ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:音楽( 228 )

2017年5月8日(月) ほぼ晴れ 

 今日は十三のユニゾン歌会。先生の指導が魅力的で、去年の春から精勤で参加している。選曲の基準はよくわからないが、耳に馴染んでいる各国の名曲と日本の情緒ある曲もカバーしている。今日は外国の曲ばかりだが、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシアと慣れ親しんだ曲を大きな声で歌うのは楽しい。

 ユニゾンばかりでハモるところはほとんどないのはもの足りないが、発表会が迫ってきて取り難い音程に悩むこともなく、まさに発生による健康法と考えていいであろう。

 午後、二度目の法務局相談予約を入れていたので、そちらに向かう。これぞお役所の役人という対応だが、余分なことは何も言わないので、却って効率的で理に適っているかもしれない。反面その前にやはり相続関連手続きで相談に寄った近所の郵便局の所員は、愛想がよくて親切だが、話が横道に逸れたりするので、どちらが究極的にいいのかは判断が難しい。

 とりあえず、今日予定していた懸案事項は大体目処がついたので、家に戻りのんびりする。アマゾンに発注していたスキレット鍋が届いたので、さっそく試してみる。生タコとブロッコリーのアヒージョ風鍋。なかなか行ける。オリーブ油をそれほど多く使わなくてできるので、アヒージョよりも気楽である。いろいろ試したいものである。
e0083517_17542505.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2017-05-08 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年3月19日(日) 晴

午前中は何をするともなくのんびり過ごす。最近、ニュースが面白いのでついつい報道系番組を見てしまうが、興味本位、大衆迎合的取り上げが多くて、イマイチ面白くない。

退屈を持て余しかけていたが、午後のコーラス練習で三宮に出るのが楽しみとなる。指導者の先生が来てくれる日なので、一層気合が入る。5月の第二日曜日の支部総会でのステージが決まっているが、あと三回の練習で仕上がるのかどうか心配である。

一曲は繊細さの極みのような「Amazing Grace」。もう一曲は豪壮な感じの「デカンショ節」独特のアレンジでベースパートは特に難しそうだ。チャレンジのし甲斐があると言えばあるのだが。

二次会はパスして直帰すると帰りの駅のホームで夕日を眺める。鉄撮りのおじさんが西端で粘っていた。
e0083517_13265224.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-03-19 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年2月7日(火)晴

久しぶりに整形外科への通院。当初MRI画像でも白濁していた右膝内側角の関節部の骨が、押さえられただけで激痛が走ったが、先生もびっくりするくらい回復しているようだ。かなり強く押されても痛みを感じなかった。

金曜日のゴルフラウンドの可否を打診すると、「痛まないようだったら大丈夫じゃないかな」とのコメントをもらう。再発リスクを冒してまでゴルフをしたいというものではないが、せっかくよくなってきたので徐々に慣らしたいという思いがある。不調を感じたら途中で棄権すればいい。無理のない範囲で様子を見ようと思う。

午後は、松愛会地区コーラスの練習日。神戸市内の各区の公民館施設を巡ってきたが、中央区の施設を使うのは初めて。廃校になった小学校を改造してのコミュニティセンターである。
e0083517_00355698.jpg
5月の総会に向けての新しい課題曲は、「アメージンググレース」。ヘイリーなどの澄んだソプラノの名曲だが二部コーラスのアレンジ。英語の歌詞の節回しが難しいが、比較的取っつき易そうではある。

by yellowtail5a01 | 2017-02-07 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年2月4日(土)晴

ヨット繋がりで応援している落合真子ちゃん。スーパーキッズオーケストラでも頑張っているが、個人でも松方ホールの奨励賞を取ったとのこと。今日はその表彰式と記念演奏会である。
e0083517_23295258.jpg
他の受賞者は皆さん大学卒業後のお姉さんばかりだが、真子ちゃんだけ中学生。しかし、演奏では引けを取ってはいない。
e0083517_23305510.jpg
神戸新聞のビルには神戸祭りで来たことがあるが、4階の松方ホールは初めてだ。
e0083517_23285545.jpg
モザイクの埠頭を見下ろすロケーションで眺めもいい。ヨットで神戸に来た時に係留する岸壁もすぐ眼の下。
e0083517_23291941.jpg
前から二列目の席で撮ろうと思えば撮れたが演奏中は遠慮することにする。前半の二人目で真子ちゃんの演奏が始まる。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の第一、第二楽章を情感を込めて演奏。一年半前に聴いたときから凄く進化しているのを実感した。インターミッションで一人ビールをいただく。
e0083517_23302821.jpg
休憩後にピアノと声楽(ソプラノ)があった。いずれもなかなか聴かせる演奏、歌唱だった。特に最後に出演した小川栞奈さんは表情豊かに声量豊かなソプラノを披露。きっと大物オペラ歌手に育つと確信した。

