ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2008年2月29日(金) 晴 7438歩+α

 午後に新大阪に本社のある中堅電子部品会社に出向いての講師。一部上場の会社のようで、受講者16名が役員クラスとその手前の幹部クラスというのは、会場に着いてから初めて知った。40代の人も混じっているようだが、同年代の人もいる。

 これはなかなか気合いの入るものである。自分でもいつも以上に気合いが入っているのが、わかる。この仕事を引き受けて2年強が経過するが、現在の講義内容の原型を初めてトライした2006年2月のY社での講義以来の印象に残る講義となった。

 事務局の人事の方からは、「終わりの時刻は後の予定との関係でぜひ厳守願います。」とのことだったので、予定の5分前に講義を終え、質疑タイムをとると案の定質問が出てきた。さすが役員クラスとあり、質問内容も充実している。お二人からの質問に答えて時計を見るとピッタリ予定終了時刻。内容はともかく、時間厳守だけは完璧であった。やはり、目的を明確に定めてやるとうまくコントロールできるものだと痛感する。

 喋り疲れて喉が少し痛いが、心地よい疲れというものであろう。久しぶりに大阪に出てきたので、寄り道して帰ろうかと思うが、新大阪で電車に乗ってしまうと途中下車するのもたいぎである。
e0083517_243479.jpgたまたま乗った車両が先頭車だったので、先端に行って電車からの眺めを楽しむ。淀川を越え、武庫川を越え、やがて夕闇が迫るさくら夙川駅にまもなく到着。
e0083517_2442828.jpgなにげなく運転席を見やるとなんとなんと、若い女性が運転士。一昔前では信じられない光景である。

by yellowtail5a01 | 2008-02-29 23:59 | トレンド | Comments(2)
2008年2月28日(木) 晴 12566歩

 寒い日が多い今年の2月であったが、いよいよ終わりつつある。もともと暑いのに比べると寒いのはきらいではないが、やはりそろそろ暖かくなって欲しいものである。仕事が終わったところで万歩計を見ると5000歩少々。オフィスの中でもほとんど歩いていない証拠である。

 このまま通常ルートで帰るとせいぜい8000歩。夜の追加散歩に出るとなるとやはり億劫なので、夕方の陽のある間に遠回りして帰ることにする。阪急武庫之荘ルートである。以前、昼休みに銀行に行くのにバイクで行ったことがあるが、結構遠そうであった。しかし、実際に歩いてみると正味25分くらいか。

e0083517_1116849.jpg 途中、立派な公園があったのでちょっと散策したり、阪急オアシスのちょっと高級感のあるスーパーがあったので夕飯の買い物をして帰る。

 武庫之荘の住民が、「お住まいはどこですか?」と尋ねられると、まず「尼崎です」とは言わず、「武庫之荘です」というのが何となくわかる。ほんの2キロほどの南北でも立花駅と武庫之荘では相当雰囲気がちがう。
by yellowtail5a01 | 2008-02-28 23:59 | 健康 | Comments(23)
2008年2月27日(水) 晴 6255歩

 今週は、木金と仕事が入っているので、時間調整が難しい。この時期、頭が痛いのが確定申告。現役時代は、住宅取得時や医療費が多かった年に還付請求を受ける時を除いては、ご縁がなかったが、退職後は僅かな収入でも自分で申告しないといけない。トレードの方は昨年はにっくきサブプライム問題(そのせいだけではないが)で、大赤字となっているのに、これも申告しておかないといけない。

 赤字があるからといって一般収入と通算課税してくれればいいのだが、プラスの年は合算、マイナスの年は別勘定と、なんか損をしている気分である。。ただし、赤字でも申告しておかないと次年度以降に収益が出たときに税金を持って行かれることになる。

 証券口座は、特定口座にしていないので、去年一年の全取引について自分で集計して明細を作らないといけない。儲かっていればこの作業も楽しいものであるが、損をした取引の記録を作るのは二重の苦痛である。忘れてしまいたい数字をまたつぶさに見なければならない。

 午前中かかってなんとか基礎データの集計は完成するが、申告書の作業にまでは及ばない。期限は3月17日でまだ時間はあるが、ノソノソしているとあっという間に期限が迫り焦ることになる。今年は、前倒しで余裕でクリアしたいものである。

e0083517_4295135.jpg夕方、運動不足解消を兼ねて少し打ちっ放しに行く。強風の練習場は人もまばら。空にはいろんな雲のオンパレードである。
by yellowtail5a01 | 2008-02-27 23:59 | 未分類 | Comments(2)
2008年2月26日(火) 小雨のち大雨 14056歩

