ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2007年5月31日(木) 晴

 仕事の方では、ちょっとしたちょんぼがあった。株主総会の議案に正誤表を入れる羽目になり、総会議長である社長に申し訳ないことをした。社長は、「そんなこと全然いいですよ」と言ってくれるが、気持ちは重い。無事総会が済んでくれることを祈るばかりである。

 今年の五月は長かったような気がする。変化といえば、撮影会に恵まれたということであろうか。ライブでの撮影を除いて昼間の撮影会だけでも5回はやっている。しかも、これまでのいわゆる大勢の撮影会と異なり、また以前に知り合いのお嬢さんの写真を頼まれたときとも異なり、少人数の撮影会に恵まれた。それもこれも、同好の仲間のおかげである。一人ではとてもできないことである。

 納得のいく写真はなかなか撮れないが、課題や挑戦目標が回数を踏むごとに明確になってくるのが嬉しい。ゴルフほど明確な結果が出るわけではないが、自分では出来不出来、仲間との視点、技法、感受性の差異を明確に自覚でき、新たな目標が湧いてくる。

 そして来月もまた撮影会の予定が埋まりつつある。自分なりに納得のできる写真を一枚でも多く撮りたいものである。
by yellowtail5a01 | 2007-05-31 23:59 | 写真 | Comments(3)
2007年5月30日(水) 雨のち晴

 今日は楽しみにしていたゴルファーK,高校同窓の四人でのラウンド日。今回の世話役でずいぶん前から段取りしていたが、未明から大雨。決断の時が迫る。7時頃から遠雷が響き始める。天気予報でも午前中の降水確率60%、午後は70%。

 雨は耐えられたとしても、雷だけは本当に怖い。ちょうど7時前にメンバーの一人、Sから電話があり、「どうしようか」と相談。ゴルファーKとも相談して、自重することに決定。雨に濡れて風邪を引くくらいなら愛嬌だが、雷に打たれて一命を落とせば新聞沙汰。第一、それはあまりにもかっこうわるい。

 ところが、こんな日に限って天気予報は外れるものである。まるでマーフィの法則だ。スタート予定の10時過ぎには雨が上がり、雷鳴も聞こえなくなって久しい。昼前には明るくなり、午後には太陽が顔を出してくる。完全に裏目に出ている。まあ、自分はゴルフはいつでもできるのでいいが、せっかく休みを取って今日を楽しみにしていた仲間には申し訳ないことをしてしまった。

 で、せっかく時間ができたので尼テクに練習に行く。アイアンが少し良くなってきたみたいである。先日3300円で購入した腕の向き矯正器の効果が出てきたのかもしれない。

e0083517_0553668.jpg 月曜、火曜と美しいジャズピアノを聴いたせいか、夜になるとまた聴きたくなって神戸に出かける。グレートブルーだ。アンディさんのピアノ、魚谷さんのベース、武田さんドラムをバックにたなかりかちゃんの月に一度のライブ。カウンターを予約した。ここは何故か一人が多い。一人でもくつろげるところが最高にいい。


e0083517_05682.jpg カウンターにいるカンちゃんが癒しになっている。ワインを頼むとソムリエさながらに真剣な瞳でワイングラスのチェック。この真剣な瞳があまりにかっこよかったので、コンデジで撮らせてもらう。でも、意識すると笑っちゃうみたい。本人曰く、「ゲラなんです。」でもとてもいい横顔である。

by yellowtail5a01 | 2007-05-30 23:59 | ジャズ・音楽 | Comments(9)
2007年5月29日(火) 曇

 先週金曜日のツーリング例会が雨で流れ、本来であれば今日その予備日で、鯖街道から小浜に抜ける予定であった。ところが、急な訃報が届き、ツーリングはドタキャンせざるを得なくなった。ディスプレー社時代にお世話になり、また卒業後の講師の仕事でお世話になっている、EI社のT井所長がこの週末に急逝されたとのことであった。

 年は自分より一年下。55,6才の若さである。なんでも一週間前の週末に自宅で腹痛を覚え、緊急入院となったらしいが、病名は腸閉塞とのこと。手術の甲斐もなくこの週末に病院で亡くなったらしい。4月に梅田のY社での講師の時に立ち会っていただいたのが最期となってしまった。

