ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2007年5月11日(金) 快晴

 もう一つの幹事を引き受けていたゴルフコンペ。結局6人になってしまったが、一応コンペ成立。前の会社のOBの集まりであるが、その中では最年少なので何かと気を遣う。初めて回る箕面ゴルフ倶楽部は、新緑が美しくてコースコンディションもいいゴルフ場なのだが、スコアがまとまらない。

 ドライバーとフェアウェイウッドはいいのだが、今日はアイアンの切れが悪い。特にアプローチがひどい。トップとザックリでどれだけ悔しい思いをしたことか。パターはまずまず。3パットは一回のみだったので良しとしよう。

 上がってみると48-52のグロス100。三桁スコアは不本意であるが、初コース、幹事疲れ、風が強い、という要素を考慮するとまずまずか。ネットでは6人中の3位。優勝はダブルペリアの鬼、I村さん。2位がベテランI橋さん、3位が自分で、BB賞が特別参加のM電機OBのI藤さん。今日の入賞は全てIのある人に決まった。

 ゴルフ場のオープンコンペはダブルペリアで110位に入り、飛び賞の賞品ゲット。ケーキ会社がスポンサーだったのでロールケーキ2本をもらう。一本は表彰式の時に切って分けるとちょうどいいお茶うけとなった。

 それにしても五月山のてっぺん付近にある箕面ゴルフは見晴らしがいい。特に今日は天気も良く、風が強かったのでよく見えたのかもしれないが、大阪市内から生駒山頂までパノラマの景色が広がる。気分のいいコースだったので、大阪では使えるゴルフ場の一つとしてカウントしておこう。
e0083517_7163419.jpg
Photo /P901iS後補正
by yellowtail5a01 | 2007-05-11 22:41 | ゴルフ | Comments(2)
2007年5月10日(木) 曇~雨嵐

 天気予報では午後の降雨確率は90%だったが、家を出るときは降っていなかったので「ろくべえ」通勤とする。夕方降ればレインウェアを着ればよい、と割り切って出かける。

 日頃はあまり落ち込んだりくよくよしない人間のつもりなのだが、ここのところ一つだけ心に引っかかっていることがあった。それは、5月4日に出会ったベーシストの未央ちゃんに教えてもらったメアドに写真数枚とともにメールを出したのだが、アドレス不明で返送されてきた。走り書きで読みづらいところがあったので、まぁ仕方ないかと、確認するために1回目の電話を入れたのが5日。

 留守電にメッセージを残すがかかってこないので、二日ほどして再度電話するとまたまた留守電。またメッセージを残して待つが、反応なし。これ以上しつこく電話するのはストーカーっぽくなりそうなので九割五分方諦めていた。

 夕方に明石の事業部の設計課長と電話で話している最中に、マナーモードにしてある携帯がブルブルと震えたので、なにげに液晶をみると、なんとなんと未央ちゃんからではないか。美保の松原で天女に出会ったような気分。設計課長には悪いが、「ごめん、ちょっと緊急の別件が入った」と嘘をついて電話を切る。

 「遅くなってすみませーん」とややぶっきらぼうでクールな声を聞くとモヤモヤは雲散霧消。やっぱり自分の目に狂いはなかった。メアドを確かめると、aと2の二カ所読み違いだったようだ。

 雨上がりの夕暮れをぶっ飛ばして家に帰り、メールを再送すると今度はちゃんと送信できたようだ。「PCは自宅にしかないので返事は遅くなるかもしれません」、とのこと。没問題、没問題。少しめげていた心に明るさが戻るのを感じた。
by yellowtail5a01 | 2007-05-10 19:16 | 音楽 | Comments(14)
2007年5月9日(水) 晴

 本来であれば午後に二週間ぶりの韓国語教室の予定だったが、先生の都合でキャンセルになった。慌てて宿題をせずに済むのは助かるが、振り替えが別の水曜日になるとゴルフ予定との兼ね合いがややこしい。困ったものである。

