ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ひとりごと( 221 )

2016年6月28日(火) 曇り時々雨

 どうも体が重い。寝苦しい夜のせいか、布団をはねのけて寝たせいで腹が冷えたのか。ゆるみ気味で、食欲も低調。ソファでゴロゴロしたくなるというのは、滅多にない現象だが、冴えない空模様のせいか。

 それでも、通院アッシーのノルマはきっちり回ってくるので、午前は近所の医院、夕方には大阪市内の医院。幸い今日は待ち時間が少なくて正味三時間強のアッシータイムとなる。

 帰りの車中でラジオ観戦。甲子園に戻ってきたタイガーズがDNA相手に善戦しているので、少し気分は上向く。ハラハラする場面もあったが、悪夢の広島三連敗から脱することができてよかった。

by yellowtail5a01 | 2016-06-28 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年6月26日(日)ほぼ晴れ

 いよいよ67歳を迎えた。いつの間にか齢を重ねるものである。このブログを始めたのは56歳の秋だった。この10余年はなんだったのか。好き放題にさせてもらったのは、ある意味わが人生で最善の時期だったのかもしれない。

 朝一番からFBやメールで、祝福のメッセージをいただく。ありがたいことである。いただいたメッセージには最低限の返答をしなければ気が済まず、それに没頭する。皆さんに覚えていただけることは誠に嬉しいものである。

 それに引き換え、家内と来たら遅い目の朝食を用意してくれるのはいいが、全くのメッセージなし。「今晩の飯はちょっと張り込んで頑張ってな」と向けると、「そんなん絶対無理、家計費足らないから増やして欲しいところやわ」とのたまう。

 口論になるのを抑えて、「今日何の日か知ってる?」と向けると、沈黙の後、「忘れてた、誕生日やね、おめでとう」と来る。逆の立場だったらどうだろう、どんな罵声が飛んでくるか。まあ、いい。「こっちも10月のそっちの誕生日には同じようにやらせてもらうわ。」と捨て台詞を残して書斎に籠る。

 さすがに少しは反省したのか、昼過ぎには「お昼できたよ~」と呼んできたので、ソーメンをいただく。「今夜はいいお肉が欲しいからクルマで関西スーパーに連れて行ってくれる?」と来た。ようやく祝ってくれる気になったようだ。

 昼下がりに関西スーパーに行き、帰りに母の施設に寄って、67歳報告をする。藤沢の姉貴にもスピーカーフォン電話をするが、母の声は出ない。電話越しに姉が"Happy Birthday To You"を歌ってくれた。ありがたい。しかし、息子、娘からは何の連絡もないのは淋しいところである。

 家内への憤りは昼で収まったが、何となく釈然とせず、夕方には久しぶりの打ちっぱなしに行く。甲子園アコーディアは何か月ぶりであろうか。納得はできないスウィングだが、7月1日のプライベートラウンドでは頑張りたいものである。
e0083517_00034059.jpg
 帰るころには夕景。
e0083517_00033127.jpg
 小雨がぱらつくが西の夕日は明るい。
e0083517_00035070.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2016-06-26 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2016年6月22日(水) 曇り

 今週は暇だ。月曜日の出勤から土曜の英語会まで、格別の予定はない。昨日は来月のオペラの事前学習会があったが、今日から金曜までは全くのブランク。

 お天気が良ければ、久しぶりに六兵衛号を駆り出してロングツーリングに出かけたいところだが、この雨模様ではその気にもなれない。まあ、おかげで庭の手入れ、雑草刈り、ゼラニューム苗の植え替え等々、それなりに家事が捗るのはいいが、何か物足りない。

 誰かに言われたことがあるが、自分はやはりマグロのような生き様か。常に動いていないと窒息してしまうのか。今はいいけど、これから先は、動く量が減ってくるのは仕方がない。そういう時に心安らかに日々を過ごす術もそろそろ考えなくてはならない。