終演後、真子ちゃんを囲んで記念撮影を撮ってもらう。
e0083517_23310828.jpg
夜のとばりが下りかけライトアップが映えてきた。
e0083517_23312131.jpg
夕食をして帰ろうということになり、モザイク界隈のイタリアンレストラン、ガウダンテに向かう。街はすっかり夜になってきた。
e0083517_23313342.jpg
ガウダンテは初めてだったが好感の持てるお店。四人でシェアしてカプレーゼとグリーンサラダ、4種チーズのリゾット、プロシュートハムのピッザとポークのコットレットを赤ワインボトルとともにいただく。どれも美味しかったが、カプレーゼのチーズもトマトが特に美味しかった。チーズはイタリア製、トマトは日本製だが、チーズはあっさり、トマトは甘く濃厚だった。
e0083517_03260728.jpg
ミナト神戸の夜景を惜しみつつお開きとなる。
e0083517_23320141.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-04 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年1月9日(月) 晴時々曇

今年初めての十三歌会。先生も元気に新年初めてのボイストレーニングに熱が入る。一人では決して出ないような声が、この教室では出るのが不思議である。

今日も馴染のある懐かしい歌を大きな声で斉唱できた。二時間声を張り上げて歌うというのは、健康法としてもきっと優れたものであろう。

終わった後は今日集まった仲間四人で十三の割安ランチ。この界隈には庶民的なお店が沢山あるので、食べログでの人気店巡りをする流れになっている。ランチの内容もバラエティを楽しめていいが、二時間の苦行(楽行)の後のお喋りタイムが癒しとなる。

今年も第二月曜日は、楽しい歌会を継続できそうである。普通の生活ではなかなか横隔膜を使うことはないが、歌う時には鍛えられる。笑ったり、慟哭するときにも横隔膜が駆使されるが、できれば歌と笑いで横隔膜を使いたい。

夙川駅の裏改札から降りてみる。本線から甲陽園線に分岐する線路のカーブにノスタルジックなものを感じる。
e0083517_00015636.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-01-09 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2016年12月22日(木) 曇り時々雨

SWINGの練習日だが、同じ日に先生のリサイタルがプレラホールで開催されるので、練習場所をプレラホール6階の音楽室に移し、午前中の練習とする。西宮北口から徒歩2分くらいでこんな便利な練習場所があるとは驚き。垂水や長田、兵庫よりもありがたい。
e0083517_23584866.jpg
大半の皆さんが午後のリサイタルにも行くので、大勢で入れるレストランを探し団体席を作ってもらう。道路を挟んだ北側のなでしこビル8階の野菜中心のフランス料理。穴場のようである。ほとんどが女性客。綺麗なランチだが、ちょっと物足りないかも。
e0083517_23592922.jpg
千賀先生のステージは真っ赤なドレスでいつもと雰囲気が違う。さすがに現役プロのソプラノ歌手で、いくつかのオペラからの有名曲を堪能させていただく。
e0083517_23585796.jpg
参考になったのは、若手テノール歌手の土井淳平氏。どうすればあのような透き通って伸びのある声がでるものか。アンコールではデュオで美しい曲が披露された。曲名はわからなかったが、後から調べると「Time to say goodbye」に違いない。
e0083517_23591820.jpg
 



by yellowtail5a01 | 2016-12-22 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2016年12月12日(月) うす曇り

 今日も英語関係者での音楽イベント。十三歌会というと優雅に和歌を詠む会に聞こえそうだが、平均年齢70歳くらい対象のボイストレーニング兼懐かしのメロディをユニゾンで歌う会。指導してくれる先生の教え方が痛快で、メンバーは増える一方。

 今日は季節柄クリスマスソングを何曲か取り入れての歌会。大きな声でジングルベルや赤鼻のトナカイ、ひいらぎ飾ろう、きよしこの夜、ホワイトクリスマスなどを日本語や英語で歌っていると華やいだ気分になってくる。

