ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2007年2月28日(水) 雨のち晴

 高校同窓のS間君と約束していた有馬富士での練習ラウンドの日。ueさんも加わり、小雨のそぼ降る中をスタート。今日のテーマは、またまたゴルフギアサージで借りてきたナイキのスクエアドライバーのテスト。かなりいい。曲がらないので、思い切り振れるところがいい。ただし、打ち出し方向を間違うと左に行ったり、右に行ったりすることもしばしばであるが、大怪我の確率は確かに低い。

 スループレーで、午後1時半くらいには上がったので、着替えもせずに家に戻り、韓国語の予習。「ろくべえ」にて芦屋に向かう頃にはすっかりいいお天気。韓国語は三週間ぶりでややとまどいもあるが、行けば何とかなる感じ。またまた新しいメンバーも加わり、座る席がないほど。後から来る人ほど韓国語に慣れている感じだ。

 ギアサージに借りたクラブを返しに行き、このスクエアドライバーを注文しようとするが、在庫切れ。別支店の在庫も当たってもらうが、いずれもSRシャフトの10.5度のは売り切れ状態とのこと。メーカーに問い合わせてもらうが、メーカー在庫も切れていて次回出荷は4月末とのこと。せっかくその気になったの残念である。ダメ元でゴルフ5に電話で当たってみる。するとこちらはまだ在庫があったようだ。即リーチする。値段もギアサージよりも少し安い。在庫切れに対する焦りという消費者心理で、即決してしまった。

 ドライバー騒動がおさまり、ホッとして家で夕食をすませた後は、三宮へ。今年初めてのグレートブルーでのりかちゃんのライブ。カウンター席を予約して行くと、少し空席もある。聞くところによると、今夜はスティービー・ワンダーのコンサートが大阪であるので、そちらに流れているとのこと。ほんまかいな。満員御礼状態もいいけど、今晩のように少しすいているのも落ち着く。 株の暴落はこたえるが、それを除けばいい一日であった。
by yellowtail5a01 | 2007-02-28 23:59 | 音楽 | Comments(4)
2007年2月27日(火) 晴曇のち雨

 午前中に梅田のY社で北米赴任者向けの講義担当。1月は中国向けであったが、今回は北米ということで内容は相当北米向けにアレンジしたつもりである。予定通り午前中で終わり、人事部長さんに梅田地下街で昼食をご馳走になる。1時には自由の身に戻る。

 ノートパソコンのスピードが重くて遅いので、増設メモリを搭載することにした。もともと256MBしかなく、拡張スロットは一つのみ。そうなると必然的に大きいメモリを求めることになるが、512MBが最大。しかも値段がすこぶる高い。3万強である。バッファロー社製なので少しは安いが、メーカー純正ならもっと高いとのこと。パソコン本体が買えてしまう。しかし、今はこのノートパソコンに全てを頼っているので、元気になってもらわなければならない。

 ポイントもたまったので、プリンタインクも購入。こちらも純正は高いので、エレコム製を購入。価格は約4分の一か。詰め替えインクは最後まで使い切れるかどうかが問題であるが、これでしばらくは安心である。ヨドバシの中を何時までもうろうろしているといろいろ衝動買いしてしまいそうなので、早い目に退散。

 家に戻り、トレード画面を開けると、ちょうど大引けの頃合い。少し変化が見られたような気がする。先行リードした銘柄が高値を付けて折り返しているようなイメージ。ひょっとしたら昨日今日が分水嶺でしばらくは下落局面を迎えるのかも知れない。ポートフォリオの中核のソフトバンクが快調に戻してきているので少し息をつける。明日からはまた下げに転じる感じもするが、いったん3000円越えを軽くこなしたということは、次に騰勢に入ったときには3000円の抵抗は皆無のはずだ。

 いったん電源を落として、メモリ増設作業にかかる。何のことはない、実に簡単に作業終了。大枚はたいてメモリ増設したのに目に見える効果が感じられない、といったようなことになると切れるぞ、パソコンにプレッシャーをかける。いろいろ試すといくぶん軽くなったのは体感できる。これが30000円強に値するのかどうかは疑問だが、少しでも快適になってくれればいい。
by yellowtail5a01 | 2007-02-27 23:59 | IT | Comments(0)
2007年2月26日(月) 晴

 明日にEI社の講師が入っているので、振り替えで今日会社の方に出勤。年度末が近づき何となくあわただしい感じであるが、こちらはとりあえず課題が一段落しているので、これといった急ぎの仕事はない。従って、自分で仕事を探して手掛け始める。知財規程が不十分なので、これを一からてこ入れするのが、急ぎではないが一つのテーマ。知財に関わるのは1994年以来のことである。