 春先に三宮のダイエーで見つけたグロリオサリリーの球根。三つ買って植えたのだが、芽が出てきたのは一つのみ。いつの間にか蕾を付けて開花し始めたので、カットして食卓に活ける。
e0083517_01442790.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-06-22 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年5月30日(月) 曇りのち晴れ

 ヨット遠征に始まり、同窓会ゴルフやその他の懐かしいイベント、初コーラス、ジャズライブ、クラシックコンサート等々、楽しいことてんこ盛りだった充実の五月も終わろうとしている。

 延べ何人くらいの人と話をすることができただろう。そのようなデータは考えたこともないが、今月は多かったと思われる。老化防止には間違いなくいいと思われるが、やはり出費も多くなる。そこが辛いところではあるが、細々と続いている仕事のおかげである。

 今日は今月最終の出勤日。検診日でもあった。尼崎から加古川の管轄に移り、やることはほぼ同じだが、派遣された医療職員の数がやたら多いなぁと感じた。

 会社に出てくると職場も現場も若い人が多いのもいい。自分を採用していただいた当時の社長、現相談役を除いては、いつの間にか役員の皆さまも全員自分より若い人ばかりになってしまった。10年の重みを感じる。

 昼休みにいつものように海岸に出ると、初めて蒸し暑さを感じた。いつも寄る桟橋に来る人の数が増えているようだ。タコが回り始めているのだろうか。
e0083517_07033809.jpg
 漁師の船も作業中で、目印を引き上げて籠をチェックしているようだ。
e0083517_07030930.jpg
 籠の中にタコツボが入っているのか。どう考えても効率の悪そうな漁法に見える。
e0083517_07032091.jpg
 一旦引き上げた籠をまた戻したり、あらたに籠を下して目印を立てているのも観察できた。
e0083517_07032880.jpg
 わかったことは、海にいっぱい浮かんでいる竿に旗付きの目印付きの発泡スチロールは、真下にロープが下りているが、横には結んでいないので、かなり接近しても大丈夫そうだということである。標識と構造についての確実な解説情報が欲しいところであるが・・・

by yellowtail5a01 | 2016-05-30 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年5月11日(水) 雨のち曇

 歯医者への通院がしばらく続きそうである。今日は下の前歯のセンターからそれぞれ二本目の歯を削られる。麻酔を効かせてもらっているので痛みはないが、せっかくの立派な歯が半分以上削られて、見るも無残。まあ、これにプラスチックの歯を被せて、見てくれが良くなるとともに、土台が抜けるのも防げるとのこと。院長先生を信頼するしかない。

 今日は一時間半くらいで処置が終わったので、昼前に家に戻るとちょうど家内はチャイナペインティング教室に出かけるところ。家で昼食を食べることはもともと少ないが、今日は自分の思うように作れるので気分がいい。月曜日に大崎のイタリアンレストランで食べたエビタコブロッコリーのペペロンチーニに挑戦。
e0083517_21061737.jpg

 具の量、ニンニクと鷹の爪を効かせた味付け、湿り具合、いずれをとっても「オリーブツリー」を超えた気分。唯一負けたのはドライトマト。COOPで瓶入りのを購入したが、これがイマイチ。やはりアマゾンか楽天で仕入れないといけないか。

