ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2007年1月31日(水) 晴

 一月はいぬ。ゆったりしたのは三が日くらいでその後は早かった。2月も逃げるというので、心してやるべきことを確実にやりたいと思う。

 今日も本当にいいお天気。午前はおふくろ通院につきあう。もうすぐ92歳のお誕生日。さすがに年を取ったなと実感する。子供の頃は大きな存在だったが、いつの間にか体も顔も小さくなって、本当に転んだら折れそうに痩せている。大正の初期から戦前戦後を経て100年近くもよく元気に生きてきたものだと思う。そういえば、おふくろが入院したという記憶はない。週末のお誕生日は盛大に祝いたいと思う。

 韓国語教室は、先週辺りから新人が4人も入り、急に活気づいてきた。何とかついて行っているが、正直苦しい。覚えても覚えてもどんどん忘れていく。やはりこれは加齢現象なのか。もっとも教室の皆さんもどっこいどっこいか年上の方も多いのだが、頑張っておられる。刺激と緊張感をもらえるというのは、いいことなのだろう。4月以降も教室を継続するらしいので、時間的に都合がつけばやはり続けるのがいいかなと思う。
by yellowtail5a01 | 2007-01-31 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2007年1月30日(火) 晴

 何というすがすがしいお天気。朝は少し寒かったが、陽が昇るにつれ暖かくなり、しかも終日雲一つない青空。朝から振り替えのゴルフレッスン。Gプロの教室はいずれも生徒が多いようである。クラブをさわるのがしばらく振りだったせいか当たりが悪い。何点かプロに指摘をされる。わかってはいるのだけど体が思うように動かない。

 夕方にOP(アウトプレースメント)で一年強お世話になってきたE社のK氏に最後の面談のアポイントがあったので、梅田に行く。長らく続けてきた面談もこれで正式におしまい。これで完全にM社との繋がりが断ち切れるのかと思うと少し寂しい。

 K氏とはジャズフレンドになったので、面談室のパソコンで検索してライブハウスを探す。このパソコンの本来の目的は求人情報の検索なのだが、この際遊び用に使わせてもらう。ケリーズ、ジャズオントップ、ロイヤルホース、パギークラブ、NS5、アズール。梅田だけでは飽きたらずに阪神間、神戸も検索する。コーナーポケット、レフトアローン、グレブル、サテンドール、ベイズンストリート、ホリーズ、ソネ。よく考えれば結構あっちこっち行っているものだと感心。結局、アズールにする。安いのとそれなりのアーティストが気に入る。

 入れ替えなしだが、腹ごしらえもできほどよく酔いも回り、二次会に移動することにする。K氏にボウリングのことを尋ねると、「学生時代は嵌った」とのこと。200アップ経験も何度もあるとのこと。これは協力助っ人。2月10日のエデンのボウリング大会にご一緒することにする。
by yellowtail5a01 | 2007-01-30 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2007年1月29日(月) 晴

 二週連続の月曜出勤。気分的には、この方がいいような気がする。やはり月曜日というのはワーキングデイのスタート日だし、家にいてもあまり有効な使い道がないようだ。その点、月曜に会社に行くと、週初めということで所感発表めいたものもあるし、皆さんと同じスタートラインに立っているような気がする。

 午後は役員会。これまで経営会議というのは何度か出席して報告しているが、取締役ばかりの役員会に出るのは初めて。社長が若手から二番目ということであり、雰囲気がいつもと少し違う。創業者を支えて50年の社史のかなりの部分を支えてこられて方々なので、規模とは関係なく重みがある。

 今週は火、水、金と比較的ゆったりしているので、本来のスローライフのペースを取り戻したいものである。
by yellowtail5a01 | 2007-01-29 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2007年1月28日(日) 晴時々曇

 今日もゆっくり休養日。昼まで寝て、本を読んだり、パソコンを覗いたり。そうそうしていると久しぶりに娘から電話があり、「暇やったら机の組み立て手伝いに来てくれへん?」とのこと。そういわれては放っておくわけにも行かない。義母さんとも久しぶりなので夕食を外に引っ張り出そうということで千里山に向かう。家内は、「出たくない」の一点張りなので無理矢理引っ張り出すのは諦める。

