ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2008年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2008年10月31日(金) 薄曇り

 波乱の10月も今日で終わり、明日からは新しい月。10月が嫌いというわけではないが、今年の10月はまさに波瀾万丈の10月となった。恐らく、歴史に残るであろうアメリカ発全世界的金融恐慌の一月であった。

明日からの三連休はお天気がよさそう。しかも、3日の月曜日に予定がかち合ったが、土日はフリーというのも珍しい。 で、7年前から行きたいと思っていた白山スーパー林道なるものをバイクで走破したいと思っている。お天気が良ければ朝早く出て、飛騨路から白山を経て小松に抜けたい。もちろん日帰りは無理なので、飛騨古川辺りで一泊して紅葉を楽しんで来たいものである。

 昨日の小浜ツーリングの時に少し駆動系に違和感があったのでバイク屋さんに持って行く。オイル交換、チェーンにグリス補給、タイヤ空気圧調整、ブレーキ・クラッチの調整。これだけのチューンアップでずいぶん快適さが戻ったようである。さてさて、どんな貧乏旅行になるか楽しみである。宿泊先にパソコンがあればブログアップできるかも知れないが、なければ日曜夜にまとめて写真とともにアップ予定。(元気が残っておればの話ですが・・・)
by yellowtail5a01 | 2008-10-31 23:58 | バイク | Comments(3)
2008年10月30日(木) 薄曇り

 朝一番の予約で一ヶ月ぶりの診察といつもの処置。初めて43号線を避け、山手幹線一本で神戸に向かう。芦屋川の工事中を除いては、一本道。工事が完成すればますます便利になる。所要時間は43号線よりも短い。多分、信号のインターバルが山幹の方が短いのであろう。

 9時前に病院には着くが2回分待つと結構いい時刻となる。処置は水曜日が多いのだが、今日は木曜日なので帰りルートは六甲縦走ルートとする。狙いは、水曜日はお休みの森林植物園。楓の紅葉には早すぎるのは承知の上だが、早く色づくカナディアンメープル系が見頃だという。

e0083517_964691.jpgまずは、受付のおばさんのお奨め、シアトルの森に行く。この辺りだけは紅葉も進みひときわ艶やかである。幼稚園児の遠足がやって来て、その賑やかなこと。11月中旬にはここは完全に散っているのであろう。

e0083517_972289.jpgその隣は天津の庭。ここにはナンキンハゼという丸い葉のハゼが沢山植えられており、個体差はあるものの真っ赤に染まっている木もある。少しどぎつい色ではあるが、全体がまだ緑のところが多い中で人目を引く。

e0083517_982216.jpg 紅葉の中心スポットである長谷池は、まだまだ緑の楓が多い。てっぺんの方だけ少し赤くなった木もあるが、希にしっかり紅葉して鑑賞に耐える楓もある。これは撮りたくなる

e0083517_985220.jpg 池の水面にはびこった睡蓮の葉を間引いているのか、三艘のボートが出て手入れをしていた。来るべき「もみじ祭」に備えようというのであろう。11月にはまた来なければなるまい。

 夕方、車検の出来上がった自動車を受け取る予定だったが、思ったより早く連絡があり、散歩がてら取りに行くことにする。歩いて20分くらいなので夕方の忙しいときにサービスマン二人がかりで届けてもらうほどのことでもない。不要不急の部品交換は一切いらない、と頼んでおいたので、思ったより安く上がっていた。要求ははっきりと言ってみるものである。

