ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:料理・グルメ( 91 )

2017年4月1日(土) 薄曇り

 家内があれ持ってきてほしい、これ持ってきてほしい、お金が底ついたので持ってきてほしいと要求が多い。主治医は今日はお休みという情報もあったが、家内からは来ているはずとの情報もあり、9時を目指していく。土曜日の朝ということもあり、比較的スムーズに行ける。それでも1時間半はみておかねばならない。

 退屈な道中ではあるが、ラジオを聞いているとそれなりに面白い。エイプリルフールの嘘特集ということで、視聴者からの大嘘コンテストが面白い。最優秀賞に決まったのは、「新築マンションの広告に半額セールというシールが貼ってあったで」。次点は、「知り合いの船乗りから聞いた話やけど人魚の下半身は白身魚らしい」。他にも「隣の犬が可愛い子猫を産んだ」などなど。

 今日は芦屋の桜祭りの日で、ユニーク英語会での観桜会が予定されていたが、天候不順、桜咲かず、集まり悪しで、観桜会は中止。おかげで急いで帰らずに済む。高速にも乗らず地道をチンタラ帰宅する。途中、お気に入りのスーパー、パルヤマトの前を通りかかったので寄る。ここは何といっても魚介類が豊富で掘り出し物があるのが魅力。

 この季節の旬、ヒイカが売られていたのでゲット。当然菜の花とセットしたペペロンチーノ。今日はリングウィーニでトライ。春らしい満足のいく昼食ができた。コストは安い。
e0083517_02120217.jpg

玄関先に目をやると、ダイモンジソウが初めて開花している。そもそも花期がいつなのかもわかっていなかった。神戸市森林植物園にアジサイの季節に行ったときに目に留まって購入したものだが、枯れずに来たが一体いつ花が咲くのだろうと辛抱してきた小鉢である。
e0083517_02123152.jpg

 ユキノシタ系の高山植物の一種のようだが、これからも元気に育ってくれることを祈る。夕方に家内から頼まれていた用事(写真のプリント)を阪神西宮のキタムラに依頼すべく歩いて赴く。途中の小公園の桜はやはりちらほら。
e0083517_02133462.jpg
 来週は、夙川公園も万博公園も京都も花盛りになるであろう。花見予定としては、3日の出勤の帰りに明石城址、4日能勢カン、5日大崎界隈の目黒川、6日西宮北山植物園と有馬の糸桜、7日京都フォトウォーク、8日タイムを読む会芦屋川お花見弁当、12日造幣局通り抜け。結構楽しめそうだ。家内の診療予定が被ってくればそちらが優先になるが・・・

by yellowtail5a01 | 2017-04-01 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2017年3月7日(火) うす曇り

愈々待ちに待ったイカナゴ新子解禁日。明石や二見なら早朝に水揚げされるのだろうが、こちらでは昼前後。気になるが、まずは膝治療のための月一回の通院日。ヒアルロン酸注射の後はリハビリルームで、筋肉を診てもらう。併せて2000円くらいなので、これでよくなればもうけもんである。

昼前にその他の用事も済ませて帰宅する。COOPに行って、「まだ?」と尋ねると、トラックはもう出発したという連絡があったので12時過ぎに到着予定とのこと。12時20分にもう一度行くと、確かに入荷していた。しかし、行列はできていないし、何パックも買っていく人は見当たらない。

それもそのはず、プライスを見てびっくり仰天。過去知る限りでの最高値間違いなし。
e0083517_01271874.jpg
できれば2キロ作りたかったが、1キロに自重。それでも魚自体は大きすぎず、小さ過ぎずでいい感じ。早速調理に取り掛かる。
e0083517_01270740.jpg
今回は大きめのすき焼き鍋を使う。いつも使っているルクルーゼ鍋が昨夜のポトフで占領されたまま。直径27㎝くらいの浅い目で厚い目の鍋がいいと、どこかのレシピに書いてあったのでそれに従う。