 その分時間ができたので少し早い目の母の日をすることにした。義母に対する母の日と娘から家内に対する母の日を同時に行う。カーネーションは他の親戚から届いているだろうし、ダブってもありがたみもなかろうと思い、ケーキを手土産に訪ね、夕食を振る舞うことにした。

 結局、函館市場という回転寿司に行くことになったので比較的安上がり。その分、少し贅沢な注文をするが、しれている。寿司屋というと昔は高級イメージだったが、回転寿司のおかげですっかり庶民の味となった。なんでも、昨今の小学生達の人気メニューナンバーワンが回転寿司らしい。以前は、カレーライスやマクドが上位を占めていたらしいが。家族で外食するときの行き先として回転寿司が多くなったと言うことであろう。

 四人で一緒にご飯を食べるのは正月以来のことであったが、義母はそれなりに喜んでくれたようである。今度の日曜日は撮影会で忙しいので、母の日どころではない。早い目にやっておいて良かったと思う。もっとも実母の方は、やはり13日にしないといけないであろう。
by yellowtail5a01 | 2007-05-09 22:13 | 家族・交遊 | Comments(2)
2007年5月8日(火) 晴

 勤務パターンが、火木から月木に変わったことで大分気分が変わる。月曜の出勤は、けじめがついていい感じがする。今まで出勤日だった火曜日にはなんの予定も入っていないので極めてゆっくりと過ごすことができる。

 道路沿いのプランターの花がいよいよ終焉を迎えているので、植え替えが必要だ。今植えているスノーポールの株の処分からすることにするが、根の張り方が半端じゃない。株を引き抜こうとすると土がプランターから固まって、底から全てついてくる。これだけ根が回っていたから一緒に植えていたビオラが圧倒されて悲惨な状態になっていた。

 おいておけば来シーズンにも楽しめるのかも知れないが、植え替える場所もないので頑張ったノースポールに別れを告げる。もっともその後植え替えるにしても土が根だらけで養生が大変である。しばらくは道路沿いは花なし状態になりそうである。テラコッタの寄せ植えのみでしばらくは我慢してもらおう。

 で、問題は次に植える花である。75cmプランターはやや大ぶりなので、せめて2列の寄せ植えとしたい。後ろに背の高いもの、前に低くてハンギングするようなもの。かつ、花期が長く夏場の暑さにも耐えるもの。古典的には、赤のサルビアとアゲラタム、ハゲイトウとベゴニア、最近ではブルー系のサルビアなどを試したこともあるが、いまいちピンと来ない。

 斬新ないいアイデアがあれば、どなたか教えて下さい。
by yellowtail5a01 | 2007-05-08 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2007年5月7日(月) 晴

 5月1日に出勤したものの東京・名古屋かけもちの出張モードだったので、結局9連休だったのに近い感触である。昼間はバタバタするが、さほど残業に食い込むことなく予定業務を完了。それでも買い物をして家に着くと8時前となる。

 夕食後、久しぶりにゆっくりテレビを見る。この4月からのドラマで観ているのは日曜九時の「冗談じゃない」と月曜九時の「プロポーズ大作戦」の二本。一通りのドラマをチェックしている家内のお薦めに従っている。

 で、後者の「プロポーズ大作戦」、ストーリーとしては他愛もないものなのだが、設定がユニークだ。誰しもがもっている過去の自分の勇気のなさ、あの時勇気を出してこう行動していたら、今の自分の人生は変わっていたのだろう、という願望を呼び起こさせるところが共感を生むのではないかと思う。

 というか、それが制作者側の意図なのだが、それにきっちり嵌っている自分がいるような気がする。ただ、自分自身、過去のどの時点に戻ってどう変えたいのかとマジに考えると、なかなか焦点が定まらない。

