ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ひとりごと( 221 )

2017年1月2日(月)晴

穏やかなお天気が続く。今日は、格別の予定なし。例年の正月であれば、時間ができれば京都に行ったり、近所を散歩したり、少なくとも地元の西宮神社に初詣をするところだが、膝の痛みのため歩くのが億劫だ。

母の見舞いも歩いても15分そこそこだが、クルマで行く始末。このような状況が続くのはまずい。まずは膝の回復を第一義としたい。

我が家というか親の代から、正月の雑煮は元旦白みそ、二日からはおすましと決まっている。
e0083517_01144393.jpg
京都の老舗の割烹、瑞氣で教わった一番出汁の取り方に沿って年末に用意した一番出汁でお吸い物。日高昆布と鰹節の味が濃厚に絡み、我ながら旨いと思う。これぞ日本人としての喜びの一つだ。

年末ぎりぎりに仕立てたハンギングバスケット。正月らしく葉ボタンとビオラやシクラメン、シロタエギク、アイビーをあしらった和洋折衷。もう少し育ってくれるとそこそこサマになりそうである。
e0083517_01151621.jpg
短い散歩で近所に行くと、最近オープンしたケーキ屋さんがもうオープンしていた。なんとなく気を引かれ店に入る。ケーキの種類は少ないが、綺麗なケーキやタルトが並んでいる。
e0083517_01153035.jpg
店主と思しき女性に尋ねると、もともと芦屋のダニエルで働いていて去年独立したとのこと。ダニエルなら間違いない。いちごのショートケーキとモンブランをひとつづつ買って帰る。
e0083517_01154445.jpg
思いがけぬアフタヌーンティとなり家内も喜んでいたが、歩いて1分のところに美味しいケーキ屋さんができたのは嬉しい。店名のポワリエというのはフランス語で「洋ナシの木」という意味らしい。

スペインのタパス料理のお店「タパタパタパス」、フランス風のパン屋さん「フリアンド」。この界隈が面白くなってきた。あとイタリアンができれば最高なのだが。

by yellowtail5a01 | 2017-01-02 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年12月29日(木)うす曇り

親戚及び家内関係の年賀状も昨日で全部出状したので、やれやれ。今日から年末家事にかかれる。一応分担を決め、家の中の共用スペースは家内、外回りは自分。もちろん自分の部屋は自分でやる。あと、おせち料理は頑張るとのことなので、お煮しめのみ担当することにする。

朝一番に母の病院の保証金支払いや健康保険証、その他の受給証明書の提出作業がある。しかし、後者は特養の方で直接やってくれるそうなので、少し楽である。相変わらず喉に痰が絡んだ呼吸音で、心配ではあるが、よく眠っているので様子を見るしか寄り添いようもない。

自分の部屋の散らかり具合を整理し始めると、とても一日では無理。取りあえず溢れかえっている仕事関係の書籍類を古くなったものから処分に回す。パソコン関係書籍やソフトもWINDOW10以外のものはすべて処分。

少しスッキリしてきた。家内は午前はしんどいと寝ていたが、昼から台所の掃除にかかった様子なので、ホッとする。その分、「夕食の準備はやって」とのことなので、引き受ける。

最近不足しがちになっている野菜をふんだんに食べられて、手軽に調理できる八宝菜とする。味付けはクックドゥにお任せでそこそこ行ける。
e0083517_21160698.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-12-29 21:16 | ひとりごと | Comments(2)
2016年12月6日(火) 晴

 本来ならば産機OB会コンペの本年最終コンペの日だったが、日曜に発覚した漏水問題。今日、水回り専門店が来てくれるという。昨日は一人で来たそうだが、原因究明まで至らなかったようである。

 今日は三人がかりで9時半から来て、先ずはサーモグラフィで水漏れ箇所を特定。思っていたより天井に問題があることが判明。天井のボードを約30㎝四方のこぎりで切り、天井裏を確かめると問題個所を発見。

 給湯用のパイプのジョイント部分で水漏れしていたようだ。早速問題部分を切断し、フレキシブルパイプで直結することとなる。
e0083517_22411333.jpg
 三時間弱の作業となった。請求書がいくらなのか、ちょっと心配なところである。まあ、しかし簡単に手の届く部位でよかった。もっと奥まった箇所なら相当大掛かりな工事になったに違いない。それを考えるとウン万円の範囲なら良しとしよう。

by yellowtail5a01 | 2016-12-06 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年11月27日(日) 雨

 朝から雨でとてもメタセコイヤ並木紅葉鑑賞に出かける気分にはなれない。といって映画でもと思ってもこれといった映画はやっていないようだ。買ってきたポットのまま置いてあるビオラやガーデンシクラメンの植え込みもしたいが、雨ではいかんともしがたい。