 会社では多少忙しすぎるくらいの方が気合いが入っていいのであるが、このように仕事に追われないで余裕があるというのも、実は貴重なことである。新入社員だった頃、当時の直属上司であったK課長に、「ここのところ暇をもて余しているんですが、なんか仕事を下さい。」と言っていったことがある。するとK課長はニコニコして、「ユーはなんもわかっとらんようじゃな。そんなときは天が与えたもうた時間と思って好きなことをやればよかと。」と九州弁でご指導いただいたことを思い出す。

 確かにあとから振り返れば、あの時ほど、なんの憂いもなく純粋に優雅な時間を持て余せたのは、以後の会社生活で二度と味わうことが出来なかった。若い頃に上司から受けた指導、言葉というのは本当によく記憶に残っているものだ。自分が上司になったときに若い人の記憶に残るような言葉をどれだけ言ったのかというと、実に不安になるものである。
by yellowtail5a01 | 2007-02-26 23:59 | 仕事 | Comments(8)
2007年2月25日(日) 夜 星空

 絶不調だったゴルフのクサクサを吹き飛ばすにはどうすればいいか。ジャズしかない。ueさんから声をかけていただいていた逆瀬川のバックステージというライブハウスに初めて行く。サックスが沢山おいてあり、雰囲気のいいお店である。

 今日のお目当てはueさんが追っかけを開始した若手ピアニストの大石麻維子ちゃんだが、バックもなかなか渋い。リーダーでドラムの岡部さんの奥様が偶然隣のテーブルだったので、そのお友達を含む女性三人組と休憩時間は盛り上がる。久しぶりに一眼デジカメに交換レンズも持って行ったので、120枚ほど写真を撮る。これで、昼間のクサクサも少しは治まった感じである。

 なんといってもオーナーマスターのM氏はアパレル系会社の脱サラからこのお店を構えて3年とのこと。何とも羨ましいセカンドライフである。というか、おそらくサラリーマン時代からこのような夢の実現に準備をしてこられたに違いない。お店で音楽教室もやっておられるとのことで、セルマーの中古サックス群が目映い。今日の写真を何枚かアップします。
e0083517_7245242.jpgネイティブランサーとオーナーのM氏(右手のサックス奏者)

e0083517_7252531.jpg大石麻維子(pf)

e0083517_7303775.jpg辻田宣弘(ts/ss)

e0083517_7353024.jpg浦田和史(b)

e0083517_736341.jpg岡部潤也(dr/mc)

by yellowtail5a01 | 2007-02-25 23:59 | 音楽 | Comments(3)
2007年2月25日(日) 晴後曇

 とうとうやってきた。二週間ぶりのゴルフラウンド。間が空くと待ち遠しさはひとしお。やり始めた頃の気持ちに近いものがある。6時半きっかりに目が覚めて、朝食も済ませ7時10分前には家を出る。予定通りの行動である。

 まずダンロップの練習場で調整をする。いい感じである。アプローチ系も方向・距離感とも格段に向上。アイアンはやや不安定ながら、徐々にまっすぐ飛び出し60球を打ち終わる頃にはほぼ各番手の規定距離が出るようになった。ただし、5番I、6番Iはやや距離に課題がある。一方、フェアウェイウッドはかなり調子がいい。ボールも高く上がるし方向もそれほど狂わない。6番アイアンよりも距離・方向ともに勝っている。

 問題のドライバーは、やはり借りてきたキャロウェイのハイバーERCの調子がいい。マイクラブのゼクシオはどうしてもスライス傾向。何となくいいスコアが出そうな予感。今日一緒に回るシングルプレーヤーのK氏も一階の打席で練習していた。彼は、すでにナイキのスモウスクエアという四角い新クラブが入荷したらしい。

 お天気は上々、空気は冷たいが風がないので体感温度は低くない。絶好のコンディションの中、気持ちよくスタートする。最初のティーショットは80点。やや左だったがフエウェイキープでまずまず。セカンドショットのアイアンが良くなかったので4オン2パットのダブルボギースタート。やや不本意だが許容範囲。ところが2番のロングが落とし穴であった。ドライバーの当たりは良かったのだが、左ぎりぎりに飛んでいったボールは、残っているかと思って探すが見あたらない。どうやらOB。イメージトレーニングとずいぶん違う。プレーイング4のセカンドも7番FWが少し左に出てOB。1ホール2OBではどうしようもない。寄らず入らずであがってみると11。グロス記録更新はこの時点で断念せざるを得ない。

