ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ひとりごと( 221 )

2016年8月31日(水) 晴

 二年弱にわたり息子が同居していた間に、熱帯魚水槽を復活した。彼が小学生の頃に、熱帯魚水槽を子供部屋に置いたのが影響したのか、一人暮らしを始めてから、相当入れ込んだようである。

 水草を繁茂させるためには、外部フィルターとCO2添加が必要で、彼がセットアップした水槽があるのだが、転勤で島根県に引っ越した昨秋以来、全面的に引き継いだ。

 餌やりや水替えはどうってことはないのだが、CO2関連はさっぱりわからない。そのCO2が6月頃にトラブルを起こした。一つは、ディフーザーというガラスの発泡器具の目が詰まったので、メンテをしようとすると、誤って割ってしまった。

 目が詰まっていたせいか、ボンベとディフューザーを繋ぐパイプが外れ、ガス漏れを発生して大きなボンベのガスが漏えいして空っぽになったのが、7月頃か。

 しばらく放置していたが、さほど変化はなかったのだが、八月に入って急に水草が枯れ出し壊滅的状況となった。久しぶりにアミーゴという鳴尾のペットショップに行き、応急処置をするべくCO2セットを購入する。大枚12,000円は痛いが背に腹は代えられない。
e0083517_03235267.jpg
 小型の専用ボンベを使うとボンベ代が馬鹿にならない。息子が調達してきたビール用の大型ボンベを再充填して何とか安くあげたいものである。

 鳴尾に行ったついでに甲子園浜に足を伸ばし、明日のゴルフ対決に備え、少し練習する。娘夫婦と住之江の打ちっ放し行って以来、約一カ月ぶりの練習だが、当たりはよくない。明日のガチンコ対決が危惧される。

 それはそれとして空も澄んでいて、泉南から和歌山、そして淡路島方面まで続く山影を確認することができる。
e0083517_03241176.jpg
 阪神高速湾岸線の西宮大橋も六甲山をバックにくっきりと輝いている。秋が近づいて来た。
e0083517_03235977.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2016-08-31 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年8月25日(木) 晴

 朝の通勤電車でちょっといいことがあった。ときどき見かけるそれなりに若くて美しい白人女性とたまたま高速神戸からロマンスシートで隣同士になった。というか、彼女の隣の席が空いていたので自分から選んで座ったのだが。

 とはいうものの見ず知らずの女性に声を掛ける勇気もなく、高速神戸からしばらくは新聞を読むことにする。須磨を過ぎたあたりで一通り読み終わり、カバンに新聞を片づけて、少し手持無沙汰。

 隣の彼女はスマホをいじくっている。このまま一言も声を掛けずに東二見に着いてしまうと後悔しそうな気がして、タイミングをみて”Hi!"と声を掛ける。こちらのトークにそれなりに受け答えはしてくれるが、明らかに乗り気ではないようだ。

 少し白けてきたところで、イヤホンを取り出して、「ごめんなさい、ちょっと勉強することがあるから」と言ってイヤホンを付けてしまった。アチャーであるが、スマートなかわし方だなと感心する。

 やがて東二見に到着し、席を立とうとすると彼女イヤホンを両耳から外して、目線を合わせて笑顔で、”Have a nice day."といってくれた。 年齢は自分の半分もいっていないくらいだが、大人だなぁと感心する。気分よく会社に向かう。
e0083517_01331585.jpg
 このところ空気が澄んでいるようで、家島もくっきり。
e0083517_01304100.jpg
 近場の岸壁も工事中にもかかわらず、相変わらずタコ釣り師たちでにぎわっている。
e0083517_01302181.jpg
 南淡方面の島影もうっすらと見える。
e0083517_01302966.jpg


by yellowtail5a01 | 2016-08-25 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年8月19日(金) 晴一時雨

 北千里のマンションが手狭になり、西宮に戻って今の家を建てたのがもう30年前。振り返るとずいぶん昔のような気もするが、視点を変えるとつい先だってのような気もする。

 新築時に購入した家電製品、設備製品もその多くは買い替えを繰り返してきたが、ずっと使い続けているものもある。最古のものは、北千里のマンションから移設したエアコン。当時七年しか使っていなかったので、予算措置のできなかった屋根裏部屋用として移設工事をしてもらった。

