ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ひとりごと( 219 )

2009年10月19日(月) 晴

 先週の木曜日は、視野狭窄騒動で一人で大騒ぎをしていた感じであったが、どうやら
目の酷使が招いた災いのようであった。その反省を活かして、細かい字の書類を読むときは
臆せず老眼鏡をかけること、パソコンの画面を食い入るような見方をせずに、少々焦点が
ずれてもいいので、リラックスして見るようにする。

 これだけでも目に対する負担は幾分軽減されているという実感がある。それにしても、今迄
あまり気にしていなかった目に対する気遣いが増えたことは事実である。このところ歯医者に
行ったり目医者に行ったりで、これって俗に言う「はめまら」という奴なのかも知れない。という
ことは次は、何科に行くことになるのだろうか。これは、やはりアラカンの影の部分なのだろう。

 関東遠征以来少し間のあいたゴルフであるが、かち合うときにはかち合うもので、明日から
二日連日のラウンドとなる。遠征以来、練習にもいけていないので、夜に尼崎テクノランドに
向かう。明日同じコンペで回るK氏も行くといっていたので、2階の近い席を取る。前回に引き
続き、ドライバーの取り替えっこをして調整に励む。

 K氏は、このところテイラーメイドのR9を愛用していたのだが、こちらが使い始めたナイキの
Dymoにも関心があり、こちらは今まで使っていたSumo2とDymoのどちらが合っているのか
模索中。そんな中、K氏をR9を打たせてもらったところ、これがなかなか腕に馴染む。

 一方、K氏はR9の飛距離にご不満なようで、以前使っていたMizunoを復活するらしい。R9
は不要になりそうなので、引き取るという選択肢もあるのだが、シャフトがRと柔らかめで、フック
になることが時々ある。スライスが出ないのは魅力だが、フックの方が怪我は大きい。それとR9
に乗り換えた場合、FWやユーティリティとのマッチングに問題が出そうなので、やはりここは
Sumo2かDymoに体を合わせていくのが一番だろうと確信する。
by yellowtail5a01 | 2009-10-19 23:59 | ひとりごと | Comments(4)
2009年10月8日(木) 台風後曇時々晴

 このところブログ更新が飛んでしまっていますが、本人は元気にやっています。
ただパソコンの方が不調でHDD容量やメモリ不足で画像を扱うとすぐにスタック
状態となり、苦労しています。

 本夕から関東遠征で高校同窓会還暦記念コンペのついでに、親戚とも厚木での
親睦ラウンドを入れてしまいましたので、戻ってくるのは日曜の夜となります。台風が
早く通り過ぎてくれてやれやれですが、しばらく留守となります。
by yellowtail5a01 | 2009-10-08 16:03 | ひとりごと | Comments(4)
2009年8月18日(火) 晴

 お盆休みが終わると連日の快晴日。皮肉なものである。少し凌ぎやすいのが
せめてもの救いか。いよいよ衆議院選の立候補受付ということで、テレビ報道は
賑やかである。大勢の流れは政権交代のようであるが、東京市場はそれをどう
見ているのか。昨夜のNY安にもそれほど引っ張られていないようだし、崩れない
でいるということは、市場は政権交代を織り込みつつあるということか。

 宇久島最後の夜、お風呂を借りに行ったホテルに腕時計を忘れてきて、残った
メンバーに取りにいってもらい、それが宅急便で他の忘れ物とともにマネージャの
ところに届いたとのこと。マネージャは東灘の友人にお土産をおどけに行くので、
ということだったのでJR甲南山手駅で黄昏れ時に待ち合わせ、改札越しにいただく。

 甲南山手駅の駅前はよくクルマやバイクで通るのだが、歩道を歩くのは初めて。
珍しいものを発見した。歩道にイルミネーションが埋め込まれているのである。
それが七色に色を変化させながら点滅していくのは、ちょっとした街のご愛敬に
なっている。

e0083517_743954.jpgもう少し暗くなるともっと鮮明になりそうだ。
e0083517_75091.jpgこの辺りは兵庫一区か二区か。
知らない候補の顔ぶれが並ぶ。

by yellowtail5a01 | 2009-08-18 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2009年8月6日(木) 晴

