ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2010年6月30日(水) 晴

 早いもので今日で6月は終わる。ワールドカップで明け暮れた感があるが、これも
一段落。梅雨の合間の猛暑日が身体に堪える。出窓プランターのハーブガーデン
であるが、ミツバは全滅、パセリも全滅。使い道のないローズマリーは数年来よく
茂っているほか、シソとイタリアンパセリ、バジルが辛うじて生き残っている。

 そのイタリアンパセリに水やりをしていると珍しい青虫(毛虫)を発見。これまでに
観たことのない幼虫だ。ネット図鑑で調べてみるとキアゲハの幼虫に間違いない。
アゲハチョウもそうだが、卵からふ化したばかりの幼虫は、茶色に白い模様が入って
いる。どうやらこれは小鳥の糞を偽装しているらしい。2cm位まではこの偽装で過ごし
3cmを越える頃から緑の青虫となる。

 アゲハチョウは、柑橘類や山椒、カラタチの葉につくのでお馴染みだが、キアゲハは
初めての珍客。キアゲハだけあって、ふ化したばかりの幼虫にも黄色のマークが目立
っている。このイタリアンパセリは株ごとこの幼虫にくれてやろう。その代わり、君には
大きくなるまでモデルを務めてもらうよ。小鳥に食べられたりしないで無事、サナギから
成虫に羽ばたいてくれることを祈る。

e0083517_2222337.jpg
by yellowtail5a01 | 2010-06-30 22:23 | 自然・季節 | Comments(2)
2010年6月29日(火) 薄曇り

 朝からお墓詣り。兄貴と二人だが、今日は祥月命日。親父が亡くなってから38年も
経つのかと考えると時間の流れに無情を感じる。親父の享年を越える日が来るのか
来ないのか。あと6年ほどである。

 夜の決勝トーナメント観戦に備え所用を片づける。庭の軒先のアシナガバチも雨で
ご無沙汰だったが、久し振りに見ると三尾に増えている。
e0083517_12134498.jpg生産性3倍となり、これからの巣の成長速度は速くなるであろう。

e0083517_1214238.jpg夙川でもカワセミが観られる、という情報を頼って散歩がてら阪急甲陽線が交差するところで見張るがカワセミは発見できず。

 夜は、いよいよテレビの前に陣取り、本格応援態勢。これほど入れ込んでサッカー
応援をするのは初めてのことかも知れない。サッカーは民放の中継でも途中にコマー
シャルが入らないのがいい。45分、45分、15分、15分とぶつくさ叫びながら応援する
が、結局ゴールを決めることが出来なかった。

 PK戦で一本外したのは悔やまれるがここまで来れば勝負は時の運。予選リーグを
通じて失点2のみというのは、大したディフェンス力であった。サムライサッカーの大きな
一歩前進であることは間違いない。おそらく「プレトリアの死闘」と末永く語り継がれる
ことであろう。
by yellowtail5a01 | 2010-06-29 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
2010年6月28日(月) 曇

 内部監査月間も大詰めを迎え、今日は一事業部、サービスセンター、大阪営業所と
三連荘となる。うだるような暑さの中、立花、尼崎、新大阪と移動するのは辛いものが
あるが、バイクとJR併用で少し歩くのは楽。

 今年から始めた事例研究は、営業所だけでなく事業部でもサービスセンターでも
結構受けが良くて、一方的なパワーポイントの説明より、食い込みがいいようである。
これは是非、本社部門の研修にも使いたい。問題は、来年以降の方策があるのか、と
いうところだが、来年も雇用継続になっているかどうか、その方が問題だ。

 新大阪から尼崎駅に戻ってくると、駅前は賑やかである。参院選本番の様相で、選挙
カーが賑やかである。さてさて、今回の選挙で何党に一票を投じるのか、なかなか検討
を要する課題である。

e0083517_22341249.jpg
by yellowtail5a01 | 2010-06-28 23:59 | 仕事 | Comments(15)
2010年6月27日(日) 曇