 ゲームじゃないので過去に戻ってリセットということは現実不可能だが、今の決断、今の行動の如何によって将来の自分の姿にはいくつものパターンがあり得る、ということは確実にいえそうである。かつ自分だけじゃなく、周りの人間にもいくつものパターンがあるので、それを累乗すると天文学的な数字のパターンの組合せがある。

 結果的にはその中から唯一のパターンが選択されているのかと思いを巡らすと、日々の決断、行動がいよいよ大事になってくるようにも思えるが、一方、所詮人間の決断による差など大勢に影響なく、悠久の時の流れに身をゆだねてあるがまま、なすがままの人生が最上だという気にもなってくる。
by yellowtail5a01 | 2007-05-07 23:59 | 仕事 | Comments(3)
2007年5月6日(日) 雨

 天気予報は終日雨。あまり乗り気はしないが、雨中ゴルフは避けられないので、これもその練習と割り切り回ることにする。他のメンバーは落ちたようで、A氏と二人で回ることになる。気楽な練習ラウンドとなった。

 雨はしとしとレベルで、さほど気になるレベルではない。風がないのが救いなのだが、どうしても下が濡れている分、ザックリしやすい。午前の出だしでドライバーが不安定で乱れるが、徐々に持ち直し、なんとか49で切り抜ける。後半のスタートは快調でボギー、バーディと続く。4日にも今年初のバーディが出たところなのに連続で出るというのはありがたい。

 ところが、バーディの後が良くない。ショートで左に引っかけ、OB。次のロングも寄せに失敗し、ダボ。こういうことをしているからなかなか45を切れないのだと思う。パターは、まずまず安定しているし、ドライバーも従来よりかはずいぶん良くなっているので、スコアがまとまってもいいはずなのだが、思うように行かないものだ。

 アイアンのブレとアプローチの拙さ、この2点の解消が当面の最重要課題である。ガードバンカーは、まだまだではあるが、いい感じになりつつある。5月もコンペや内々ラウンドが数回あるので、90切りを目指して頑張りたい。

 ちなみに、この連休中4回したことになるが、平均スコアをはじくと96.5。目標平均の95には届かなかった。
by yellowtail5a01 | 2007-05-06 23:07 | ゴルフ | Comments(11)
2007年5月5日(土) 晴

 GW中、唯一格別のスケジュールを入れないでおいた子供の日。子供が帰ってきたら最優先で一緒に遊ぼうと思っていたが、昼になってもいずれの子供も戻ってくる気配がない。家内も出かける気配もない。自分が子供だった頃、子供達が子供だった頃、背比べをして柱に印を付けた頃が、無性に懐かしい。

 この機会に知り合いの息子さんが、芦屋で作品の展覧会をやっているというので、「ろくべえ」にて訪ねることにする。阪急芦屋川の西北であるが、道路が狭く、上り坂もきつい。こういうところでの大型バイクの取り回しには気を遣う。坂道でのUターンは、倒す確率が高いので道路の脇に駐めてあとは徒歩にて目的の会場を探す。

 閑静な住宅街の中に会場の小洒落た老人ホームを見つける。ライダーブーツをスリッパに履き替えロビーに入ると、息子さんがいた。抽象画のオンパレードである。今までに見たことないジャンルの絵画というか平面作品である。本人から丁寧な解説を聞き、だんだんその意とするところがわかってくる。

 このような芸術家として身を立てるには、なかなか大変だと思うが、和風のようで未来的な不思議な作品群なので、いつか大きく開花すればいいなと思った。コンデジを持って行ったのだがメディアの入れ忘れで撮れない。携帯で気に入った写真を撮るが、やっぱりうまく撮れなかった。以前に別の会場で展覧会をしたときのポスター写真をもらっていたので、それを引用します。

