ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2010年5月31日(月) 晴時々曇

 一週間ぶりに出勤すると、結構メールがたまっていて朝からその読解と返事に明ける。
まあ、いろんなメールが来て返事をしないといけないと言うのは、それなりにあてにされ
ているようで、ありがたいことだと思う。

 先週に規程の改訂案を経産省の担当官に入れておいたのもきちんと返事が戻って
きていて、一部削除要請もあるが内容的には議論の余地もあり、妥協案を即提案する。
どんな返事が戻ってくるのか、木曜日の出社が楽しみではある。

 出勤日の昼休みはたいてい近所の散策と目にとまった風景スナップを撮るのを楽しみ
としているのだが、今日は自動車税払い込みの期日。四輪と二輪の請求がきているので
ローソンATMで引き出し、近くの郵便局で振り込み手続きをしていると昼休みの時間は
潰れてしまう。

 帰り道、武庫川を越える辺りでちょっと美しい夕空に出会えたので、橋の上で路駐して
西の空を撮る。初めてCX3のブラケット機能を試す。ブラケットというのは、本来は露出
ブラケットが一般的で、標準露出に加えて、EV+0.3と-0.3を同時に撮るという機能であ
る。もちろん±0.7でも±1.0でも構わない。

 フィルムカメラの時代からその機能はあったが、デジタル時代になり露出ブラケットのみ
ならず、ホワイトバランスブラケットや画質モードブラケット(カラー、モノクロ、セピア)など
もあり、結構遊べるようになっている。

 短時間の間にいろいろ試してみたが、夕景を撮る場合はモノクロやセピアは無意味なの
で、唯一WBブラケットが役に立つことがわかった。

e0083517_23505595.jpgこれが本日のベスト習作である。

by yellowtail5a01 | 2010-05-31 23:51 | 仕事 | Comments(7)
2010年5月30日(日) 晴 13569歩

 この五月のラウンド計画はもともと少な目だった上に、雨で流すこともあり、二回目の
ラウンドとなった。ロータリーでの気心の知れた仲間内練習会なのだが、仕事や病気で
集まりにくくなったのが原因である。今日は日曜しか休めなくなったK氏と正月以来二度
ご一緒している準メンバーのMさん。女性だが侮れない。

 とにかく今日はすがすがしく晴れ渡り、新緑が美しい季節となった。後ろから回ってくる
若者グループは、ファッションも派手だがよく決まっていて、緑の中で決まっている。e0083517_7224230.jpg

 結局、スコア的には46-48の94という平凡なものだったが、大叩きをせずに済んだの
が、不幸中の幸いである。しかし、パターの調子が悪く、オリンピックで大敗を喫したのが
悔やまれるところだ。

 しばらく来ないうちにゴルフ場の昼食メニューも入れ替えがあり、新メニューの冷製カレー
うどんというのを頼んでみる。夏野菜もいろいろ入っていて悪くない内容だった。e0083517_729090.jpg

by yellowtail5a01 | 2010-05-30 23:59 | ゴルフ | Comments(2)
2010年5月29日(土) 晴

 いいお天気の土曜日で暑くもなく寒くもなく、適度な風が吹いていて絶好のセーリング
日和なのだが、メンバー揃わず先週に引き続きの屋内作業が続く。まあ、こうしてキャビン
内の調度が徐々に整っていくのも楽しいものである。

 先週来たときは、西宮ハーバーの海水の色が「何、これ!」というほどひどい茶色で
げんなりしたものだが、今日は打って変わっての珍しい緑で透明度が高い。呼子港といって
も通じそうな美しい緑。

 クラゲの姿も目立つが、チヌ(黒鯛)とボラが悠然と泳いでおり、ポンツーン回りにはジャコ
のような小魚が群をなしている。ボラの子供であろう。こういうときにはCX3の300mmが
威力を発揮して、チヌをアップで撮れる。
e0083517_2274286.jpg
 