 楽しみにしていたワンコインコンサート。西宮北口の芸文センターのメインホールでの
開催。小ホールには何回か来ているが、大ホールは初めてである。

e0083517_759292.jpg日曜日の昼下がりに昼ソネのジャズもいいが、こちらは一時間強チェロの音色を満喫させていただく。二十歳という東京芸大生堀江牧生さん。しんみりといい音色で聴かせてもらえる。


e0083517_801613.jpg終わってからは定番のアイリッシュバーで余韻を楽しむ。

by yellowtail5a01 | 2010-06-27 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2010年6月26日(土) 曇のち雨 9980歩

 午後のTIMEを読む会は、コーディネーター役。早くから準備してワールドカップを
テーマに準備していたのだが、そのテーマはカメルーンのエトーをメインに据えた話し
だったのだが、カメルーンもエトーもいいところがないままいち早く敗退。ちょっと肩透
かしであることは否めない。

 それでも、この記事をワールドカップ開幕直前に選んだことで、興味を持ってゲーム
を楽しむことが出来た、という女性会員のコメントを聞くと少しホッとする。結果的には
カメルーンの代わりに日本が大方の予想を裏切って、決勝トーナメント進出を果たして
くれたことは有り難い。

 TIMEの後は法律英語、そして二次会、三次会と続くが、今日は前から応援している
ジャズボーカルの河本江閲子さんと渡辺絵里さんが、三宮ホリーズに出演とのことで
午後8時にはそちらに向かう。折からの豪雨であまりお客さんは来ないのじゃないかと
思ったが、ブログ仲間のはるるさんがぶらっと現れ、少し後にライブ写真仲間のじゃん
さんもぶらっと現れ、同じテーブルで3セットを楽しむ。

 別のテーブルには「絵かきさん」も来ていて、ちょっとした同窓会となる。江閲子さんは
まもなく産休に入るとのことだが、見た感じ全然妊婦とは思えない。何となく柔和な雰囲
気があるので、おなかの赤ちゃんは女の子ではないかと思われた。

折からのお誕生日。Happy Birthdayをジャズアレンジで歌って貰い、お客さんからも
祝福される。ユニットは、Vo河本江閲子 P渡辺絵理 B奈良原裕一 D引田裕路。e0083517_105251.jpg

e0083517_121980.jpg江閲子さんのステージは、かなり久し振りだが、この2年ほどの間の成長の跡が伺われる。

e0083517_125254.jpg数年前の神戸ジャズ大使だった渡辺絵里さんも久し振りだが、歓迎して貰い有り難い。


e0083517_116293.jpg

はるるさんからも誕生日プレゼントをいただき、幸せな61才の誕生日となった。詳しい説明
は忘れたが、海と空をイメージした小世界。ギャラリーのママとして江閲子さん、絵里さんにも
紹介できて良かった。
by yellowtail5a01 | 2010-06-26 23:59 | 音楽 | Comments(10)
2010年6月25日(金) 曇のち雨

 今日はツーリング例会。午後の雨は間違いなさそうだが、何時までもってくれるのか。
30分集合時刻が繰り上げられ、8時半に奈良市内の集合地点からスタート。山道に
かかると雲が多くなり、確実に下り坂の空模様となる。

 e0083517_14215414.jpg

 もと小学校のような施設で昼食をしている間に、雨が降り出す。ただただ大雨にならぬ
ことを祈り、レインウェアに身を固めて早い目の帰路につくと、3時前には帰宅することが
できた。高速道路多用の成果ではあるが、走りとしては平凡であった。ま、無事に戻って
来られたので何よりであった。
by yellowtail5a01 | 2010-06-25 23:59 | バイク | Comments(0)
2010年6月24日(木) 晴 11346歩

 東京二日目となるが、こちらでの用事は午後1時半から3時半の会議出席のみ。午前中
はゆったりだが、午後は会議のあと大阪京橋に戻って6時半から10年以上先輩の会社OB
の皆様との打ち合わせ。もともとこちらの予定が先に入っていたのに東京予定が後から被り
大阪の方を30分繰り下げて貰った経緯がある。絶対に遅れるわけに行かないという、午後の
プレッシャーである。

e0083517_2184596.jpgそれにひき換え、午前はゆったりスケジュール。このホテル都心からは少し離れているが、いい環境でシングル7000円ぽっきりとは素晴らしい。