 37年を経た今でも健在で、37年間毎年夏場はフル稼働。古い機種なので電気代はずいぶんかかっていると思われるが、P社のエアコンに脱帽。

 照明器具は、大体そのまま使えているが、インターホンがとうとう寿命を迎えたようで、呼び出し音はかすかに聞こえるが通話ができなくなってしまった。先日、エディオンで機種選択をしてネットで価格を調べてみるが、さほどの差はない。5年間保証の魅力を考えるとエディオンに軍配が上がった。

 あとは付け替え工事。ワイアレスタイプなので、面倒な配線、結線はいらない。室外ユニットの取り付けが最大の課題だが、30年前のP社ユニットとビス位置まで同じで、スレート外壁に打ち込まれたスリーブもそのまま利用でき、難なくセット完了。夕暮れ前までに試運転も確認できた。
e0083517_02111187.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-19 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年8月10日(水) 晴

 日中は35度越えの暑い日が続くが、陽が沈むと少し風に涼しさが出てきたようである。天気予報によると西日本全体が太平洋からの高気圧と北からの高気圧に覆われており、暑いわりに湿度が低く、乾燥注意報が出ているところもあるそうな。

 まあ、辛い中にも凌ぎやすくなってきたことはありがたい。家内も趣味のチャイナペインティングでほぼ終日お出かけなので、テレビを観たり、庭いじりをしたり、ちょろっと仕事のメールを片づけたりでゆったり過ごす。

 今日植え付けをしたのは、サフランの球根。通販の広告で目に入ったので即決注文したのが届いた。目的はめしべ。10月頃には収穫できそうなので、それを使ってパエージャに挑戦したい。

 先日ゲットしたGlen Elginというスコッチが飲みやすい。しかし、高いのでガブガブ飲むわけにいかないので、チビリチビリやっている。安いウィスキーを買うとついつい飲みすぎて、γGPTによくない。高い奴だと自制されるので、経済的にも健康的にもベターかと思われる。

 ヨット遠征参加に必要なJR切符を買いに行った帰りに、もう一本のスコッチをゲット。Glenlivetは前にも飲んだことがあるが、マイルドなGlen Elginと比較するとやや重い感じ。
e0083517_02302885.jpg
 こちらも3000円は下らないが、チビチビと楽しみたいと思う。

by yellowtail5a01 | 2016-08-10 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年8月6日(土) 晴一時小雨

 おそらく今年で一番忙しい一日であろう。スローライフには程遠いドタバタの土曜日となった。欲張りすぎとは思はないが、いろんなことがかち合ってしまった。

 朝一番は、皆さんが8月10日に出発するヨット遠征の準備作業。キャプテン、マネージャ以下四人が8時過ぎに集まる。集合が早くなったのは自分のせいなので文句は言えない。バイクでハーバーに直行し、買い出し、搬入作業などやっていると11時が近づいてくる。まだ作業の続く皆さんに後を託して、いったん帰宅。
e0083517_00165054.jpg
 日向に止めておいたバイクは火傷するくらい熱くなっている。短パンで感じるエンジンの熱気も耐え難いが、信号待ちした時に感じるアスファルトからの照り返しがきつい。

 とりあえず帰宅後シャワーで汗を流し、家内が作ってくれたソーメンを搔き込み芦屋に向かう。いつもなら13時前に行けばいいが、12時半からコーラス隊の最後の全員練習をすることになっていた。市民センターの廊下の片隅で音合わせをするが、不安を残したままあとは出たとこ勝負とする。

 タイムを読む会の方は、一時間しか出られないので、トップバッターでやらせてもらう。タイムの記事ではないが、結構難しい。ツィッター社のCEOを巡る話題で、先端IT業界の経営の難しさを垣間見る。

 二時きっかりに勉強会を失礼して、神戸に向かう。OB会支部のコーラス部の練習会。今やっている「野に咲く花のように」の後半で、サボると後々ついていくのが難しくなる。今日は先生の指導日ということで、こちらを優先する。

 やはり曲後半のややこしいところで手間取ったが、一定の成果を体感する。こちらの二次会にも出たいところだが、英語の暑気払い会のために芦屋に戻る。まあ、発声練習は十分すぎるくらいできた。