 その後、ボギーペースを取り戻すが、アウトの後半も乱れて55。記録更新どころか、最悪記録更新の心配が出てくる。昼食後のインコースはアウトにも増して難ホールが多い。1ホール2OBが2回、1ホール3OBも出たりして、屈辱の試打ラウンドとなってしまった。

 結果、前半以上に大崩してしまいゴルフにはならなかった。最悪スコア更新。握りも総負け。反省点数々。なんといってもドライバー。このERCは、右に行くことは殆どないが、よく言えば捉まりが良すぎて左に行き易い。行き過ぎると大怪我。3連続OBは10年ぶりくらいではないか。

 フェアウェイウッドは悪くないのだが、その自信のせいで、ついつい悪いライからも距離を稼ぎたくなる。それでもチョロなら怪我は少ないが、飛ぶとOBの確率大。セカンドでの連続OBというのもあった。やはり名前の通り、ライのいいフェアウェイで使うべきクラブである。

 アイアンは、いいショットと悪いショットの差が大きい。やはり何か根本的なところでスイングに問題があるのは明白だ。アプローチは悪くない。距離感が合わないのはいくつかあったが、インパクトの感触は良くなった。ガードバンカーは3回あったが、うち2回は完璧。結構あごも高かったのだが、いずれもきれいにボールが上がり、満足。パターは課題を残した。方向距離感の改善は見られたが、入らなければ意味がない。せっかくの砂一のチャンスも2回とも逃すし、金や銀パット、チップインもカップを舐めながら外してばっかり。改善の後は見られるが、これではオリンピックボロ負けも仕方ない。

 K氏のすもうスクエアは絶好調でグロス77というシングルに恥じない成績。HC6なのでろく様と呼んでいるが、この分ではまもなくヨン様に昇格されるであろう。すもうスクエアの打球音が「ぽかーん」なので、別名「ヤカン様」と呼ぶことにした。いずれにしても当方のハイパーERC作戦は大失敗の巻であったが、シャフトがRだったことが気になる。SRのがあれば・・・・。捲土重来、再挑戦してみたい。
by yellowtail5a01 | 2007-02-25 17:22 | ゴルフ | Comments(5)
2007年2月24日(土) 晴時々曇

 TIMEを読む会と法律英語が午後にあるので、朝早い目から予習にかかる。すると何故か今日のTIMEのテキストはかなりわかりやすい英文で単語的にも大体知っているものばかりで済む。法律英語のテキストは、奴隷制度に係る訴訟の話であったが、こちらも明快で予習の時間はトータル一時間もかからない。いつもこのくらいならば気分が楽なのだが・・・

 久しぶりに帰るといっていた娘が昼前に戻ってきたので、一緒にフェットチーネを茹でて昼食はジェノベーゼとカルボナーラ。パスタ系は実に久しぶりであるが、三人でシェアして食べると美味しいものである。早く生パスタにも挑戦したいし、ジェノベーゼも出来合いではなく一から作りたい。

 昼食後、チャリで芦屋に向かう。風はけっこう冷たい。この時期なので当たり前といえば当たり前であるが、ここのところ暖かすぎたので勘が狂う。今日のテキストはオムニバス形式であったが、日本ではあまり習わないような知識が結構あった。アメリカ人の感覚では豆腐を好んで食べる男は女々しいとか、”Kosher”という単語の意味と使い方、”jail”と”prison”は同義であるが、動作主を表すerを付けると意味が反対になるとか、その他少しアダルト的話題もあり、日頃は怖いものなしのお姉様方が恥じらいを見せる場面があったのが面白い。

 法律英語は、先月行けなかったので2ヶ月ぶりであるが、こちらもなかなかの盛況。英語的には取っつきやすいが、耳と口が英語について行けないのがもどかしい。
by yellowtail5a01 | 2007-02-24 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2007年2月23日(水) 晴

 二月は逃げるというが、本当に速いスピードで日々が流れていく。時よ、もっとゆったりとまったりと流れてくれ~って、いいたくなる。大分元気になったので8時半からパソコンの前に座ってデイトレ。昨夜、OB会の連中にデイトレ報告をしたのが心理的に影響しているのかも知れない。昨日も皆さんの前でいったのだが、欲張れば損をする、淡々と行けば儲かるというのが、ここのところの実感である。ところが、いったん売り買いを始めると欲が突っ張る。人間の業か。