 遅い目にホテルをあとにする。昨夜は上り坂ばかりで酔いも回ってしんどかったが、朝は緑の
多い地区で下り坂。赤坂見附界隈は快適である。昔のジャズライブ仲間の一人が結婚して
東京に住んでいるとのことで、半年ほど前に念願のベイビーが産まれたとのことだった。連絡
すると5年強振りに会おうと言うことになり、愛宕神社の1000日詣りに案内して貰う。バギーに
7ヶ月の赤ちゃんを乗せてやってきた。どうみてもジイジ、娘、孫という絵だろうな、思いながら
日頃行けない東京の何気ない名所を案内して貰う。

e0083517_1415114.jpg 愛宕山という地名は現役時代から知っていたし、その近くも歩いているのだが、神社があるとは思わなかった。折からのほおづき市が開催されていて、長蛇の列ができる人出である。

e0083517_1522942.jpg 昼休みになると満員になるというお蕎麦やさんに早い目の時間帯に案内して貰う。なるほど美味しいお蕎麦やさんで12時が近づくと外にまで順番待ちができる。

e0083517_1512949.jpg 赤ちゃんの表情はどんどん変わり、撮り飽きないものである。しばし、仮想ジイジ体験をさせて貰うが、実の孫だったら、おそらく娘から、「もういい加減にしてよっ!!」と渇をいれられそうな予感がした。

 午後の会議は順調に進み、予定の三時半少し前に終わったので余裕で移動。モノレールも
ノンストップで羽田に到着。飛行機もないことに定時出発。自分の席の少し後ろ横をみると見た
ことのある財界人。相当な大物であることはわかったが、まさかそんな大物がエコノミーの一般
席に座るか、と思ってチラッと観察すると、なんとJALの社長ではないか。それから意識して
観察しているとCAの皆さんが目立たないようにではあるが、深々とお辞儀と笑顔を向けて通り
過ぎる。

e0083517_255672.jpg いつもなら離陸後少ししたらこっそりカメラを取り出すのだが、さすがにみられる距離なので、シートベルトサインが消えるまで待つ。富士山の頃には充分スタンバイOK。

 富士山もいいが、日本の空からみる信州の山並みは幾重にも重なる墨絵のようで、この風情
もまた捨てがたい。他の国の空景色でこんなに繊細なのは見た記憶がない。
e0083517_2625100.jpg

 JALにはいいたいことがいっぱいあるが、伊丹に到着後、若い人が荷物を取り出すのに苦労
しているのをみて、にこやかに手伝っている稲森氏の姿を見ると清々しい気持ちになった。社長
が乗っていたからかどうかはわからないが、伊丹到着もピッタリのオンスケジュールでこちらは
助かる。結局京橋IMPビルに到着したのは定刻の五分遅れだったが、誤差の範囲内ですます
ことができやれやれ。昨日に引き続き充実の長い一日であった。
by yellowtail5a01 | 2010-06-24 23:59 | 旅行・出張 | Comments(10)
2010年6月23日(水) 雨のち晴 10982歩

 このところ毎年この時期に内部監査で一日は東京で過ごす。これまでは午前中に
事業部、午後に営業所というパターンだったのだが、今年は営業所の都合で逆になり
朝一番でに品川から人形町に向かう。おかげでまたまた5時起きとなり、20歳代の頃
の横浜出張を思い出す。

 しかも、家を出るときからの大雨。東京に着くまでの間もずっと土砂降りの様相で、
人形町の駅を降りてから営業所に着くまでにズボンも靴もびしょ濡れとなる。それでも
開始時刻の20分前の9時40分には到着でき、スタートする。早くから所長にお願い
していた甲斐があって、ほぼ全員の営業マンが出席してくれる。新任の若い総務課長
(5月からの自分の上司)も気合いが入ったようである。