 初めて行くラベイユというフレンチレストランは、住宅街にあるがなかなかの洒落たお店。前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート、コーヒーのフルコース。スパークリング、白、赤と合わせながら美味しいお料理をいただく。
e0083517_00165813.jpg
 参加者は20人で4テーブルに分かれるのだが、今日は何故かくじ運が抜群で、久しぶりにゲスト参加いただいた若手ゲストお二人を対面と左隣のポジショニングとなり、恵まれすぎで他のメンバーに申し訳ない。

 役員の皆さまが用意くださった川柳クイズで盛り上がり、いよいよ本会初の試みの有志によるコーラス余興。「見上げてごらん夜の星を」、ウェルナーの「野中のばら」、最後は全員斉唱の「故郷」。

 おっかなびっくりで「見上げて・・」をスタートすると、どうも音程が不揃い。観客の違和感のある反応を感じつつも、途中でなんとなく合ってきた感じ。東京からゲスト参加の浴衣が似合うAちゃんお手製のお菓子のレイを首にかけてもらい、二曲目の「野中のばら」に。

 自画自賛になるかもしれないが、こちらの方はそれなりにハモれたような気がする。聴衆にはハラハラドキドキ感を散々与えたかもしれないが、こちらは何となく満足感が残り、年末の忘年会ではもっと頑張ろうということになった。
e0083517_01090141.jpg
 この会の新しい一ページが刻まれたものと思い込む。忘年会のときには、ステージに立つ人の数が増えていることを期待するとともに、今日ゲスト参加してくれたプロピアニストのSさんが伴奏を弾いてくれることも期待する。
e0083517_00541419.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-06 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年8月4日(木) うす曇り

 何となく雲は出ているのだが、雨は一滴も降ってこない様相。たまには大地をたっぷりと湿らせてくれ。

 会社の前の護岸工事がだいぶん進んでいるようで、コンクリートのパッチワークは、完成したところが白く輝いている。これが防災上どんな効果をもたらすかは、全くわからない。
e0083517_10392698.jpg
 それにつけても平日の昼間に乗合船で釣りを楽しんでいる人たちがたくさんいる。おそらくシニアアングラーなのであろう。たまには乗合船もいいかな。タコかアジか。どちらも美味そうである。
e0083517_10393314.jpg


by yellowtail5a01 | 2016-08-04 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2016年8月1日(月) 晴

 一カ月前を振り替えると小学校友達とのゴルフで始まり、東京同窓会でスタートした文月であった。暑い、暑いと言いながら走馬灯のように過ぎ去った2016年の文月だったような気がする。

 世の中は都知事選の話題や世界各国でのテロ事件やASEANでの不協和音など、なにかこれまでの安定した世相が急速に変化しているような気がする。まあ、そんな不安定要素を感じつつも個人的な生活は、家族関係もそこそこ、仕事にあぶれることもなく、いろんな友人コミュニティとの交流にも恵まれ、平穏で気楽な日々を過ごさせてもらっているのはありがたい。

 そうして今日から迎える葉月。出勤日だったが、忙しすぎず暇すぎずのいいバランスで、計画したことを定時内に達成でき、充実した仕事日となった。
e0083517_02211855.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-01 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年7月27日(水) 曇りのち晴れ

 月曜以来、天気は崩れ模様だったが、今朝には回復してクマゼミの合唱となる。その分蒸し暑くなる。外出予定はなく、家内もチャイナペインティングで10時過ぎから夕方までお出かけなので、自由な時間の過ごし方を考える。

 大した用事はないのだが、三カ月ぶりに予定される8月初旬の講師業務のテキスト調製と庭の手入れ以外に格別のタスクはない。家でエアコンをつけてテレビかパソコンの前で過ごすのもつまらなく思える。そうだ!プール行こう!

 去年は二回行った苦楽園の樋の池プールに自転車で出向く。65歳以上の高齢者市民は、500円の入場料免除。免許証を提示するとフリーパスだ。
e0083517_04121141.jpg
 と言って泳ぐのが目的ではない。目の保養も全く期待できない。少し水に浸かってあとは日焼けサロン。ボーっとしていても手持無沙汰なので、ある小説を持っていく。

 以前からの反省として、絶対的な読書量が少ない自覚がある。それでも最近は通勤時間が長くなったので、スマホの電波が途切れる三宮から明石までの地下区間・辺境区間はもっぱら読み物。朝は必然的に新聞。夕方は本を読む。どうしても池上彰や佐藤優の時事解説本が多くなる。