 火曜日定番となった神大病院への通院日。病院で待たされるのは本を読んでいるとき以外はありがたくないのだが、今日はわりかしスムーズに行く。散策をして帰りたいところであるが、折りからの雨模様。散歩は諦め、あっさりと電車で帰る。

 明日は月に一度の本・雑誌のゴミを出す日。家内からせかされて整理にかかるが、ずいぶんと古い本やカタログ類、雑誌をため込んでいる。もっと早くどんどん捨てていけばいいものを、取り込んでいると整理するのがいやになるほどたまってくる。それでも、まったく要らないと思われるものはその場で捨ててきているのだが、ちょっと捨てるには惜しいと思ったものがたまり込んでくる。

 かといってそれらを引っ張り出して読むのかというと、まず読むことはない。思うに、それは本当に惜しいから置いているというより、その場で十分読み尽くせなかったから、またいつかしっかり読もうという潜在意識が働き、いつまでも残しているのであろう。

 その典型がゴルフ週刊誌である。バンカーでの打ち方や、飛距離アップのためのトレーニング法などがあると、さっと目を通すだけでなく、実際にクラブを握って実践したいと思うのであるが、まずあとでやった試しはない。それなら立ち読みだけで済ますので十分であろう。

 そんななか、先日嵐となった日にヨットのメンテに行ったときに、旧友のH君が面白いスクラップブックを貸してくれた。KAZIというマリン雑誌があるのだが、その中から役立ちそうな記事をもぎ取ってスクラップブックに整理されている。目新しいことではないのかも知れないのだが、これなら必要なところだけをかさばらずに、手元に置いておける。真似をしない手はない。

e0083517_0154126.jpg

by yellowtail5a01 | 2008-02-26 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2008年2月25日(月) 晴ときどき小雪 10883歩
e0083517_21135035.jpg

 月曜日のゴミ出しをして駅に向かうと、昨日ほどでもないが、かなり寒い。平地では雪は積もっていないが、駅から六甲山を仰ぐと標高の高いところでは南面でも白くなっている。今年は本当に雪の多い年である。統計的にはわからないが、2月で雪の降った日の多さではこの50年で最も多い年になるのではないかと思えるくらいである。

 雪でゴルフが流れたりするせいかちょっとした変化が起こっている。家内がHDDレコーダーに録りためているドラマを見ることが増えた。「ちりとてちん」は別格であるが、定番の大河ドラマ「篤姫」、「恋のから騒ぎ」、「エンタの神様」に加えて、再放送の「白い巨塔」、日9の「佐々木家のなんちゃら」、月9の「バラのない花屋」、木10の「あおによし鹿男」を大体漏らさずに見ている。

 今クールのドラマが格別出来がいいというわけでもないと思うが、佐々木家は小雪、花屋では竹内結子、鹿男は綾瀬はるか、篤姫はもちろん宮崎あおいと好きな女優が出ているのをチェックしている感じである。それにしても、これらに比較すると「白い巨塔」はやはり別格である。スケール、緊迫感、ストーリー性のレベルが全然違っていて、他のドラマが如何にメッセージ性のないものかと思えてしまう。

 
by yellowtail5a01 | 2008-02-25 21:16 | トレンド | Comments(4)
2008年2月24日(日) 晴ときどき小雪 13522歩

 ロータリーでのゴルフ予定日であったが、6時半に起きると雪景色。たいしては積もっていないしお天気はいいので、どうかなと思ってゴルフ場に連絡すると、クローズドを決定したところとのこと。今年は本当に雪による流れが多い。

 思いがけず一日フリーになったので、読みかけていた本を午前中に読み切り、午後は梅の写真を撮ろうと思い立ち、甲東園の梅林まで散歩がてら出掛けることにする。六軒から上ヶ原、関学のキャンパスを横切って梅林へ。Photo by Lumix FX07

e0083517_2334922.jpgいつの日か甲山百景を撮りたいものであるが、上ヶ原から望む甲山は近くに見えて迫力がある。
e0083517_2345072.jpg 道すがら見つけたメジロ。雀より小さくて鳴き声もジジッ、ジジッという感じなので雀とはすぐに区別がつく。
e0083517_235968.jpg路上にいた少し大きい小鳥はなんだろう。シジュウカラのようでもあり千鳥の系列のようでもある。
e0083517_2383081.jpg関学のキャンパスを横切ると合格発表だったみたいだ。何学部かはわからなかったが、女高生が多かったので文学部か社会学部か。今の学部構成はよく知らないが・・・