 結局テレビを観たり、一週間後のタイムの教材に目を通したり、その後の忘年会でみんなで歌う「聖しこの夜」の楽譜を昨日もらったので、そのハモリパートをピアノで検証する。簡単だと思ったが意外に難しいのでどうなることやら。

 母の見舞いがてら近所での用事をいくつか済ますと夜になる。家内はまだ風邪療養中ということで夕食当番。今シーズン初めての寄せ鍋とする。

by yellowtail5a01 | 2016-11-27 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年11月22日(火) うす曇り

 午前9時から兵庫駅近くのお得意様からの声掛かりで出向く。受講生はお一人だが、熱心な方でこちらも気合が入る。殆ど縁のなかったブラジルでの法務をレクチャーするのは辛いところだが、三時間最後まで真剣に聴いてもらえたのでよかった。一人受講生の場合は相手次第でずいぶん様相が変わる。

 夕方の家内の通院で大阪市内に向かうが、なぜか道路が渋滞気味。湾岸高速を利用してなんとか受け付け開始の5時前に着くが、それでも4番目だったみたいで、診察まで二時間待たされる。
e0083517_01184143.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-11-22 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年11月21日(月) 曇り

 鬱陶しい空模様だが、寒さはどこかへ行った模様。出勤日で結構忙しかったが、帰りの社用車に乗るために定時きっかりで女子社員とともに「お先に~」と退社するのがすっかり定着した。ブラック企業とは全くの無縁だ。

 家内の風邪がひどくなってきて、「外食してきて」ということなので、三宮で途中下車して一人で海鮮丼をいただく。近所の東急ハンズに寄り道して、最上階から地下二階まで売り場を回ってみる。足を止めるのは調理器具売り場とお酒グッズのフロア。前から気になっているフォイルカッターを探す。
e0083517_01180348.jpg
 売り場をくまなく見て回っても見つからなかったが、店員に尋ねると即座に場所を教えてくれる。さすがはプロ。二種類あったが安い方を購入。
e0083517_01182582.jpg
 早速試してみると、バッチシOK。封を切るのが楽しみになってくる。しかし、最近よく買うチリやニュージランドのワインはコルクではなく、金属スクリュータイプが多いので、出番はあまりないかもしれない。
e0083517_01181417.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-11-21 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年11月13日(日) 晴れ

 体調は大分回復してきたが、依然喉の調子は悪く、少し息を吸い込むと咳が出たり痰が絡まったりする。それでも、熱は解消しずいぶん過ごしやすくなった。

 家内は英語勉強会で終日外出。夕飯を頼まれるが、「元気があればね」といなす。何はともあれ、もう11月の中旬にかかっているので、冬から春に向けてのパンジーをプランターに植えるならそろそろ限界。古くなったプランターを見切り、新たに大きめのプランター3本をコーナンで購入。

 今日のところはとりあえず土の調合まで。植え込みいい苗を確認してからとなる。パンジープランター以外にハンギングもトライしたいし、階段を飾るビオラもやらねば。

 コーナンに出かけたついでに軽いゴルフ練習、夕飯の材料仕入れにマルナカへ。久しぶりの今津界隈での活動となった。

by yellowtail5a01 | 2016-11-13 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年10月31日(月) うす曇り

 本来の月曜出勤日。このところかなり変則が多いので、曜日感覚をしっかりと持っておかないと、トラブルを起こしそうな予感がある。加齢現象として、老眼進行、歯の治療、○○減退は仕方がないにしても、認知症の進行が一番怖い。

 ひょんなことで認知症になりやすい八つの性格というコラムに遭遇し、身につまされる。皮肉屋、心配性、出不精・ひきこもり、美白に力を入れている、せっかち、頑固、パンが好き、ときめきが少ない、の八つらしい。

それぞれ科学的理由があるようで、さわりを紹介する。

① 皮肉屋さんは、敵意を持ちやすい性質で心臓に負担がかかりやすい。そこと認知症との因果関係はまだ研究中だそうですが、ストレスが高くなることで認知症のリスクが高くなるというのは分かっているようです。

② 心配症の方と怒りっぽい方は、アルツハイマーを発症するリスクが二倍も高いそうです。

③ 出不精というのは、脳を使わなくなるからだそうです。慣れている自宅で慣れている日々を送ることで脳を使わないのでよろしくないようです。外に出るというよりも、脳を使えということのようです。

④ 意外だったのが「美白」。美白の何がいけないのかというと、紫外線を浴びることで生成されるビタミンDの量が低くなることだそうです。アルツハイマーを発症した人は、ビタミンDが少なかったそうです。

⑤ せっかちさんは、急いでご飯を食べるので、咀嚼をしないことが問題だそうです。よく噛んで食べるとボケにくいと言われています。

⑥ 頑固な人というのは、悪い生活パターンを変えられないことが問題のようです。

⑦ 「パン好き」。小麦粉にアミロペクチンという物質が含まれており、それが脳組織にダメージを与えるそうです。さらに小麦粉に含まれるグルテンには中毒作用があるそうです。食べれば食べるほど小麦が欲しくなり、アミクロペクチンの摂取量が増え、脳がダメージ、という悪循環に。こ、怖いです。ただこれも、食べ過ぎが良くないということなのだと思います。

⑧ 最後は「ときめきが少ない」。何だそれは?と思ってしまいましたが、ワクワクしたり恋心のようなキラキラした気持ちが大切ということのようです。このキラキラした気持ちのときには、新しい神経回路を作ってくれるということです。さらに脳が進化していくんですね。恋ってすごい!!

