ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2009年3月31日(火) 晴 9345歩

 いよいよ三月も終わり四月に突入モード。本年度最終勤務日として昨日出勤するが、四月からの人事異動が結構あるようで、管理部門のレイアウト変更でバタバタする。隣の総務課に新入社員が入ってくるというのが楽しみではある。

e0083517_0365997.jpg 会社近辺の桜は例年この時期なら満開に近いはずだが、今年は途中でグンとペースダウンしてしまったようだ。この分なら今週末から来週にかけて楽しめそうである。

e0083517_0291915.jpg 今日は近所の夙川公園の探索第2弾を行うが、こちらも開花は予想より遅れている。それでも今日は日中暖かく、人出もそこそこ出ている。遠くからの観光客は少なく、どちらかというと地元のシニア層の人出が多い。

例年のパターンであるが、シニア層は女性団体若しくは熟年カップル、若者は恋人同士かグループ、中年は一目でわかる怪しいカップルが多い。まあ、別にどうでもいいのだが・・・

e0083517_0314040.jpg 人間観察も面白いが、今日の下見の目的は、満開時にここからというスポットの探索がメインである。

 半年間毎朝楽しんできた「だんだん」がハッピーエンドで終わってしまい少し淋しい。今度のNHK朝ドラは、舞台が埼玉県川越市に移り馴染みが乏しい。埼玉県というとある意味最も馴染みの薄い県ではなかろうか。一度小山駅で降りた記憶はあるが、その他は電車でもクルマでも素通りばかりで、目的を持って行った記憶はない。

 川口市なら日活映画「キューポラのある町」でイメージが湧くが、川越市となると場所もイメージも湧かない。主人公の多部未華子は、以前の「あおによし鹿男」で個性的な女子高生役をしていた記憶が鮮明なので好感度は高い。継続視聴するかどうかは2週間ほど観てから決めることにしたい。
by yellowtail5a01 | 2009-03-31 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2009年3月29日(日) 曇ときどき晴 6369歩

 先週上架したCaratⅢ号がメンテを終わってすでに下架されているというのでまずはその点検と片付けである。ビルジという海水がプロペラシャフトの隙間から入ってきていたり、そのポンプが不調だったりして点検作業に追われる。お天気はまずまずだが、今日はいつもお世話になっているアジャスト艇のオーナーから一緒にセーリングして走っているところの写真を撮って欲しい、とのご希望だったので、2艇で大阪北港往復となる。

 往きは穏やかな風で絵になる写真は撮れない。北港に係留してしばしのランチタイムのつもりが、このメンバーが揃うとついついワインタイムとなり、2時半くらいまでゆっくりしてしまう。帰りはほどよい風が出てきたと思いきや、途中からブローが吹き荒れ大変なことになる。セールを張っていると危険を感じだたので、突風の中で帆を下げたり揚げたりで写真どころではない。

e0083517_14132552.jpg
 それでも何枚かはそれなりの写真は撮れたが、好きなアングルにポジションを取ることはとうていできなかった。
e0083517_14141978.jpg
沖の一文字と銀波ををバックにと思うが構図が思うに任せない。
e0083517_14153133.jpg
 ヨットが一番美しいのは、ヒール(傾く)した状態で波と風を切って進む状態だ。後ろ姿ではあるがややそのイメージに近いこの写真が本日のマイベストとなった。

 木の葉のようにゆられるデッキでクルーワークとフォトグラファーを掛け持ちでやっていると船酔いしてきて気分が悪い。久しぶりに酔った。昨日のハードワークと睡眠不足も響いているようだ。手が沢山あればキャビンで横になるなりできるのだが、オーナーとマネージャと三人だけなので抜けるわけにもいかない。

 なんとか帰港して後片付けも終えて、再度合流しあらためて赤を一本空けるが、さすがに船酔いで揺れている中、ワインを楽しむというところまで行かない。コーヒーの方が旨いと思ったのは久しぶりである。
by yellowtail5a01 | 2009-03-29 23:59 | マリンワールド | Comments(5)
2009年3月28日(土) 晴 12623歩