 公園はシロツメクサの花盛り。幼児連れの家族に安全で気持ちのいい遊び場所を
提供している。
e0083517_2132479.jpg

e0083517_214562.jpg 空には鱗雲が広がり、本当に気持ちのいいお天気だった。

e0083517_2143331.jpg バス停前にはオトギリソウがちょうど咲き出した頃だ。最近あちこちで群生をよく見かける草花で、正式名称は、ヒペリカム・カリシナムというらしい。名札がついていた。舌を噛みそうな名前で、これは絶対覚えられそうもないと直感する。

e0083517_2151016.jpg 一方、こちらは30年ほど前に初めてシリコンバレーに行ったときに見つけて名前を教えてもらったBottle Brush。こちらは一度聞いただけで30年も忘れない、見たまんまの覚えやすい名前だ。

by yellowtail5a01 | 2010-05-29 23:59 | マリンワールド | Comments(12)
2010年5月28日(金) 曇のち晴

 昨日夕方の天気予報によると大阪から和歌山にかけて、曇のち晴とのこと。降水確率は
午前10%、午後0%ということで安心して出掛ける。余裕をもって出掛けたつもりだが、
集合場所に到着するとすでに4人のメンバーが来ていた。9時の集合だが皆さん8時過ぎ
には到着した模様。この会では、原則30分前集合が常識となっているようだ。出発前の
ダベリングや無線の調整などを考えると集合時刻の10分前到着では、「遅い!」ということ
になる。これは、この会に参加してわかった合理的な暗黙了解事項である。

 それでも定刻の15分前には参加予定者8名全員が集合し、9時きっかりに出発する。
空はうね雲がどんより覆っており、R480の峠越えで雨に遭わないかと少し心配もあるが、
鍋谷峠を越える頃には、雲も雲散霧消し青空が見えてきた。快適なツーリング日和となる。

 R480の和歌山側は、立派な道路で走るクルマも皆無で、まさに我々のために用意して
くれた道路ではないかと思いたくなる。紀ノ川を越えてさらに南下し、R480からR370に
乗り換え、さらに県道115を経由してR480に戻るというコースは、自画自賛ながらなかなか
快適である。

 休憩スポットに予定していたあらぎ島の円形棚田は、やはり好評でベテランの皆さんも初め
てだったみたいで、喜んでいただけたようだ。
e0083517_533368.jpg

 そこから白崎に向かうのが少々時間がかかったが、なんとか1時には白崎海岸の海の家に
到着。天気は良かったが、強風注意報が出ていたようで、突風が吹き荒れている。駐車場に
駐輪しようとするが、風が強くてバイクが倒れるのではないかと危惧される。結局、レストラン
近くの壁のある駐車場を見つけ、難なく収まる。

 白崎からの帰り道、湯浅市内で道を取り違え、迷宮のような狭い港町の中を抜けるのに苦労
する場面もあったが、概ね順調にトラブルなく終えることができやれやれであった。世話役は
これで四回目となったが、初めて脱兵庫県を達成でき少し自信がついたように思われる。それに
しても、8台でのマスツーリングとなると後続が信号で引っかかることが多く、無線はあるものの
神経を使う量は半端じゃない。半分くらいバックミラーを眺めている感じで、終わるとぐったりと
疲れを覚える。
by yellowtail5a01 | 2010-05-28 23:59 | バイク | Comments(6)
2010年5月27日(木) 晴時々曇

e0083517_1185064.jpg 先日ひょんなことで招待券をいただいた兵庫県立美術館の写真展に行く。写真家中山岩太の「私は美しいものが好きだ」という展示会。副題にはレトロ・モダン神戸とつけられている。


 兵庫県立美術館は、電車で行くとJRの灘駅か阪神電車の岩屋駅が最寄りとなるが、
一番楽なアクセスはバイクである。神戸大学病院への通院を止めて一年強になる。
おかげで神戸に行く機会が減ったが、久し振りにR43ライドを楽しむ。

 中山岩太が活躍した時代は戦前で、自分が生まれる半年前に53才の生涯を閉じて
いる。写真は当然全てモノクロ銀塩写真だが、ハッとする写真がいくつかある。それと
自分が生まれる前の神戸の情景を沢山観ることができ、満足のいく展示会であった。
by yellowtail5a01 | 2010-05-27 23:59 | 写真 | Comments(2)
2010年5月26日(水) 晴のち曇

 回復したお天気のはずだが、まだやや不安定で気温は低い目。過ごしやすい気候
だが、やがて梅雨入りしていくのかと季節の移ろいを感じさせられる。冬から春にかけて
株が大きく育ったプランターのパンジー、鉢植えのビオラもすっかり草姿を崩し、みすぼ
らしくなってきたので、晴の合間に思い切って処分する。