というのが、発見したサイトオーナーさんのコメント。自分としての要注意は、⑤、⑥、⑧か。歩くスピードを落とし、咀嚼回数を増やし、柔軟に生活習慣を変え、ときめきをもっと増やしたら、認知症リスクを減らす、或いは遅らせることが可能になるかもしれない。





by yellowtail5a01 | 2016-10-31 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年10月20日(木) 晴れ

 今日のイベントは昼下がりに予定している法務部門OB・OG会の世話役会議。記憶の薄れないうちに反省会と今後に向けた方向性の確認。

 午前中に溜っている家事を片付ける。母の施設への費用振込、車検の持ち込み依頼、万歩計用のリチウム電池購入、眼鏡屋さんとの相談、帰り道に母の様子伺い。午前中にほぼ片付く。

 ようやく町の空気に金木犀の甘い香りが溶け流れ始めた。例年よりちょうど十日遅れ。秋の到来を嗅覚で確認。
e0083517_00532760.jpg
夙川駅に向かう道の金木犀並木も一斉に開花しており、香りがいい。
e0083517_01011633.jpg
 ついでにもう一枚。初秋に鉢に植えた球根が芽を出してきている。開花に向けてカウントダウンに入った。これから何日後に紫の花を咲かせるのか、目を離せない。うまく収穫できればパエージャに挑戦したいものである。
e0083517_00535360.jpg
 午後の打ち合わせはまずまず順調に運び、次回は春先の再会を約す。


by yellowtail5a01 | 2016-10-20 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2016年10月18日(火) うす曇りのち晴れ

 久しぶり巡ってきた神戸での講師仕事が入った。以前はよくお邪魔していたが、二年ぶりくらいか。二時間という短縮バージョンだったが、熱心な受講生のおかげでテンポよく進めることができた。

 午後二時のアポイントは淀屋橋近くのパーティ会場。OB/OG会用の割安会場探しである。昼食を摂っても余裕があるので、三宮で途中下車して散髪。平日の昼間だから空いているだろうと思っていくと、これが結構混んでいた。

 ミントビルの7階のレストラン街で昼食を済ませJRで北新地駅を目指す。余裕でと着予定だったが、意外に時間がかかる。一緒に下見予定の相棒はもう到着していた。
e0083517_05453376.jpg
 これまでお世話になっているホテルでの開催を続けようとすると会費の値上げをお願いせざるを得ない。現状会費を維持しようと思えば、会場を変更するしかないが、ホテルにく比べると見劣りがする。
e0083517_05454038.jpg
 明後日の世話役会議で方向付けをしなければならない。一通りの見学と打ち合わせを小一時間で済ませ、相棒とコーヒーショップで打ち合わせたのち帰路に就くとまだ早い。

スマホで検索すると4時半からの「君の名は」上映にピッタリの時間。阪急で帰ることにする。特急はわたせせいぞう氏のラッピング列車。モザイク界隈の風景だ。この電車に当たると何かうきうきした気分になる。
e0083517_05462176.jpg
 西宮北口で下車してガーデンズへ。クルマで行けば楽勝だが、歩くとガーデンズシネマまで結構時間がかかる。それでも上映開始にピッタリのタイミングで到着。(画像はYahoo映画より)
e0083517_05460482.jpg
 家内がいち早く一人で観てきて、「あなた向きの映画ではないよ」と言っていたので、そうかと思っていたが、このところの評判を聞くとそうも言っちゃおれない。

 なんといってもリアルな風景描写が美しい。設定は難解だ。男女での心の入れ替わりと時間軸のねじれが複雑で、一度見ただけでは釈然としないところも残る。

 リピーターを狙って新海誠監督が仕掛けたとすれば賛同できないが、昔の大林宣彦監督の「転校生」と「時をかける少女」を掛け合わせたような設定は心憎い。

 リアルな東京の都会美と飛騨の自然美の対比、おばあちゃんが語る「結び」への思い、お神楽場面など、日本情緒満載なところも好感が持てた。恋愛ものとして観ると色気がなさ過ぎて、いくら高校生ものおとしても中途半端な印象でフラストレーションが残る。

by yellowtail5a01 | 2016-10-18 23:59 | ひとりごと | Comments(0)