ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:外国語・教養( 304 )

2018年1月13日(土) 晴 

昨日の追い込み予習が効を奏し、全編にわたり自分なりの
解釈とネット検索で不明点をほぼ解明できたと自負して、
本番に臨む。

北陸本線の遅延の影響で、20分ほどさくら夙川駅で待たさ
れるが、なんとか1時ちょうどに会場に到着。教室に入ると
拍手で迎えられる。

四人が欠席だったほかは皆さん出席で、用意したテキストに
取り組む。ニジェールとマリの国境近くで昨年10月4日に
勃発した事件。地図で調べないと場所もわからない辺境での
出来事。

米軍特殊部隊の精鋭4人が奇襲を受けて死亡した事件があった
そうである。その中の一人、ラ・デイヴィッド・ジョンソン
軍曹の未亡人に、トランプ大統領が電話をして慰めたらしいが
その時の言葉遣いのひどさに未亡人が泣いてしまったことから
話題が大きくなったようである。

従来型の大部隊の海外派遣は、オバマ時代から縮小されている
が、精鋭部隊の配置は全世界で増えており、エリート将兵の死
が、一般兵卒の死者数を上回っているとのこと。

十分に予習をして臨んだつもりだが、やはり読みの浅いところ、
取り違えがあり、皆さんのコメントに納得するところが少なく
ない。

休憩時間には、新年の茶話会がありいつもより20分勉強時間が
少ないので、最後まで読み切れるか不安だったが、皆さんの協力
で、きっちり最後まで読み通すことができた。

嬉しかったのは、議論は伯仲するが、皆さん大人の対応で、お互
いの解釈を尊重しつつ、真実を確かめようという姿勢で議論が
進むことである。

終了後の二次会にも九人が集い、疲れきった脳みそをアルコール
と焼鳥と他愛のないお喋りで癒すことができた。大所帯になったが、
本当にいいコミュニティとなったことを嬉しく思う。

by yellowtail5a01 | 2018-01-13 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2018年1月12日(金) 晴 

今日も恨めしいほどの快晴。家内の頭部の傷も昨日抜糸でき、
本人も元気が出てきたようだ。今年初めての夙川公民館での
英会話サークルへの出席。

終わってからのお楽しみランチ会でゆっくりしてくるだろう
から、こちらは落ち着いて明日の予習の仕上げ。本来は記事
当番ではなかったが、一年間一緒に役員をやって来た当番の
人がSOSを発したので、喜んで交替したのはいいが、四週間
を活かせずに、結局ギリギリの仕上げ。

通勤時や先日の新幹線でも予習に注力するが、切羽詰まらな
いと本気で集中できないのは、学生時代からの悪い癖である。
12月11日号の表紙にも紹介されているカバーストーリーだが
馴染みの薄い米陸軍特殊部隊の話。

新年早々のテーマとしては重いが、明日はきちんと読み切る
ことを目標に頑張りたい。
e0083517_02453224.jpg



by yellowtail5a01 | 2018-01-12 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年12月16日(土) 晴 

朝一番から家内の通院アッシーで高槻の山奥に。時間がないのでドクターに事情を話し15分で診察を切り上げてもらい、名神高速を飛ばして帰ると11時前に余裕で帰宅。

クルマで芦屋直行かと案じられたが、余裕で電車で参加できる。せっかくのクリスマスパーティで飲めないというのは辛すぎるが、それはクリア。

まずは昼前から芦屋市民センターのレストラン業平にて、タイムを読む会の新旧役員引き継ぎ会。次期役員は経験者ばかりなので、スムーズに引継ぎ完了。

続いてのタイムを読む会では、アメリカのホスピス事情を学ぶ。こと医療や医療保険に関しては、アメリカよりも日本の方が安心できそうだ。

三時からは、ユニーク英語会。今日のテーマは「アルゴ」という実話を基にしたハリウッド映画。1979年のイラン革命のときに起ったアメリカ大使館員のテヘラン脱出劇。10日くらい前に字幕版で一度観たきりでその後は観る機会を得られず、準備不足で勉強会に臨んだ。皆さんのコメントを聞きながら、シーンを反芻するのが精いっぱい。