 おかげで時間のゆとりができたので、急なお誘いを受けた大阪天満のジャズ家ライブに余裕で間に合う。天満の串カツ屋で軽く串カツとビールで腹ごしらえ。天神橋商店街から細い露地に入ったところだが、こ洒落ていてお値段もリーゾナブル。キャベツとニンジン・大根スティックの野菜がおかわり自由というのが気に入った。

e0083517_9111920.jpg ライブはKOTTというユニット。お馴染みのキュートなピアニスト麻維子さん、ボーカルは愛嬌たっぷりの近藤泰代さん、サックス・フルートがイケメンの辻田さん、ベースもこれまたイケメンの椿原さん。

e0083517_9133412.jpg 選曲もなかなかしっとりしたのが多くていい感じだったが、Nica's Dreamも出てきて歌もさることながら、キレのいい麻維子さんのピアノを久しぶりに聴けてハッピーである。uさん、お誘いありがとうございました。

by yellowtail5a01 | 2008-10-30 23:59 | 写真 | Comments(5)
2008年10月29日(水) 曇のち晴

 10月のツーリング予定は24日の金曜日だったのであるが、天候の関係で今日に順延された。予定変更のため、参加メンバーは5人となってしまったが、快適なツーリング日和となった。コースは、伊丹空港の集合地点からR173、R9を経て京都の美山をかすめて周山街道を小浜へ。8時半に出発して小浜着が11時半だったのでなかなかの快調ペースである。

 小浜では「ちりとてちん」でお馴染みになった焼鯖定食を注文する。丸一匹が串刺しのまま出てくるのかと思ったが、出てきたのは串を抜いて食べやすい大きさに切ったものである。それでも立派な鯖一匹分なので、それだけでも満腹になりそうである。ショウガ醤油で食べるのが最適であろう。

 小浜をでて帰りは鯖街道。田舎道に鯖寿司屋さんが何軒あったであろう。清々しい秋の街道を駆け抜けて、途中というところで解散したのが午後二時過ぎ。少し早いので、紅葉の状況確認に比叡山延暦寺に単独で寄り道することにする。

 標高800メートル強の比叡山もまだ紅葉にはほど遠い。頂上まで進むが、楓の上部が心持ち赤くなってるかな、というレベルで写真にもならない。代わりにススキの写真、琵琶湖の写真となる。

おおい町の道の駅で見た変わった雲。飛行機雲崩れであろうか。
e0083517_19375043.jpg


鯖一匹分がついた焼鯖定食は1200円で高いという声もあったが、焼鯖の土産だけで980円とあるのを見ると得をした気分になる。
e0083517_19383579.jpg


奥比叡ドライブの途中から眺める琵琶湖大橋方面。
e0083517_1939543.jpg


秋はやはりススキが似合う。
e0083517_19392894.jpg


去年の10月に「秋の遠足」で来たガーデンミュージアム比叡。一年は長いようであっという間。
e0083517_19394840.jpg

by yellowtail5a01 | 2008-10-29 20:01 | バイク | Comments(2)
2008年10月28日(火) 晴

 今日は午前が忙しい。買い換えからちょうど三年経った「レッツ号」ことニッサンNoteの車検があるので、朝に取りに来てもらう。早いものである。そうこうしていると、昨日にまとめた知財関連の説明を社長に早くしたいといっていたところ、11時なら時間が取れるとの連絡が入ったので、「ろくべえ」にて急遽出勤。通勤時間帯を外すと道は空いていて10分ちょっとで行けるのがありがたい。社長報告と方向確認は無事終わり1時間で引き上げる。

 せっかく昼の時間に走れるので、武庫川左岸沿いを北上し、コスモスの様子を確認。去年と違うところは駐車場代として「協力金」という名目で300円が徴収されているようだ。バイクは無料なのでやれやれ。案の定、まだ時期尚早。蕾は沢山あるが、花はチラホラ。これでは遠目には目につかない。黄花コスモスは一分咲きにもなっていない。手持ちのコンデジLumixFX07でトライする。