 中高同窓の友人には何人か相当な読書家がいて、学年同窓会掲示板で書籍紹介や読後感がよく掲載されている。その一人、東京在住で弁護士をやっている友人が紹介してくれていた、「下ネタの品格」という面白い対談集からたどり着いたある女流作家の小説。買うだけ買って未着手だったが、プールサイドで読みだすとその世界に没頭する。今までに疑似体験したこともない世界。

 プールで遊ぶ子供の歓声と蝉しぐれを耳に感じながら半木陰で小説の世界に入り込めるというのは、なかなか上質な時間の過ごし方だと思われた。文庫本だが上下巻あり、読み切れるかどうかわからないが、心に残るものがあればまた紹介したい。

 忙しく飛び回ってばかりのアオスジアゲハがすぐ近くの地面に止まった。この青はサントリーのコーポレートカラーの由来か。美しい色である。
e0083517_04122156.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-07-27 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年7月8日(金) 雨

 今回の歯の処置が完了して約一カ月。フォローのために歯医者さんに出向く。九時前に行くと一人先客があり待たされるが、あとは珍しく空いていて院長先生と若先生がじっくり診てくれる。これでまた二カ月に一度の定期通院に戻れそうである。

 火曜日、水曜日に散髪の予約をと思って三宮の理髪店に電話をするが、誰も出ない。いつもならすぐに誰かが応対するのに、出ないということは、休暇中なのかあるいははたまた廃業したのかと心配になる。

 ようやく連絡を取れ、夕方の予約を申し込むと、「なるべく早く来て」とのこと。夜は予約で一杯らしい。やはり早い目の休暇を入れて水曜まで休んでいたらしい。その反動で余計に混んでいるのだなと、納得。

 カラフルな傘の写真を撮ろうと歩道橋でしばらく粘るが、期待した色彩には出会えなかった。
e0083517_23582072.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-07-08 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2016年6月30日(木) 曇り

 天気予報では雨だったが、ほとんど降らず曇り空。じっとしていると暑くもないがちょっと動くと汗ばむ。終日予定なしとなったので、何をしようかと画策する。家内が不調のようだ。七時半ころに一度起き上がってきたが、「しんどねん」ということなので、「じゃあ、ゆっくり休んだら」ということで収まる。

 自分としては懸案の台所とトイレの床掃除をどうしようかと思っていたが、寝込んでくれたら却って気持ちを切り替えてそちらに没頭できる。娘と家内が相談して購入したスチーマー器具。娘がいた頃は時々使っていたが、最近はユーティリティの片隅にガラクタとして放置されている。

 取説を読んで、使いにかかる。これはなかなかの優れもので、蒸気の力でリノリウム床にこびりついた汚れが嘘のように綺麗になっていく。午前中はそちらに熱中してスチーマー、掃除機、雑巾で汗を搔く。おかげでずいぶん綺麗になった。

 午後は、一話から四話まで昨夜オンデマンドで観た「コントレール」を五話から最終回まで一気に録画で観る。友人から評判は聞いていたので、想像はしていたが、大石静の一連のシリーズの中でも優れものかと思った。

 ハッピーエンドではないが、ハッピーエンドにはなりえない展開では、やむを得ない結末であろう。後味は悪くない。虚構とはわかっていても、あのような熱い気持ちをもう一度持つことができたらなと思ってしまう。いや、もう一度といっていいのかどうかも自信がない。

 お気に入りのカリオペゼラニューム。南側のバルコニーは立派に茂ってきたが、西側のバルコニーはさし芽を植え込んで三か月遅れ。それでもようやくフェンスの外に花を咲かせ始めた。夏が終わるころには南側と同じように茂ることであろう。
e0083517_23143493.jpg
 ダークレッドという言うだけあって深い赤がヨーロピアンな雰囲気を出している。
e0083517_23142690.jpg
 春先に設置した東側のハーブ園。パセリとイタリアンパセリはよく茂っているが、いつの間にか青虫が。これはキアゲハの二齢虫か。鳥についばまれなければサナギまで、成虫まで行けるのであろうか。
e0083517_23141968.jpg
久しぶりにおさんどん、掃除、洗濯、その他家事もろもろを担当すると、少し元気が戻ってきたみたいである。

by yellowtail5a01 | 2016-06-30 23:39 | ひとりごと | Comments(0)