勉強の後は、ユニ英のクリスマスパーティ。数年前に何度か使ったレストラン、ソルト&ペッパー。コストパーフォーマンスよく15人のパーティとなる。持ち寄ったクリスマスプレゼントビンゴゲームで争奪。
e0083517_23454890.jpg
一番の狙い目立ったシーバスリーガルは一足違いで先生に取られてしまうが、その次にビンゴ達成し赤ワインをゲット。昔の仲間がベトナムからの若い女性を連れて飛び入り参加もあり、盛り上がる。

お店の外に出ると、木枯らしが吹きすさび震え上がったが、なんとか恒例の記念写真を撮ることができた。
e0083517_23460280.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-12-16 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年12月2日(土) 晴 

2017年もいろいろ緊張する場面もあったが、今日はその中の一つか。大きなイベントとしては二月の母の旅立ちとそれに伴う一連の儀式。遺産協議の5月のある日、後は10月初旬の法務部門OB・OG会が印象に残る。それらに次ぐような自分にとってはビッグイベントであった。

昼の勉強会は、フランスのマクロン大統領に関する記事。トランプがもはや世界のリーダーの座を自ら降り、メルケルは連立政権構築に汲々とし、メイはBrexitの対応に難儀する中、頭角を現すのはマクロンか。

3時間15分で長編の記事を完読できたのは、今日の進行役・司会のKさんの気合の入った仕切りによるところが大きい。予定通り4時15分から年次総会に移行し、無事会計報告承認、次期役員信任などを終えて、忘年会に流れる。東芦屋町の瀟洒なレストランラベイユで宴は始まる。
e0083517_01204401.jpg
5000円とは思えないフレンチのフルコース。
e0083517_01205372.jpg
余興のクイズ二つとクリスマスソング斉唱も無事終わりヤレヤレの気分。終わったのが遅かったので二次会カラオケは割愛し、家路に着く。その前に記念写真を撮る。
e0083517_01210742.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-12-02 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年12月1日(金) 晴 

とうとう師走に突入。テレビでもラジオでも皆さんが早いですねぇ、と言っている。何と比べて早いのかといえば、子供の頃の時間間隔に比べると時の流れるスピードが速くなっていると感じるのだろう。

子供の頃は一日は短く一年は長い、老人になると一日は長く、一年は短いと言われることがあるが、果たしてそうだろうか。1時間の流れる速度も、1日の流れる速度も、1年が流れる速度も子供の頃より速く感じるのは自分だけだろうか。

明日の忘年会で歌う歌が最終的に決まっていない。相談して決めようと思っていたが、伴奏音源を確保できること、皆さんで歌える歌、季節感や会の雰囲気に合った曲という条件で絞り込むとクリスマスソングとなる。ジングルベル、ホワイトクリスマス、きよしこの夜に決定。

水曜日の役員打ち合わせの時に、十三の斉唱会でいつも一緒に歌っているメンバーで美声を聞かせて欲しいという無茶振りなリクエストがあり、無理とは思いつつ相方のN氏に相談することにした。そのために夕刻に芦屋市民センターに出向く。ついでに会計報告の最終確認のため、別途会計のNさんにも来てもらい処置できた。
e0083517_01203081.jpg
少人数での歌の披露はいくらなんでも急すぎるため、withdrawさせていただくことにする。その代わりに今後の課題として、いい方策に話が弾んだので、時間を取った甲斐があった。来年は面白い趣向を凝らすことができるかもしれない。

by yellowtail5a01 | 2017-12-01 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年11月29日(水) 曇のち雨 

いよいよ役員活動も大詰め。12月2日の総会で新役員にバトンタッチして、お役御免となる予定だが、総会とその後の忘年会は、現体制四人でやり切らなければならない。

10月初旬に会場のレストランでランチをしながら概要を打ち合わせていた。その時の最大の課題は、次期役員候補を説得して、引導を渡すことであった。そのあとの紆余曲折はいろいろあったが、都度他の役員に相談しながら10月末までには収まる所に収めることができホッとする。