 本年初めてのポートレート撮影会。ライブ写真仲間のSHINちゃんが苦労して設定してくれた会である。同好の士が延べ5人集い、午前は中の島、午後は鶴見緑地での撮影会となるが、午後は残念ながら英語の会が予定されているので参加できない。お昼ご飯まで参加できたのはよかった。

e0083517_20503922.jpg モデルさんはピアニストの城門芙美子さん。先日神戸のアッコルドで初めてライブを拝見したが、ピアノ良し、ルックス良しで非常に親しみやすい性格をされており、笑いの絶えない撮影会となった。

 後ろ髪を引かれる思いで中の島のスペインレストランをあとにして、新福島駅から芦屋に向かうが、30分ほど遅刻。空いている席に座ったところ、すぐ隣の人に訳の順番が回ってきていてその次なので焦るが、あらかじめ金曜日中に一通りの予習をしていたので、なんとかクリアできた。オバマ大統領の演説のうまさについての記事であったが、確かにわかりやすくて説得力があるように思われる。

 パートⅡの法律英語は、デンマークの同族企業であるレゴ社(レゴブロックの会社)の相続税がテーマである。内容的には比較的馴染みやすいものだった。2年ほど掛かってやってきたテキストも今回で最終回。新しいテキストに切り替わる。新しいテキストは少し法律から離れて経済や文化的なことが多くなりそうだが、また二年間くらいは持ちそうである。
by yellowtail5a01 | 2009-03-28 23:59 | 写真 | Comments(7)
2009年3月27日(金) 晴 6811歩

 娘の誕生日ということもあり、なにかプレゼントを用意したいがなかなかこれというものが思いつかない。ファッション系のものは好みがあるだろうからまず自分のセンスではカバーできない。とりあえず夕食材料の買い物がてら阪神西宮に向かう。

 高校時代の三年間、西宮から甲子園まで毎日通ったが当時の西宮駅のイメージはあまりよくない。パチンコ屋が沢山あり、駅前も殺風景で猥雑な感じが強かったが、阪神大震災後の高架工事が完成して駅前が見違えるようにスッキリした。最近はヨットハーバーへの待ち合わせ場所がこのコンコースとなっているので、愛着も深まる。

e0083517_2115975.jpg 駅前の道路も大改装され、歩行者に優しいいい感じの駅前となった。植樹もさなれ、10年後、20年後には樹も立派になっているであろう。

 阪神百貨店の二階入口前の喫煙コーナーには落ち着いたベンチがあり、タバコを吸わない自分には絶好の喫酒コーナー。買い物途中の一服に缶ビールを飲むのに最適の空間である。アーチ型の開口部が中国的なのが少し気になるが、まあ良しとしよう。結局、誕生日プレゼントはちょっと張り込んだお箸となる。アワビの貝殻が埋め込んであり、気に入る。
e0083517_2124257.jpg

 駅の北側はまだまだ未開発なところもあるが、バス停周辺はちょっとした公園のようになっていて子供の遊園具やバス車体を改造した屋台が軒を連ねている。
e0083517_2122843.jpg

 まもなく新入社員とおぼしき連中が屋台のたこ焼きを買おうとしているのが何となく絵になっている気がした。
e0083517_2131921.jpg

e0083517_2135620.jpg 帰り道、怪しい雲はどこかに雲散霧消して目映い太陽が西から低い確度で光線を送ってくる。子供達の長い影が遠い昔の日のノスタルジーをそそる。

by yellowtail5a01 | 2009-03-27 23:59 | 未分類 | Comments(0)
2009年3月25日(水) 曇ときどき雨 6834歩

 午後は兄貴夫婦が出掛けるというのでお留守番。洗濯、クリーニング、燃えないゴミ出し、市役所の用事等々、家事は午前中に済ませるが、桜の様ー子も気になるところ。市役所分室に出掛けるついでに駆け足で桜前線をチェックしてくる。

 開花宣言は出たもののいまだ花見には縁遠いというのが実情。なかには気の早い木が花を付けている個体もあるが、総じてようやく開花宣言に合わせたという木が多い。しかも、昨日辺りから少し冷え気味なのでしばし開花速度は低下するであろうから、せいぜい今週末から来週末にかけてがお花見シーズンになりそうである。