 三月から始めて、オブザーバー資格のままで過ごしてきたが、来年も毎月続けるのなら、そろそろ会員登録をして年会費の5000円を払わないと肩身が狭く感じる。JASSという企業OBの皆さんのための全国組織の会のようだが、この歌会以外の活動には縁がなさそうである。

 しかし、異業種のOB会というのもP社のOB会とはまた違った発見があるかもしれない。自然体で臨みたい。

 夙川駅は正月に備えてか、歩道のペイヴメントの補修工事がこのところ続いている。つぎはぎだった歩道がこれでスッキリとしそうである。
e0083517_00184433.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-12-12 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2016年12月11日(日) 晴

 いいお天気が続くが、寒波のせいか寒くなってきた。それでも例年よりはましか。

 家内の足腰の不調は続き、すっかり主夫に戻って朝昼晩買い物調理、洗濯と当番が回って来る。中途半端に手抜きをされると手出しをせずグッと我慢であるが、全くできないと宣言されると割り切って家事に没頭できる。いつまでになるのかはわからないが、任された以上楽しくクリエイティブに没頭したい。

 午後からコンサートに出向く。谷本華子さんというヴァイオリニストのソロコンサート。音楽好きの英語仲間五人で甲子園に行き絵画と音楽を楽しむ。

 バロックヴァイオリンとモダンヴァイオリンの違いの講義に始まり、それぞれの楽器でバロックとモダンを演奏。
e0083517_02434216.jpg
 昼下がりのいいところは、陽光が移動し、影の形も徐々に変化する、時の流れを感じながら音楽に傾聴する。至福の時の一つと思う。
e0083517_02435580.jpg
 無伴奏のヴァイオリンというと眠くなるのではと心配したが、無用の心配だった。華ちゃんの演奏に聞き惚れる。
e0083517_02440656.jpg
 演奏後はいつものティーパーティ。ワインもふるまわれ程よく酔う。最後は仲間と華ちゃんを囲んで記念撮影。オーナーがシャッターを押してくださった。
e0083517_02441958.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-12-11 23:59 | 音楽 | Comments(5)
2016年12月2日(金) 晴

 朝からコーラス隊の最後の練習会で「花は咲く」の仕上げと「きよしこの夜」のハモリパートの練習を行う。後者は全員で歌うので気が楽と言えば楽。

 夜はひょんなことで知り合いから巡り巡って回ってきたコンサートチケット。噂には聞いていた服部百音ちゃん。17歳で堂々のリサイタル。ヴァイオリン曲には明るくないが、いずれの曲も難曲であることはわかる。

 一番耳に馴染んだのは、ワックスマンの「カルメンファンタジー」というカルメンメドレー。聴き応えたっぷりの二時間であった。 
e0083517_11193332.jpg
 11月に日経朝刊の「私の履歴書」に掲載されていた服部克久氏の孫娘で、30日の最終回には父親の服部隆之氏と三人の写真が写っていた。隆之氏が作曲した真田丸のオープニング曲を大阪城ひざ元のイズミホールで百音ちゃんがアンコールで演奏。会場は盛り上がる。

by yellowtail5a01 | 2016-12-02 22:50 | 音楽 | Comments(0)
2016年11月20日(日) 曇り

 兵庫西支部コーラスの練習日以外に格別の予定はないが、少し打ちっぱなしとロイヤルホームセンターに寄って苗の吟味をする。階段に飾る鉢に植えるビオラを物色。複数カラーのトリコローレを例年やっているが、今年は単色四色のコンビネーションにする。色の取り合わせは、根が定着したころのお楽しみだ。

 銀行によってATMで出勤。隣の和上公園の桜の木が紅葉していて、目を奪われる。
e0083517_19252127.jpg
 コーラス練習は、先生が風邪でダウンとのことで自主練習となる。「野に咲く花のように」がほぼ仕上がってきた。これを綺麗に歌えると拍手喝さいを気合できそうだが、まだまだ道遠し。

 来春一月下旬の新春懇親会までに完成させないといけない。お手本の合唱団がUtubeに出ているので、これを目指す。
https://www.youtube.com/watch?v=xPYM6xffaoY



by yellowtail5a01 | 2016-11-20 20:03 | 音楽 | Comments(0)