 奈良の富雄の公益社に行くのは二度目である。前回は3年ほど前に入社直後から知っていた一年先輩のI本氏であった。30年ぶりくらいに照明社でまた再会し、親しく仕事の付き合いも復活したのも束の間。彼もあっけなく逝かれた。I本氏は確か大阪外大のドイツ語、今日のT井氏は同じくヒンドゥ語。 

 T井氏は、海外部門とともに会社生活を歩んでこられただけに、旧貿易の多くのみなさんに久しぶりに再会することになる。告別式に参列するのは、昨年7月の高校同窓生の時以来であるが、本当に他人事とは思えない。自分自身に置き換えて、いざというときのための備えができているのかと自問すると、全く心許ない限りである。

 重い気持ちで奈良から戻ってきたが、夜は先日中途半端に撮影会に参加した麻維子さんのピアノトリオのライブが三宮で行われるので、バイクで向かう。電車で行くと飲み過ぎそうな気がした。バイクなら、一口以上は絶対に飲まないので却って安心である。

 リクエストしていた"Nika's Dream"も短縮バージョンであったが、しっかり弾いてくれた。前にグレートブルーの安藤さんに聞いたら、「この曲は難しいで」ということだったので、余計に嬉しい。また、麻維子さんの後輩のサックス奏者、ベーシストも来ていたので、一緒のテーブルに合流する。

 SHINちゃんは、さすがにもうプロカメラマンである。観客で来ていた若いアーティストの写真も絶え間なくパチリパチリ。こちらはお話し係のような分担になってしまった。いつか、また彼女たちの撮影会も計画できそうである。
by yellowtail5a01 | 2007-05-29 23:59 | 友人・交遊 | Comments(5)
2007年5月28日(月) 晴

 同じ晴でも昨日の黄砂霞はどこかに行ったみたいで、朝から六甲連山がすこぶるクリアーである。週の初めにいいお天気の中を出勤するというのも、贅沢な歓びである。

 今日は、夕方に退職後の再就職面談でずいぶんお世話になったK氏とボウリング&ジャズの約束をしていた。K氏の職場の華、Iさんも参加いただく。いつもは5時15分の終業チャイムが鳴ってもダラダラしていることが多いのだが、今日はさっと切り上げる。やはり、アフターファイブの目的があるというのはいいことだ。

 梅田桜橋のボウリング場に待ち合わせの6時に間に合う。K氏は年齢はほぼ同年代だが、少しお兄さん。若い頃にボウリングに嵌ったというので、相当なやり手だとお見受けする。Iさんは、「私下手です」といいながらいきなりストライク。その後もスペアが続く。こちらは腕に力が入ってしまったのか、連続ガタースタート。

 何とか持ち直し、第一ゲームは138。久しぶりということを考慮に入れても不本意。2ゲーム目はさらにスペアも取れずに129。3ゲーム目は好調のK氏につられて1フレームのみのミスであったが、168。これが限界か。そのK氏は、尻上がりに良くなり、なんと3ゲーム目は7連続ストライクで242の好スコア。自己ベストはもう少し上があるらしい。

 大きな声を出しておなかも減ったので、気楽に行けるライブスポットとしてNS5を選択。最近大阪のジャズコンテストでアマチュアピアノ部門で優勝(?)された松田忠信さんがお目当てである。ボーカルの女性は、知らない人であった。ボーカルはさておき、2ステージ目のトリオで披露してくれたリストの「愛の夢」のジャズアレンジが非常に良かった。ピアノトリオの醍醐味である。

 ボウリングの良き師匠、ジャズの良き仲間を得たので、月一くらいで例会にしたいものである。
by yellowtail5a01 | 2007-05-28 23:59 | ジャズ・音楽 | Comments(0)
2007年5月27日 (日) 晴

 ようやく初夏らしい、いいお天気がやってきた。今日は、GW以来のSP会である。SP会というのは、「single playerを目指す会」というロータリーゴルフの常連会。

 前半は先週のきさいちカンツリーの無念を引きずり、大叩きありありの51。ところが昼食時の生中がいいガソリン補給になったのか、午後は好調スタート。最初の3ホールはバーディ含みのパープレー。次の3ホールは乱れ4オーバー、トリプル、ボギーの8オーバー。最後の3ホールは、パー、パーボギーの1オーバー。しめて45。トータル96でやや調子を取り戻した感じ。

 今週は水曜日にもう一度チャンスがあるので、楽しみである。
by yellowtail5a01 | 2007-05-27 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2007年5月26日(土) 晴