これまでのデータに基づき、濃い口しょうゆと薄口しょうゆの配合、みりんと酒の配合、ザラメと水あめ、ハチミツの配合、ショウガ、山椒の量を計ってベストを目指す。

出来栄えはまずまずだったが、固さが少し足りない感じ。まあ失敗作ではないのでいいが、今年はあと何回できることか。安くなってくれることを祈る。
e0083517_01273128.jpg
午後二時前にはくぎ煮作業も完了したので、余裕でSWINGコーラス練習会に間に合う。5月14日の支部総会がターゲットだが、難しい選曲で仕上がりが心配である。

帰り道には美しい夕焼けに遭遇でき、心が和む。
e0083517_01274087.jpg
しかし、帰宅すると家内がふらつきの異常を訴え、取り急ぎ近所の内科医に診てもらうと、病院に行って脳のCTスキャンを撮るべきと紹介状を書いてくれる。7時前に入らないといけないので、クルマを飛ばし滑り込みセーフ。ガランとした病院で診察、CTスキャン、診察をしてもらうが、原因不明のまま。明日、再度MRIとのこと。医療費もばかにならない。

by yellowtail5a01 | 2017-03-07 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2017年2月2日(木)うす曇り、曇、雪

母の102歳のお誕生日でお祝いをしたいところだが、病院はインフルエンザの院内感染予防対策で、面会謝絶処置を継続中。ナースステーションに電話をして無事であることを確認するのが関の山。

幸い空きがあったので、家内のリクエストに応じて今年のカニ温泉ツアー日とする。内容は家内の希望に沿うということで任せていたが、初めてのバスでの城崎ツアー。午前五時に起こされ三宮の集合場所に6時半に着くように出かける。

明石、姫路に寄ってからバスは播但自動車道を経て城崎に向かう。神崎郡を過ぎて山あいにかかってきた頃から雪に遭遇。
e0083517_02031724.jpg
だんだん雪が深くなってくる。
e0083517_02033021.jpg
やがてバスは11時半頃に目的の旅館に到着する。あこがれの西村屋の別館招月亭。
e0083517_02042025.jpg
お料理は当然カニ尽くしで、ゆでが二、刺身、焼きガニ、カニ鍋はじめカニ尽くし料理。毎年思うが、これを食べると向こう一年、カニは食べたいと思わない気持ちにさせられる。
e0083517_02034074.jpg
もう一つのお楽しみは温泉。さすがに立派な温泉、露天風呂があり貸し切り状態に近い感じで満喫できる。
e0083517_02034851.jpg
露天風呂はひんやりした冷気と温かいお湯の対比があって内湯よりも嬉しい。
e0083517_02035791.jpg
ロビーの窓も滝が演出されていてさすが高級旅館という雰囲気が漂う。
e0083517_02041109.jpg
城崎駅近くの踏切では普通列車が来たのでカメラに収める。撮り鉄の気分だ。
e0083517_02044696.jpg
来た道をバスで引き返すが、土産物屋さんに寄ることになっているようだ。しかも時間はたっぷり。
e0083517_02045579.jpg
美味しそうなタグ付き松葉ガニが泳いでいるが、15,000円出して買って帰ろうとは思えない。
e0083517_02050599.jpg


by yellowtail5a01 | 2017-02-02 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2016年7月10日(日) 晴れ

 猛暑日になると天気予報が言っていた京都に出向いて、ヨットグループの料理教室。集合の南座前に向かうが、昼前なのに暑い。四条大橋を渡る人の半分か半分以上が外国人ではと思われる。こんな蒸し暑いときに来なくてもいいのにと思うが。
e0083517_06305499.jpg
 前回は去年か一昨年か記憶は定かではない。その間にお店が引っ越しをしていて少し手狭になっている。