 なんでも通販で机を買ったのはいいが、組み立てが難しそうなのでお手上げとのこと。確かに結構ややこしい組み立てだ。でもこのようなものはそれほど難しいわけではないので、説明書を丹念に見ていけばなんのことはない。それでも小一時間を費やしてしまう。

 ちょうど夕食時のいい時間になったので、江坂のがんこに予約を入れ、いまキャンペーン中のてっちりコースにする。この時期、年に一度はてっちりを食したいものである。バーゲンセールのてっちりではあったが、唐揚げ以外は一通りフグのオンパレードで揃っており、3000円弱で十分満足。カニも喰ったし、フグも食ったし、これでいつ春を迎えてもいい。
by yellowtail5a01 | 2007-01-28 23:10 | 家族・交遊 | Comments(0)
2007年1月27日(土) 晴

 さすがにこの一週間の昼夜のハードワークが堪えたのか、体が重い。今日は3つの予定がかち合っていた。ロータリーメンバーOB現役混成コンペを予定していたが、ドタキャンで自重。睡眠不足が続いているし、ここで無理すると本格的に風邪で寝込みそうな予感がした。もう一つのイベントは身内での英美ちゃん撮影会。こちらも屋外活動になるので、自重。英語会程度なら何とかなるかと思うが、そのためには予習が大変だ。もう少し寝たいという欲求に従い昼まで寝ることとする。

 まあ、体あっての生活。年休も休業制もないので、寝込んだら即収入はストップするし、医者代も発生すると二重の締め付けとなる。元気なときは殆ど考えたこともなかったが、いざ体調が狂うと不安感が心の隅に居座っているのがわかる。

 おかげで机の周りの片付けができたり、「チャングムの誓い」の完全版の録画をゆっくり見られる。これは吹き替えでなく原語なので勉強にもなる。第1回と2回を録れなかったのが悔やまれる。それと問題はBS2放映なので、録画セットがマニュアルとなり、ターミナルアダプタのチャンネル設定を直前に確認しておかないと、全く関係のない番組を録画してしまうことになる点である。
by yellowtail5a01 | 2007-01-27 23:59 | 未分類 | Comments(3)
2007年1月26日(金) 晴

 昨日苦労して完成したオランダ版の研修資料に基づく講師の仕事がいよいよやってきた。火曜日の中国向けといい、一からの資料集めを伴う講義がかち合ったので、資料はぎりぎり滑り込みであったが、泣き言は言えない。11時過ぎに家を出て阪急で石橋へ。タクシーで程なく目的のD社に到着する。

 171号線のこの辺りは、大学一年の時に免許を取って以来数え切れないほど通っているが、こんなところにこの会社の入り口があったとは知らなかった。予定通り、13時からスタートする。赴任予定の方と欧州室のスタッフ人事課長と担当の方がも出られ、合計5人。

 先日も思ったが、赴任予定者本人よりも周辺の人の方が熱心というか関心が高いようだ。依然、東京の会社赴任予定者2名だけ対象にしたこともあるが、どちらがやりやすいのだろう。講師の立場からはよく頷いてくれる周辺スタッフの方がいる方が話し甲斐があるが、聞いている方としてはどちらがいいのかわからない。

 時間配分も考えたつもりだが、どうしても後半の時間が少なくなり最後は駆け足になってしまう。ここはいつもの反省点である。終わってからも15分ほど質疑等で懇談して失礼することにする。引き受けた当初はどうなることやらと思っていたが、なんとか治まった。受講者の評価は気になるところである。

 JR伊丹までタクシーを飛ばし駅に着くとちょうど同志社前行きの快速が来るので飛び乗る。後ろの方の車両に乗ったので尼崎に停車したときに前の車両に移動すると、なんとよく見た顔の人が乗っている。高校同窓のM弁護士。1月3日の新年会で二次会まで飲んでいたところであるが、こんなところでばったり会うのは奇遇としか言いようがない。4月の関東関西合同同窓会ゴルフでの健闘を誓って分かれる。