 いいお天気だが、月に二回の英語漬けの日。早朝より予習にかかる。今日のテーマは、表題の通り、ストレスの原因とその緩和を最新の生化学アプローチで分析した記事。医学用語が沢山出てきて、知らない単語が多いが、内容そのものはなかなか生活の役に立つものであった。

 結論から言うと、次の7つの教えを守ると、誰しも避けられないストレスを低減し、上手に付き合っていけるらしい。
(1) 深呼吸をすること
(2) 休暇を取ること
(3) 友人を作ること
(4) 規則的に運動をすること
(5) 野菜や果物をたくさん食べること
(6) 夜更かしをしないこと
(7) 自分がしたいと思うことをすること

 もちろんこれだけではないのであろうが、生理面と精神面の両面からのアプローチが必要とのこと。これら7つのうち、3,4,7は今でもそこそこできている。1の深呼吸と5の野菜果物は、意識さえすればいつでもできることである。深呼吸をすることにより、心拍に変化をつけることができ、それが心臓にはいいらしい。

 2の休暇に関しては、毎日が休暇のようでもあるが、まとまった非日常的な休暇は全く取れていない。やはり、思い切って海外をふらつく必要性がありそうだ。一番の問題は、6の睡眠不足の解消。パソコンさえさわらなければ、夜更かしも減るのだろうけど、逆にパソコンがあるから友人とのコミュニケーションの量・質・幅を拡げ、したいことをできるツールになっている。

 睡眠時間の確保も重要であるが、ここはひとつ良質な睡眠を取ることも併せて改善したいものである。
by yellowtail5a01 | 2007-05-26 23:51 | 外国語・教養 | Comments(6)
2007年5月25日(金)

 朝から激しい雨。まさに恵みの雨である。本来であれば、ツーリングクラブの例会であったが、天気予報が当たるであろうとの推測から、早く延期が決まった。こんな日にツーリングは絶対あり得ない。

 この雨で水不足の徳島や香川も一息ついたのではないかと安堵される。一日中降り続いた雨も夕方の6時になるとピタリと上がる。で、ゴルフの練習にいく。ゴルファーKが絶好調のようなので、後れを取るわけにはいかない。来週の水曜日は久々のお手合わせを予定している。

 火曜日にGプロに頼んで取り寄せてもらったゴルフ練習器具が届いていた。定価4500円とべらぼうであるが、実際の価格は思ったより安い3300円だった。これで上達すれば苦労はないのであるが・・・
e0083517_5441497.jpg

by yellowtail5a01 | 2007-05-25 23:58 | ゴルフ | Comments(5)
2007年5月24日(木) 晴

 このいいお天気が明日に続いてくればいいのだが、明日は雨との天気予報。おかげでツーリングクラブの例会が流れる。ここのところずっといいお天気だっただけに残念。

 仕事は定時で切り上げ帰宅するとゆったりとした時間を持てる。で、ここのところパルトークに嵌っている。6年くらい前にチャット仲間でブレークして、自分のルームを持ったりしたものだが、転勤してから忙しくなり、年に数回のログオンする程度になっていた。

 何となく懐くかしくなって再開すると、懐かしい仲間、全く新しい仲間。色んな国の人と話ができて、やっぱりこれは面白い。今日は、タイ人の運営する英語ルームと徳島のおじさんが運営する日本語ルームで遊ぶ。アジアの国籍が結構揃う。韓国、中国、香港、タイ、フィリピン、日本。ゆっくり喋ってくれるので助かる。

 日本語のルームでは、みなさんのアドバイスに従って初めてwebcamを開く。そこは、日本語と英語混じりの歴史あるルーム。日本語に興味のある人が集まってくるようだ。見ず知らずの人ばかりだが、そのしゃべり口を聞いていると大体どんな人物かわかるような気がする。目は誤魔化されやすいが、耳はより素直である。

 アマチュア無線ではなかなか世界にオンエアするのは難しいが、インターネットだと簡単に明瞭なボイス、お好みならリアルタイムビデオにアクセスできる。本当に偉大な発明だと思う。
by yellowtail5a01 | 2007-05-24 23:59 | IT | Comments(0)
2007年5月23日(水) 晴