開花状況、写真の出来映えも一昨年がベスト。去年も早すぎて同じようなアングルで進化のあとがないことを痛感させられる。せめて満開の一番美しいときにもう一度来て、Canon40Dでじっくりと撮りたいものである。

e0083517_214146100.jpgまずは気に入ったコスモスのアップショット。

e0083517_21423661.jpg次はちょっと低く構えて花と遠景。これにコスモスのカーペット、黄花コスモスのバリエーションを加えたいところであるが、それにはあと一週間から十日待たなければなるまい。

e0083517_21455145.jpg武庫川の堰堤に下りて北の空を眺めると、せき止められたできた川面がまるで池のように広がっている。穏やかな秋の空を映して清々しい景色であった。

by yellowtail5a01 | 2008-10-28 21:52 | 写真 | Comments(2)
2008年10月27日(月) 晴

 昨日の高野山行は、電車やケーブル、バスに乗っている時間が多くて大して歩いてもいないのに、やはり疲れがじんわりと残っている。今日は慣れない知財関連の特命調査のようなのが飛び込み、過去の経緯をいろんな人に尋ねて回る。午後はタクシーで15分くらい離れた研究所に初めて赴き、4年ほど前の事実関係をヒアリング。ちょっと捜査員になったような気分で面白い。こんなことをやっていると遊び疲れと睡眠不足でも眠くなることはない。

 昨日、高野山で撮った写真をヤフーのベータバージョンのアルバムに掲載して、参加者にメール案内したところ、早速何人かから反応があり、紅葉写真の受けがよかったようである。演出写真ではあるが、自分もちょっと気に入ったのがもう一枚あったので、ここにも追加掲載したい。
e0083517_21294177.jpg

by yellowtail5a01 | 2008-10-27 23:59 | 仕事 | Comments(4)
2008年10月26日(日) 雨

 せっかく楽しみにしていた遠足日であるが、あいにくの雨。とても上がりそうにもないが、高野山を目指す。「高野山ワンデイチケット」というのがあり、3000円で一日乗り放題という。阪急、地下鉄、南海、ケーブル、バス、なんでもOKである。

e0083517_22531319.jpg 総勢13名と、この会では最大の参加人数となった。南海特急に乗るのも初めてである。

e0083517_235412.jpg お世話役のYさんは、いろいろ計画していただいていたようであるが、結局かなり豪勢な精進料理をいただいたあとは、金剛峰寺と奥の院を訪ねるに留まる。盛りだくさんな精進料理だったが、やはりゴマ豆腐がいける。

e0083517_2324920.jpg 金剛峰寺のお庭は、なかなかのもの。なかなかスケールの大きい枯山水が立派である。

e0083517_2332879.jpg 標高1000メートルはあるそうで、紅葉はもう色づいている。

by yellowtail5a01 | 2008-10-26 23:10 | 旅行 | Comments(4)
2008年10月25日(土) 晴

 英語会の日なので、朝から予習。今日は短い記事が三本で気分的には少し楽である。2週間前のザニューヨークタイムズの記事で、少し送れているところがあるが、米大統領選にまつわるエトセトラというところか。もっとも2時間では時間が足りず二つの記事しか扱えなかった。

 一つは、トーマス・フリードマンという有名な評論家らしいが、オバマ・マケインに対する期待、注文が述べられている。気になったフレーズは、The nine most terrifying words in the English language are: "I'm from the government, and I'm here to help."という、その昔レーガン元大統領がよく使ったジョーク。しかし、今の政府は本当にHelpのためにしっかりやらないといけない、ブッシュは何もしなさ過ぎたというのが筆者の主張である。

 二つめの記事は、大統領選における暗示的な人種差別問題についてであり、表向きには昔のような露骨な差別的表現は殆どないが、隠喩的には結構あるらしい。この辺りは我々の稚拙な英語力ではなかなか読み切れない部分である。

 3時からは法律英語。こちらの方が難しい単語も少なく気分的に楽である。今日のテーマはCyberspace Fraudで、内容的にも馴染みやすい。ワイワイとディスカッションの時間が多いので同じ二時間があっという間に過ぎる。

 終了時刻の5時がちょうどサンセットの時刻となってきた。夏場はまだかんかん照りの太陽の中を汗をかきながら焼鳥屋に向かったものだが、今日辺りは夕焼け空。二週間後の次回は、同じ時刻でももう真っ暗になっているのであろう。
市民センター4階から西の空を望む
e0083517_1282634.jpg
 
by yellowtail5a01 | 2008-10-25 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2008年10月24日 (金) 雨のち曇