 甲東園梅林に到着。今年は冷える日が多いせいか、少しまだ早いような気がするが、満開の木もあるし、まだ未開の木もある。駐車場は一杯だったが、人はそれほど多いという感じもない。
e0083517_2354872.jpg紅梅を青空バックで浮かび上がらせたかったが、露出差が大きくて難しい。梅に合わすと空は白飛びするし、青空と雲のコントラストを狙うと梅が真っ暗になる。
e0083517_2363030.jpg コンデジでのマクロモードでも望遠にして撮ると結構ボケ味を楽しむことができそうである。梅の花はアップにも耐える。
e0083517_23715100.jpg 白梅はとくに遠目に見ると淋しいが、近寄ると上品で美しい。
e0083517_2374534.jpg 一人で写真を撮っている人も少なくない。若い男性は一眼レフにマクロレンズで小型レフ板を持っての本格撮影。女性はコンデジで丹念に撮影している。

by yellowtail5a01 | 2008-02-24 23:59 | 写真 | Comments(2)
2008年2月23日(土) 曇、強風、雨、雪、晴 12092歩

 冬型の気圧配置が崩れて東の方に大きな低気圧があるらしい。雲が南西から北東に相当なスピードで流れていく。今日は、午前中にヨットのメンテ運転日、午後に英語会の日であった。

 パートⅠのヨットの方は、朝から4人集まってハーバーに向かう。風は強そうだが天気は薄曇りという感じ。気温もポカポカ陽気。ただ、心配なのは気圧が急低下しているとのこと。案の定、ちょうどバース(碇泊場所)に到着する頃に、急に西の方から白い雲と霧がやってきて雨粒が落ちてくる。慌ててキャビンの中に退避するが、湾内でも波が立ち波と風に翻弄されている。

e0083517_22371458.jpgいつもなら背景に六甲連山が見渡せるのに、今日は真っ白な霧で何も見えない。各艇のマストやロープが強風に煽られて独特のサウンドを奏でている。

 とても動かすわけにはいかないとの船長判断で、今日はエンジンのアイドリングとキャビン内の補修と昼食会となる。揺られる中で雑誌を読んだりしているとちょっと酔いそうな気分になってくる。これまではいつも穏やかないいお天気に恵まれてきたが、やはりこのような日もあるものだ。

 午後のパートⅡである英語会は、タイムを読む会の方は間に合わないので、3時からの法律英語の方だけ出ることにする。欧州と米国の航空提携協定と競争法のテーマであったが、なかなか難解である。元裁判官や元検事、現役弁護士、現役司法書士の方々もあまり馴染みのないジャンルのようであった。自分が比較的馴染んでいるテーマではあるが、あらためて説明しようとすると、自分の知識のいい加減さをあらためて思い知ることになる。

 二次会の頃には気温は急低下して真冬に逆戻り。雪もちらついて早く暖かいところに入りたい。いつもの焼き鳥店であるが、大人数だったので3テーブルに分かれる。英語でしゃべりたければ先生のテーブルが一番勉強になるのだが、疲れているときは辛い。今日はあえて離れたテーブルを選び、始終日本語ダベリング。やはりこの方がお酒も進む。

e0083517_2238758.jpg芦屋市民センターの裏の入り口は、表側と違い大変落ち着いたいいムードである。

by yellowtail5a01 | 2008-02-23 22:47 | 外国語・教養 | Comments(23)
2008年2月22日(金) 晴 6822歩

 急に暖かくなったみたいである。外に出ても嘘のように寒くなく、ちょっと動くと汗ばんでくる。こうなると温暖化現象か、と嘆いてみたくなる。やはりこの時期はきりりと寒いのが自分は好きである。

 それでも、寒いときには思いつきもしなかった花の手入れやクルマの水洗いなどできるのは、この天候のおかげである。雪道を何度も走ったせいで、愛車レッツ号は泥まみれになっていたが、かなりスッキリした。見た目もそうだが、こちらの気持ちもこれでスッキリとする。

 このところ、といっても昨日今日の話だが、嵌っているものがある。テレビドラマ「白い巨塔」の再放送である。本番放送の時は、出遅れて途中からはしっかりと見たのだが、教授になるまでの前半は見損なっていた。第1話から第8話までを二日で一気に見たので、ストーリーをよく理解することができた。これをきちんと見ておれば、後半の見方ももっと奥の深いものになっていたと思う。というわけで、しばらく「白い巨塔」鑑賞が続きそうである。
by yellowtail5a01 | 2008-02-22 23:59 | トレンド | Comments(8)
2008年2月21日(木) 快晴 8965歩+α

