ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:娯楽( 80 )

2016年7月18日(月) 晴

 ようやく気象庁も西日本から東海地方の梅雨明け宣言を出したが、ワンテンポずれていると思う。科学的根拠を解明しているわけではないが、クマゼミが朝から一斉に鳴きだす時が梅雨明けのサインである。毎年そうなのに、どうして気象庁はそれに気づかないのか不思議である。

 今年はそれほどズレなかったので良しとするが、ズルズルと迷っていると七月末まではっきりしない年もあり、なし崩し的梅雨明けという年もあった。まあ、気象庁を責めるつもりはないが、おかげで今秋水・木に予定しているゴルフは、雨を避けられそうである。

 三連休の最終日、娘宅を訪問する予定もあったが、向こうの都合が悪くなり、それは一週間後に順延。自分の誕生日祝いなのだが、一カ月遅れになりそうである。

 家内はアリスインワンダーランドの最新作を3Dで見たいというが、それほど興味はない。3Dとなると必然的に吹き替え版になるが、それではせっかく洋画を見る意味が半減する。と言ってむやみに断るのも人間関係上好ましくないので、一緒に映画館に行くことにはする。

 ガーデンズシネコンでやっている他の映画はないかと物色すると、唯一見たいと思ったのは、「ドクトルジバゴ」。確か昔見た記憶があるし、「ラーラのテーマ」の旋律は耳にこびりついている。

 というわけで、一緒に映画館に行き別々の映画を観る。こういう選択肢もありだ。ただ、アリスは2時間少々、ジバゴは3時間半近くということで、帰りは別々。

 で、ジバゴのスクリーンに行くが、小さいホールだが満席。ほとんどが自分と同じくらいかやや上の世代で埋まっている。一割にも満たないが、若い人も混じっているのが何となく救いである。

 昔に見た記憶が何となくあったが、どうやらそれは幻想であったようだ。音楽のイメージが強くて観た気になっていたものと思う。約三時間半にわたり、寸時の退屈もなく見終わることができた。素晴らしい名作だと改めて思う。

 ロシア革命前後の空気感がすごいが、そういう動乱期に生きたジバゴとトーニャとラーラ。いろんなメッセージを感じた。中学や高校の頃に観ても、おそらく30%も理解できなかったものと思う。

 ストーリーのメインストリームを演じる連中もいいが、語り部のジバゴの義兄である革命家、俗物の象徴たる弁護士のコマロフスキー、の脇役が素晴らしいスパイスを全編に吹き込んでいる。

 一つのテーゼは、コマロフスキーの台詞。「人間には男も女も二種類ある。一つは高潔で純粋な人間、もう一つは高潔ではないが、現実的で欲望に忠実な人間。ラーラは後者だ。」正確なスクリプトではないが、印象的だった。

 バラライカをメインに据えた音楽の荘厳さ、「ひまわり」を彷彿させるロシアの風景映像。こんなに素晴らしい映画があったとは、感動である。終わり方も爽やかな余韻を残し、フランス映画でもなくハリウッド映画でもない秀作と思った。
e0083517_20015043.jpg
Photo from Yahoo Photo

by yellowtail5a01 | 2016-07-18 20:32 | 娯楽 | Comments(0)
2016年6月15日(水) うす曇り

 朝一番に自分の歯医者、そのあと家内の内科通院アッシー、午後に母の病院精密検査が入っている。当初計画していた午後の映画鑑賞は諦める。

 ところが、施設から連絡があり、「院長先生の予約が11時に取れたのでその時間に来てもらえますか」とのこと。院長先生に診てもらえるのがいいのかどうかわからないが、断る理由もないので従う。

 初めてお会いする院長先生だが、合理的なお考えのようで、精密検査はパス、昨日作った簡易ギブスも無理に使わなくてもいい、シップ等も却って皮膚によくない可能性が高いので、何もしないのが一番との診断を下される。

 CTスキャンして微小骨折が判明しても治療のために手術をするわけでもないので、本人が痛くさえなければこれが正解であろう。施設のケアマネージャも通院に付き添ってくれて安心のうちに一件落着。症状が悪化しなければの話ではあるが。