 今日のテーマの一つは出汁。一番出汁の取り方とその利用法。自分で出汁を取るのは年末のお節料理の時くらいだが、一度はプロの要領を見ておくのは参考になる。
e0083517_06330334.jpg
と言って特別の仕掛けがあるわけではない。取れたての出汁をいただくと濃厚で美味しい。利尻昆布と土佐鰹節をふんだんに使っている値打ちがある。応用の一つは卵豆腐。時間管理が難しそうだが、使えそうである。
e0083517_06331273.jpg
 もう一つのテーマは、リクエストしていた胡瓜の飾り切り。たくさんの種類のサンプルをご用意いただいたが、三つを実演していただく。
e0083517_06312128.jpg
 一番目についたのは、真ん中上段の五葉松。原理はわかったが、実践は難しそうである。
e0083517_06313370.jpg
 三つ目の課題は、前回教わったアジの捌き。立派なアジが一人一つ以上用意いただいている。
e0083517_06325473.jpg
 12時から3時半くらいまでかかって、実習を完了する。あとは、一緒に作ったものも含めて早い目の夕食懐石となる。
e0083517_06343230.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-07-10 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2016年4月18日(月) 曇り

 出勤日となるが、忙しくもなく、適度に取り組み課題もあり、ちょうど一通り片付いたところで終業となり、定時退社。理想的なパターンである。

 昨日、散歩がてら夙川のダイエー(今は名前が変わってグルメなんちゃら)の食料品売り場に寄ると結構珍しい野菜が低価格で販売されていた。衝動買いしたのが、葉主体のセロリと葉付きのベビーキャロット。

 昨日にしたかったが、タケノコご飯には合わないので今日に持ち越した。これらは自分の趣味で買ってきたので、自分で始末をつけないといけない。今日の夕食は洋風とのことだったので、サラダ類は引き受けることにし、メインは家内に任す。

 もう一つトライしたかったレシピは、アボカドとエビのニューレシピ。先日歯科医の待合室で手に取った婦人誌にて紹介されていたもので、スマホでメモしていたのが役立つ。
e0083517_22171152.jpg
 できるだけレシピに忠実に再現したつもりだったが、果肉の残し方やマヨネーズのかけ方において、美的センスが劣っている。味はいつもの自分流でアンチョビを効かせたオーロラソースの方がよかったかも。エビのゆで方に関しては、あっさりと薄塩だけのゆで方が良かったみたいで好評だった。いつもは、酒と塩で味付けるがちょっとしつこいようだ。
e0083517_22163612.jpg
 セロリの葉主体の初レシピは、我ながらなかなか新鮮で旨い。マヨポンの味付けとツナ缶がよく似合った。
e0083517_22164982.jpg
 メインのサーモントラウトのソテーもいい焼き加減であった。珍しく合作が成功して、喧嘩もせずに美味しくいただけた。
e0083517_22342422.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-04-18 22:32 | 料理・グルメ | Comments(2)
2016年3月2日(水) 薄曇り 歩数:6315、しっかり歩き:0、酒:多々

 夕方からの仕事が入り、無事に終える。淀屋橋から靭公園まで急いで歩いて、開始時刻になんとか間に合った。ニッカウィスキーを傘下に持つアサヒビールグループと科学技術館のある会合の共催のようなセミナーだった。ヨット関連のオッサン三人で参加した。
e0083517_22062540.jpg

 酒は飲み過ぎなければ、健康にも精神衛生的にも良いということは、紀元前2000年前から言われているようである。しかし、飲み過ぎると酒乱、酒淫、酒溺、酒死に至るとのこと。適量とはウィスキーならダブル一杯に過ぎないらしい。

 ニッカの原酒、シングルモルト(余市)、シングルモルト(宮城谷)、グレンウィスキー、ブレンドウィスキーを順番にテェイスティングした後は、お料理をいただきながら飲み放題となる。
e0083517_22063316.jpg

 さんざん飲ませてもらい、酔うほどに同テーブルの初対面の人とも盛り上がり、あっという間のお開きの時間となる。お酒の効用はやはり素晴らしいものだと思う。開会からしばらくはよそよそしかった同テーブルの人達ともすっかり仲良しになる。
e0083517_22064469.jpg

