るが、今日は絶好のタイミングでちょうど色の変わりかけた葉が美しい。

定番のススキヶ原。ススキだけでは淋しいのでモデルさんが欲しいところである。e0083517_21501267.jpg

e0083517_21503059.jpg再度、タイワンハゼの葉を逆光で狙うと葉脈が透けて見える。

まさにこの季節を象徴するようなグラデーション紅葉葉を見つけた。e0083517_21504574.jpg

by yellowtail5a01 | 2009-10-27 22:52 | 自然・季節 | Comments(9)
2009年10月14日(水) 曇時々晴

 先週辺りから、台風や関東遠征で不規則な生活をしてきたが、昨日は久々の出勤、
今日は落ち着いて歯医者の定期検診と散髪を片付ける。散髪屋さんは、岡本の格安
もいいのだが、やはり近所づきあいの関係もあって近所の高級ヘアサロンに行くことに
なる。散髪屋というよりも美容院といった方がいいようなサロンで、平日に行くと女性客
が圧倒的に多い。

 外付けHDDドライブを増設し、写真とその他のファイルのバックアップを別々にする
ことにした。500GBが二つなので合計1TB。動画とかはないのでこれで当面内蔵HDD
をスッキリさせることができそうだ。

 写真を整理していると、英語会の秋の遠足写真の整理およびメンバーへの回覧をでき
ていなかったことを思い出し、高校同窓会写真のアップとともにアルバムに掲載し、案内
送付を完了する。

 ブログでも紹介できていなかったので、遅ればせながら10月3日の写真を何枚か紹介
致します。

e0083517_284289.jpg
 信貴山農業公園のどか村は、標高が高いせいかコスモスが満開で秋の風情をくれる。

e0083517_292350.jpgのどか村での数少ない娯楽はシイタケ狩り。なかなか立派なシイタケを摘む。

e0083517_2123570.jpg
朝護孫子寺で全員記念写真

e0083517_2125624.jpg雌カマキリの目線をもらう

e0083517_2135678.jpg
お地蔵さん群は化野の念仏寺を彷彿とさせる。

e0083517_2132297.jpg梅田に戻っての二次会は旧サンケイホール跡に一年前に開業したというブリーゼという高層ビルに行く。

by yellowtail5a01 | 2009-10-14 23:59 | 自然・季節 | Comments(10)
2009年9月1日(火) 快晴

 毎日お天気が最高である。気温は結構高いが吹く風は充分涼しくて快適だ。
八月はいろいろ楽しいチャレンジがあり、振り返ってみるとあっという間のひと月
だったが、九月にはどんなチャレンジがあるのだろうか。いまのところ、期待を
持てるのは、月末の土佐一泊ツーリング。台風にかち合わないことを祈る。

 八月としては例年に比べゴルフの方が低調で、三度しか回れなかったが、
九月にはコンペもあり、心して練習にも励まなければならない。また、10月には
高校同窓会の東西合同還暦記念コンペが栃木県であるので、万全の調子で
臨みたいものである。

 スコアメイクには、ティーショットで距離を稼ぎフェアウェイキープが大切である
が、アプローチとパターがそれに劣らず重要である。パターの練習は家の中でも
できるが、アプローチ練習をできるところが見当たらない。

 そんな中、秘密の練習場を発見。打ちっ放しもあり、綺麗なグリーンのアプローチ
練習場、バンカー練習場があって、一時間600円。これは利用しない手はない。
クルマで50分はかかるが、週に一度は行ってみようと思う。

e0083517_2120416.jpg
by yellowtail5a01 | 2009-09-01 21:21 | 自然・季節 | Comments(0)
2009年8月24日(月) 快晴