 京橋に着いたのが5時過ぎ。元部下のS君の歓送会は7時スタートなので時間はたっぷりある。OBP、IMP辺りの誰かを引っ張り出して7時までの時間一杯やるか、とも思うが時間が少し中途半端なので、断念する。代わりに昨日、駐車場の割引券欲しさに衝動買いしてしまった「華麗なる一族」を読み始めることにする。テレビドラマの方でも解説はくどいほどされているが、小説の方はさすがにより詳しい。

 ほどよい時間になってきたので会場のOne'sという広いフロアのレストランへ。案の定まだ誰も来ていないが、やがて他のテーブルも順次埋まっていき、我がグループのメンバーも三々五々集まってくる。S君は30歳なったところであるが、思うところあって退職して、法科大学院で勉強し直す決意をしたとのこと。有為の人材流出で残念であるが、その決断には敬意を表したい。この上は、自身の夢を確実に叶えられることを切に祈る。

e0083517_1122952.jpg半導体時代の懐かしい面々が集まり、退職以来初めて顔を合わす若手諸君とも会えて嬉しい。今日の幹事は、インターン生の時に10日ほど職場を共にしただけのK君であったが、このような会を設定し声をかけてくれて感謝。退職して一年4ヶ月が過ぎているが、違和感なく戻れるのはありがたい。
by yellowtail5a01 | 2007-01-26 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2007年1月25日(木) 晴

 昨夜から引き続き、オランダ法制の調査とそのまとめに取りかかり、ほぼ徹夜となってしまう。明け方にはようやく一通り完成したので、2時間でも寝ようとベッドに転がり込む。7時の目さましでいったん起きるが、寒気がして頭痛もある。

 このまま無理をすると夜の新年会までもたないかもしれないと思い、今日の午前中はあきらめることにする。8時過ぎに再度起きて、会社に電話。午後には社長を交えた検討会議が予定されていたのでそちらには間に合うように行きますと伝える。了承を得て再度気持ちよく寝る。

 昼前に作成資料を再度見直してEI社の方にメールで転送して会社に向かう。実際、頭の芯が痛んだが会議を終える頃にはすっきりしてきた。1時間ほど残業しないと片付かなかったが、6時半に飛び出すとちょうどタクシーがいたので、それに飛び乗って立花駅へ。目的の伊zakayaという梅田東通りのお店には集合時刻の1分前に到着。

 第二期本社時代の職場の仲間有志で細々と続いている飲み会である。今日は、Nさんという新人登場。大学の学部の後輩でもあり、尊敬しつつも畏怖していた海外部門の先輩の奥様でもある。在職中は飲み会でご一緒する機会はなかったが、今頃このような機会に恵まれるとは感動ものである。幹事をやってくれているM君、Hさん、いつも顔出ししていくれるMさんには頭が下がる。忙しい中駆けつけてくれたKさんとも久しぶりであるが、時を忘れてはしゃげるのが楽しい。
by yellowtail5a01 | 2007-01-25 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年1月24日(水) 曇

 中国が済んだらオランダの準備。集めた資料に目を通し情報整理にかかるが、細かい英文資料を読むのは辛い。字が細かいからと言うこともあるが、法律関係の長い資料に目を通すことが絶えて久しくなかったことも災いしている。

 遅々として進まず、またまたぎりぎりになるのかなぁと思いながら、夕方には気分転換を兼ねて「ろくべえ」にて韓国語教室へ。もう余すところ5回くらいしかない。前回はゴルフ場でのアクシデントでパスしてしまったので、かなり辛い。予想はしていたことだが、その分の穴埋めが何もできていないのだから、ちんぷんかんぷんな部分はどうしようもない。

 2月も14日は東京出張で抜けることが確定しておりますます辛い。韓国への卒業旅行までは頑張りたい。そのためには予習復習しかない。
by yellowtail5a01 | 2007-01-24 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2007年1月23日(火) 晴

梅田に本社があるY社で、午後から中国赴任者向けの研修講師。メインのパワーポイントは前もって提出しているが、その他の演習資料は未完成部分があったが、なんとか午前中に仕上げる。

 と思ったのも束の間、スライドショーを念のためリハーサルしてみるとアニメーションが思ったように設定されていない。慌てて編集し直してUSBメモリーにコピーして差し替えることを考えていると、出発時刻はぎりぎりになってしまう。