 スッキリしたのはいいが、次の植え替えをどうするのかが問題。例年、ペチュニア系が
多いが、これも夏を過ぎると伸びすぎて姿が乱れ、切り戻してしばらくすると再度よく花を
付けるが、咲き終わった花柄積みが結構面倒だ。手間のかからないベゴニアでごまかす
手もあるが、垂れ下がるようにはならないところが難。

 結局はコーナンの花売り場に行って割安感のある苗を求めることになるのであろう。
それまでにプランターの土の養生をどこまでやるか、それが一番手間がかかりそうである。
by yellowtail5a01 | 2010-05-26 23:59 | ガーデニング | Comments(2)
2010年5月25日(火) 晴のち曇り時々雨

 日曜、月曜のひどい雨は通り過ぎたが、まだ空の状況は不安定。いずれにしても
金曜のツーリングに備え、バイクの整備が必要なのでKawasakiの代理店、NAC
に行かなければならない。

 午前中に行ってもよかったのだが、東京市場の動きをを見ているとどうしようもない
状況で、思わず先日ある筋からもらった蔵出しの原酒に手を出してしまう。相場の
せいにしているが、実は朝から飲むための大義名分を見つけたいだけという自覚が
ある。それにしても朝から口にする日本酒は旨い。

 そんなこともあって、NACに行くのは酔いもすっかり醒めた夕方になる。できれば
ついでに兵庫県立美術館に足を伸ばし、先日招待券をもらった中山岩太の写真展覧
会に行こうかと思うが、夕方から急に空模様が怪しくなり、ポツリポツリと雨粒が落ち
てくるので、今日は遠出は自重して整備のみに絞る。

 整備は、オイル交換、タイヤ空気圧チェック、マフラーを固定しているナットが一つ
紛失していたのでそれを修理。半年ぶりくらいに店主のオヤジと話すが、二輪業界も
不景気に晒されているとのこと。若者の二輪離れが著しく、スクーターも苦戦。客は
還暦前後が主流となっている模様。

 世間話をしている最中に来た別の客も同年代。たしかに二輪車は我々昭和世代の
ノスタルジーかも知れない。
by yellowtail5a01 | 2010-05-25 23:59 | バイク | Comments(6)
2010年5月24日(月) 雨のち曇り

 朝の天気予報では阪神間は大雨警報が出ている。台風時の強風大雨警報なら学校も
会社も臨時休校・臨時休業になるのではなかったか。しかし、大雨警報は全然そんなの
関係ねぇっ、という感じである。家から駅、駅から会社に行くまでにズボンも靴もびしょ濡れ
となる。

e0083517_972171.jpg その雨も昼頃にはピタリと上がり、昼休みはカメラを持って飛び出す。川の増水もいいが、雨上がりはやはり水溜まりが魅力だ。

e0083517_981522.jpg

 夕方にはすっかり西の空が明るくなってきて日没時はみごとな夕焼け。いつの間にか
日没時刻が7時頃になってきた。やがて夏至を迎えればまた日照時間が減っていくのか
と思うと少し淋しい気持ちになる。

 一旦家に帰って、PCをつけて日頃ご無沙汰のしろいひよこさんというライブ知り合いの
友人のブログを覗くと、今日はMクアトロで佐伯真梨ちゃんのライブとのこと。そういえば前に
「産休前ライブもあと二回となりました」という案内をもらっていたのを思い出す。少し遅くな
ったが、武庫之荘のMクアトロに着くとほぼ満席の大盛況。

e0083517_995759.jpg 新聞でも「胎教ライブ」として紹介されたようで、おなかの大きい若いカップルの姿が目につく。真梨ちゃんも7月が予定日らしく見るからに妊婦体型になっていた。ご両親も目を細めて愛娘の産休前ライブを楽しんでおられるのが印象的だった。

デュオの相方、高橋知道さんは初めてだったが、渋いテナーサックスと軽快なフルートの
両刀遣い。エネルギッシュさと繊細さを兼ね備えている。
e0083517_911010.jpg


e0083517_9112381.jpg MCは依然あどけなさが残る真梨トークだが、子育てに入っていくと変化していくのであろう。

e0083517_9123265.jpg 高橋さんのサックスは、つや消し状態で見るからにいい音がしそう。実際いい音色が出ている。

e0083517_9125447.jpgMクアトロの面白いのはピアノの上45度に設けられたミラー。グランドピアノの蓋もミラーとなり、一度に三つのイメージを楽しめるところである。
Photo:RICOH CX3
by yellowtail5a01 | 2010-05-24 23:59 | ジャズ・音楽 | Comments(6)
2010年5月23日(日) 雨