あとは、朝具体的な事務的準備事項。総会議案、会計決算と報告、会則の改正案準備。あとは宴会の余興的イベントと歌をどうするかである。

その後、四人全員の予定が揃うのは、唯一今日の昼ということになった。芦屋川沿いに近いフレンチレストランのランチを挟んで、最後のミーティング。1800円位のランチだが、美しく美味しい。世のおばさん達はしょっちゅうこのようなご馳走を食べているのかと思う。
e0083517_01155542.jpg
肉料理もしっかりしており、スープ、パン、デザート、コーヒーも付いてこの値段だとお値打ちである。
e0083517_01185237.jpg
コーヒーも終わってテーブルの上を片付けてもらってから、本格会議。
e0083517_01190086.jpg
去年の12月にスタートした時は、お姉さま方三人と一緒にどんなチームになるのか恐る恐るであったが、お花見会を準備する頃から連帯感が強くなり、以後いいチーム運営をできてきたと思う。今日と総会が四人での活動として最後になるのかと思うと寂しい気もするが、いろんな人と一緒に役員をして労苦を共にして友情が深まるというのは嬉しいことである。

夜になって、明日のゴルフバトルに備えて練習場に行く。10月末から11月にかけて懐かしの同窓会コンペが続いたが、いずれも102くらいから112の間のスコア。世話役の立場が多いので、そんなに頑張ることでもないので、気にせずに回ることを楽しんできたが、明日のゴルフ狼のような永年の宿敵とスクエアで戦う女流ゴルファーとの真剣バトルゴルフ。

いい加減な気持ちでは望めないので、泥縄式練習に向かう。
e0083517_01190918.jpg
甲子園のアコーディアガーデンに来るのもずいぶん久しぶりだ。去年の右ひざ関節炎以来、稀にしか来ていない。隣で熱心に練習しているおばさんのアプローチを見ていると実に正確で、同じ球を何度も再現している。少し刺激を受けてこちらも頑張る。しかし、マットの上と芝の上の違いもあり、前途多難である。
e0083517_01191931.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-11-29 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年11月25日(土) 晴 

午後は英語会のダブルヘッダー。タイムの方は一通り予習は完了しているが、ユニーク英語はぶっつけ本番となる。その前に家内の通院アッシー。近隣なら気にならないが、高槻の山奥まで午前中に往復はきつい。

なんとか時間的には間に合ったが、予習に当てる時間は全然取れないまま芦屋に向かう。タイム記事は、第19回共産党大会を無事終えて、毛沢東・鄧小平に並ぶ殿堂入りを果たし、自信を深める習近平と彼が率いる中国の勢いについての記事。

日本がどんどん置いて行かれているような記事で、あまり気分良くないが、これは現実として受け入れなければならないのだろう。もう一つのアメリカ記事は読了できずに終わる。二時間で4ページはやはり無理があった。

ユニーク英語のディスカッションテーマは、羽曳野市の公立高校で起こった頭髪問題。地毛が茶髪の女子に学校が執拗に黒に染めることを強要し、不登校・除籍に繋がったことに対し、学校に対する訴訟が提起された事件である。

これはどう考えても学校側の言い分に無理がある。外国人に対しても黒に染めることを要求するから日本人であっても当然であるという論旨。訴訟の結果がどうなるのか注目しておきたい。

芦屋駅前のイルミネーションもクリスマスモードとなってきた。
e0083517_00423799.jpg


by yellowtail5a01 | 2017-11-25 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年11月11日(土) 晴 

第二土曜日はいつもの通り、四時間コースのタイムを読む会だが、今日は終わりかけにスペシャルゲストを招いている。役員の一人、Kさんの永年来の友人がアメリカから来ておられるというので、少し顔を出してもらうことになった。

今日の記事は、ハリウッドお騒がせのワインスティーン氏について書かれた女性視点の記事数件。5ページもあるので、ただでさえ大変だが、これをN氏の仕切りの下、テキパキとこなし、4時半になる前に完読できた。
e0083517_03212515.jpg
それがよかったのかどうかは微妙である。ゲストが到着する4時半までに少し間隙ができ、それを潮時に帰ってしまわれた方が若干いらしたのが悔やまれるところである。