 というわけで朝一番は、今日の注目銘柄、兼松に飛び乗り10分で15万円ゲット。調子に乗って騰がった兼松の空売り、朝日の報道で暴落した三洋電機を信用買いしたりしていると、あっという間に今日の儲けが吹っ飛んでしまった。やはり、最初は謙虚にいっても、ちょっと儲かるとその謙虚さが失われてしまう。もっと上品に行かねばならない。

 ゴルフの練習日なので、夕方に西宮北口のゴルフギアサージに行って、先週の試打会で文句なしのナンバーワンであった、キャロウェイのハイパーERCを二泊三日で借りることにする。練習場での試し打ち、日曜のラウンドでの実戦試し打ちが210円で出来るのはありがたい。10.5度のSRが一番あっていた気がするのだが、貸し出しクラブはSかRしかなかったので、Rシャフトにする。

 早い目に尼崎テクノランドに行って試してみると、今のゼクシオよりも遙かにミスショットが少ない。これは驚きである。なんかぴったりな感じがする。これでSRならもっといいのかも知れない。日曜日に苦手のすずらんコースをこのハイバーERCで、コース自己ベストである92を更新できたら、ハイパーERCを絶対買っちゃう。
by yellowtail5a01 | 2007-02-23 23:59 | ゴルフ | Comments(4)
2007年2月22日(木) 晴後曇

 昨日、ほとんど外出せず静養したおかげで、ずいぶん楽になった。「ろくべえ」はやっぱり時期尚早ということで、電車で行くが、鼻水と涙の量はグンと減った。やっぱり風邪だったのかなと少し安堵するが、まだ花粉症の疑いは晴れない。今まで無縁で来られたのがラッキーということかも知れない。

 3月彼岸の頃に東京ビッグサイトで輸出管理の生物化学兵器に特化した講習会があったので部長に「これ行ってもいいですか」と打診しておいたところ、稟議に架けるということになり、OKで決裁が下りた。ありがたいことではあるが、社長の決裁条件に「受講後報告会を開催し、関係者に伝えること」と入れられた。報告書を作って関係者に回しておくつもりであったが、会議設定となるとやや面倒である。しかし、今更後にも引けないので、やってみるしかない。

 夕方は前の会社の組合OB会。年末にもやったところであるが、今回は事務局の計らいで格安料金でニューオータニホテルでの料理と飲み放題ということで、風邪気味の体に鞭打って出席。組合OBで仕事は現役という人が多く、会議の関係等でドタキャンもあったようである。20名弱の出席者はいつもより少ない。しかし、そのうち本社支部OBの元支部長、元書記長が5人出席してOBの中では最大勢力。地元ということもあるが、現役時代とは変わって足腰の強さを誇れる。

 しゃべって飲んでいるうちに鼻水も止まり、調子があがってきたので二次会に参加。本社の4人とお世話になった事務局の二人。京橋のスナックというと場末の養老院というイメージがあったが、なかなか気楽でくつろげるお店であった。京橋ではあまり行く機会はないと思うが、覚えておこう。
by yellowtail5a01 | 2007-02-22 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年2月21日(水) 晴

 せっかくのいいお天気だが、今日は全てを休んで自重。韓国語も先生に電話して休むことにした。熱っぽいのも抜けないし、鼻水と鼻つまり感は一日寝ていてもとれない。明日はそうも言っておれないが、今晩ゆっくり休んだら楽になるのであろうか。
by yellowtail5a01 | 2007-02-21 23:59 | 健康 | Comments(5)
2007年2月20日(火) 晴

 朝からいいお天気なので、今年初めて「ろくべえ」通勤をすることにした。やはり電車で行くのと比べると時間的には半分以下の15分弱。風を切って走るのは爽快である。それにしても朝の空気は80kmでぶつかると縮みあがるほど冷たい。普通のズボンの生地をスースー風が抜けていくし、グローブをした指先もかじかんでしまう。暖冬とはいえ、時機尚早であったか。

 冷えたせいなのか花粉充満の空気の中を疾走したせいか、会社に着いてからは鼻水が出て仕方がない。滅多に使わないティッシュボックスが一日で空っぽになってしまった。退職以来、殆ど風邪らしい風邪も引かずに来たが、さすがに今回のは辛い。幸い明日は夕方の韓国語以外は何も入っていないので、ゆっくり静養したい。
by yellowtail5a01 | 2007-02-20 23:52 | 健康 | Comments(3)