 5月13日まで山芦屋町9-18にあるアクティブライフ山芦屋という老人ホームのロビーで展示会が開催されているので、抽象画に興味のある方は一見の価値有り、かな。悠久の時の流れをイメージしているらしい。
e0083517_1472681.jpg

by yellowtail5a01 | 2007-05-05 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年5月4日(金) 晴

 最高のゴルフ日和。しかし、目覚ましスヌーズを失敗し、寝過ごしてしまう。飛ばせばスタートまでにはぎりぎり間に合うタイミングだったので、目一杯飛ばして滑り込みセーフ。最近、こういうパターンが多い。特にロータリーゴルフの時に、気の緩みが出ているのがわかる。

 苦手のニューコース(前すずらんコース)であるが、ここのところ100は叩いていない。大叩きが出やすいので、難所のホールをどう乗り切るかが課題である。スタートすると緊迫感漂う勝負。握りもオリンピックも負けたくない。結果、46-46の92。またしてもコース新、本年新記録は逃したが、タイ記録。このくらいで回ると払うよりもらう方が増えてくるので気持ちいい。

 圧巻はイン13番のミドル。サービスホールではあるが、バーディが出た。本年初ではなかろうか。ティーショットが気持ちよく飛び、残り80ヤードをサンドウェッジでグリーンセンターを狙うとピン横5メートル。これが見事決まりバーディとなった。

 悔やまれるのは終盤でティーショットの左OBとセカンドのアイアンで右OBを出したことである。これがなかりせば、90切りもできたのに、と悔やまれる。課題であったバンカーショットは、一昨日の練習の成果が出たのか、3回中、2回はグリーンオン。あと一回はオーバーしたが許容範囲ということで、この前の1時間の待ち時間特訓が成果に結びついた模様。

 早く帰れればすぐに高槻に向かって、5時からの野見神社での室蘭ユニットに駆け参じたかったが、道路は渋滞気味。家に帰り着くと5時前になっていたので、諦める。直ちに買い物をして晩飯の用意をして7時前に飛び出す。室蘭ユニットの最終ステージは9時からマリンナであるが、狭い店なので早い目に行ってベストポジションを取る。

 やがて、9時前になり昨日現代劇場大ホールで感銘を受けた室蘭ユニットがやってくる。近くで見ると、若い。20才そこそこ。ベースの未央ちゃんは明らかに陰のリーダー。完全に仕切っている。MCはピアノの瀬野君。好感の持てる青年だ。ドラムは大人しそうだが、なかなか正確にリズムを刻む島田君。そしてなんといっても、ベースの未央ちゃんこと伊藤さん。

 ベースはバックの楽器と思っていたが、その常識は完全に覆される。このユニットは明らかにベースのためにピアノとドラムズがバッキングしていることが多い。そして、未央ちゃんの演奏パーフォーマンスはとにかく凄い。これほど魂を揺さぶられたアーティストは誰以来であろうか。すっかりファンになってしまった。

 昨日一緒だった仲間の一人が駆け参じてくれ、二人で写真をしっかり撮る。かなり撮ったので何枚かはいいのがあるかも知れない。演奏終了後、勇気を振り絞って未央ちゃんに声をかける。「昨日の現代劇場も今日の演奏も本当に良かったね。」というと、「あ、昨日も来てくださったんですか、ありがとうございます。」と素直な22才に戻る。

 「写真を送りたいのでメールアドレス、教えて」と声をかけると片付けを中断して、紙切れに丁寧に書いてくれた。「アドレスの字が間違っていたらいけないので、その時は電話を下さい。」と携帯の番号も書いてあった。性格もいい子だ。

 「神戸にもおいでよ」と男の子達にも声をかけると、「へぇ、神戸でもやってるんですか」と弾んだが声が戻ってくる。この三人の演奏は是非もう一度ライブハウスで聴いてみたいと思った。自分が室蘭に飛ぶ日がやってきそうな予感がする。
e0083517_1124434.jpg
e0083517_1191061.jpg


by yellowtail5a01 | 2007-05-04 23:58 | ゴルフ | Comments(8)
2007年5月3日(木) 晴

 すっかり暖かくなり、いいお天気で野外ジャズストリートには暑すぎるようなお天気。高槻のジャズストに通い出して何年になるのであろうか。去年は「ろくべえ」で行ったため、殆ど飲めなかった恨みがある。