 下り坂と聞いていた天気予報はズバリ的中し、野外活動はあり得ない鬱陶しさ。
家でゆっくりした日曜日を過ごせることになる。少し溜まっていたドラマを観たり、
部屋の片づけを出来るのは雨のおかげか。

 夕方に梅田に出向き、カメラ関係の小物を調達しにヨドバシカメラをのぞく。以前に
比べて変化していることに二つ気がついた。一つは、中国人客の増加である。台湾
か香港かもしれないが、二階のカメラフロアでは、普通に中国語がバンバン飛び交っ
ている。店員の名札を見るとこれも中国名だった。

 もう一つの変化は、店員の数自体が増えたような気がする。たまたま休日の午後
ということで、カメラ売場に重点配置していたのかどうかわからないが、店員の方から
「ご説明しますよ」と何度も声を掛けられるというのは、過去になかった現象である。

e0083517_752074.jpg 5時半に西宮北口でちょっとした待ち合わせの約束があったが、梅田での用事は本屋での捜し物があるだけ。

 その前にちょっと休憩と、キリンビールの立ち呑みコーナーで一杯。これも気楽なリラックスの習慣となっている。


 紀伊国屋では、探していた中国法務関係の本が二冊見つかり両方とも購入する。
困ったときは、すがる思いで参考書に頼ることになるが、こういうときはやはり大規模
書店の存在がありがたい。
by yellowtail5a01 | 2010-05-23 23:59 | ひとりごと | Comments(4)
2010年5月22日(土) 晴のち薄曇り

 この前の日曜日にTIMEを読む会の有志と午後のコンサート&アフタービアの集いを
楽しんだのだが、その時点でかなりの人がすでに今日の課題記事を2回位読んでおり
あの単語はどうだこうだという話題になると、全く参加できず情けない思いをしたもので
ある。

 その挽回をせんと昨夜は一滴もアルコールを飲まずに頑張ったお陰で、今朝は少し
余裕があった。この分なら一通りの下調べののち、もう一度通読して翻訳イメージの
精度を高めて本番に臨めるかと思っていたところ、ヨットのマネージャからの呼び出し
電話が入る。オーナーとマネージャで作業をする予定なので、可能であればちょっと
でも顔を出して欲しいとのこと。

 予習も最低限は出来ていたので、11時過ぎにバイクで直行する。本当は違反なの
だろうが、ポンツーンのすぐ近くまでバイクで乗付け、ヨットに向かうと作業の真っ最中。
わずか30分ほどだが、手の掛かる部分のお手伝いをして失礼する。まあ、近いという
ことは便利なことだ。アルコールさえ予定しなければバイクでドアツーピアで15分。

 12時10分にハーバーを失礼して英語会に向かうことにするが、芦屋にバイクで行く
と二次会で飲めない。一旦家に戻ってバイクを自転車に替え芦屋に向かうと少し遅刻と
なったが、まだ揃っていなかったのでセーフ。

 TIMEの方は、ガーナとウガンダでの石油開発にまつわるストーリーで、今更石油かい
という気がしないわけでもないが、一番遠い地域であるアフリカの今日的事情が少し見え
てきた感じがする。

 パートⅡの法律英語の方は、教科書が変わってからかなりレベルが上がったような気が
する。それでも気楽さという点ではTIMEに比べると楽勝な気がする。企業法務がらみの
テーマが多いので、自分としては得意の土俵ではある。元裁判官や現役弁護士に対して
も少し土地勘のあるジャンルなのだ。

 まあ、それはともかく四月の勉強会が先生の都合で飛んだので、二次会はほぼ全員
参加で盛り上がる。久し振りのメンバーの参加や新人女性もあったりで、皆さんハイテン
ションで盛り上がり、こちらもついつい飲み過ぎの感がある。昨日のノンアルコールデイの
反動があったのかも知れない。
by yellowtail5a01 | 2010-05-23 00:36 | 外国語・教養 | Comments(5)