 本当に爽やかなお天気。暑いと言えばまだ暑いが、吹く風からうだるような蒸し暑さが
消えたみたいだ。バイク通勤にも最高の季節になりつつある。このまま順調に涼しくなる
とも思えないが、秋の気配はいいものである。

e0083517_22452033.jpg 昼休みに散歩がてらコンビニに出向くと、空も高い。空気がよくなると見慣れた景色にも味わいが出てくるようだ。

e0083517_2246764.jpg 春の花、秋の紅葉時はひときわ気になる川沿いの桜並木だが、夏の葉桜も初秋の雲とマッチングするとそれなりに絵になるようだ。

 紅葉まであと約三ヶ月。その頃には政治も相場もいい方向に変化しているのだろうか。

by yellowtail5a01 | 2009-08-24 22:48 | 自然・季節 | Comments(6)
2009年7月22日(水) くもり

 46年ぶりという日食フィーバー。もっともこの界隈では部分日食しか見られないのだが、
46年前は皆既日食を見たのかどうか記憶は定かでない。ガラスにローソクのススをつけて
日食グラスを用意した記憶があるが、どんな姿の欠けた太陽を見たのかは、記憶が飛んで
いる。

 せっかくの自由日なので少し期待するが、生憎の曇り空。11時過ぎに曇り空がずいぶん
暗くなったのでここがピークなのであろう。雲の上の太陽は月齢27くらいの逆三日月形状に
なっているはずだが、雲が邪魔して様子はわからない。もし晴れていても撮影用フィルターの
手配もしていなかったのでまともな写真は撮れなかったとは思う。

 ダメ元でコンデジを太陽の方向に向けるが、存在位置は確認できても姿は見えない。暗く
なっているのがわかるだけに終わった。e0083517_2212393.jpg

 肉眼では確認できなかったが、写真を拡大して明るさを調整すると逆三日月形状の欠けた
太陽が雲間に微かに確認できる。
e0083517_0222415.jpg

 それにしても最大皆既日食時間といわれた悪石島に行った人は気の毒であった。ちょうど
日食の時刻に合わせたかのように暴風雨となり、大切な機材は濡れるし、慌ててテントの中に
非難する光景の映像が流れている。

 それに引き替え、硫黄島近海にクルーズ船で出掛けた連中は大正解だったようだ。皆既状態
でのコロナ観測や前後二回のダイヤモンドリング。特に印象的なのは360度のパノラマ夕焼け
の様子である。海上での皆既日食ならではの珍しい自然現象だ。あれならお金をかけて行った
甲斐があろうというものである。

 空振りの日食フィーバーのせいというわけではないが、夜に人と約束していたのをすっかり
失念してしまい、待ち合わせ時刻になってご本人から電話をもらって思い出す。汗がタラタラ。
全ての予定は手帳と携帯スケジューラーに書くようにしているが、それをうっかり怠っていた。

 最近、とみに記憶力の衰えの自覚はあるが、こんな大チョンボをやらかしたのは久しぶりだ。
しばらく夢の中でも思い出して苛まされそうな気がする。××さん、ごめんなさい。
by yellowtail5a01 | 2009-07-22 22:26 | 自然・季節 | Comments(2)
2009年7月21日(火) 雨のち曇 10812歩

 三連休が明けて久々の出勤。自分にとって三連休はそれほど関係なさそうだが、
気分は連休明けである。朝からのしとしと雨でバイクはあっさり諦め、電車で通勤。

例年なら学校も夏休みに入り、本格的な夏空の登場、夏本番、となるところだが、
今年はまだ梅雨前線が居座っている。もっとも竜巻に遭った岡山や豪雨の山口に
比べ、阪神間はさほどの雷雨、豪雨もなく落ち着いた雨なのは不幸中の幸い。

 通勤路の公園では、雨なのにクマゼミの大合唱。蝉の大合唱は夏本番の証拠と
理解していたが、蝉たちはもう待ちきれなかったようだ。蝉の寿命は七日とも三日とも
言われている。限られた命のスパンで子孫を残すべく焦りとも思える鳴き声に聞こえ
てくる。

 いつもなら木の幹や葉の地上1メートルくらいのところに抜け殻が見られる空蝉だが
今年は見当たらない。しかし、地面には明らかに蝉の幼虫がはい出してきたに違いない
直径1.5cmほどの穴が沢山あいている。出勤途上は時間もなかったので、帰りに
もう一度公園に寄り道をして、抜け殻探しをすると、なんと頭上の枝に沢山あった。

e0083517_23152469.jpg 雨が多いから出水に備えて地上2メートルを選んだのか。本能とはいえ、なかなかの優れものだと感心させられる。
by yellowtail5a01 | 2009-07-21 23:15 | 自然・季節 | Comments(0)