 三羽烏カメラマンの相方二人が、万博自然園でモデル撮影会をするというので、参加する。もっとも3時からの韓国語を連続でサボるわけにはいかないので、朝から宿題と予習をして、高速移動が可能なように「ろくべえ」にて向かう。

 名神高速も慣れてきた。乗ってしまえば20分もあれば吹田に到着。しかも、無理なスピードは出さずに快適に走る要領を徐々に覚えてきたみたいだ。高速だけなら車の方が速いが、降りてからの地道になると信号のたびに前に出られるので、バイク様々である。

 12時に集合して、今日のモデルである若手女流ピアニストのホープの一人、大石麻維子ちゃんとその音楽友達のネゴッチーちゃん。平日の昼下がり、ビールを飲みながら一緒に食事をして、まずうち解ける。カメラマンとモデルの間の信頼関係とコミュニケーションがまず第一である。もっとも、ビールは我慢してコップ一杯のみ。

 2時10分には出発しないとiいけないので、「みっちさんのお奨めのロケーションで、どんどんポーズつけて下さい。」と進められる。そうなると、やはりカサブランカは外せない。ところが、我々の専用テーブルと思っていた三角形の広いベンチは、水彩画を描いているおじさんに占領されていた。涙を呑んで、邪魔にならない辺りでの撮影に入る。それに、「どうぞ」といわれてもなかなか思うとおりにポーズはつけられない。

e0083517_382245.jpg二人とも決めコスチュームが決まっている。まずはカサブランカで、麻維子ちゃんから。取りはじめは固さが残るのはやむを得ない。「いないいないばぁ」が少し雰囲気を和らげる。

e0083517_384711.jpgネゴッチことみほちゃんは、やや大柄で何となく地でモデルもこなせる。あとは雰囲気をどう和らげるかである。それには時間が足りないと痛感。


 あっという間に2時10分が来てしまい、涙を飲んで四人と別れる。カサブランカから「ろくべえ」の待つ東駐車場までの道のりが長い。なんだかんだしていると駐車場を出たのは2時35分。名神高速、阪神高速を乗り継いで、一路芦屋へ。

 昼下がりの名神は、快適ライディングである。クルージングは100kmから110kmを守り、追い越しをかけるときのみ130kmまで。走行車線を走る車が100kmを下回らなければ追い越す必要はない。これならずいぶん気楽に走れる。芦屋の駐車場に着いたのは3時を5分過ぎていたが、滑り込みセーフ。

 ただ、先週はゴルフが長引きサボってしまったので、この穴は大きい。わからないことだらけであるが、わからない顔をしていると先生は質問しなくても教えて下さるのでありがたい。本当にいい先生だと思う。
by yellowtail5a01 | 2007-05-23 23:20 | 写真 | Comments(6)
2007年5月22日(火) 晴

 昨夜、佐川急便が届く。マニフィカというテレビ通販で衝動買いした、懐かしのオールディズのCDセット。60年代初期から70年初頭の10年強をカバーした5枚組、全125曲である。11,000円強はぼったくりかな、と思いつつも、そのタイトルに負けた。”My Radio Days”だ。

 まさに自分の中学1年生から大学卒業くらいまでは、ラジオが友達だった。ビートルズを除くこの頃の懐かしのヒットポップスが目白押しである。ケーブルテレビで、これでもか、これでもかと曲を紹介されると、あまりの懐かしさに陥落。即電話で注文してしまったものだ。

 まだ、3枚目にかかったところだが、昔もいい曲が沢山あったものだとあらためて感心。ジュディ・コリンズ、ディオンヌ・ワーウィック、ハリー・ベラフォンテ、ジリオラ・チンクェッティ、etc. これは是非ノレッツ号のHDに取り込んでいつでも聴けるようにしたい逸品である。

 青春時代に戻ったような気分で夕方にCOOPに行くと、とれとれの青梅がコーナーにおいてある。氷砂糖とホワイトリッカーも「買ってくれ」訴えている。この季節、梅酒セットが並ぶのは毎年のことであるが、気持ちが60年代にワープしていたせいか、速攻仕入れる。昔、俺が中学生の頃、毎年おふくろが作っていたのを思い出す。俺って単純なのか。なにはともあれ、一年後に琥珀色の美味しい梅酒ができたら、パーティをしたいものだ
e0083517_23112399.jpg

by yellowtail5a01 | 2007-05-22 23:07 | ジャズ・音楽 | Comments(3)