 そんなことで昼前に医療関連はすべて片付き、兄貴と姉貴に顛末を報告して、晴れて自由の身となる。当初の予定通り、15:40の「ロクヨン(後編)」を観に行く。
e0083517_01522709.jpg
 小説もNHKのドラマもネタバレの紹介記事も読まず、白紙の状態で臨むことになるが、それなりに楽しめた。と言って、格別に感動したとかハラハラしたというものでもない。「ソロモンの偽証」とどっこいどっこいと言ったところか。
e0083517_01523854.jpg
 警察ものにつきものの高級官僚と現業職との葛藤が印象的である。今クールで好評を博している(らしい)「99.9ー刑事専門弁護士ー」に出てくる奥田瑛二と「ロクヨン」の群馬県警刑事部長の奥田瑛二がぴったり重なりあう。

 奥田瑛二は同い年であるがかっこいいと思う。かっこいいと思う連想で上げるとだいぶん先輩になるが近藤正臣も老齢の域に入ってますます格好良くなっていると思う。

 今の大河ドラマでの本多正信もいいが、朝ドラでの「カーネーション」、「ごちそうさん」、「あさが来た」もよかった。

by yellowtail5a01 | 2016-06-15 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2016年6月4日(土) 晴のち曇

 格別の予定のない土曜日を迎えたので、西宮ガーデンズに映画を見に行くことにする。是枝裕和監督の「海よりもまだ深く」を観ておきたい。家内にも声を掛けるが、面倒くさそうなので一人で行く。一人だと予約もいらないし、自転車で気楽に行ける。

 「そして父になる」、「海街ダイアリー」とほのぼのとしたイメージが残っているが、今日のもそうだった。成りたかった大人に成れるのか、夢を持つことと現実、登場人物それぞれが持つ葛藤、諦め、思いやりなどが描かれているのは、是枝作品の共通点か。

 明確な結論、断定的なメッセージを読み取るのは難しいが、このほのぼの感を味わえたらいいような気がする。テレサ・テンの「別れの予感」がうまくオーバーラップしている。
e0083517_01084350.jpg
(Photo from Yahoo Site)

by yellowtail5a01 | 2016-06-04 23:59 | 娯楽 | Comments(2)
2016年6月1日(水) 晴

 いいお天気が続く中、今日から水無月。今日のメインテーマは、歯科医での仕上げ。朝一番に行き、約一時間院長先生の手を煩わせるが、イマイチしっくりこない。とりあえず仮にセメント止めして金曜日に再度出頭することになる。噛み合わせもしっくり来ていないし、第一舌の先が引っかかるのが辛い。何とか調整してもらえることを期待する。

 先日来足しげく通っている母の施設を今日も訪ねる。使用しているズボンのゴムが伸びてきているので、ゴムの入れ替えをして欲しいとのこと。そのくらいやってくれてもいいものをと思いつつも、素直に引き受ける。家内がやってくれなければ自分でやらないと仕方がないと覚悟していたが、これは素直にやってくれた。お礼を言うが、「あーぁ疲れた」しか返ってこない。まあ、いいっか。

 夕方から大阪市内に向かう。ヨット仲間で追っかけをしている桂春蝶師匠の西堀江スワローテイルでのミニミニ寄席。詰め込んでも25人ほどしか入れない小さな喫茶店での恒例のイベント。
e0083517_00061085.jpg
 日頃の高座では聞けないネタやトークを聴けるので昔からのサポーターが多い感じ。高座では撮影禁止だが、トークタイムはOKとのこと。
e0083517_00063763.jpg
 唯一弟子の紋四郎君が普段着のままで前座を務めたほか、トークネタの収集と司会役をこなしていた。初めて会った時は甲高い声と前へ前へつんのめりすぎる感じだったが、今日の「ちはやふる」には進化の後が如実に出ていた。
e0083517_00061802.jpg
 今日のネタは、「おごろもち盗人」というお蔵入りネタと二代目から伝承の人情ネタ「一文笛」、さらにトリは「八五郎出世」という初めて聞くネタ。

 やはり一番よかったのは一文笛。ストーリー自体に人情感が溢れていてオチもすっきりと決まる。ストーリーもオチもわかっていても面白い。二番目は「妾馬(八五郎出世)」。殿様とその側室の兄の面会場面で、酔いが回るにつれての兄の崩れようが見せ所。後半に人情モードが入って、温かい涙を誘う。

 難しいのは「おごろもち盗人」。主人公が誰なのかはっきりしないまま話が推移する。やはり主人公をはっきりさせた上で、人間の馬鹿さ加減、人情の機微の描写が落語ネタの味わいである。その意味でこのネタは、ネタ自体の出来が悪いと思われた。

by yellowtail5a01 | 2016-06-01 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2016年5月18日(水) 晴