 午後に散髪に行きたかったが、庭の手入れと水槽の手入れに充てるか、思案のしどころ。

 新たな発見は、シレネユニフローラという小さい観葉植物系の寄せ植え材料に可憐な花が咲いているのを発見。 

e0083517_21060274.jpg
 先日、植えなおしたアーモンドの苗も順調に根付ていてくれているようだが、安心はできない。せめてこのうち一本でも成木に育ってくれればいいと思う。
e0083517_21054437.jpg
 新種ゼラニュームのカリオペダークレッドの挿し芽も順調に育ちそうだ。こちらはどんどん挿し芽も進みそうなので、増やせそうだ。
e0083517_21055170.jpg
 いよいよ昼下がりになり散髪に行くべきか、水槽の水替えをするべきかを迷う。今週末から月末にかけてまた忙しそうなので、水槽の水替えに時間を振り向ける。大した作業ではないのだが、時間がかかるのが問題だ。それでも魚たちが元気に泳いでくれているとホッとする。大水槽のグリーンネオンの古株はもう1年半になる。
e0083517_22352958.jpg
 小水槽は、もともと大水槽が壊れた時に避難用に買ったものだが、いまではすっかりグッピー水槽になっている。ひと番い入れただけなのが、今では一匹のメスから生まれた大小兄弟姉妹たちが30尾から40尾も群れている。
e0083517_22350116.jpg
 近親相姦を避けるべく、成長したオスはすべて大水槽に移しているので、これ以上ネズミ算的に増えることはないだろう。大水槽に移したオスは、美しく色づき始めており、生殖器も一人前になって来ている。メスから隔離していることを考えると、わが身に置き換えてもちょっと可哀想で不憫な気がする。
e0083517_22352137.jpg


by yellowtail5a01 | 2016-05-11 22:57 | ひとりごと | Comments(0)
2016年4月26日(火) 晴

 朝一番で歯医者の予約をしていたので出向くが、神経を抜いて相当削るという荒療治とのこと。「昼から仕事で人の前で話さないといけないんですが大丈夫でしょうか」、と院長先生に相談すると、「では連休明けにしましょう」とのこと。連休が明けるとまたいろいろ忙しいので、連休前の土曜日に再予約となる。

 まあ、痛い処置は覚悟しないといけないが、放っておくと健全な歯まで将来悪影響を受けるとのことで、覚悟を決める。気分を取り直して午後の仕事に淀屋橋に向かう。少し反応が物足りなかった印象の講義となったが、まずまず無難にこなしもう一つ用事に向かう。谷町九丁目での家内の医院通いの付き添いである。二回抜けているので、今日はちょうどいい時間で仕事が終わったのでそちらに向かう。

 淀屋橋から谷九に地下鉄で行くと早く着きすぎるので、徒歩にて向かう。距離にすれば大したことはなく、約一時間。知らない道をジグザグに南東に向かう。いろんな発見があるもので、これも面白い。

 最初に見つけたのは、綿業会館というレトロな建物。重要文化財に指定されているようである。
e0083517_05524002.jpg
 本町東の中央大通り高架下も見慣れない風景がある。
e0083517_05524904.jpg
 本町を過ぎて南下すると紙屋さんの街を過ぎてだんだん猥雑な街並みになってくる。韓国料理店が増え、やがて宗右衛門町にかかると歩いているお兄さんたちも少し怖い感じ。道頓堀の東の端を確認。
e0083517_05525851.jpg
 谷町が近づいてきたと思うと高津宮に差し掛かっていた。孫のお宮参りに来たのがちょうど一年前の頃。懐かしい。
e0083517_05532401.jpg
 ここは古典落語にもよく登場する場所で、聞きなれている「高津の富」、「崇徳院」はじめ、ほかにもゆかりのネタがあるようだ。
e0083517_05530795.jpg
 もう一つ、いい歌を発見。誠に共感できる一首である。
e0083517_05531460.jpg
 街のど真ん中だが、この辺りだけは静寂感に包まれている。
e0083517_05533542.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-04-26 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2016年3月23日(水) 晴 酒:中

 金曜日に高校同窓ゴルフコンペが入ったので、今日の自主練習はキャンセルとする。知らない人と回るのも面白くないし、先日の野菜調理で包丁で指の皮を切ったのが痛み、少し自重することにした。キャンセルフィーがかからないのがせめてもの慰み。

 せっかく天が与えたもうたフリータイムなので、英語の予習とか部屋の片づけとかプランターの土の手入れとか、その気になればいろいろすることはあるのだが、ブラッセルのテロニュースを観たり、高校野球を観戦したり、BSで幕下力士の相撲を観たりで日が過ぎる。