 今年の遠出花見はどこになるのであろう。高速料金も週末なら1000円なので遠出もいいかもしれない。とりあえずは、花見フォトウォークの幹事を仰せつかっている4月3日の行き先を決めなければならないが、開花状況を見て、グルメも含めて決めなければならない。

満池谷の広場の枝垂れ桜は例年の早咲きでもうすでに八分咲き。Photo:Lumix FX07
e0083517_23213676.jpg

しかし、メインのソメイヨシノはようやく蕾が膨らみこれからが本番。水道局の通り抜けはやはり再来週以降になるか。
e0083517_23221027.jpg

日本の桜名所百選に選ばれている夙川公園であるが、花も人もまだまだである。当然テキ屋も出ていない。
e0083517_23224331.jpg

それでも気の早い桜はどこにでもいるもので、こいつはもうすでに三分咲き。
e0083517_2323110.jpg

by yellowtail5a01 | 2009-03-25 23:27 | 自然・季節 | Comments(4)
2009年3月24日(火) 晴 8667歩

 三連休を張り切って遊んだせいか、月曜日は疲れが残った。しかも、会社でも朝からWBCへの関心が潜行しているようで、パソコン画面からチラチラと戦況を垣間見る。しかし、口に出すのは憚るのですました顔をして仕事に没頭しているフリをしているのだが、向かいの席にいる継続雇用の元総務部長は、独り言のように実況中継をしてくれる。こちらもわかっているのだが、さも知らないように、「えー、三連打ですか、やりましたねぇ」などと白々しく相槌を打つ。あー、我ながらいやな性格だ。開けっぴろげに振る舞える人が羨ましい。

 というのが月曜日の話だったが、アメリカにも快勝していよいよ今日は韓国との五度目の対戦で決勝戦。通院から戻ってきてからというものテレビの前に釘付け。久しぶりに野球を観て興奮した。九回の裏のピッチャーは球児かと思っていたが、ダルビッシュ。これはちょっと残念だと思っていた矢先に同点を許してしまう。もしこのまま逆転サヨナラ負けということになると、原もダルビッシュもダメージが大きいだろうな、タイガーズファンの怒りが爆発するなぁと心配するが、なんとかダルビッシュも奮起して後続を断ち切る。

 で、迎えた10回の表。最高の場面となった。こんなハラハラどきどきの場面をリアルタイムで観戦できるのは本当に幸せである。イチローが早くに2ストライクと追い込まれながらもファールで粘り、快心のセンター返し。おそらく世紀の名場面として野球史に永く語り継がれることであろう。

 結果論であるが、立ち上がり不安のあるダルビッシュを送り、延長戦に持ち込んで最後の場面でイチローの晴舞台を用意したというのは最高のシナリオであった。日韓対戦の凄まじさを一層印象深いものにしたし、勝利の歓びを一層大きくしたことになる。たかが野球であるが、これほどの感動を覚えたゲームというのは人生を振り返ってもそうそうあるものではないと確信を持って言える。
by yellowtail5a01 | 2009-03-24 23:59 | トレンド | Comments(4)
2009年3月22日(日) 曇のち雨 6577歩

 天気予報通り、朝から小雨模様。天気がよければ午前中セーリングのあとメンテのための上架、その後アジャスト艇にて猪鍋パーティとなっていたが、天候不順に付き昼前の集合に変更があり、上架と猪鍋のみとなる。

e0083517_7195774.jpg 去年もこの時期上架したが、船底の牡蠣や他の海生動物の付着具合は去年より明らかにひどい状況であった。なんでも暖かいのがその原因だとヤマハの人は言っていた。やはりメンテはしっかりしておかないと動かなくなってしまいそうである。

 上架とあとの作業依頼を終えて、僚艇のアジャスト艇に移動。オーナーの知り合いの猟師がとったという野生のイノシシの肉と鹿の肉があるというのでワイン&猪鍋パーティとなる。キャビンが広いので7人がゆっくりと食事をしたりくつろげるのは大型艇ならではの魅力か。