 5名の赴任予定者と2名の帰国者と海外スタッフ、人事スタッフで合計10人の受講者。2名の帰国者の方の反応がすこぶるいい。しゃべっていても反応がないと不安になるものだが、視野の隅で大きく頷きながら聞いてくれる人がいるとついついそちらに目線が行ってしまう。先日、プレゼン研修を受けたときには、話すときの目線は万遍なく受講生に順番に向けていけ、とあったが、反応しない人に向けるのは根気がいるのがわかった。

 3時間があっという間に過ぎ、無事お役目終了。6時半にはAzulという初めてのお店に有紀ちゃんのライブに行くことになっている。少し時間があったので、紀伊國屋書店で時間をつぶし、今日合流することになっていたヒロさんにメールを入れ、「今どの辺り?こっちは紀伊国屋」と尋ねると折り返し、電話があり、「私も紀伊国屋の前よ」とのことなのでビッグマンの方を見るとすぐに見つかった。「偶然やねぇ」とお互い感心して、ちょっと時間があるので、一杯やっていこうと言うことになる。

 いつもは一人でぶらっと行くYamatoという東梅田駅のビールスタンドは1995年4月1日以来のお気に入りの店である。ビールと定番のかにサラダ、それとしめ鯖、鱈の白子焼きと安くて贅沢な肴が即座に出てくるのがいい。

 時間になったので慌ててAzulに向かうが、初めてなので方角定まらず、少し遠回りしてしまう。着くとSHINちゃんがすでに着いていた。「6時半には余裕で着きます」と言っていたのに遅れてしまい申し訳ない。

 今日も有紀ちゃんのご両親が来ておられ、向こうから挨拶していただき恐縮である。初めての店だがすこぶる雰囲気がいい。SHINちゃんもヒロさんもさすがに顔が広く、ピアノのフィリップさんとは知己のようだ。テンポのいい英語のやりとりを聞いていると気持ちがいいものである。ベースは荒玉さん、ドラムは武田さんと関西若手トップクラス。ブラジリアンナイトと題しての有紀ちゃんのボサノバ集だが、堂々としたものである。

 ステージも広いし、ホールスタッフもきびきびしているし、他のお店とは少し雰囲気が違う。第二セットにはMBSのテレビカメラが入ってきて収録が始まる。月曜日14:45くらいから「ちちんぷいぷい」の中で放送されるらしい。有紀ちゃんもメジャーになってきたのか。忘れずに録画しておこう。

 帰りがけにAzulの支配人が挨拶に出てこられ、話をしているとなんと昼間にお邪魔していたY社の系列レストランとのこと。不思議な奇遇である。お値段もお手頃だし、雰囲気もいいので近いうちに是非また来たいお店である。
e0083517_10414616.jpg

by yellowtail5a01 | 2007-01-23 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2007年1月22日(月) 晴後曇り

 明日、EI社の講師の仕事が入ってきたので、出勤は今日に振り替える。月曜に行くと所感発表があるので聴くのは楽しい。いつも輸出管理でお世話になっているT女史の当番だったが、なかなかしっかりした話だ。脱帽。さすが貿易課のベテラン社員にふさわしい、ウォールストリートジャーナルの記事を題材にした格調高い話だった。細部は忘れたが、「何時したかではなく、何をしたかが大切」という話であった。若くして偉業をなす人、年を取ってから偉業をなす人といろいろ例はあるが、何歳でやったかではなくて何をしたかが大事。老いも若きも年のことは気にせずに、頑張りましょうという趣旨で、勇気づけられる。彼女を見る目が変わったのを感じる。

 昨夜は、頑張って講師用の資料作成に励んだのであるが、もう少しというところで気を抜き、日頃ゆっくり話をしていない家内といろいろ話し出す。あっという間に時が過ぎ、深夜に及ぶ。おかげで資料完成は、今日に持ち越しだ。これから最後の仕上げをしないといけない。

 どうも目前に課題が迫ってくると日頃時間があるときにしておけばいいものが気になって、そちらの方に手を出してしまう悪い癖がある。まあ、家内とゆっくり話をできたことはそれはそれでいいことなのではあるが・・・
by yellowtail5a01 | 2007-01-22 22:19 | 家族・交遊 | Comments(0)