 ほとんど外にも出なかったが、ヨットマネージャから上架の様子を業者が写した写真が届く。去年の伊勢志摩での長期係留や那智勝浦港でのオイルの汚れが気になるが、例年よりも船底の様子は美しい。
e0083517_00360096.jpg
 とはいってもプロペラにはやはり付着物が付いている。
e0083517_00361834.jpg
 キールは全く綺麗で塗りたてのようであった。
e0083517_00360960.jpg


by yellowtail5a01 | 2016-03-23 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年3月14日(月) 雨のち晴 歩数:8049、 しっかり歩き:2206、 酒:中

 確定申告受付が始まった二月中旬から仕事・趣味ともにスケジュールと思い入れが重なり、なかなかまとまった時間を取れなかったが、愈々締め切りが迫り、出勤日を調整しての申告日とする。準備はぼちぼちしていたので、昨夜は清書すべき書類を清書したり、提出書類を揃えたりで一応完成する。

 朝一番から税務署に出向くと当然のことながら行列ができており、待ち時間一時間半とのこと。いったん帰宅し家の用事、おふくろ関係の事務的用事を済ませて税務署に戻るとちょうどいいタイミングで会った。去年までは、席に順番に並んで徐々に移動していく方式だったが、今年は番号札制になったので時間を有効活用できる。

 申告はアシスタントの人の手を借りてスムーズに行く。去年は家内の入院代が効いて医療費控除もあったが、今年は10万円に至らなかったので納税額が増えるかと思ったが、外壁塗装費の半分を修繕費として計上できたおかげか、去年よりもうまく行き、僅かながら還付が戻ってくることになった。

 気分もすっかり晴れて帰宅すると、雨も上がりお天気も晴の方向に向かう。懸念事項が片付くと心にもゆとりができて、花の手入れや写真を撮ろうかという気になってくる。真冬に仕入れた新種のゼラニューム、カリオペのダークレッド。暖冬のおかげか順調に根付いてくれているようで、早い株では蕾が膨らんできた。
e0083517_19434849.jpg
 6株購入したが、みな元気に育ちつつあるようだ。枝が伸びて剪定する時期になったら早速さし芽をして、もう二つのプランターもカリオペで窓辺をダークレッドいっぱいに飾りたいものである。しかし、さし芽をたくさん作って有償頒布すれば確実に種苗法違反。無償で近しい知り合いに分けるのはフェアユースの範囲か。詳しい人がいらっしゃれば教えていただきたい。
e0083517_19440037.jpg
 庭のヒマラヤユキノシタも綺麗なピンクに咲いている。この花は若かりし頃の母の思い出の花でもあり、小学校時代の母同志のつながりから、元マドンナの記憶に残っていたことが五年前に判明した記念すべき草花である。絶やさないように繁殖を続けたい一つである。こちらは60年以上も前から庭で育てているので、種苗法には関係ないであろう。少なくとも知り合いに無償頒布するのは合法のはず。希望者があればいつでもOKっす。
e0083517_19441167.jpg
 小型のラッパ水仙もいつの間にか満開になっている。下手すると気付かずに過ごしてしまうところであった。
e0083517_19442300.jpg
 気になるのは門扉に飾ったハンギングバスケット。四月上旬のフルブルームが楽しみだ。
e0083517_19443792.jpg
 よく考えると今日はホワイトデー。しかし、お返しするべき義理チョコはなかったかな。ちょっと気になるのは、仕事の上での同志のお姉さんから社内メールでもらったクッキーがあった。社内メールでお返しするのも気が引けるし、タイミングも失した。気持ちだけありがたくもらっておこう。
 

by yellowtail5a01 | 2016-03-14 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年3月4日(金) 晴 歩数:11847、 しっかり歩き:2117、 酒:多