 いいお天気が続き、時間のある時にプランターの土替えや準備をしておきたいところであるが、映画の提案があったので、そちらに従う。佐藤浩市のポスターをよく見ていたので、即決で席を予約して西宮ガーデンズの東宝に向かう。

 前編と後編に分かれていて、必然的に二度足を運ぶことになる。商業主義に反感を感じるが、映画の出来栄え次第である。
e0083517_02413456.jpg
 まあ、豪華キャストと言えばなかなかのもの。警察映画だけに男臭い感じだが、その中で榮倉奈々、夏川結衣が光っている。エンディングロールを観ていると山崎ハコの名前があったが、どの役だったのだろう。気になるところである。

by yellowtail5a01 | 2016-05-18 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2016年5月10日(火) 雨

 午後から京都で仕事が入っており、雨の中を東福寺駅に向かう。久しぶりに訪問する常連クライアント様だ。前回来たのが確か二年前。アジサイの頃だった。比較すると大きな変化がある。それは京都から奈良に向かう奈良線になんと外人の乗客が増えたこと。

 アジア系というより欧米系の旅行者が多いようである。普通列車に乗り込んでいるということは、奈良ではなくて途中の宇治辺りがお目当てなのか。着実に外人観光客が増加しているのを実感する。

 午後4時きっかりに予定通り仕事を終え、京都駅から神戸元町に向かう。月に一度の恋雅亭寄席に顔を出す。主任は月亭八方師匠。中トリが桂米二師匠。雨で空いているかと思ったがなんのなんの。立ち見もでる大入り満員であった。
e0083517_01384490.jpg
 若手・中堅の奮闘も新鮮味があったが、中トリ、大トリがお馴染みの味わいある古典ネタが披露され、円熟の味を楽しむことができた。米二さんの「はてなの茶碗」は、今は亡き米朝師匠の雰囲気を一番引き継いでいるように思われた。

 八方さんの「胴乱の幸助」は、一番親しんでいるネタの一つでいろんな人の高座を聴き込んでいるので、米朝・枝雀・文珍と比較すると物足りない面もあるが、浄瑠璃の語りも含めてなかなかの味わいであった。
e0083517_01385498.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-10 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2016年4月27日(水) 曇りのち雨

 5月末に予定している小学校の同窓会コンペのコースで練習ラウンドという話もあったが、メンバーが十分揃わずに流れる。結果的には雨天模様で正解だった。

 家内も朝から趣味のチャイナペインティングに出かけたので、母の見舞いの前に映画に行くことにする。昨夜付き添った医院の薬局の待合で斜め読みしたキネマ旬報で評判の良かった「ルーム」。もう終盤なのか12:20から一回のみの上映があったので、満を持してガーデンズシネマに出向く。

 ポイントも貯まっているので今日はそれで賄う。No.4スクリーンに入ると9割方の満員。95%は女性客。若い女性から熟女まで分布している。この映画はやはり女性向きの映画なのだろう。

 原作なのか脚本なのかわからないが、構成がしっかりしていてだれる場面が全くない。評判通りの名作だと思う。
e0083517_00342977.jpg
(Photo from Yahoo Movie)

by yellowtail5a01 | 2016-04-27 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2016年4月17日(日) 晴

 大分に住んでいる友人に安否を尋ねると、大丈夫とのこと。五月末に一年ぶりのゴルフの約束をしているが、これもご一緒できそうでやれやれ。

 熊本出身の友人は何人かいるが、熊本在住の友人は一人。それより実家が熊本の益城町にある一ノ瀬優希ちゃんの実家が心配である。本人もブログで応援を要請しているが、どう対応していいのかわからない。ファンとして何らかの力になりたいと思う。

 珍しく予定のない日曜日を迎えたので、映画にでも行こうかと家内に振ると、「面白そうなんやってへん」との返事。じゃ、まあしかたないかと思ってテレビを見ていると、「スポットライト」という映画が注目とのこと。

 社会派の渋い映画のようだが、政府や教会といった権威が嫌がる情報公開をジャーナリズムとしてどう実現するかという、実話に基づいた映画らしい。即決で観に行くことにする。家内は逡巡していたようだが、ネット予約の段になって、「私も行く」と叫んできた。
e0083517_21490293.jpg
 字幕をしっかり読まないとフォローできず、理解度は80%程度だったが、今の日本でも大切な報道の自由を考えると意義のある映画であったと思う。