珍しい鹿の肉。ちょっとしたジビエ気分。食べたことはないが・・・
e0083517_7244248.jpg

7人で赤ばかり9本が空いてしまった。
e0083517_72993.jpg

by yellowtail5a01 | 2009-03-22 23:59 | マリンワールド | Comments(2)
2009年3月21日(土) 晴 20033歩

 この三連休一番の好天気ということでPRGコンペの巡り合わせがいい。暖かく、しかも風もなく絶好のコンディションでこのところの上向き加減で期待がもたれるが、蓋を開けてみれば鳴かず飛ばずの元の木阿弥。最大の誤算は、このところ好調だったドライバーが不出来でフェアウェイをなかなかキープできない。OBは一発だけだったが、ドライバーがまともに当たってくれないとやはりまとまらないし、第一気分的に冴えない。

e0083517_2473840.jpg

 しかもアプローチ、バンカー、パットの小技にも嫌われてはスコアはまとまらない。結局、48-52の100というグロスに終わる。このところ辛うじて100を切ってきたのであと1でも縮めたかったがままならない。このコンペでは去年の1月にアンダー優勝したのでハンディキャップも14と厳しい。しかし、そのおかげネットスコアも悪く、ブービー賞にありつく。これはありがたい。

 道中、まだ春の到来にはあと少しというところだが、エニシダや桃の花が咲いているところもあり、春はそこまでという雰囲気が出てきた。九州や東京では桜の開花宣言も出たのではなかろうか。関西もここ一週間がで開花宣言、4月の第一週に掛けてが花見のシーズンになりそうである。

e0083517_247378.jpg

by yellowtail5a01 | 2009-03-21 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2009年3月20日(金) 曇~晴 8864歩

 午前は実父及び親戚の墓参り、午後は義父の墓参りとなる。うまく都合があっていたので雨にならずによかった。小雨ならともかく本降りの中のお墓参りは辛い。傘をさしては大した作業もできないし、お線香やローソクももろくに灯せないことになる。

 午後の義父の方は、お供えや花を用意するが結局夕方には義母に夕食をご馳走になってしまい申し訳ない感じがするが、まあ喜んで戴けているようであればそれはそれでいいのかも。今日殻の三日間は日本全国お墓参りの三連休となりそうだが、早くすませたのでスッキリとした気持ちで週末を過ごせそうである。
by yellowtail5a01 | 2009-03-20 23:19 | 家族・交遊 | Comments(0)
2009年3月19日(木) 晴のち曇 10113歩

 天気予報では夕方から雨、とのことだったのでバイク通勤を諦め電車で行くが、結果的にはギリギリでセーフだった。しかも、暑いくらい暖かい。家に帰ってからは半袖Tシャツで済ますことができる。

 さて、一月からいくつかに絞って見てきたドラマが今週で全て最終回を迎えた。毎週欠かさず見てきたのは、月九の法医学ドラマ「ヴォイス」、火曜日のサスペンス調「トライアングル」と劇画的「神の雫」、そして木曜日の「ありふれた奇跡」である。神の雫は視聴率がイマイチだったようで短縮して先週で最終回。

 評価は難しいが、やはり総合的には「ありふれた奇跡」がほのぼのとした流れで一番マシだったか。しかし、テンポが悪く、どうでもいいエピソードも入っていたりして秀作とは思えない。トライアングルは第一回は抜群によかったが、その後は尻すぼみ。しかも最終回で奇想天外な展開となり、自分的には評価がグンと下がった。

 「神の雫」は、ストーリーとしてはもともと期待していなかったので失望感はない。ワインに関するうんちくという点ではまずまずである。意外とよかったのが「ヴォイス」かもしれない。配役は、瑛太以外はまずまずだったがあまり馴染みのない法医学という世界をかいま見れたのがよかった。

 今回は、前クールの「風のガーデン」に続く、フジ系の開局50周年記念ドラマということで期待を寄せていたが、「風のガーデン」を越えることはなかった。せっかく録画したが保存版にしようと思うのは「神の雫」のみである。
by yellowtail5a01 | 2009-03-19 23:59 | トレンド | Comments(2)