勉強会での疑問点を、未だに教師をされているというインテリ81歳のネイティブスピーカーに解説してもらうと、かなり疑問点が晴れてくる。30分はあっという間に過ぎ、恒例の二次会はやきとりのまさや西店。予約をしておいたのでゆったりと座れてよかった。ハードな一日だったが、全て目論んだ形でこなせてヤレヤレである。



by yellowtail5a01 | 2017-11-11 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年10月28日(土) 曇り時々雨 

家内の通院アッシーで早朝より高槻に向かう。往きは予定通り1時間少々で余裕で到着できるが、帰りはなぜか混んでいて二時間弱かかる。英語会には間に合うが、改訂名簿の準備などの作業もあり、バタバタで飛び出す。

今日は、自分が引っ張ってきたオブザーバー参加者もあり、その紹介もあり一層のバタバタ。メルケルの選挙戦略に関する記事だったが、ドイツ事情がわからないところもあり、結構難しい。
e0083517_01330694.jpg
三時からのユニーク英語は、「終戦のエンペラー」というアメリカ映画。ハリウッド映画だが、丁寧に作られていると思われる。こちらもいつもなら三回は観て行くのだが、今回は何とか一回観たきり。

マッカーサーの考えがよくわかった。史実としてすべて正しいのかどうかはわからないが、かなり忠実に作られているものとは思われる。残念なのは、小学校でも中高でも近現代史はほとんど習わなかった点である。

結局、太平洋戦争に絡む現代史は、小説や映画でしか知ることができない。フィクションなのか事実なのかの判断が難しい。

芦屋市民センターの4階はハロウィーンモード。手の込んだ飾りつけが出来上がっている。
e0083517_01355792.jpg
二次会は全員が鳥貴族に流れる。11人という人数の席は、いびつなレイアウトで不満が残る。コストパーフォーマンスは悪くないが、味の好みから行くとまさやに軍配が上がる感じである。

7時に二次会を解散し、有志で三次会のジャズライブに向かう。北野坂のレストランソネでの北浪良佳さんをきジャズファンの三人で聴きに行く。
e0083517_01362627.jpg
撮影は禁止されているが、一枚だけ隠し撮りさせてもらう。
e0083517_01361081.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-10-28 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)


2017年10月14日(土) 雨のち曇 

三週間の予習の時間があったが、結局必死のパッチで頑張ったのは昨夜。それでもたくさんの記事の予習を一通り済ますことができた。"Firsts"というテーマで、女性の先駆者の物語。

表紙も海洋研究の先駆けとなった海洋学者は、シルビア・アールさん。

e0083517_23202219.jpg
メインの記事は、女性がファーストを極めるための心掛け、タクティクス。リードの文が予感させる。ちなみに左上の文は、かの有名なアームストロング船長が月面に降り立った時のフレーズをもじっている。言われて初めて気づく自分が情けない。
e0083517_23541333.jpg
二つ目も、もうすぐタイムの編集長を退任するナンシー・ギブズが語る、この特集のメイキング記事。
e0083517_23205412.jpg
三つめは、テキサスで猛威を奮ったハービィ。救難活動の時に人種を越えた共感に満ちて、感動的な救出シーンがあった。しかし、のど元過ぎると熱さを忘れ。危機感が遠のくにつれて、またトランプの蒔いた分断の社会に戻ってくるようだ。
e0083517_23204492.jpg
この記事で初めて知った"Altruism"という単語。訳すと利他主義とのこと。利己主義の反対概念である。自分が訳をつけるとすれば利他精神の方がぴったりくる。友や知り合いの顔を思い浮かべると、何人かそれに近い顔が思い浮かぶ。自分もそれを目指したい。

四つ目は北朝鮮関連。こちらはなんともフラストレーションの溜るトランプのツイートによるreality show。
e0083517_23203376.jpg
最後は、気軽な食物注意の記事。
e0083517_23210529.jpg
すべての記事を完読できて、定刻の5分前に終了。乾いた喉を焼き鳥とハイボールで潤す。水素水も流行っているが、炭酸水も身体にいいとのことなので、ハイボールとなった。



by yellowtail5a01 | 2017-10-14 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)