 映画のあとちょうどいい時間だったので、母の施設を見舞う。ちょうどおやつの後で目は覚めていた。言葉も多少交わすことができてヤレヤレである。

 その足でロイヤルホームセンターに寄り、三つ目のベランダひっかけプランターセットと大葉、ローズマリーの苗を購入。一通りそろった気がするが、苗売り場にはセージ、オレガノ、タイムなどあり、もう一つプランターを増設したくなるかもしれない。

by yellowtail5a01 | 2016-04-17 22:03 | 娯楽 | Comments(0)
2016年3月19日(土) 雨のち曇

 楽しみにしていた半年ぶりのマスツーリングが雨で流れる。先日観た「家族はつらいよ」の前作の「東京家族」をもう一度観たくなり、U-tube で探すと有料のがあった。有料といっても100円。これで30時間は何度でも観られるそうな。
e0083517_23285183.jpg
 あらためて「東京家族」を鑑賞すると約3年前に観た時とは異なるディテールを観ることができた気がする。ブログとは便利なもので、三年前の印象を振りかえることができる。三年前には気付かなかった山田洋次監督の意図が透けてきたみたいだ。

 そのキーワードは、「感じがいいね」だ。しかも、初めは「感じ悪い」と思った人も、真摯によく知り合えば「感じのいい人」に変わってくる。それが橋爪功演じるお父さんが、最後の最後で「あいつをよろしくお願いします。」と畳に手を付いて蒼井優演じる紀子に頼むところである。これこそが山田監督の描きたかったテーマではないかとあらためて思う。

 まあ、比較してはいけないかもしれないが、「家族はつらいよ」はおちゃらけのコメディか。同じ配役でもシリアスさがずいぶん違う。でも、また何年かしてもう一度観たら新たな視点が生まれるかもしれない。



by yellowtail5a01 | 2016-03-19 23:41 | 娯楽 | Comments(2)
2016年3月16日(水) 晴 酒:少

 もともとの予定ではMBSゴルフサーキットへの今年最初の出走予定だったのが、後から確率50%予定だった八王子方面の仕事が被り、仕事優先したまでは仕方なかったのだが、それが直前になって受講者予定が取れなくなったとのことで、キャンセルとなる。

 しめしめ、ゴルフ復活かと世話役の方に連絡すると、もう別の方が予定されているので無理とのこと。それはやむを得ないこと。大人しく銀行の用事や諸事を片付けることにする。ぽかぽか陽気で、カメラ片手に散歩がてら歩いていると汗ばむ。

 春の花も出揃いいよいよソメイヨシノの開花情報が秒待ちの態勢に入った模様。馥郁たる香りとともに現れたるは白の沈丁花。英語では、daphneということを知ったのはほんの先日。しかし、ダフネはギリシア神話でアポロに追いかけられて逃げて月桂樹に変えられてしまうという話。でも、辞書に書かれているので沈丁花も正しいのだろう。
e0083517_23095801.jpg
 黄色い花に釣られて日頃は歩かない甲陽園線ホーム東側に踏み入ると、エニシダかと思われた黄色はアカシアだった。品のいいおうちがあった。
e0083517_23101068.jpg
 その手前のおうちにはユキヤナギが。美化を競っているようで見ていて気持ちがいい。
e0083517_23102249.jpg
 夙川のソメイヨシノは近づくと蕾が膨らみ始めている。一週間後にはちらほらか。二週間後の月末には満開を迎えているかも知れない。
e0083517_23102941.jpg
 銀行二軒に寄って、同窓会費の支払いや寄付の送金手続きを終えて家の近くに戻って来ると白いモクレンが満開。「赤づきんちゃん気をつけて」の冒頭部分がやけに思い起こされる。ストーリーはとうに忘れてしまったのに。
e0083517_23105741.jpg
 午後に映画に行くことにする。二人の友人からも進められていた「家族はつらいよ」。家内もそれなら行きたいとのことだったので、3時20分からの席をネット予約。ほぼ満席であった。
e0083517_23110627.jpg
 少し混同していたが、サブテーマのように底流に流れている「東京物語」がうまくオーバーラップしている。てっきり「東京物語」のリメイク版のキャストで「家族はつらいよ」を再構築かと思いきや、違っていた。「東京物語」のリメイクは2002年でテレビドラマだったらしい。顔ぶれはまた別。

 今回のキャストでやっていたのは2013年の「東京家族」。これはスッポリと八人同一キャスト。同じく山田洋次監督で、俳優さん達の息もぴったりのようで、ほのぼのと仕上がっていた。脇役の風吹ジュン、小林稔侍がいい味を出している。鶴瓶の存在感も貫禄であった。




by yellowtail5a01 | 2016-03-16 23:59 | 娯楽 | Comments(0)