 なんか朝から温かい様相。町内の梅も満開となった。自分の家の鉢植え紅梅はほとんど蕾が付いていないが、幼馴染の友達の家の紅梅は花盛り。やはり地植えがいいのか、世話の仕方が違うのか。
e0083517_05334201.jpg
 今週は講義仕事の当たり週で今日も午後一番に淀屋橋の予定だが、午前中は家内アッシーで始まる。近所の公民館での英語クラスを再開したのはいいが、足をあてにされると暇なときはいいのだが、予定が錯綜しているときは歩いて行って欲しいと思う。

 午前中に済ませたいのは病院での診察。昨日のゴルフの途中で膝に違和感を覚えたのだが、大したことはなくすぐ直るだろうと思っていたところ、今朝になって痛みが増している。階段の昇り降りが辛い。年相応に膝の軟骨がすり減ってヒアルロン酸注射が必要かもしれないと思い、整形外科に診てもらうことにする。

 設備の整った病院となると近所ではさそう病院となる。若い先生に症状を訴えると、まずはレントゲン撮影。膝のレントゲンを撮ってもらうのは初めてである。
e0083517_05335057.jpg

 三枚のレントゲンを撮ってもらい、再度診察室で先生の診断結果を聞くと、膝関節に異常は認められなかった。膝を捻ったかなんかで軟骨が少なくなっているところにささくれができたのかも知れないとのこと。シップを出しておくので、様子をみて調子が悪ければまた来てください、で終わる。若いが無駄なことを言わずわかりやすい先生に当たって良かった。

 また、「ゴルフはやっても大丈夫ですか」と尋ねると、「痛むようであれば膝のサポーターがあるのでそれを付けたら楽になるでしょう。よほど痛ければ自重した方がいいですね。」と物分かりがいい先生である。

 思ったほど時間もかからず余裕でいったん家に戻れる。そのまま仕事に行けるように背広に着替えて病院に行ったが、備えあれば憂いなしで余裕の通院となった。費用も大して掛からなかった。

 家でしっかり昼食を摂って出かける。仕事は、今日はマンツーマン講義だったので気楽に二時間を喋りきり帰路につく。一服してからご近所での飲み会。盛りだくさんな一日だった。

by yellowtail5a01 | 2016-03-04 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年2月28日(日) 晴 歩数:7692、しっかり歩き:1036、酒:やや多

 昨日の午前に母の施設に行ったときにバスタオル三枚の補充を要請された。とりあえず家に適切な大きさのバスタオルがあったので、届ける。あいにく入浴中で本人の顔は見られなかった。あと二枚は新品を購入するしかない。

 帰り道に母校の小学校の前を遠回り。名古屋の同窓生情報によると、校舎の建て替え以来閉鎖されていた南門が再開されるとのこと。建て替えられたのが娘が四年生の頃だったからもう20年前という計算か。卒業後もずっと選挙時の投票所だったので、成人後はこの門から投票に通ったものである。
e0083517_00225154.jpg
 特に工事の様子もなく、単に門を開けて通れるようにするだけかも知れない。もっとも校区替えとなった今としてはこの門をくぐる機会もまずないと思われる。

 いくつかの用事をこなすべく午後に梅田に出向く。暖かくてコート不要。ボーっとして阪急電車に乗って行ったのだが、梅田駅を降りてしばらくしてからズボンの右ポケットにあるはずのスマホがない。ジャケットポケットやバッグの中も何度も調べるが行方不明。考えられるのは、十三で席が空いたので、座った時にポケットからこぼれ落ちたこと。

 最悪のシナリオは、悪い人が拾って悪用されること。悪いシナリオは、阪急の落とし物センターや警察に紛失届を出して待っても出てこず買い直し(保険は利く)。良いシナリオは落とし物センターで見つかり拾い主に価額の10%程度のお礼をする。最良のシナリオは拾い主が匿名でお礼のしようもないこと。

 用事をすべて済ませて梅田駅の落とし物センターに寄ると、なんと最良のシナリオとなった。よかった、よかった。しかし、去年から3回目。しっかりしろ!

by yellowtail5a01 | 2016-02-28 23:59 | ひとりごと | Comments(0)