 酔った勢いで男三人で二次会に流れる。今年初めての午前様帰宅と相成る。明日はゴルフの当日幹事が入っており、朝早く出かけないといけないが、酔うほどに歌うほどに時間が過ぎるのも忘れる。
 



by yellowtail5a01 | 2016-03-02 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2016年2月26日(金) 晴~雪~曇~晴

 仕事の懸案事項も片付き、晴れてタイムを読む会恒例のかにカニツアーに臨む。西宮・大阪は朝からいいお天気だったが、サンダーバードが湖西線に入った辺りから雪空になり、福井県での車窓は吹雪。今年初めてまともな雪景色を体験する。
e0083517_22560852.jpg
 
 目的地は山代温泉雄山閣。八人でのツアーとなる。加賀温泉駅も雪の中。
e0083517_22561826.jpg
 広いお部屋を用意してもらってお膳でカニ三昧料理をいただく。焼きガニがなかったのが残念だが、もういいというほどいろんな形で越前ガニをいただく。
e0083517_22563055.jpg
 恒例の記念証拠写真を駅前で撮って、帰りのサンダーバードに乗り込む。
e0083517_22565475.jpg
 往きも帰りも約二時間半の汽車の旅だが、ワイワイ言ってワインを飲んでいるとあっという間に帰ってくる。
e0083517_22570374.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-02-26 23:06 | 料理・グルメ | Comments(2)
2016年2月20日(土) 雨 歩数:9255、しっかり歩き:1534、酒:中

 本降りの土曜日となったので、ツーリング例会の中止は至極当然の判断。今日のように天気予報が明確で、中止も早く決定できるのはいいことである。何年か前に自分が世話役になった時には、中途半端な天気予報で迷いつつも結構判断をし、皆さんを奈良・和歌山でずぶ濡れにさせてしまった記憶がよぎる。

 のんびりした土曜日となったので、歯医者さんに入れ歯の微調整をしてもらったり、母の見舞いに行ったりで、雨の中を傘をさして結構歩いた。関西スーパーで見つけたスルメイカ。半額セールになっていたが、グリーンのアイシャドウがなまめかしい。こんなに新鮮なのにどうして半額?
e0083517_00245143.jpg

 目が合ってしまったので買い込み、今夜はペスカトーレに決定。出来栄えには不満が残るが、味はまずまず。
e0083517_00250214.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-02-20 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2016年1月18日(月) 雨のち曇一時晴 歩数:10070、しっかり歩き:4833、酒:少

 月曜の出勤日というのに朝から雨。風も強そうなので橋の途中で横殴りの雨だけは避けたい。まだ朝には乗ったことのないバスになることを考えて夙川7:10初の特急に乗る。新開地でうまく座れたので新聞を読みながら行く。覚悟していた雨は、東二見では降っていなかったので、西二見駅からのバスは止め、いつも通りの道を歩いていくことにする。

 雨の心配は全然なかったが、さすがに橋の上では西風が激しく、もし雨混じりだったら傘は何の役にも立たずびしょ濡れになるところであった。一度はバス利用のシミュレーションをしておく必要を感じる。

 空気は澄んでいて明石海峡大橋は良く見えたが、空の雲は厚い。
e0083517_01482058.jpg

昼休みになると太陽も出てきたりで気温はそれほど低くないが、相変わらず風がきつい。
e0083517_01482981.jpg
 人工島のコーナー地点まで歩いていくと、潮流れと西風でいつになく海が暴れていた。
e0083517_01483756.jpg
 夜にまた降るらしいという情報もあり、終業後はグズグズせずに出ることができた。そのせいもあったかもしれないが、空はまだ黄昏の明るさを辛うじて残していた。僅か一週間でこうも変わるのかと驚かされる。帰り道の海の風景がどう変化するか、これからの楽しみである。