 2時間きっかりだったが、自分なりに納得のいく監査兼勉強会ができたと自画自賛。
午後の事業部は地下鉄で10分の入谷だが、せっかく人形町に来たので、昼の休憩と
移動時間を2時間取っている。新任課長も「新参者」ファンだったので、意気投合して
昼はそそくさと失礼して、甘酒横町に向かう。

e0083517_111137.jpg 相変わらず雨がひどいが、阿部寛扮する加賀刑事か黒木メイサ扮する青山亜美に会えそうな気になる街だ。

e0083517_1115998.jpg昼食のあと時間は限られているが、ドラマで何度か出てきた「ゆうま」というお土産物やさんを捜し当てる。

e0083517_1122011.jpgドラマの初めの方で出てきた安産祈願の犬の人形を見つけるが、サンプルだけしかなく、今注文しても手にはいるのは8月とのこと。諦める。

e0083517_1124465.jpg一方、凶器に使われた独楽の紐は売られていたが、使い道もなさそうなので敬遠する。

 午後の予定をこなしていると夕方にはすっかり晴れ上がり陽が差していた。少し蒸し
暑くなったが、傘をささずに済む分快適。銀座で課長とビールを一杯飲んで別れ、予備校
時代の友人Iと約束していたので新橋で落ち合う。ひょっとしたら大学卒業以来かも知れ
ない。共通の友人のイッチにも声を掛け、別の宴会予定だったのに、引っ張り出してまた
飲み直す。

 かなり酔いも回り、時刻も遅くなり赤坂見附のビジネスホテルにたどり着いたのは11時を
回っていたが、寝るだけなので気が楽である。即、爆睡。
by yellowtail5a01 | 2010-06-23 23:59 | 旅行・出張 | Comments(6)
2010年6月22日(火) 薄曇り

 今日かと思っていた夏至だが、昨日だったらしい。昨日を境にこれから日の出が遅く
なり、日の入りが早くなるのかと思うと少しさみしい気がする。一年の区切りはいろいろ
あるが、春分、夏至、秋分、冬至で分けのが占星術的な区切りらしい。蟹座も昨日から
ということになる。

 それがどうこうというわけではないが、少しいいことがあった。年賀状のお年玉懸賞の
チェックを1月20日以来先延ばしにしていたのだが、そろそろ権利失効が近づいて来た
ので、昨日チェックをしていると、切手シールの下二桁00と52が9枚あった。例年より
少し多いかなと思っていたところ、なんと下4桁0977というのを発見。

 郵便局に交換に出向くが切手シールはその場でもらえるが、3等は手続きが面倒。
調書のようなものに記入してからおもむろに申し込み葉書をあらためて貰い、それに
記入して申請して初めて賞品が届くらしい。選択肢は30品目くらいあるが、コストは
せいぜい1000円から1500円までだろう。梅干しのセットにしようと思う。

 明日から二日間東京と言うことになったので、済ませるべき用事を一気に片づける。
こういうときは自転車が小回りが利いて便利である。少し休憩にと駅前のイタリアンに
入ってのどを潤すために昼下がりの白ワインをいただく。キュンと冷えていてこの季節に
ピッタリ。お店の中は空いていたが、遅めのランチを一人で摂っている女性客が多いの
に少し驚く。

e0083517_2357087.jpg
by yellowtail5a01 | 2010-06-22 23:57 | ひとりごと | Comments(0)
2010年6月21日(月) 曇 8968歩

 月曜日はほとんど今の会社への出勤日なのだが、今週はイレギュラー。週一出勤の
週にあっており、それは水曜日の東京出張。で、今日は休もうと思っていた矢先に兵庫駅
の某電機メーカーでの講師仕事が入ったのでうまく噛み合う。

 朝一からの神戸出勤であったが、ゴミ当番を追えてからの出発となるとかなりギリギリ。
兵庫駅からやむなくタクシーを拾うが、会社周辺は乗り入れ禁止とのこと。出勤時間帯は
狭い通りが従業員で埋め尽くされるとのことで、かなり手前で強制的に降車させられる。

 受講者は韓国出向の方お一人で、気が合えば家庭教師のような感じで、ダベリながらの
講義となる。幸い、気の合いそうな方でお喋りをしながら3時間があっという間に過ぎる。
お役に立てたのかどうかすこぶる自信がないが、ご本人は終わったあと機嫌良くお礼を
言ってもらったのでまあいいっか、ってとkろか。

 昼過ぎに終わってしまたので寄り道もせずに帰宅。といって、月曜の昼下がりに元町や
三宮をぶらつき気持ちにはなれず、先日来見始めた"Harper's Island"のビデオ鑑賞と
なる。怪奇的なアメリカドラマだが、見出すと止められない感じである。

e0083517_0293648.jpg

by yellowtail5a01 | 2010-06-21 23:59 | 仕事 | Comments(0)