 以前の会社の友達・知り合いとメールのやりとりをしていると、どうやら今日が
夏休み前の最終勤務日のようだ。大企業は10連休が当たり前、しかし中小企業
では5連休が当たり前。従って、来週月曜まで出勤予定が入っている。もっとも
普段からいつも夏休みのような変則勤務ではあるが、やはり世の中が夏休み
モードにはいると何となく心がウキウキしてくる。

 例年なら夏休み中に5回程度のゴルフのラウンドを入れてしまうのだが、今年の
夏は少し様相が異なる。11日から15日までなんと4泊5日の長崎遠征となる。
GWにお世話になった豪華ヨットのAdjust艇が西宮を離れ、いまや長崎に拠点を
移した。で、この夏はみんなで長崎に行って長崎を拠点に五島列島クルージング
ということになった。

 五島列島という日本の中でも少しユニークな島に行けるのは楽しみである。
これまで行った主な島と言えば、淡路島、伊豆大島、三宅島、佐渡島、利尻島、
沖縄本島くらいなもの。これから行ってみたい島としては、五島列島はさておき、
小笠原諸島、石垣島、西表島、与那国島、屋久島、隠岐の島、対馬、礼文島くらい
なものか。結構沢山ある。

 夏休みに備え、今日は久しぶりに散髪に行く。安い散髪も考えて一度は行ってみた
が、やはり近所の行きつけの散髪屋に戻ってきた。去年から散髪屋ではなく、男女
兼用の美容院になってしまったのだが、それはそれでリラグゼーションをテーマに
しているだけあって、ゆったりとくつろぎのひとときとなるのは心地よい。
by yellowtail5a01 | 2009-08-06 23:43 | ひとりごと | Comments(2)
2009年7月30日(木) 晴

 気象庁からの梅雨明け宣言はまだないみたいだが、今日の天気は本格的な
夏。梅雨明けといってもおかしくないと思う。

 60才の満期定年の年齢を超えたので、「アーリーリタイアライフ」をテーマに
していたこのブログのサブタイトルを変更して、「アラシー世代の光と影」にした
のだが、読者の一人から「それって意味わからん」との厳しいご指摘。

 「アラシー」という言葉は世間の認知を受けておらず、「アラカン」が一般的との
こと。さっそく改めることにした。変更してからネットでアラカンとアラシーを調べて
みると、結構言葉遣いって難しいことがわかる。

 そもそもアラサー、アラフォーという言葉は女性を意識して使われる言葉らしい。
その延長線上で、アラフィー、アラシーという言葉もあるようだが、男性を含めて
60前後を表すのはアラカンとのこと。確かに還暦という言葉から連想するのは
男性が主体かも知れない。女性が還暦を迎えて赤いちゃんちゃんこというのも
あまり聞かない。

 というわけで「アラカン世代の光と影」に再変更したけれど、アラカンからポスト
アラカンに移行するのはいったい何歳になるのだろうか。
by yellowtail5a01 | 2009-07-30 23:59 | ひとりごと | Comments(9)
2009年7月8日(水) 曇

 先月末あたりに行ってみて気がついたのだが、家から一番近いセブンイレブンが
いつの間にか閉店。何でも1500メートルほど離れた場所に移転したらしい。結構
流行っていたし、絶対赤字倒産ということはない。

 それにしてもコンビニというのがなくなってみて、初めて実感するインコンビニエント。
COOPが閉まった後の深夜のお茶、ビール、おつまみ。宅急便、コピー、ATMの
現金引き出し。雑誌の立ち読み、冠婚葬祭時ののし袋、急ぎのトイレタリーから
文房具、冬場のおでん、待ち合わせ場所、etc. 本当に重宝してきたと思う。

 以前は徒歩5分圏内に711が二軒とローソンが一軒あり快調だったが、そのうちの
2軒が早く潰れ、一つ残ったのが歩いて2,3分で一番便利だった。今となっては一番
近いのはJR駅前のローソン。しかもこのローソンは少しプレミアムで品はいいようだが
値段が高めである。歩いていくと8分かかる。