 先週の水曜日に前を通ったら定休日だった玉子焼き店、てんしんさんに寄る。思ったより広くて、古い感じはあるが清潔感がある。女性三人でやっておられる。席はカウンター含めると18席。みんな埋まると作る方が追いつかないのだろうと心配したりする。
e0083517_01484717.jpg
 明るいおばさん達で雰囲気がいい。「店はレトロだが、味は一番、でも店員はおばん」というのがキャッチフレーズらしい。焼き上がるまでの時間にメニューを眺めていると玉子焼きの歴史が書かれていた。なんでも元禄時代にこの地方で盛んだった人造珊瑚(赤石玉)を作るのに卵白が必要で、余った卵黄の活用法としてこの玉子焼きが始まったとのこと。
e0083517_01485647.jpg

 「今も卵黄だけ使ってるん?」とおばちゃんの一人に尋ねると、今は卵をそのまま使っているとのこと。この店がいいのは特上玉子焼き(15個580円)を気楽に頼めるところか。普通の玉子焼きは15個で550円。要は卵を一個追加するかどうかで、人気はそれぞれ好みとのこと。並を好む人は結構地元の人が多く、旅行者・一見客は特上の指名が多いとのことであった。
e0083517_01490510.jpg

 ここもお出汁は濃い目の鰹節主体の出汁のようで、たっぷり徳利で出てくる。薬味は刻み葱。お出汁のお代わり自由というのがいい。先日行った元祖田村さんは、確か50円の追加出汁チャージがあると書かれていた。東二見対決では、てんしんさんに軍配が上がる。

 玉子焼き本体も濃い目の味付けと重量感のある焼き上がり。玉子の多い分しっかりしているのであろう。次回は、もう少しふわふわ感を求めて並玉子焼きを試してみようと思う。創業50年と言っていたが、おばさん達は二代目なのか三代目なのか、それも次回確かめようと思う。お気に入りのお店になりそうだ。

 

by yellowtail5a01 | 2016-01-18 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2016年1月7日(木) 晴

 一日空けての出勤となる。今日から通勤ルートを少し変更。それによりこれまで往復で最低でも1960円かかっていた電車賃が1440円で収まるようになった。時間は少し犠牲になるが、座れる確率が高まるのでトータルとしては大正解。阪急・阪神三宮から明石市内(西二見駅まで)の一日乗り放題カードが1000円で発売されている。
e0083517_23291469.jpg
 JRなら三宮または元町で山陽の直通特急に乗り換え、阪急なら夙川から特急で高速神戸で乗り換え。いずれも三宮までの片道は220円なので、トータル1440円となる。しかも、明石で寄り道しても、元町・三宮で寄り道してもトータル金額は変わらない。自分のために用意された一日カードのように思われる。

 昼休みは相変わらずのいいお天気で、定点観測。今日はおじさんが一人で釣っていた。
e0083517_23083712.jpg
 少し冬らしい寒さがやってきて、さすがに帰り道は冷えた。それでも20分強歩き続けるとじんわり汗ばむ。東二見駅南東端の「元祖玉子焼田村」さんは、火曜日の夕方は電気も消えていたのでもう辞めてしまったのかと思いきや、今夕は煌々と明かりが点いていた。
e0083517_23085485.jpg
 当然のことながら探訪する。引き戸を開けて中に入ると他の客はいなかった。おかみさんがタコを仕込んでいる最中だったが、並の玉子焼き10個を注文。20個は一人では多すぎ。上玉子焼きというのもあるがそちらは20個以上の注文なので見送る。玉子を増量しているとのこと。聞けば、創業80年という。元祖を名乗るにふさわしいのだろう。おかみさんは三代目らしい。
e0083517_23084503.jpg
 上品な焼け具合で、柔らかすぎない。一昨日のGOさんは少し柔らかすぎた感がある。お出汁が小さいヤカンごと出てくるのも嬉しい。三つ葉やネギの薬味はないが、出汁の味はしっかりしたカツオが利いていて濃厚な感じ。次回は上玉子焼きをいただいてみたいが、月曜が定休日とのことなので、そうそうは寄れそうもない。
e0083517_23090493.jpg
 

by yellowtail5a01 | 2016-01-07 23:44 | 料理・グルメ | Comments(0)