 今回は、古いジャズ仲間とあっちこっちでビールを飲みながら、フラフラと入れる会場を探して楽しむ。予定が決まっているのは、夕方の野見神社境内の前重英美with兼子潤トリオ。お馴染みのユニット。それと、七時から現代劇場大ホールの大石学トリオと中本マリ。これは本日の最大目玉。

 現代劇場大ホールは満員で行列ができるので、6時からの室蘭工業大学ジャズ研究会から席を確保。トリオプラスギターの編成だが、ここのベースがなかなかのもの。大ホールは撮影禁止なので撮れなかったが、伊藤未央という女性ベーシストはテクニック、リズム感、パーフォーマンスとも他のメンバーを圧倒。彼女のソロの後のみ拍手が巻き起こる。

 明日も出場するようなので、是非駆けつけて近くでタップリと聴きたいと思った。明日は普通のライブハウスでの演奏なので、場所さえ確保すれば写真も撮れるであろう。もし、関心のある人がいらっしゃれば、是非ご一緒に行きませんか?夜九時からJR高槻近くのマリンナというこじんまりしたライブハウスです。

e0083517_125662.jpgまずは腹ごしらえを兼ねて市民グランドのビッグバンド。サックスもトロンボーンも女性が目立つ。
e0083517_1581.jpge0083517_1114924.jpg

e0083517_191272.jpg2時からは隣の現代劇場の文化ホールで東川靖雄クインテット。東川さんのテナーサックスには味があるが、バックの方がかなり物足りない。

e0083517_118714.jpg3時からは大ホールがいっぱいなので、少し外して教育会館で松下電器スイングバンド。個性的なマスクのトランペット、トロンボーン奏者がいるので、ついついそちらにレンズは向かう。
e0083517_194588.jpge0083517_1102089.jpg

e0083517_1204330.jpg一時間ビール休憩タイムを入れ、5時の野見神社に向かう。兼子さんのピアノがキーボードで物足りないが、それでも素晴らしいものがある。英美ちゃんは、余裕でMCもこなし、多少の行き違いも前向きに誤魔化すたくましさを感じた。大いなる成長の跡である。
e0083517_1243817.jpge0083517_1253393.jpg
e0083517_1261360.jpge0083517_1284574.jpg

by yellowtail5a01 | 2007-05-03 23:59 | 音楽 | Comments(4)
2007年5月2日(水) 曇のち晴

 この連休の後半は偶数の日は全てゴルフを入れてしまった。30日からすると4回の隔日ゴルフとなる。今日は、若手の後輩ゴルフメイツとアーク吉川ゴルフ倶楽部。ずいぶん以前に一度行ったことがあるコースだが、本当に久しぶりである。練習ラウンドということでワンハーフをはじめから予定し、スタートは7時半。

 コースはなかなかいいし、グリーンの整備状態もかなりい。こちらの調子も結構いいのだが、大叩きするホールが必ずあり、なかなか40台の前半が出ない。結局、47-49の96と最後のハーフは時間切れでギブアップしたのでノーゲーム。パーを拾えるチャンスは増えたのだが、大叩きがハーフで一度ないし二度巡ってくる。今日に限ってはその原因は全てバンカーがらみ。アゴの高いバンカーになると極端に失敗の確率が増える。

 アゴの高いバンカーからの脱出方法は、緊急の改善課題である。それと、せっかくパーオンする機会が増えたのだから、せめてラウンドで一度くらいはバーディを獲得したいものである。
by yellowtail5a01 | 2007-05-02 21:07 | ゴルフ | Comments(3)