 近所のみんなが不便しているぞ~!早くなんでもいいから近くに来てくれ~。
by yellowtail5a01 | 2009-07-09 23:59 | ひとりごと | Comments(4)
2009年6月26日(金) 晴 10933歩

 今週4回目のお仕事。午後3時間の講師であるが、さすがに疲労感がたまっている。
受講生に南京大学の法学部、北海道大学の大学院卒という若い中国人が混じっていて
良く喋る男である。さすがに法律には詳しく、質問やら補足意見やら活発にしてくれる。
就職先の日本企業では経理部にいるとのことなので、学生時代を思い出してのことか
生き生きと発言してくれるのはありがたいが、調子を合わせすぎると全体のペースが狂う。

 それにしても16人中、他は日本人ばかりだが、日本人はおとなしいと思う。10人いれば
一人か二人は良く発言する人物がいるものだが、それでもある程度節度をわきまえていて
空気を読みながら発言をコントロールしている様子がわかるが、中国人はアグレッシブだ。
日本に来るアジアの人に共通する傾向かも知れない。

 結局、その中国人の多彩で鋭い質問に応じながら3時間喋りっぱなしは疲れた。夜に
兄貴とともに親戚の家を訪ねる予定も入れていたので、それはそれで少し気を遣うところ
もあり、帰ってくるとぐったり。それでも、遅く帰宅した娘と家内でささやかなバースディ
ケーキでお祝いをしてくれたので少し心が和む。
by yellowtail5a01 | 2009-06-26 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2009年6月25日(木) 晴 13561歩

 還暦も古稀も喜寿も米寿も人間にとって通過点といえば通過点に過ぎないのであろう
が、この手の通過点の最初の関門が還暦なので、今日がそのイブと思うとやはりちょっと
意識してしまう。昼間は東奔西走、といっても大阪と明石の間を一往復半しているに過ぎ
ないのだが、バタバタ動き回っていて、気分が紛れる。

 結構疲れて遅くに帰宅するとソファに倒れ込むように横になり、居眠りをしながら録り
ためたテレビ番組を見ているといつの間にか日付が変わっている。携帯に緑の着信
ランプが点滅しているのに気づき、なんだろうと開くと友人からの祝還暦メール。正直
言って還暦自体は嬉しくもないのだが、「おめでとう」っていわれると無事に60才まで
生きて来られたことに率直に歓びと感謝の念を覚える。

 次の節目は70才ということになるが、この先の10年にどんなことにチャレンジできる
のか、10年後はどんな自分になっているのか期待と不安が交錯する。まずは、健康に
生きていることが大前提になるが、できればワクワクすることに満たされていたいもの
である。
by yellowtail5a01 | 2009-06-25 23:59 | ひとりごと | Comments(4)
2009年6月1日(月) 晴

 社会的にも個人的にもこの五月は慌ただしかったような気がする。なんといっても
番狂わせだったのは、新型インフルが神戸でブレークしてしまったことにある。
その影響で段取りが狂ったことも大きいが、騒ぎが収まるとなんのことはなかった
という神戸の表情であった。

 六月の始まりは、GMの破産法適用申請で始まった。昨秋以来の流れからすれば
これも必然の道だったのかも知れないが、あのGMが、と思うと感無量というか溜息が
漏れる。

 生まれて初めてNY出張に行かせてもらった1980年。NY駐在の先輩にマンハッタン
を案内してもらった。「あれが世界のGM本社だよ」と前を通ってもらったのを思い出す。
当時、自動車ではGM、電機ではGEという二大双璧であったが、その後GEは危うく
なり、ウェルチ改革が続き本業の電機から変革して、今も立派に栄えている。

 "Change before you have to!"というのはジャック・ウェルチの有名な警句だが、
今こうしてGEとGMをあらためて比較すると、この言葉の深みがヒシヒシと伝わってくる。

 企業のみならず政治においても個人生活においても、多くの場合に当てはまる
簡潔にして的を得た警句だと思う。さて、自分自身が変革すべきはなにか、それが
問題である。
by yellowtail5a01 | 2009-06-01 23:59 | ひとりごと | Comments(0)