 昨日は天候もイマイチで、なんといっても東京マーケットの大乱調でで胸焼けがしそうな気分。前日のNYが少し戻したので、連れ戻りするだろうと踏んでいると凄い下落。どうにでもしてくれてという気分になってくる。

 ちょうど会社の知り合いに貸してもらった長編小説を月曜に返すつもりにしていたので、気分転換にそちらに没頭する。テレビもたいしたのがないので、上巻を読み通してしまった。下巻も読んでからいい作品と思えば読書感想も書いてみたいが、上巻を読んだところではいいのか、悪いのか、判断がつかない。

 ただ言えることは出てくる事象が極めて日常的原寸大の部分と逆に極めて非日常的、非現実的な部分から構成されているのだが、前者の日常的な部分は奇妙に自分の生活や人間関係、或いはそれらに対する願望というものに当てはまるところがあり、少し気味が悪いところもある。下巻でどんな展開になるのか楽しみである。
by yellowtail5a01 | 2008-10-24 23:59 | 未分類 | Comments(4)
2008年10月23日(木) 雨

 朝からの雨なので通勤手段を迷わなくて済む。夕方に飲む予定もあるので、悩むことなく電車通勤。しかし、雨はやはり鬱陶しい。午後遅くになって飛び込みの打ち合わせが入り、アフターファイブの集合時刻に間に合うか少し不安になるが、早足で歩き駅の階段も駆け足で昇ったのが効を奏して、ちょうど来た電車に飛び乗ることができた。

 おかげで余裕で間に合ったが、声を掛けていただいたヨットのコアメンバー三人ともう一人の方はすでに着席状態。この時期に阪神百貨店とワイン業者がタイアップして、ワインセミナーと称してシリーズで開催している中の一つ。みなさんは毎年楽しみに出ておられるようだが、こちらは初めて。今日はモンテ物産と10階の和食のお店で、和食とイタリアンワインのマリアージュというところか。

 白2本、赤3本が振る舞われ、1000円強から一番高いのは8000円くらい。しかし、味と値段は関係のないような気がした。飲み放題なので何度も飲み比べてみるが、白の違いは明白だったが、赤の方は難しい。ブラインドテストをしたら言い当てられないような気がする。

 お料理の方は量はともかく、なかなか繊細な料理がコースで出てきて3000円の会費の元は取れたような気がする。それにしても飲み過ぎで頭が重いのはワインならではか。ついつい調子に乗ってお代わりを沢山してしまったが、ワインに限らずお酒はほどほどにたしなむのがいいと思われる。
e0083517_11342792.jpg

by yellowtail5a01 | 2008-10-23 23:59 | 料理・グルメ | Comments(2)
2008年10月22日(水) 曇後雨

 このところ水曜日はすっかり通院日となってしまい、朝から病院に行くと一仕事終えた気分になっている。家を出たときは晴れ間のあった空も病院を出る頃には厚い雲に覆われ、とても寄り道ライディングをして変える雰囲気ではない。案の定、昼過ぎには降り出した。

 外に出ることもないので、録画してあったこの秋スタートのドラマを見ることにする。一つは、「風のガーデン」。フジテレビの開局何周年とかで、かなりリキが入っている感じである。また、緒方拳氏の最後の出演作品となっており、その意味でも観る価値がありそうである。医療とガーデニングが背景にあり、北海道富良野の自然と草花の映像もたっぷりで、嵌りそうな気がする。

 もう一つは、同じくフジテレビの「イノセント ラブ」というドラマ。こちらは前の「ラスト フレンズ」の制作スタッフによるものらしく、若者トレンディドラマの域は出ないと思うが、テーマがピアノというのに何となく惹かれる。配役もなかなか良さそうで、舞台は長野と横浜のようだ。初回を観た感じでは継続して観そうな気がする。

 
by yellowtail5a01 | 2008-10-22 23:59 | トレンド | Comments(0)