 今日は出勤日であるが、素晴らしい快晴。本当に360度見渡しても雲一つない。家を出たときに雲がなくても会社に着く頃にはいずこからともなく雲の現れることが多いのだが、今朝は全くない。昼間はどうだったか見ていたわけではないが、夕方もほとんど雲がなかった。こんないい天気の日は珍しい。

 食堂が改装工事中でテレビがつかないので昼のニュースを見られないのが物足りない。一番のニュースはイージス艦「あたご」の衝突事故であろう。だんだん事実関係が明らかになってくると、どう考えても「あたご」側の怠慢が原因のようである。

 漁労中であれば、右であろうが左であろうが漁船に優先権があるが、航行中であれば巨大なイージス艦も小さい漁船も同じ「動力船」。右手が優先し、左手にある船は回避を義務づけられるというのが、1月に勉強した「海上衝突防止法」のいろは中のいろはである。当初の報道では「緑のランプだけが見えた」とのことだったので、漁船の右舷が見えていたのかと思った。

 それであれば漁船に回避義務があったことになるが、新しい情報では「赤と白の灯火が見えた」とのこと。左舷とマストか後方の航行灯を見たことになる。すなわち、漁船がイージス艦の右舷側にいたことになり、イージス艦側に回避義務があったということであろう。先日の受験勉強で学んだ知識がこんなところで役立つとは思わなかったが、海の恐ろしさを実感させられた。

 遭難している親子無事をただただ祈るのみである。それにしても見張りも不十分、その報告の仕方か受け方の問題かわからないが、基本中の基本を怠ったと言うことであれば、海上自衛隊、防衛省、政府の責任はただでは済まないであろう。

 
by yellowtail5a01 | 2008-02-21 22:33 | マリンワールド | Comments(8)
2008年2月20日(水) 晴時々曇 17321歩

 2月に入ってからというもの雪の影響でクローズドだったり、途中で降雪ドローになったりしてゴルフにならなかったのであるが、ようやく快晴のゴルフ日和の中、有馬ロイヤルでの練習ラウンド。Golfer K、ueさん、そしてお仲間のY氏。ワイワイガヤガヤの陽気なゴルフとなる。特に、K君とY氏は、掛け合い漫才というか古典落語に出てくるキャラのようでもあり、軽妙である。

 先日、試打で惚れ込んだNikeのSUMOスクエア5900という新製品、出たばかりで値引きを入れても55000円くらいとのことだったので、一旦諦め「安くなってから買おう」と思っていた。ヤフオクに新品が出品されていたので、ダメ元で1000円から入札しておいたところ、締め切り間際に競り上がったが、上限を45000円のつもりで食い下がったところ41600円で落札してしまった。これなら半年後の価格だろうと納得して購入したのである。

 練習場でも感触はよかったのであるが、本番でも威力を発揮。フェアウェイキープ率が高まり、かつ飛距離も平均10ヤードくらい伸びている感じである。そのおかげもあり、午前中はまずまず快調で大ダタキなしの46。パターが冴えずワンパットゼロ、3パットがしばしば出たのは具合が悪いところであった。

 それでも気分をよくして、午後は更にいいスコアをと期待するが、昼食バイキングが豪勢でついつい食べ過ぎてしまったのと、空模様が曇ってきて寒くなったのでウインドブレーカーを着込んだため、食べ過ぎの着膨れ状態になったのが災いしてか、キレが悪くなった。大ダタキも出て上がってみると56。グロス102は、今年の最悪スコアとなってしまった。

 課題を挙げればきりがないが、ドライバーだけは、音もよくなって安定感も飛距離も満足のいく結果となった。これは心強いことである。

e0083517_0551522.jpgスタート時点では文字通り雲一つない快晴であったが、小一時間もするといつの間にか高積雲とおぼしき雲が点在している。この雲が出たあとは下り坂とものの本に書いてあったが、ズバリ当たっていた。
e0083517_0554515.jpgホームコースのロータリーゴルフとこの有馬ロイヤルはお隣どうし。いつもは東に仰ぐこのコースであるが、今日は西にロータリーのニューコースを望む。

by yellowtail5a01 | 2008-02-20 23:59 | ゴルフ | Comments(5)